第三十二航空部隊宿舎───

唯「ただいま~…」

律「遅かったな」

唯「田井中さん…。二人は?」

律「澪とムギは買い物。てかその田井中さんってのやめてくれ。虫酸が走る」

唯「じゃあなんて呼べばいいんですか?」

律「普通に律でいいよ」

あんなことがあったからだろうか。自然とイライラしてくる…

唯「…呼びたくありません」

だから意地を張ってしまった。せっかく仲直りするチャンスだったのに…。

律「お前なぁ!」

唯「なんですか!」

律「~っ、っあ~もうっ! 別に喧嘩したいわけじゃないのに」

唯「えっ…」

律「もういいよ! 好きなように呼んでくれ。ただ私はお前のこと唯って呼ぶからな! いいな!?」

唯「別に…いいけど。なんで?」

律「長いから! じゃあなっ! オヤスミ!」

唯「…」

律「…」

唯「寝た?」 律「寝てない」
唯「はやっ」

唯「あの…ごめんなさい」

律「いいよ…もう。ただ私の勝手で隊が機能しなかったら困るからな。それだけ。だから私のことは嫌いでもいい。でもその感情を戦場でも向けるのはやめてくれよ。みんなを死なせたくない…勿論お前もな。一応~? 仲間だし…」

唯「田井中さん……」

唯「…弟さんのこと聞きました」

律「そーかい。まあ良くある話さ。こんなご時世だしな」

唯「…ごめんね。人の気も知らないで…」

律「……」

唯「みんなもっともっと辛い思いしてきたのに…私だけが辛いみたいな顔しち゛ゃ゛っ゛て゛さ゛」

律「……」

唯「私の妹ね…目が見えないんだ。多分これからもずっと…。でもね…それなのにリンゴなんて剥こうとしちゃってさ…諦めないんだよ? 前はお姉ちゃんが無事に帰って来ますようにって…ぐしゃぐしゃの鶴折ってくれて…」

律「……」

唯「包帯換えるだけでありがとうお姉ちゃんって…飛びっきりの笑顔でお礼言ったりさ…」

律「……」

唯「帰る前いつもまた来てねって……。前に行ったのだって結構前なのに……そんなこと一言も言わなくて……っ」

律「また行ってやれよ」

唯「えっ……」

律「生きてる限り何回だって行けるんだ。行ってやれよ、唯」

唯「律…さん」

律「私は聡の側にいて守ることも出来なかった…。そしてそれはもう二度と戻らない、けどお前にはまだ守れるんだよ。大切な人を。守ってやれるんだ…その手で」

唯「守って…?」

律「ああ。その子にとっての光はお前なんだ。私も似たような境遇だったからわかるよ。聡は私の生き甲斐だった…」

唯「……」

律「だから生き延びろ、唯! 何があってもその子より先に死んだりするなよ! 約束だ」

唯「うん…っ」

律「もっとも、私がいる限り死なせたりしないけどな」

唯「頼りにしてるよ、りっちゃん」

律「なんだよそのりっちゃんってーの! やめろよこそばゆいっ!」

唯「好きに呼んでいいって言ったじゃん」

律「あ~う~くそぉ~」

唯「ふふ」

律「へへっ」

こうしてりっちゃんとも打ち解けた。

私の大切な大切な友達。


それからはまた訓練、訓練、またまた訓練。本当に使う日が来るのかと思うぐらい訓練を重ねに重ねた。
みんなと打ち解けた私はいつの間にかフォーメーションリーダーとなっており、編隊飛行などの組織的な練習も数多くこなした。

そして、

ブーーーーーーーーーウウウウウウウウウウ

《敵襲! 敵襲! 航空部隊は速やかに持ち場につけ! 繰り返す…》

澪「敵襲?!」

律「ちっ、観測班はなにやってたんだよ! スクランブルかけるまで放置するなんて寝ぼけてんのかぁ!?」

紬「しばらくなかったから対応が遅れたのね…急ぎましょう」


滑走路───

和「あなた達急いで!」

澪「はいっ!」

律「言われなくてもわかってるよ」

紬「了解です」

和「あれ? 平沢一等兵は!?」

律「唯なら妹のとこですよ少佐」

和「全くあの子は……どうしてこういつもタイミングが悪いのかしら!!!」

澪「唯の分もカバーします! 安心してください」

和「任せるわ! あの子もすぐ呼び戻すから」

整備班「秋山さん! いつでもオーケーです!」

澪「いつもありがとう! それじゃ行ってくる!」

整備班「ご無事で!」

ビシュウウウンッ────

律「整備は?」

整備班「完璧です律さんっ!」

律「オーケー、急いでるんだ、肩借りるぜ!」

整備班「どうぞ!」

律「よっと」

整備班の肩を踏み台にし、操縦席に手をかけると一気に乗り込む。

律「いつも悪いな」

整備班「いえ! 自分にとってはご馳走(ry」

律「他にどっか出てんの?」

整備班「二十二航空部隊が出てます! 後は三十も!」

律「ちっ、あいつらに先越されたらまた自慢話聞かされそうだからな。さっさと落としてくるわ」

整備班「御武運を!」

ズシャアアアアアッ───

整備班「紬様ァー! お急ぎくだされー!」

紬「その紬様ってやめてくださいっ! いつも言ってるじゃないですか! 私なんて家はその…貧乏で…」

整備班「いえ、お嬢様はお嬢様ですから(キリッ」

紬「もうっ! こんな貧乏家庭の人間をからかって!」

整備班「では気をつけて行ってらっしゃいませ、お嬢様」

紬「もぅ~…」


ズオォォォォゥゥゥッ────

整備班「斎藤、お前も懲りないな」

斎藤「お前こそ、肩に足形ついてんぞ」

整備班「バッカ勲章だろこりゃあよう!」

斎藤「(お嬢様…ご無事で)」



バスの中───

唯「あ゛れ゛ば!!! 敵゛襲゛!? 急゛い゛で戻゛ら゛な゛い゛と゛」

子供「ガラスに顔擦り付けて変なお姉ちゃ~ん」

お母さん「しっ! 見ちゃ駄目よたかし」

唯「運転手さ~ん!!! 急いでくださ~い!! 敵が来てるんです!!!」

運転手「て~きが来てるってお嬢ちゃん戦闘機のパイロットか何かかい?」

唯「平沢唯一等兵、第三十二航空部隊の者です!」ドックタグ見せ見せ

運転手「あんりゃまあそうだったのぉ~こりゃ~忙しんと~…捕まってな、嬢ちゃん」

唯「えっ…」

運転手が激しくギアチェンジするとバスは瞬く間に速度を上げて加速していく。



滑走路前───

唯「遅くなりました!!」

和「遅いっ! 遅れた理由はいい! さっさと乗り込め!!」

唯「了解です!」

整備班「あ、あの! 平沢さんの専用機の整備をさせてもらうものです! よろしくお願いします!」

唯「うん、よろしくね~。って急がないと! 話はまた帰ってからね~」

ズブシャアアアアアアアゴウゴウプゥ~ン────

整備班「かっこいい…」



律「(早いな…新型か? 三機だけで来たからなんだと思ったけど…こりゃ偵察ってわけじゃなさそうだな)」

律「澪! こっちに誘い込めるか!?」

澪『了解! やってみる!』

澪の機体が敵の機体の背後を取り、追いすがる様に私の所へと連れてくる。

律「今だっ!!」

真正面からミサイルを発射、勢いがつきすぎた敵はミサイルをかわすこともなく撃沈。私は敵と交差するようにすれ違って行く。

「……」

律「(まだ子供じゃないか…って私が言うのもおかしいな。許せとは言わない…。私もいずれ行くから…だから先に待ってて…)」

唯「あー、あー、こちら一番機。応答よろし」

澪『唯! 早かったな!』

紬『妹さんはどうだった?』

律『リンゴ剥けてたか?』

唯「今は任務中だよみんな。私語は謹んで!」

澪『ふふ、二番機了解です』

紬『怒られちゃった。四番機了解』

律『帰ったら話聞かせろよ? 三番機了解ッ!』

唯「一気に叩くよ! 展開ッ!」

─────

ブゥゥゥゥゥン────

整備班「あっ! 帰って来た!」

斎藤「お疲れ様でした! お嬢様!」

紬「もう…やめてって言ってるのに」


澪「ただいま!」

整備班「お見事でした澪さん! さすが桜ヶ丘の鷲です!」

澪「よしてよそんなの、恥ずかしいよ」


律「たっだいま~」

整備班「おかえりなさいませええええええ」

律「元気だけはいいなぁ。あ、急いでないけど肩借りるな」

整備班「どうへぶっ!」

律「悪い…顔踏んじゃったわ」

整備班「(これが何よりのご馳走です!)」


唯「ただいま」

整備班「お帰りなさい唯さん」

唯「これから降りたら真鍋少佐に怒られるんだろうな~怖いな~やだな~」

整備班「ふふ、不思議ですね」


唯「なにが~?」

整備班「だって操縦士なんていつ死ぬかわからないのに…まるで怖がってないから皆さん」

唯「それは違うよ。みんな怖い、けど我慢してるんだよ」

整備班「そう…ですよね。知らないのにそんなこと言ってすみませんでした」

唯「ううん。気にしないで。整備ありがとう。そう言えば名前は?」

雨衣「あ、私、ういです。雨に衣で雨衣」

唯「えっ…」

雨衣「どうかしましたか?」

唯「う、ううん…何でもないよ。雨衣…か、良い名前だね。じゃあ怒られに行ってくるね!」

整備班「はい。気をつけて行って来てください」

唯「(雨衣ちゃんか…憂の友達になってくれないかな~…なんて)」


あれから警備がより一層厳しくなり、しばらく休暇はなくなっていったのだが、そんなある日

真鍋「今日は他の部隊が受け持つからあなた達は休みなさい。もう一ヶ月は休暇なしでやってもらっているしね。他の部隊もあなた達を頼りにしてるみたいよ」

律「頼りにってかいいコマ使いだろ~?」

澪「律ッ! 少佐になんて口の聞き方するんだ!(休暇取り消されたらどうするんだ! 今日はみんなで唯の妹のお見舞いに行く約束だろう!」

律「し、失礼しましたっ! これからも誠心誠意この基地の為に全力を尽くす所存であります!」

和「?? あ、うん…良い心構えね。じゃあ解散」

律「(セーフ」

澪「(全く…」


バスの中────

律「ひゅ~危なかった。真鍋少佐のことだから…「そんな減らず口が叩けるなら休暇は必要ないわね? じゃあ今から滑走路のゴミ拾いでもしてもらいましょうか?」って言ってるのに違いないぜ」

澪「似てない似てない」

紬「ああ見えて本当は優しいのよ真鍋少佐。ね、唯ちゃん」

唯「……」

紬「唯ちゃん?」

唯「ん? あ、なになに?」

律「おいちゃんと話聞いてろよ~? せっかく私が真鍋少佐ネタを披露したのにだなぁ」

澪「いつも怒られてるだけあってレパートリーだけはあるよな」

律「なんだとぅっ」

唯「…」

唯「みんな…ありがとね。貴重な休暇なのに…」

律「気にすんなよ。どうせ休暇って言っても寝るぐらいしかやることないしな」

澪「そうそう」

紬「気にしなくていいのよ唯ちゃん。私達は家族も同然なんだから。唯ちゃんの妹は私達の妹でもあるわ」

律「なにその人類みな友達みたいなノリっ」

紬「いけなかったかしら?」

澪「私はいいと思うよ。みんながみんなそうならいいのにな…」

唯「うん…そしたら戦争なんて起きないのに…」

律「そうだな…」
紬「ええ…」
澪「ああ…」

唯「あ、そろそろだよ」

┏━━━━━━━━┓┃ビー 次 降ります┃┗━━━━━━━━┛


桜ヶ丘病院──

コンコン

憂「お姉ちゃん…じゃない。どうぞ…」

コンコンコココンコンココンコッ!

憂「ふぇっ、だ、誰ですかぁ…?」

ゴツン! シーン…

紬「こんにちは憂ちゃん。私達唯ちゃんのお友達よ」

憂「お姉ちゃんの!?」

律「ワ|レ|ワ|レ|ワ|、ウ|チ|ュ|ウ|ジ|ン|ダ」

憂「ひいぃ~宇宙人怖いよぉ! 助けてお姉ちゃ~ん!」

澪「いい加減にしろ」

ゴスンッ

律「あいでっ」

唯「よしよし、怖くないよ~」

憂「びえ~ん」

律「ゴ|メ|ン|ナ|サ|イ。ナ|カ|ナ|オ|リ、E|T」

憂「?ん?へ?」

律「こうやって指先と指先合わせて仲直り~」

澪「どっかで見たことある風景だな…」

憂「うん…。仲直り♪」

律「にへへっ」

唯「憂、私の友達だよ。声がおっとりしてるのはムギちゃん。可愛いよぉ」

紬「琴吹紬よ。よろしくね、憂ちゃん」

唯「で、綺麗な透き通る声の澪ちゃん」

澪「透き通るなんて…ちょっと照れるな。秋山澪って言います。よろしく憂ちゃん」

唯「次は元気なりっちゃん! 面白いよ!」

律「さっきはごめんな~憂ちゃん。田井中律だよん。ヨ|ロ|シ|ク|ネ」

憂「ムギさんに澪さんに律さん! 平沢憂です! いつもお姉ちゃんがお世話になってます!」

憂「座ってください。今リンゴ剥きますね」

澪「えっ…」
紬「私がやるわ。憂ちゃんは寝てていいのよ」

唯「待って、ムギちゃん。憂にやらせてあげて」

紬「でも…」

唯「お願い」

紬「…わかったわ」

憂「ありがとうお姉ちゃん」


24
最終更新:2010年10月06日 20:44