__
      .イ   . ィ ´: : : : : : `丶、  ィ/ト┐
      」:{ /: : : : : : : : : : : : : : :\/: : : : : :>
  _ ィ´: :乂: : : : : : : : /: |: : \ : : : :\: : : : \
  ゝ: : : : : :l/: : : /: : : /: : |: : : : :ヽ: :\ ∨: : : : :ア
 彳: : /: : : :|l: : :/: : : /: :./l|: : : : : |: : : : ヽ!: : :.厂
.  廴/: : : :从`Y: : : /: ::/ ハ: : : : :|!: : : : : :\┘
  ¨/: : :斗: :ヽ|: :|: :|: :/\ ∨: : : ト、: : : : : トゝ
   ´’'′∨-J: :!: :!/ / ` |;j\: 「 ∨: :|: :|
       /へ∨|: :fろ'トミ    ,zニ、 八: |: :|  
     /\( |/Ⅵ、ノ`   .クノ`'イ: :ハル′      .l!
    / ̄`丶¬.        `´ / '^´        ∥
.   /. ― 、. \\   、  '  人_         __」!、
.   /    `丶、ヽト 、 `´_ イ / \       /-‐ヘ'
  |    \  `ヽ'、 `¨/ //    }     .´-―┤
  |     `丶 、ハ、'Y´/_ノ   / く     ’   ̄]
.   !         ∨!ハ'_ ィ/ | ./ / }    _ノ   ケ′
.   |レ‐ _ 二二_ -‐ヘヽ  `丶j、// .> ' ´    /
.   | ‐''´V r''´ _ . -‐Vヽ、___ム-‐ '´      . -‐′
.   !> 、 ∨ ィ´ .-‐ァ7¨ /         .ィ´
  | /`'∨ /  / / /        ィ´/



純「どうせ、三年の先輩がいなくなって1人で部室で泣いてるんでしょ?」ニヤニヤ

梓「そんなこと!・・・ないよ・・・」シュン

純「しかたないから、そんな寂しがり屋な梓の為に軽音部に入ってやるか!」ニヤリ

憂「はい、梓ちゃん♪これ、私達の入部届けだよ」ピラッ

梓「!」

梓「・・・二人とも・・・ありがと」ウルウル





ジャズ研部員「・・・・」



~~~そして、春休み明け~~~

純「さぁ~、今日から私達も三年生だ!」テクテク

純「受験生かぁ・・・勉強嫌だなぁ」

梓「おはよ、純!」

純「おはよ~、梓・・・朝から元気いいね」

梓「春だしね!」

純「(キャラじゃない・・・はしゃいでいるな?)」

梓「どうしたの?純はなにか憂鬱っぽいけど?」

純「あぁ・・・私達も受験生なんだなぁ~と」

梓「あ、そういえばそうだね」

純「(梓は成績いいもんね・・・憂も・・・)」

梓「わたし、てっきりクラス分けの心配してるんだと思ったよ」

純「なに?」


純「クラス分けだと・・・?」



~~~昇降口、クラス分け掲示前~~~

純「(なんか、嫌な予感がする・・・)」

梓「あっ、憂!」テテテ

憂「梓ちゃん、純ちゃん。おはよ~」

純「おはよ~・・・クラス分けどうなってる?」

憂「わたしも、今来たところだから一緒にみよ?」

梓「えっと・・・あ、わたし2組だ」

憂「あっ!わたしも2組だよ!」

梓「一緒だ、これから1年よろしくね!」

憂「よろしくね、梓ちゃん♪」

梓「純は?どうだったの?」


純「・・・・4組だ・・・」

純「・・・」

梓「え、えと」

憂「・・・離れちゃった・・・ね」

純「隣のクラスですらない・・・」

梓「ほ、ほら、休み時間とかは会いに行くし」

憂「そうだよ!それに私達、軽音部じゃない?」

梓「!そうそう、放課後は集まれるじゃん!」

純「・・・」ズーン

梓「あのあの、えっと」

純「ップ、そんな慌てなさんなww冗談だよ~」

梓「あっ!騙したの?!・・・もぅ、心配したのに」ボソボソ

純「え~?何か言った?寂しがり屋の梓ちゃ~ん♪」ニヤニヤ

梓「もう!知らない///」プンプン

憂「二人とも本当に仲良しだね」ニコニコ

梓「ふ、ふん!違うクラスになって宿題写せなくて困るのは純だからね!」

純「それは・・・困る!!」

梓「存分に困るがいいよ」フフン

純「憂は、違うクラスになっても宿題見せてくれるよね?」ウルウル

憂「ダ~メ♪私達、これから受験生だもんね」ニコッ

純「はぅっ!」ガーン

梓「ふふふ、これからは真面目に勉強しなよ?」ニヤニヤ

純「ううう」

憂「あっ、そろそろ新しい教室行かないと・・・じゃぁね?純ちゃん」テテテ

梓「じゃ、1人だからって寂しがるなよ~?」ニヤニヤ

純「う、うるさい!早く行っちゃえ!///」

梓「は~い」テテテ


純「・・・・」



~~~3年4組 教室~~~

ガラッ

純「・・・・」

純「知ってる人が、いない・・・」

純「あ、黒板に座席表が書いてある」

純「えっと~、お?」

ガラッ

ジャズ研部員「えっと~、席は・・・」スタスタ

ジャズ研部員「!」

純「えっと・・・隣の席だね」

ジャズ研部員(以下ジャ研)「・・・」

純「また1年よろしくね?」ニコッ

ジャ研「・・・」

純「・・・?」

純「あの」

ガラッ

ジャズ研部員2「えっと~」

ジャ研「・・・あ!」ガタッ

ジャ研「ジャズ研2ちゃ~ん♪同じクラスだね!」タタタ

ジャズ研部員2「あっ、ジャ研ちゃ~ん♪」キャイキャイ


純「・・・・これは・・・」



~~~そのころ3年2組~~~

さわ子「(まったく、なんで2年連続で受験生の担任しなければならないのよ・・・)」

さわ子「(普通は去年3年受け持った先生は担任っていっても、新入生の担任だろ)」

さわ子「(いくら私が若い教師で、元の先生が産休だからって)」ブツブツ

梓「あの、先生?なにブツブツいってるんですか?」

梓「(きっと私と憂を同じクラスにしたのって、さわ子先生の差し金なんだろうな~)」

憂「お姉ちゃんが使ってた教室だ~♪」キラキラ


キーンコーンカ-ンコーン

さわ子「あ、休み時間ね~」

起立!礼!

さわ子「それじゃ」ガラッ

梓「あの、さわ子先生」

さわ子「あら、梓ちゃん。どう?憂ちゃんと同じクラスにしてあげたのよ~」ホホホ

梓「!やっぱり」

さわ子「だって、知ってる子が多いほうが私もやりやすいもの~」

梓「どうりで吹奏楽部のコが多いと思った・・・」

梓「じゃぁ、なんで純は別のクラスに?」

さわ子「純・・・・だれ?それ?」

梓「(一応、新入部員なのに?!!)」ガーン

憂「去年お姉ちゃんが座ってた席はどこだっけ~♪」ニコニコ



純「・・・休み時間なのに来てくれない・・・」


純「・・・・」

ワイワイ キャッキャ

純「(あっ、あのコも1人だ)」

純「(どうしよう、話しかけようかな・・・)」

純「(でも、さっき憂達は会いに来るって言ってたよね?)」

純「(仮にあのコに話しかけたとして、後で憂達が来て)」

純「(新しく知り合ったコの前で、別のクラスのコと仲良く話し出すのって・・・まずいかも)」

純「・・・・」

純「・・・わたしから会いに憂達に行こうかな・・・」

純「でも、梓に寂しがり屋ってからかわれるかも・・・・」

純「・・・・(なんなんだろう。この夜中にトイレに行くか行くまいかの様な、微妙な葛藤は)」

純「・・・・・」

キーンコーンカーンコーン

純「・・・・あ、授業だ・・・」



~~次の休み時間~~

キーンコーンカーンコーン

教師「おっ?」

教師「次は2組が受験についてのオリエンテーションだ」

一同「え~?」

教師「お前ら3年だろが~。前のクラスから順にやってくんだ、さっきは1組がやったんだぞ?」

教師「休み時間中に視聴覚室に移動しろよ~」

ワイワイ ガヤガヤ

梓「うわ~、そんなことするの?」

憂「いよいよ私達も受験生なんだって実感するね・・・」

梓「早く移動しよ?」

憂「だね」




純「・・・・・」



~~次の休み時間~~

キーンコーンカーンコーン

教師「・・・以上だ。質問等があれば先生に聞けよ~」

ワイワイ  ガヤガヤ

梓「うぅ~、模試とか偏差値とか将来の職業とか・・・」

梓「考えること多すぎだよ~」ズーン

憂「そうだね。でもいまから憂鬱になっててもしかたないよ~」

憂「早く教室帰ろ?視聴覚室って3年の教室から遠いし、ね?」ニコッ

梓「うぅ、憂は優しいね」ズーン

梓「はぁ、教室までの道のりでも足が重く感じるよ・・・」ズーン





純「・・・・(わたしの周りだけ空気が重く感じる・・・)」



~~さらに次の休み時間、3年4組~~

キーンコーンカーンコーン

ワイワイ ガヤガヤ

純「・・・・」(寝たフリ中)

ジャ研「アレ見てー、さっきからずっと寝てるよー」 ヒソヒソ

ジャ研2「クスクス」

純「・・・」

ガラッ

純「・・・!(憂達が会いに来た?)」ガバッ


教師「次はお前ら4組が受験オリエンテーションだぞ」

教師「早く視聴覚室に移動しろよ~」

純「・・・」

ジャ研達「すごい勢いで起きたよー。まさか寝たフリ?」ヒソヒソ クスクス


純「・・・・」



~~ そして ~~

キーンコーンカーンコーン

教師「おっ?今日は新入生の入学式の準備もあるから」

教師「授業は午前中だけだったな」

教師「明日からは受験生として本格的に授業がはじまるからな」


純「・・・新しいクラスで誰とも話さないまま一日が終わってしまった・・・」

純「授業中は両隣がジャズ研で・・・わたしを無視するし・・・」

純「気付けば皆新しいグループできちゃってるし・・・」

純「もしかして、わたし」


純「ひとりぼっち・・・?」


ジャ研「ねぇねぇ、ジャ研2ちゃん!はやく部活行こ?」チラッ

ジャ研2「そうだね。新2年生の後輩達だけにまかせるのもね~?」チラリ

ジャ研達「じゃぁ行こっか~♪」

ガラッ


純「・・・・軽音部行こ」


純「・・・はぁ」

純「わたし・・・あのクラスで1人でやっていけるのかな・・・」

純「なんで、休み時間に憂達来てくれなかったんだろぅ」トボトボ

純「・・・」

純「あ、軽音部の部室についた・・・」

純「憂・・・梓・・・」グスッ

純「ふぅ・・・とにかく!ヤツらの言い分を聞いてやろうじゃないか!」グッ

ガチャッ バンッ

純「こらー!二人ともぉおお!!」フンスッ

シーン

純「・・・あれ?」



~~そのころ 体育館~~

さわ子「さぁ、みんな!張り切って入学式の準備をしましょう!」

3年2組一同「うぇ~ん、なんで私達がぁああ!」

さわ子「ゴメンね~みんな、私職員室でジャンケン負けちゃったのよぉ」グスン

3年2組一同「さわ子先生~」

さわ子「その代わり、私もジャンジャン手伝うからね?みんな!一緒に頑張ろう!」フンッフンッ

吹奏楽部員「あぁ・・・あの、清楚なさわ子先生が肉体労働を・・・」

梓「さわ子先生はそんなヤワじゃないよ~」アハハ

吹奏楽部員「あ、そういえば昔は軽音部でカッコよかったんだっけ?」

梓「そうそう・・・ほかにも―」

さわ子「皆で仲良く椅子並べよ~♪」

ワイワイ ガヤガヤ アハハ

憂「さっそく、新しいクラスで共同作業・・・」

憂「ふふっ、なんかいいな~こういうの♪」


2
最終更新:2010年10月06日 22:57