数日後

葛飾署

署員A「なあ、こないだの『けいおん!!』観たか?」

署員B「ああ観た観た。澪ちゃん可愛かったなー」

署員C「バッカ。時代は憂ちゃんだろ」

署員A「俺はやっぱ唯ちゃんが好きだな」

ワイワイ ガヤガヤ

大原「お、おお…。凄い!中川の言った通りになっている」

中川「はい。けいおんを葛飾署に近づけることで署のみんなはけいおんに興味を持つと考えたんです」

大原「うむ。男は全員けいおんの話ばかりしている」

中川「女性の方もけいおんは流行となっていますよ」

大原「何!?」

中川「男性とは違った感覚で観ているんです。純粋にストーリーを楽しんでいるようです」

大原「ほ、ほお…」

中川「部長。これで弱みは消えましたね」

大原「そうだな!こうなればわしも自信を持ってけいおんが好きということを言える!」

中川「よかったですね」

大原「ああ!ありがとう中川!…よし」

署員A「…!あ、大原部長」

大原「やあ君たち。けいおんの話をしているのかね?」

署員B「はい。大原部長は知らないですよね」

大原「いや、知っているぞ」

署員A「えっ!?」

大原「今、署で話題となっているからな。観てみたのだ」

女性署員A「え!?大原部長、けいおん知ってるの!?」

大原「ああ。我が葛飾署のイメージキャラクターとなるのだからどんな物なのか研究したよ」

女性署員B「大原部長がけいおん好きなんて身近に感じるわ!」

女性署員A「何にでも興味を持てる部長って素敵です!」

大原「ははは。そうかなあ」

両津「部長のやつ、あんなにチヤホヤされて…」

左近司「高感度が上がっているな…」

ボルボ「それにしてもこうも葛飾署がけいおん一色になるなんてな」

本田「驚きですよねー」

両津「中川の奴が余計なことしたんだろ。こうなっちまえば部長はわしの言うことはもう聞かない…」

左近司「もう諦めろよ。両津」

本田「そうですよー。部長は絶対先輩の言うこと聞きませんよ」

両津「くそ…」


翌日

葛飾署

大原「おお!麗子君もけいおんを観たのか」

麗子「はい。ああいう学校生活っていいですよね」

大原「そうだなあ。わしもあんな青春を過ごしたかったよ」

丸井ヤング館「今、そんなに流行ってるんですか。けいおんってアニメ」

中川「署のイメージキャラクターとなりましたからね」

丸井ヤング館「僕も観てみようかなあ」

大原「観てみろ観てみろ。きっとハマるぞ」

丸井ヤング館「はあ」

麗子「そういえば署のPRイベントって確か明日よね」

中川「うん。葛飾署のイメージソングの発表会だね」

大原「はは!明日が楽しみだ!」

両津「…」

大原「ん?両津、どうしたんだ?さっきから一言も喋らないじゃないか。何かあったか?」

両津「別に。何もありませんよ」

大原「そうか。今や署はけいおん一色だな」

両津「そうですね…」

大原「両津。嬉しくないのか?けいおんがここまで署の人気になって」

両津「まあなんとも」

丸井ヤング館「あれ?両さん、こないだまでけいおん大好きって…」

両津「黙れ丸井~~~!!」

ガッ

丸井「ひいいいいいいい!!」

麗子「ちょっと両ちゃん!」

中川「丸井さんの胸倉を掴むのは止めてください!」

大原「そうだぞ両津。何がそんなに気に入らないんだ?」

両津「…くっ」

バッ

丸井「はあ…もう止めてくれよ両さん~」

大原「ご機嫌斜めだなあ。両津君」

両津「はいどうも…」

両津「(部長の奴…調子に乗りやがって。…このまま終わるわしではないぞ…!!)」

大原「そういえばな、明日イベントの司会を頼まれてしまったんだ」

麗子「司会?」

大原「ああ。けいおんの声優陣への質問など、イベントの仕切り役をだ」

中川「部長のような年配の方がそういう仕事をすれば若者以外のターゲットも絞れますからね」

大原「ははは。明日の葛飾署PRイベントはわしが盛り上げてやる!」

麗子「司会頑張って。部長さん!」

大原「ああ。ありがとう」

両津「(…部長が司会!?……よし、いい事を思いついたぞ…)」



その夜

ニコニコ寮

両津「本田、左近司、ボルボ。集まったな」

本田「はい…」

左近司「なんだいきなり呼び出して」

ボルボ「嫌な予感しかしないのだが」

両津「諸君。明日、葛飾署で何があるかは知っているか?」

本田「けいおんのメインキャラクター5人の声優が来る葛飾署PRイベントですか?」

両津「ああそうだ!」

左近司「それがどうしたんだ?」

両津「そのイベントの司会があの大原部長なんだよ!」

ボルボ「へえ。そうなのか」

両津「そうなのかじゃない!腹が立たないのか!?」

左近司「別に腹は立たないが」

本田「部長さん凄いなーって思いますね」

両津「ちがあああああああああう!!!あんな中年オヤジにけいおんを語られるんだぞ!けいおんファンは怒り爆発だ!」

本田「そうですかねえ」

両津「そうなんだよ!!けいおんのファンであるわしが言っているんだ!」

左近司「はあ…」

両津「部長なんかが司会をやっては全然イベントが盛り上がらん!そう思わんか!?」

ボルボ「ま、まあ言われてみれば迫力があまりないかもな」

両津「そうだろ!…だから!明日のイベントを盛り上げてやろうとわしは思う!」

本田「盛り上げるってどういうことですか?」

両津「フフフ…。明日のイベントにある連中を呼んでおいた。お前達にはその連中のパフォーマンスの用意をしてほしい」

本田「パフォーマンス?」

左近司「何をする気だ…」

ボルボ「やはり嫌な予感しかしない…」



イベント当日の早朝

葛飾署裏

本田「ふわあ~。眠い」

両津「眠いのはわしも同じだ!頑張ってこのプールに空気を入れてプールを完成させろ!」

ボルボ「なんでプールなんか作るんだ?」

両津「それはイベントが始まった時のお楽しみだ」

左近司「楽しめればいいけどな…」

両津「ほら。そこのステージを作る作業もやれ」

本田「わかってますよ~」

左近司「ところで両津。このプールやステージはどこかへ隠しておくのか?」

両津「ああ。この表のステージの裏に隠しておく」

ボルボ「見つかるんじゃないか?そうしたら」

両津「大丈夫だ。昨日わしが署長に裏方の警備を任せてほしいと頼んで、裏方はわしが全部引き受けたのだ」

本田「ずいぶんと計画的ですね…」

両津「ふふふ…部長め、見ていろよ…!」


そしてイベント開始の時間となる

葛飾署前のステージ

ざわざわ ざわざわ

中川「人が集まってるね」

麗子「そうね。これって住民の方々も来てるんでしょ」

中川「うん。やっぱりほとんど若者だね」

麗子「あっちには葛飾署の人たちがいるわね」

中川「彼らもけいおんのファンだからね」

署員A「いよいよ始まるのかー!」

署員B「放課後ティータイムの葛飾署の歌ってどんなのかなあ」

署員C「あ!大原部長がステージに出てきたぞ!」

大原「えー、皆様。このたびは葛飾署PRイベントにお集まりいただきまして誠にありがとうございます」

「ワーーーー!!」


ステージ裏

両津「ふふふ。始まったようだな」

本田「あの、先輩。僕たちは表でイベント見てていいですか?」

両津「ああ、いいぞ。お前らはもうやることはやった」

左近司「じゃあ俺たちはイベントを見てるぞ」

両津「ああ。面白いことが起きるから楽しみにしてろよ」

ボルボ「面白いことか…」

本田「じゃ、じゃあ先輩。あとはよろしく~」

両津「おお…。ふふふ…」


ステージ

大原「こちら、我が署の屯田署長です!」

屯田「皆様、署長の屯田です」

「署長はいいからさっさと声優を出せー!」

屯田「むっ…」

大原「まあまあ署長。今日はお祭りですし」

屯田「そ、そうだな。わしの好きなあずにゃんの声優さんも来ることだし。今日はずっと笑顔でいよう」

大原「そうです。今日はハッピーな一日なんですから」

屯田「うん。そうだな。じゃあ大原君、司会頼むぞ」

大原「はい。…えー、では…次はお待ちかねのゲストの登場でーす!」

「おおおおおおおおおおおおお!!!」

「きたああああああああああああ!!!」

豊崎「こんにちは~」

日笠「葛飾署のみんな~」

佐藤「元気ですか~」

寿「今日はよろしくお願いします~」

竹達「盛り上げていきましょう~」

大原「お、おお!ど、どれがりっちゃんの人だ!?」

屯田「大原君。大原君」

大原「あ、ああ!葛飾署のPRゲストの放課後ティータイムの5人の声優陣の皆様です!」

「わああああああああああああ!!!」

本田「うわ~。初めてみた~」

ボルボ「みんな結構可愛いな…」

左近司「どの人もタイプだ…」



裏方

両津「声優陣が来たな。…へへへ。ゲストはもっといるって事を教えてやる。よし…」

両津は携帯電話を取り出す

両津「あー。もしもしー。わしだ、両津だ」

両津「ああ、うん。今から葛飾署だ」

両津「予定通り頼んだぞ」

両津「…ああ、わかった。じゃあ頼む」

ピッ

両津「よし…ステージが盛り上がるぞ…」


ステージ

ジャカジャカジャーン♪

「わああああああああああああああああああ!!」

豊崎「ありがとうございましたー!」

大原「い、以上!声優陣の皆さんによる葛飾署PRソング、『かつしか時間(タイム)』でした!」

屯田「うん。演奏できるなんて凄いな」

豊崎「ありがとうございますー」

日笠「久しぶりだったんで緊張しましたー」

大原「おお…唯ちゃんと澪ちゃんの声そのままだ」

本田「あー。みんな可愛いですねー」

左近司「部長たちが羨ましいな」

ボルボ「近くに行ったら俺は鼻血を出ししまうだろうな」


大原「では、トークタイムと参りましょう!」

屯田「よし!質問はわしがするぞ!」

大原「いや!質問するのも私が!」

屯田「じゃあ二人で交互に好きな質問しよう!」

大原「はい。それならいいでしょう」

豊崎「あはは…」

バーーーン!

大原「!?」

麗子「何!?」

中川「ステージの後ろから何かが出てきた!」


4
最終更新:2010年10月01日 22:50