夜!

澪「すー…すー…」

梓「くー…くー…」

さわ子「ぐごー…」

紬「ゲル状がいいのぉ…ぐぅ」

律「キャーベツうめー! …ぐごー」

唯「はぁ、今日は散々だったよ…」

唯「もうこんな思いをしないように、次からは失敗しないようにしなきゃ」

唯「…一応寝る前にいつもの育毛剤つけてマッサージしておこうかなぁ」

唯「さすがにここでやるのはあれだから…そうだ、練習で使ってた部屋に行こう」

スタスタスタ…

梓「…ん、トイレ……」

ジャー

梓「ふぅ…あれ? 練習部屋に明りが…」チラ

梓「!!?」

唯『ひゃっ///』ピチョン

唯『よく塗ってと…ふんっ、ふんっ、ふんっ』ヌリヌリ…モミモミコネコネ

梓「う、嘘…唯先輩が…///」

梓「下半身丸出しで…さっき垂らしたのって…ローションだよね…?」

梓「ていうかあれは…お、オナニー…///」

梓「ほ、放っておけないよ…!」

ガチャリ

梓「ゆゆゆ、唯先輩っ!!」

唯「っ!?」

唯「あ、あずにゃん!?」

梓「こんなところで…あ、あなたって人は…!」

唯(う、うわあああ! ど、どうしようっ! 私が育毛剤なんて使ってることが知られちゃったよぉ…ま、また馬鹿にされるっ)

梓「オナニーだなんて///」

唯「…へ?」

梓「ろ、ローションまで使って…何考えてるんですか…」

唯(あれ? 育毛剤だってばれてない? ていうか勘違いされてる?)

梓「そりゃあこういう夜ってムラムラしちゃうときがあるかもしれませんけど…でも…///」

唯(よく分かんないけど…育毛剤使ってることはバレたくない! よし、このままあずにゃんの話にあわせちゃおう)

梓「こういうことは…じ、自宅で…」

唯「ごめんねあずにゃん。私、どうしても我慢できなくて~」

梓「あうぅ…///」

梓「へ、変態です…不潔ですっ…唯先輩のえっちっ」

唯「あはは…でもね、あずにゃん」

梓「…?」

唯「我慢するのって体に毒なんだよ? それにオナニーは悪いことじゃないの」

梓「そ、そりゃあまぁ…」

唯「生き物として…性欲ってのはあって当然のものなの。だからこれは恥ずかしいことじゃないんだよ」

梓「言われてみれば確かに…」

唯「あずにゃんだって突然ムラムラくるときがあったはずだよ? もしかして今がその時なんじゃないの?」

梓「い、言われてみると…なんかムラムラしてきました…///」

唯「じゃあ欲望に忠実になろうよ。あずにゃん」

梓「…そ、そうですね。これは仕方がないことですもんね…よし」

唯(ふぅ、上手く話を誤魔化せたよぉ)ホッ

ヌギッ

梓「…し、していいんですかね」

唯「うん。大丈夫、みんなには内緒にしておいてあげるから安心して?」

唯「それにあずにゃん…早くしたいんじゃない? 汁が今にも零れそうだよ」

梓「や…み、見ないで///」バッ

唯(金色の陰毛がネバネバグチョグチョ…そのうち今度は陰毛にワックスでもつけてピンピン立たせたりするのが流行ったりするのかな。今のうちに予測しておかないと…)

唯「それじゃあ私はもう寝るから、ごゆっくり~」

ガチャリ…バタン

梓「あ……」

梓「……」

梓「ん…っ…はぁ…う…っ…///」



次の日!

律「それにしてもビックリしたな」

紬「ええ」

律「朝起きて梓がいないから探したら、まさか練習部屋で下半身丸出しで熟睡してるとは」

梓「あ、あれは…陰毛の色が落ちてきてたから染め直している途中で寝ちゃってて…それで…ね!? 唯先輩!」

唯「えー?」

澪「なんで唯に同意求めるんだ?」

梓「えぇ!? あ、いや…その……」

律「とにかく、いくらオシャレのためとはいえ、人んちでそういうことするのはどうかと思うぞー」

梓「す、すいませんでした…ムギ先輩…」

紬「ううん、気にしてないから大丈夫よ」

梓「うぅ…なんて早まった真似をしてしまったんだろう…」

唯「まぁまぁ、いい経験だよ」

唯「ただいまっ」

憂「あ、おかえりお姉ちゃん」

唯「憂っ」

憂「はい?」

唯「陰毛を染めるのが流行りだなんて聞いてないよ!」

憂「知らなかったんだ?」

唯「なんで教えてくれなかったのさ!?」

憂「え、別に聞かれなかったから…」

唯「むー…ちなみに憂も染めてるの?」

憂「私はいつだってお姉ちゃん色に染まってるよ…///」

唯「もういいよっ!」タタタ…

憂「ああ、お姉ちゃん!?」

唯(次からは二度と同じ失敗はしないよ! 絶対に!)

唯は誓った。二度と同じ過ちを犯さぬ、と



1年後!

チャポン…

和「まさかこうやって二人でまたお風呂に入ることがあるなんて思ってもなかったわ」

唯「えへへ、そうだねー」

和「ところで唯…あんた…」

唯「?」

和「…陰毛が生えてるじゃない。どうしたの」

唯「頑張って育毛したんだよ! 色々困難にもぶちあたったよ。でもその壁を乗り越えた結果がこの秘密の花園に生えたお花畑なんだよ。うんうん」

和「パイパンの方が好きだったのに…」

唯「だからパイパンは嫌なの! これからはおまたに毛を生やし続けるよ~!」

和「……そう」


数日後!

さわ子「えー、明日からは皆さんが待ちに待った修学旅行です」

「わーわー」

さわ子「各自、持ち物をきちんと確認して、忘れ物がないように気をつけて…あ、時間は厳守よ?」

「はーい」


紬「楽しみねー修学旅行!」

唯「うん!」

澪「京都だもんな」

律「寺ばっかであきねーかなぁ」

紬「旅館のお風呂がすごって聞いたんだけど」

律「期待大だぁ!」

唯(今年は変にこだわらないでノーマルな陰毛にしていこう。また同じ過ちは繰り返さないんだよ!)フンス

和「……」


唯「おやすみー」

憂「もう寝ちゃうの?」

唯「だって明日は修学旅行だよ。遅刻できないもんっ」

憂「そうだね…そういえば今回は陰毛整えなくて大丈夫?」

唯「うん! もう変に弄らないことにしたんだぁ。ありのままの私の下半身を見せつけてくるよ!」

憂「そっかー、頑張ってね。お姉ちゃん!」

唯「頑張るよ~! おやすみ~」

憂「はーい」ニコニコ


唯「ふぁぁ…布団に入ったらもう眠たくなっちゃった…お休みぃ…」

唯「すかー…すかー…」

ガチャガチャガチャ…ガチャリ

和「窓からお邪魔するわ」ス

唯「すこー…すこー…」

和「よく寝てるわね唯。…ちょっと失礼」

ヌガシヌガシ

唯「すー…すー…」スッポンポン

和「こんなに生やして…見てられないわ、もうっ」キラーン、ショリショリショリ…

唯「ん、ぐー…すー…」

和「よし、完成よ」

唯「んー…ぐぅ…」ツンツルテン

和「やっぱり唯はこうでなきゃ。おやすみ、唯。修学旅行が楽しみだわ」ササッ


……

唯「おはよう! 憂!」

憂「自分で起きれたの!? すごいねお姉ちゃん!」

唯「えっへん…って、もーバカにしないでよぉ」

唯「ふふ、楽しみだなぁ」

憂「修学旅行?」

唯「うん、まぁ、それもあるけどお風呂がね」

唯「やっと何も気にしないで下半身を晒すことができるんだもん。嬉しいことこの上ないよ~」

憂「そっかぁ、よかったね」

唯「うん! じゃあ行ってきまーす!」

憂「いってらっしゃ~い」

唯(んー、なんか心なしかおまたが痒い気が…)ウズウズ



修学旅行!高校編

律「京都だー!」

唯「京都だね! りっちゃん!」

澪「こら、あんまりはしゃぐなよ」

紬「うふふ…あ! あっちにもこっちにもお寺だわ~!」

唯・律「わーい!」キャッキャッキャッ


さわ子「お風呂は各グループ、順番に入っていってください。他のお客さんもいるから迷惑をかけないこと、いいわねー?」

「はーい」

律「やっと風呂だ~!」

紬「どんな感じなのかしらねぇ」

唯「楽しみだね! みんなでお風呂!」

澪「ふふ、唯すごく嬉しそうだな」

唯「もっちろーん!」ニコニコ

唯「    」

唯(これは…どういうことかな…)

ツンツルテン

唯(なにが…なにがあったのかな…私の陰毛に…)

唯「あは、あははは…はは…」

律「んー? 唯どうかした?」

唯「いえ…なんでもありませんよ…うふふ…」

律「そうか? んじゃ、さき行ってるぞ~」ガラガラ…

『うっひょ~! でっけぇ~!!』

『こら律! うるさい!』

『さすが有名旅館ね~』

唯「…ていうかなんで今の今まで気がつかなかったんだろ」

唯「ふつうトイレとかで気づくじゃん…ばーか…あははは…」

唯「あー、痒いなー…ちくしょー…」ボリボリ…


4
最終更新:2010年10月01日 01:21