唯「最近憂からメール多いんだよね~」

律「憂の奴ホームシックならぬ唯シックなんじゃね?」

唯「そうかもしれないけどさすがに異常かな~って思うんだよね」

澪「どのくらいの頻度なんだ?」

唯「5件」

澪「1日5件なら全然…」

唯「1分に…」

澪「…」

律「憂のところ行ったほうがいいんじゃね?」

さわ子「それは助かるわ」

澪「さわ子先生、久しぶり」

紬(澪ちゃん…もう当然のように…)

さわ子「実は軽音部で憂ちゃんと梓ちゃんが喧嘩してるのよ」

律「うへ…喧嘩の仲裁かよ…」

さわ子「それが…モエブターの仕業なのよ」

唯「じゃあ行かないとだね」

澪「もう行きたくない…」


音楽室

憂「梓ちゃんが…梓ちゃんがお姉ちゃんを攫ったんでしょ!?」

梓「何よ憂、言いがかり!?私は憂こそ怪しいと思ってるんですけど!?」

純「やめなよ~、二人とも~、後輩にこんなところ見せられないでしょ?」

唯「二人ともやめて!」ガチャ

憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん大丈夫だった?お姉ちゃん朝ごはん食べた?髪の毛の寝ぐせは?」

唯「憂…おかしいよ…」

憂「どうして?私はお姉ちゃんが大好きなの大好きだったら心配して当然なの大好きだったら…」

梓「憂…やっぱりあんたが唯先輩を苦しめてる張本人だったんだなあああああ!」

梓「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」スッ

純「ひっ!包丁!」

憂「お姉ちゃんが梓ちゃんに殺される!梓ちゃんを殺さないと!」スッ

純「憂まで!」

澪「先生!これは!?」

さわ子「…奴はヤンデロン、恐らくティータイムのお菓子にヤンデレ化させるものを混ぜたのね」

律「ティータイムまだやってたんだ…」

紬「二人を止めないと…」

さわ子「とりあえず変身よ、澪ちゃん!」

澪「変身!」ピカー

澪「味の鉄人!」ジャーン

澪「何でだよって突っ込むのも疲れた」

さわ子「とりあえず止めてきなさい」

澪「もうやけくそだ、やめろ!二人とも!」ダダッ

梓「邪魔するなあああああああああ!」

憂「澪さんごと貫いてやる…!」

澪「ふん!」カキン

憂梓「!?」

タスッタスッ

澪(包丁が…包丁の動きが見えた!)

律「確保!」ガバッ

梓「離してください!律先輩!」ジタバタ

紬「憂ちゃん、暫く大人しくしててね」ガシッ

憂「お姉ちゃんを殺す奴は殺さなきゃいけないのに…!」ジタバタ

澪「先生!ヤンデロンはどこに!?」

さわ子「それは分からないわ…純ちゃん、怪しいお菓子を買った場所分かる?」

純「珍しいお菓子なら多分あそこじゃないかな…」

純「ここです」

さわ子「行くわよ、澪ちゃん」

澪「はい」

純「私は…」

さわ子「純ちゃんはここで待ってて、何かあったら唯ちゃんに連絡して」

純「はい、分かりました」



店内

澪「人がいない…」

さわ子「モエブター!どこにいるの!出てきなさい!」

澪「きゃ!」

さわ子「澪ちゃん!…どこに行ったの!?」

澪「ここは…?はっ!誰だ!」

モ「ようこそマジカル澪ちゃん、私は君が来るのを待っていたのだ」

澪「何!?」

モ「歓迎するよ、何なら律ちゃんも呼んだらどうだい」

澪「あなたの計画は知っているんだ、大人しく干渉をやめろ」

モ「はっはっは、我々の実験は十分成功したのだ」

澪「実験?」

モ「そうだ、ヤンデレ薬がこの世界の人をヤンデレ化するのに十分効力がある事が分かった」

モ「教えてやろう、我々はこの世界の人が互いに人を愛し合い、信頼し合って生きていることに目を付けた
  この世界を壊滅させるのに暴力を奮う必要はない、人間同士の信頼感を失くして愛を増強すればいい
  人間同士は互いに敵視し、傷つけあい、やがて自滅する、どうだいい考えだろう」

澪「そうはさせない、この世界にはマジカル澪がいるんだ」

モ「マジカル澪ちゃん?怖いのは山中さわ子、彼女だけだ
  だから君は彼女から隔離させてもらう、邪魔だからな、はっはっはっはっは」タタタ

澪「待て!…くそ…ドアが開かない…」

澪「こっちも開かない…」

澪「閉じ込められた…」

さわ子「純ちゃん、澪ちゃんが攫われちゃったわ」

純「ええ!どうするんですか!?」

さわ子「代わりにあなたが変身するのよ!」

純「仕方ないなぁ…憂と梓のためでもあるし…」

純「変身!」ピカー

純「赤い全身タイツ!」ジャーン

純「って何ですかこれは…」

さわ子「変身ヒーローよ」

純「はぁ、そうですか」

モ「これであとは無防備なさわ子を消すだけだ」

純「お前か!」

モ「…何!変身できるのは澪だけじゃないのか」

さわ子「…澪ちゃんに危険を感じて捕えたのね」

モ「さわ子…お前は殺しておく、危険すぎる」

さわ子(こいつ…私のことに気づいてるの…?)

純「させないわよ!純キーーック!」

モ「うおおおお!」

さわ子「あ、夕日」

モ「ぐ…一旦撤退だ…」

純「させるか!純ギロチン!」シュピー

ズバッ

純「追撃純ビーム!」ビー

ドゴーン

モ「く…私の負けだ…」シュワシュワ

ヤンデロンの世界壊滅計画はこうして終わったのです
人間同士の愛情を利用するとは恐るべきモエブターです

でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです
え、何故ですって?

我々人類は今、モエブターに狙われるほど、お互いを愛してはいませんから

澪「律、何言ってるんだ」

律「最後にナレーション入れたらいい感じに終わるかなーって思った!」

唯「パクリは良くないよ~」

律「オマージュだ!」

紬「うふふ♪」

『狙われた後輩』完




唯「おっす澪ちゃん!」

澪「おっす唯!」

唯「今日は澪ちゃんヒマ?」

澪「ヒマだから買い物行こうと思って…」

唯「んじゃ一緒に行こう!」

澪「いいな、行こう」

唯「今日トラック多いよね~」

澪「工事ラッシュだからな」

唯「こんなにトラック多いと一台ぐらいこっちに向かってきそうだよね」

澪「どっからそんな物騒な発想になる」

唯「…私の中の何かがトラックを恐れてるんだよ」

澪「なんか昔にトラックで事故ったとか?」

唯「かもねー、覚えてないからそれほどの事故じゃないのかもだけど」

澪「ん?あれは律じゃないか?」

唯「ゲーセンから出てきたね、大きいぬいぐるみ抱えて」

澪「ぬいぐるみにあわない」クスッ

唯「おーい、りっちゃーん」ブンブン

律「お!お二人さん仲いいねぇ!」スタスタ

ポロ

澪「おい律、なんか落ちたぞ」

律「ああ!私の2,000円!」

唯「今日は結構散財したんだね…」

律「まてー」

澪「あ!律危ない!」

トラック「プップー!」

さわ子「そおい!」

運ちゃん「危いだろ!」

律「はぁ…はぁ…し、死ぬかと思った…」

さわ子「…これはモエブターの仕業よ」

澪「もうここまで来たら言いがかりのレベル」

澪「そんなこと言ったら先生が突然現れるのもモエブターのせいになっちゃいますよ!」

さわ子「…」

さわ子「奴はトラックマスター、能力はトラックを自在に操ることよ」

唯「なんでトラック限定なの?」

さわ子「そこまでは知らないわ、トラックに何らかの思い入れでもあるのか、扱いやすいからか」

澪「で、今回は律が狙われてるんですか?」

さわ子「そうよ、どうやらあなたの戦力をそぐためにりっちゃんを殺そうとしてるようね」

律「…殺されるのか!私」

唯「そういえば前回から直接命に関わりそうな能力になったよね…」

澪「そうなってきたら私の力じゃどうしようもなくなってくるような…」

さわ子「なんとかなるわよ、何にだってなれるんだから」

律「そうだよ、生身のさわちゃんが私を助けられたんだからさ!」

澪「でも早めに対処しないと集中切れた瞬間に即死とかもありうるってことだよな…」

律「こえーこと言うなよ…」

さわ子「じゃあ早速…やる?」

澪「もちろん!」

唯「澪ちゃんもノリノリになったよねぇ…」

さわ子「それでも恥ずかしがってくれるから着せがいがあるわよねぇ」

澪「あーもう!」

澪「変身!」ピカー

澪「ミニスカポリス!」ジャーン

澪「待て待て、ミニスカな理由が分からない」

さわ子「エロカワよ、澪ちゃん!」

澪「もういや…」

律「パンツ見えそうだなぁ」ニヤニヤ

澪「ひぃ!変なこと言うなぁ!」

さわ子「奴はトラックが集中してる所に居るはずよ」

唯「トラックが集中してると言えば…」

澪「工事現場!」

律「んじゃ早速行くぞー!」

澪「殺されるかもしれないのに明るいな」

律「このぐらいのテンションじゃないとやってらんないんだよ」


澪「ここか!?」

モ「待っていたよ、マジカル澪ちゃん…」

律「トラックが多くて近づけねぇ…」

唯「卑怯だよ!」

モ「これが僕の戦い方なのさ」

さわ子「澪ちゃん、いってらっしゃい!」

澪「はい!」

モ「…!トラックの川に飛び込んでくるなんて!」

澪「はーい、一旦停止してください!」ピッ

律「すげぇ澪のやつ、交通整理しながら近づいてる…」

モ「クッ、ならこうだ!」

運ちゃん「うーん、酔ってきた…」

トラック「フラフラ~」

律「きゃああああああああ!」

澪「嘘!律ぅ!」

モ「ふ、お前の近くじゃなきゃ交通整理の効果はないだろう
  それに交通整理したって飲酒運転はどうしようもないだろう」

澪「止まってください」

運ちゃん「みんなだって飲んでるじゃねーか…」

モ「捕まっちゃったーーーー!」

律「ありがとう…澪…」ヘナヘナ

澪「律、じゃあ殴りに行ってくる」

モ「ちょ、ちょっと待ってよ、僕は何もやってないじゃん!トラックが勝手に…」

澪「言い訳は地獄で聞く!」

澪「ポリスキーーーック!」ガスッ

モ「殴りじゃないじゃん…でもスカートの中見えてしあ…わせ…」シュワシュワー

唯「拳銃じゃないんだね」

さわ子「銃刀法違反で本物に捕まっちゃうでしょ」

唯「偽物だもんね…だったら交通整理とかもヤバイっていうのは考えないでおくけど」

さわ子「ごくろうさん」パチン

澪「はっ!モエブターにパンツ見られたぁ…」マッシロ

律「いいじゃんか、消えたんだし」

さわ子「彼らは消えたわけじゃないわ、異世界で澪ちゃんのパンツに思いを馳せてるでしょうね」

澪「」チーン

唯「さわちゃん!トドメ刺してどうするの!?」

さわ子「あ、ごめーん」

律「ほらほら澪~?ぬいぐるみやるぞ~?」

澪「律ぅ…」

『トラックマスターが工事現場でまつ』完




5
最終更新:2010年10月08日 00:51