【けいおん部部室 憂と梓のみ】
梓「(ふふっ…あの憂がけいおん部に入ってくれたんだもんね…//)」

梓「(これは、もっと憂との仲を深めるチャンス!)」

梓「(しかも、仲が良くなった末には……///)」

梓「(あんなことやこんなこと…//)」

憂「梓ちゃんさっきからなんでにやけてるの?」

梓「へっ!?あ、い、いや、なんでもないよっ!」

梓「(ふぅ…危ない危ない…)」

梓「(気を取り直して、憂との仲を深めるために、まずスキンシップだよね!)」

梓「(よしっ!>>5を実行!)」

※撲殺


梓「(……ぁ!そうだっ!澪先輩がくれたエリザベスがある!)」

梓「(澪先輩が卒業と同時に私に残してくれたんだよね…澪先輩ありがとうございます!)」

梓「(大好きな人を、大好きな大切なものでいじめる。なんて充実した…//)」

梓「(さーて、どのように撲殺しようかな?)」


1憂と真正面から一対一の対決

2憂の背後から殴る

3自分を殴る

4お茶を飲む


梓「(あっ…ごめんね、安価忘れてた…)」

梓「(>>16で!)」

※1


梓「憂!」

憂「え?なに?梓ちゃん。」

梓「今日、純は呼ばずに、憂だけ、ここに呼んだ理由、わかる?」

憂「あ、確かにそうだよね…ごめんね、わからないや。どうして?」

梓「ふふっ、それはね…」

憂「…?」

憂「ぇぇええ!?!?」

梓「ふふ、そんな、驚いてる時間なんてないよ?」

梓は両手で隠し持っていたエリザベスを上にかかげ、憂へとせまってきた。

梓「はぁぁぁああああ!!!!!!!!!」

エリザベスが宙を舞いそして…


1憂の頭に直撃

2純の頭に直撃

3とりあえずお茶


※3


梓「憂いぃぃぃぃいいいい!!!!」

憂「まぁまぁ、落ちついて、梓ちゃん」

スカッ

エリザベスが振り下ろされた先には、なにもない。手ごたえは感じられなかった。

梓「憂…なんでよけたのっ!?当たってよ!」

憂「ほーら、梓ちゃん、とにかく落ち着いて?」

ギュッ

憂は梓をなだめるように、優しく抱きしめる

憂「ふふっ、よしよし♪」ナデナデ

梓「うぅぅ……////」

憂「まぁまぁ、落ちついてお茶でも飲も?」

憂「いれてあげるから。ね?」

梓「う…うんっ…///」

梓「(憂に…憂に抱きしめられた…///)」

梓「(暖かかったなぁ…//)」

持っていたエリザベスを置き、椅子に座る梓

梓「(あんな優しい憂、いじめることすらできないよぉ…)」

梓「(好きな子にはいじめたくなるっていうけど、まさに憂への気持ちが極限残してるってことかな…//)」

憂「梓ちゃん、お茶はいったよ!」

梓「う、うん…ありがとっ//」

憂「大丈夫?顔赤いけど…」

梓「大丈夫大丈夫!気にしないでっ!」

憂「そう?よかったっ」

梓「(あぅ…この笑顔…うぅ…//)」

梓「(可愛すぎて、抱きつきたくなっちゃうよ…)」


1憂に突然抱きつく

2今はまだ我慢する! (現在我慢度0%)

※2


梓「(…ふぅ…だめだだめだっ!落ちつけ私っ!そんなことしたら嫌われる!)」

梓「憂、このお茶飲んだら、とりあえずセッションしよっか?」

憂「あっ、うん。でも、私、キーボードとドラムどっちにしよっか…」

梓「まぁ、正直ドラムだよね…。ドラムがないと、ギターとかが走っちゃうし…」

梓「でも、憂、ドラム出来るかな?」

憂「うーん、でも、ドラムが必要なら、そっちを頑張るよっ!」

梓「(さすが憂…//何でもできる子…//)」

梓「ま、まぁ、憂なら、教えればすぐ出来るようになりそうだけどねっ!」

憂「えへへ、そんなことないよ~」

梓「(かっ、かわいぃ…//)」


1ここで純登場
2ドラムを教える

※2


梓「…ふぅ…お茶、美味しかったよ♪それじゃあ、練習始めよっか」

憂「うんっ」

梓「私も、ドラムはそこまで分かるわけじゃないんだけど、基本的なことくらいは教えられるから」

梓「それじゃあ、まず組立からはいろっか」

憂「うんっ」

そして約10分が経過…

梓「ふぅ…結構大変だったねー。ようやく完成だね。」

憂「うんっ。それじゃあ、早速開始だねっ」ワクワク

梓「まず、そこの椅子にすわろっか。その椅子に座って、スティックをもって叩くのが基本的な体型。まぁ、まず座ろっか」

憂「うん。わかった。」

梓「まず、この太鼓が、スネアね。このシンバルみたいのが、ハイハット。下の右足で叩くのがバスドラムって言うんだけど…といっても、すぐには覚えられないよね。一つ一つやっていこっか。」

憂「うんっ、わかった。」

梓「じゃあ、まずスティックの持ち方から。こうやって、人差し指と親指で軽く持って…」

憂「こ、こう?」

梓「うんっ。そうそう。そして、そのまま手のひらをスティックに近づけるようにして、少し強めに握る感じかな。人差し指と親指は絶対ポジションだから、覚えておいてね」

憂「うんっ!」

梓「じゃあ、まずこのスネアからたたこうか。このメトロノームの60のテンポに合わせて、叩いてみて?」

憂「う、うん、わかったよ」

タンッタンッタンッタンッ

憂「こ、こんな感じかな…?」

梓「うーん、ちょっと肘をあげすぎかな…?こうやって…」

そう言って、梓は憂のスティックを持った手を、覆うようにして後ろから握る。

梓「(ってぇ!?私、いきなり何して…///)」

梓「(でも、ここは平静を装わないと!)」

梓「こっ、こ、こうやって、あまり肘を、う、うごか、さっ、ずに、いっちに、いっち、に、って」

憂「あ、梓ちゃん大丈夫!?」

梓「へ?ぜんぜ、ん、。だだだ大丈夫だよ?」

梓「(憂の手暖かい…//髪の毛からいい匂いもするし…)」

梓「(今後ろにいるんだから、このまま抱きつく体勢にはいってもおかしくないよね!?)」


1抱きつく
2今はまだ我慢する!(現在我慢度15%)

※2


梓「憂、流石だね…覚えるのが早いよ」

憂「そうかな?えへへ~♪」

梓「(だめっ!?抱きついちゃダメかな!?!?)」

梓「じゃあ、今度はこのクラッシュシンバル。これは、左足で押すと、シンバルが閉じて、離すとシンバルは開く」

憂「へぇ~~」

梓「シンバルが閉じたときに叩くと、音は閉じた小さなものになるけど、開いたときに叩くと、振動が大きくて、音も響いたものになるよ。」

梓「足で閉じたり開いたりさせて、音を使い分けるの」

憂「うわぁ…難しそうだね」

梓「憂なら、大丈夫だよ♪」

梓「じゃあ次、バスドラムね。この右足で、叩くの」

憂「…?あれ?なんか堅いような…」

憂「う、動かない…」

梓「え、ほんと?あ、ねじ緩めてなかったね、ごめんごめんっ」

そう言って、梓はかがんで、バスドラムを直しに行く。

ドラムセットと、憂の足の間に入って直すわけで…

梓「あwsでfrgthyじゅいkぉp;@」

憂「梓ちゃん!?!?!?!?」

梓「(こ、このまま右を向けば…憂のスカートの中が見られる!!!)」

梓「(でも、そんなこと出来ない…だめだ私!今は憂にドラムを教えることに集中しなきゃ!)」

梓のかがんだ高さは、ちょうど憂のスカートの中がみえる高さ。しかもドラムのため、足をすこし広げて座っている

梓「(足広げているわけだし、右を向けば確実にパンツは見える…どうする私!?)」


1右を向く
2今はまだ我慢する!(現在の我慢度30%)

※2


梓「(だめだめっ!我慢我慢!)」

梓「はいっ、ねじ緩めたよ。これで動くと思う」

憂「あっ、動いた。ありがとう梓ちゃん!」


そして40分経過…


梓「ふぅ…まぁ、基本的なことはこんなところかな。さすが憂、飲み込み早い…」

憂「うぅ~疲れたね~」

梓「一気に詰め込んじゃったもんね…いったん、やすもっか」

憂「うんっ、そうだね」

梓「さーて、どうしよっか…」


1部活は終わりにする
2純が来るのを待つ
3唯先輩について聞く

※3


梓「唯先輩、一人暮らししてるんだよね…大丈夫かな?」

憂「うん…私も心配だから、ちゃんとお姉ちゃんの家に監視カメラつけてるよっ」

梓「そうなんだ…唯先輩、自分の荷物は全部もっていったの?」

憂「うん、あまりお金もないし、元あったものはほぼ持って言ったよ」

梓「唯先輩の下着 まだ家に余ってたらくれるかな?」

憂「うーん、下着、あったかなぁ~って!えぇ!?梓ちゃん何言ってるの!?!?」

梓「(って私!!なに口走ってるの!!?)」

憂「梓ちゃん、さっきから大丈夫?」

梓「大丈夫大丈夫…ごめんごめん」

憂「(お姉ちゃん残して行った下着は、梓ちゃんにはあげられないよ…//)」

梓「(唯先輩の下着残ってないのかなぁ…//)」

梓「暇だ…どうしよう」

梓「(そもそも今日は憂にいたずらするつもりだったんだ…)」

梓「(よし、ひまつぶしに、ちょっといたずらを…ふふふっ)」

※お茶掛けて透けブラ


梓「(あっ!いいこと思いついた!)」

梓「(合法的に憂のえっちな姿が見れる方法…//)」

梓「(これはすごいかも…)」

梓「じゃあ、憂、こんどは私がお茶入れるねっ!」

憂「え、ほんと?ありがとう♪」

憂「梓ちゃんの入れるお茶、楽しみだなぁ~♪」

梓「(ふふっ、かわいいなぁ憂は。でも、もっとかわいくしてあげるからねっ!)」

コポコポ・・・

梓「(よしできたっ!ふふ、これであとは…)」

梓「憂、お茶入ったよっ!」

憂「あ、ありがとー!」

梓「今持っていくねっ」

梓は用意した二つのカップを載せたトレーを運ぶ。

目指す先は・・・・・




エリザベス

梓「はい、おまたせ~」

梓「ってあぁ!!エリザベスにつまずいて!あぁぁああああ!!!!」

パシャーン!!!!!!!1

梓「(演技バッチリ!)」

憂「わぁぁあああ!?」

梓「う、うい!ごっ、ごめんね!」

憂「う、ううん。いいよ、梓ちゃん。わざとじゃないんだし…」

憂「でも…ずぶぬれ・・・あはは…」

梓「(やけどしないよう、入れたのは熱湯じゃない!憂の奇麗な白い肌にやけどさせたら大変だもんね)」

梓「ご、ごめん!ほんとごめんね!今ふくもの持ってくるから!」

憂「あ、うん、お願い」

梓「(よしっ!これで、タオルを持ってきて、憂の体を吹いてあげる好きに、透 け ブ ラを見る!)」

梓「(こんなこともあろうかと、ちゃんとバッグにはタオルを忍び込ませてあってよかった~)」

梓「っほらっ、タオル。ほんとにごめんね、憂…」

憂「ううん。いいよ。そんなに落ち込まないで?」

梓「う、うん…。あ、体拭いてあげるね?」

梓「(さてさて、問題のブラは!?!?)」

梓は体拭きながら、細目で憂のブラあたりを見た。

梓「(結構な量の水をかけたから、透けてるはずっ…!)」


梓はそーっと、あくまで体を吹くことに集中しながら見た。

そこには…



梓「!?!??!!?!?!?!??!!?!?!??!」


の…ノーブラ!?!?


憂の来ている純白のシャツが透け、見えた先には。

ピンク色だとか黒だとかのブラジャーではなく。

その奥の。

肌色の柔らかいものの先に、ピンク色の突起の付いた…。

まさに、「胸」がそこにはあった

梓「うううう、う、う、う、憂いいい、、おっお、お、お、おっぱ、おっぱいいい、いい」

憂「へ!?おっぱい!?//」

憂「って、あっ!!///」

憂は自分の胸元を見ると、透けたシャツの先に、ブラをしていない胸があらわになっていることに気付いた

梓「」

憂「わっ、私、今日つけてこなかったんだった…////」

梓「」

憂「って梓ちゃん!?大丈夫!?梓ちゃん!?」

梓は顔を真っ赤にして、幸せそうな顔をしながら気絶していた

―――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
―――――
―――


梓「……」

梓「……?」

見慣れない天井。布団。机。棚。

梓「………どこ…?」

憂「あっ梓ちゃん、大丈夫?」

梓は天井からの光で眩しそうに眼をうっすらとあけた。

梓「う…うい?」

憂「梓ちゃん、気絶しちゃってね…?//それで、とりあえず私の家に連れてきちゃったんだけど…//」

憂は、気絶した梓を抱えて、憂のいえまで運んできた。そして憂のベッドで寝かせてもらっていた


2
最終更新:2010年10月09日 03:39