「試してみるかな……」


私、中野梓はひょんなことから恋の女神のノート「百合ノート」を手に入れてしまいました。
百合ノートに名前を書かれた者同士は好き合ってしまうようです。

でも、本当かな……?




~百合ノート、ルール~

  • 名前を書かれた者同士は好き合う。

  • 表記は相合傘でもいいが、→ や →← などの記号もその通りになる。

  • 効力は名前を書いた40秒後。

  • 名前を書いた40秒以内にその詳細を書くと、その通りになる。
 その場合、詳細を書くために6分40秒の猶予が与えられる。

  • 名前を書かれた者同士の面識が無ければ無効。

  • 一度書いた者の名前をもう一度書くと上書きされる。

  • ノートを焼失した場合、ノートを名前を書かれた本人が見た場合、効力は失われる。





そこで私は試してみることにしました。

ワイワイガヤガヤ

放課後の部室。
今日は憂も遊びに来てて、唯先輩と律先輩となんだか騒がしい感じになっているようだ。

梓(試しにあの仲良し姉妹を……)

私はさり気なく、そして素早くノートを取りだして、ペンを走らせます。

◆  ◆  ◆

平沢唯 平沢憂

◆  ◆  ◆

そして、二人を相合傘で覆ってあげます。
さて、どうなるかな……


唯「バレンタインデーに憂の作ってくれたケーキがすごく美味しくってさー!」

憂「もう、お姉ちゃんったら」

律「羨ましいぞ、唯ー!」


……あれ、40秒経ったのに、特にこれといった変化がない。
考えて見れば、もとから仲が良いから当然と言えば当然か……
でも、これじゃあ、ノートが本物かどうかわからない。

梓(そうだ……!)サラサラ


◆  ◆  ◆

秋山澪 →← 田井中律

16:30に澪先輩がみんなの目の前で律先輩に告白。
そのまま律先輩を襲おうとする。
律先輩もみんなの前ということで戸惑いながらも、特に抵抗できずに子猫のように急に小さくなってしまう。


◆  ◆  ◆


梓(よし、これなら……)

カチッ、カチッ、カチッ、カチッ……

梓(早く時間にならないかな……)

澪「梓、さっき何書いてたんだ?」

梓「ななな、なんでもないです!」

澪「どうしたんだ、そんなにあわt……あ、そうだ、私……」カ゛タッ

梓「澪先輩?」

澪「お、おい律!!」

梓(!!??)

律「あ? どうした、澪」

澪「どうしたじゃないだろ、さっきから唯と憂とばかり話して!」

律「なんだよ、澪も話したいなら入ってくればいいじゃんか」

澪「そうじゃないだろ! 律は……律は人の気持ちも知らないでっ!」

紬「ちょ、ちょっと澪ちゃん落ち着いて……」

唯憂梓(ポカーン)

律「な、なんだってんだよ、澪……」

澪「私は……私は律のことが好きなんだ!! ずっと、ずっと……!!」

梓紬(きたー!!)

唯憂(ポカーン)

律「お、おい澪……そんなこと、みんなの前で……」

澪「ああもう我慢できない! 覚悟しろよ律」ハ゛ッ

律「ちょ、ちょっと澪やめっ……落ちつけよ……」

澪「落ち着いてられるか……! ああ、律、はぁはぁ、律ぅ……」チュッチュチュッチュ

律「澪ぉ……や、やめぇ……ちょ、ぁ……澪……」

澪「ほう、律は意外と攻められるとか弱いなぁ……子猫ちゃんみたいで可愛いぞ……はぁ」チュッチュ

律「そんなこと……うぅ……//////」

紬(ぽわ~ん)

紬(ハッ! いけない……!)

紬「み、澪ちゃん落ち着いて!」バッ

唯「そ、そうだよ、澪ちゃん、どうしちゃったの?」

憂「澪さん……」


ガヤガヤガヤガヤ


梓「…………」

梓(百合ノート、本物だ!!)


梓(これで、私は、百合世界の神となる!!)



――帰り道

唯「それにしても、澪ちゃん凄かったね……」

紬「結局2人だけで帰っちゃったけど、大丈夫かしら」

梓(ふふっ、今頃澪先輩と律先輩は……)

憂「どうしたの、梓ちゃん?」

梓「ん? い、いや、何でもないよ」

紬「澪ちゃんがあそこまで律ちゃんのこと好きだったとはねぇ」

唯「澪ちゃん、律ちゃんにたくさんチューしてたよー」

憂「わ、私も!!」

唯紬梓「!?」

憂「私もお姉ちゃんのこと、チューしたいくらい好きだよ……?」

唯「えへへ、私もだよ憂ー、じゃあチューしよっか?」

憂「うん!」

唯憂「ん……」チュー

紬「あらあら///」

梓(これもノートの効果……?)


――梓の家

梓(それにしてもすごいノートだなぁ)

梓(唯先輩&憂や澪先輩&律先輩ならともかく、このノートなら変わった組み合わせもできるかも)カキカキ


――翌日休み時間

律「和ー、ここがわからなかったんだけどさぁ」

和「ああ、ここは、こう……」

澪「なぁ律、ちょっと和にくっつきすぎじゃないか……?」

律「何言ってるんだよ、私と和の仲だぜー? そうだろ、和?」

和「急にどうしたのよ律……澪、律と喧嘩でもした?」

澪「してない……ほら、律、和も困ってるし、勉強だったら私が教えるから」

律「私は和に教えて貰いたいんだ!」

澪「えっ……」

梓(ほう、こういうこともできるのか……)コソリ


◆  ◆  ◆

秋山澪 → 田井中律 → 真鍋和

2限と3限の間の休み時間、律先輩が和先輩に勉強を教えてもらうことを口実に近づく。
澪先輩の制止も空しく、律先輩は和先輩にやたらとスキンシップをとる。

◆  ◆  ◆


梓(でも澪先輩が可愛そうだから、あとで元に戻しておこっと)

唯「あーずにゃんっ!!」タ゛キッ

梓「わぁっ!! 唯先輩……!?」

唯「こんなところで、何してるの?」

梓「先輩たちのクラスを通りかかったので、ちょっと覗いただけです」

唯「ふーん……あっ、あずにゃん、そのノート……」

梓「え……あ、いや、これは……」

唯「とっても可愛いね!!」ニコッ

梓「……」



――放課後、部室

梓(それにしても、唯先輩の笑顔はやっぱり反則だよなぁ……)ボー

梓(唯先輩は私のこといつも可愛いって言ってくれるけど……)ボー

梓(本当に可愛いっては、ああいうことだよ……)ボー

澪「なぁ、梓……」

梓「はいー?」ボー

澪「律が私に急に素っ気無くなったんだけど……」

梓「そうなんですかー?」(ケーキ食べてる唯先輩も可愛いなぁ……)ボー

澪「私何かしちゃったかな……?」グスン

梓「しちゃったんじゃないですかー?」(美味しそうにしてる唯先輩可愛い)ボー

澪「昨日の夜は最高だったのに……夢みたいだったのに……」

澪「また、昨日の夜みたいに戻りたいよぅ……」ポロポロ

梓「大丈夫ですって!」(ハイハイ)カキカキ


◆  ◆  ◆

秋山澪 →← 田井中律

スキスキダイスキラブちゅっちゅ

◆  ◆  ◆



――6分40秒後



バタン!

律「澪ー!!」タ゛キッ

澪「きゃっ……り、律……!?」

律「澪、好きだよ、澪ー」

澪「い、今更なんだ! ずっと和と仲良くやってればいいだろ!」

律「何言ってるんだよ! 私の一番は澪だぞ? 澪ー、大好きー!」

澪「……/////わ、私だって……私だってぇっ……!!」

澪律「ん、んー……ちゅぱ……ちゅるり……」

唯紬梓憂「oh…………」

梓(人前であそこまでできるなんて……)

梓(やっぱりノートの力ってすごい……!)

紬「……」チラッ


そういえば、両親が家にいるのか、今日も憂は部室に遊びに来てる。

憂「はい、お姉ちゃん、あーん!」

唯「あーん!」モグモグ

唯「憂が食べさせてくれると、一層美味しいよ!」ニコニコッ

憂「お姉ちゃん//////」

梓(……)


姉妹だからいいと思ってたけど、やっぱりイライラする……
この二人、これじゃまるで恋人じゃない……
明らかに憂から唯先輩へのスキンシップも増えてるし……

唯先輩を独り占めしちゃって……!


梓(憂、見てなよ……)

憂「お姉ちゃん、クリームついてるよ」フキフキ

唯「あ、ありがとう憂ー」

紬「うふふふふ」

梓(今だ!!)カキカキッ


◆  ◆  ◆

平沢憂 → 平沢唯

憂は今まで通り唯に接しようとするも、唯先輩は冷たい態度で返し、憂を避けるようになる。

◆  ◆  ◆


梓(ふふっ、これで!)ニヤリ

唯「あっ! あずにゃん、またその可愛いノート!!」

梓「えっ!? あ、いや、はい……」

唯「いいなー、私も欲しいなー! どこに売ってたのー?」

梓「そ、それは……え、えっと、唯先輩には内緒です!」

唯「そんなぁーあずにゃんのいけずー!」

梓「で、先輩方はいつまでちゅっちゅしてるんですか」

律澪「ちゅっちゅ、ちゅっちゅ……」

律澪「……ハッ……!!」

律「私としたこどが……」

澪「ずっとみんなに見られてたなんて恥ずかしい……!」

梓唯憂紬「」


律「よし、じゃあ今日はもう帰るか―!」

澪「早く続きもしたいしな……」ボソッ

唯「帰る準備ー」ガサゴソ

憂「お姉ちゃん、これ忘れてるよ」

唯「ありがと、憂ー」


紬「……」チラッ

紬「……」

ぞろぞろぞろぞろ

「じゃあねー!」

「じゃあね、また明日ー!」


2
最終更新:2010年10月03日 00:03