次のいじめる場所

1胸
2膣
3口
4やっぱり介抱してあげる

(現在の死亡率40%)
※100%で憂死亡

※3


梓「次はどこにしよう…」

梓「次は…ふふっ、憂の唇に…//」

梓「憂の唇…うわぁ…ピンク色だ…奇麗…//」

梓「んっ…//」

梓は憂の唇に自分の唇をくっつけ…

梓「んっ…ちゅ…」

梓はゆっくりと舌を侵入させていく

梓「(憂の舌…どこかな…//)」

舌を入れて行き、憂の舌を探す。

梓「んっ……んんっ!」

梓「(憂の舌だ…//)」

梓「(といっても、憂の舌が動いてくれなきゃ…なんだか味気ないなぁ・・)」

すると梓は、もう一度憂の唇に優しくキスすると、離れた

梓「んっ…//」


次のいじめる場所

1胸
2膣
3やっぱり介抱してあげる
(現在の死亡率60%)
※100%で憂死亡

※2


梓「さぁーて、憂のここは…//」

梓「うわあ…//やっぱり…すごいあふれ出てる…//」

梓は再度憂の膣を見ると、先ほどまでより、膣から愛液があふれ出ていた。

憂の愛液は、膣からお尻へと伝い、浴室の床のタイルをも濡らしていた

梓「憂、のぼせちゃってるのに、ここはちゃんと反応するんだ//」

梓は、今度は指でなく、舌で憂の局部をいじめはじめた

梓「んッ…ちゅる…ちゅ…すごい…甘い…//」

憂は気絶したままでも、陰核は大きく勃起したままだった。

梓の舌は、憂のワレメを下から上へとそって這い、やがて陰核へとたどり着いた

梓「すごい充血してる…//」

梓は舌で憂の陰核を転がし始めた

梓「(コリコリして…かわいい…)」

寝込みを襲う背徳感と興奮で、梓は憂の局部にむしゃぶりついていた

梓「ちゅ…ちゅる…//」

梓「んっ…このまま、いかせられるかな…//」

このままいかせようと考えた梓は、舌を素早く動かした

梓「ちゅ…ちゅ…んっ…//」

チュクチュクとしたエッチな音が、梓の興奮を駆り立てる

梓「(そろそろかな…)」

梓「ちゅる…ちゅ…んんっ!?」

梓の舌に、大量の愛液が流れ込んできた。
驚いて思わず舌を離してしまう。

梓「憂…いったんだ//」

ピクピクと震える憂いの体。とめどなく溢れる憂の愛液。

梓「ふふっ…かわいいよぉ…//」


次のいじめる場所

1胸
2やっぱり介抱してあげる
(現在の死亡率95%)
※100%で憂死亡

※2


梓「さーて次は何を…」

梓「…あれ?」

梓「憂の唇が…紫色に…」

梓「え!?ちょ、ちょっと憂!?」

梓は憂の頬に手を当てる

梓「…冷たい…」

梓「はっ、早く介抱しないと!!」


梓は憂の体を素早く拭いたのだが…

梓「どっ、どうしよう…服はなに着せたら…」

着せる服

※偶然持っていたおむつ


梓「うぅ…どうしよう…」

梓「何か私のバッグにいいものは…あるわけないよね…」

ガサゴソ

梓「…」

梓「…!?」

梓「な…なんでパンパースが…」

梓「あぁ!そうだ…」

梓「純が、『梓、最近よくトイレ行くね。漏れないように、これはいておけば?』って言ってくれたんだ…」

梓「まぁ、なにも着ないよりいいよね…しかも、憂の大事なところは確実に守りたいし。」

梓「今憂は気絶してて動けないし、トイレ行きたくなってもおむつはいていれば大丈夫…!」

梓「まさか順に感謝することになるとは…」

梓「これを憂にはかせて…んしょっ!よしっ!憂かわいい//」

梓「憂の部屋はたしかここだったはずだよね…」

ガチャ

梓は恐る恐る部屋に入ると、ベッドに憂を寝かせた

梓は、憂の体に手を触れてみる

梓「やっぱり…ちょっと冷たい…」

先ほどよりましになったものの、まだ冷たい。このままだと危ないかもしれない

梓「とりあえず、しっかり布団をかけて温めて…」

梓「うーん、さっきは危なかったよね…ほぼ死にかけだったような…」

梓「さて、憂を回復させるためにも、もっと体を温めてあげなきゃね」

梓「どうしよう…何で温めようか」


1梓の人肌
2憂を起こす(ゆすってみる)

※1


梓「遭難したりしたら、抱きしめ合って暖めたりするし、今もひと肌で…」

ゴクリ

梓「ひと肌であたためるしかないよね…っ!」

梓は颯爽と服を脱ぎ全裸になると、憂の布団の中にもぐりこんでいった

梓「……//」

梓は、おむつを吐いただけのほぼ全裸の憂の隣で、あおむけになって、いっしょに布団をかぶった

梓「……あったかい…//」

梓「って!私があったまってどうする…」

梓は、あおむけの憂のほうを向くと、両手で憂の右手を握りしめた

梓「…憂…」

憂の顔からは青さが引いていて、可愛い寝顔がそこにはあった

梓「…っんしょっ…と…」

梓は憂の上へと覆いかぶさる。

そして…

ギュッ

梓「(裸で抱き合うの…気持ちいぃ…///)」

梓「(早くあったかくなってね…憂…//)」

梓「(ふふっ、憂の胸…柔らかい…//)」

梓「(憂…)」

梓「(憂…大…好…き…)」

梓「(だ………よ……………)」

スー・・・・・

~第2部完~





梓「スースー・・・・」

ストッストッ

梓「スースー・・・・」

ジュー・・・・

梓「…………ん…?」

梓は目を開け、ゆっくりと体を起こす

梓「…あれここどこ…?」

梓「…あぁ…」

梓「憂の部屋か…」

梓「………」

梓「…って!私裸!?!?」

梓「あぁ!そうだ!裸の憂を暖めるために私も裸になって…」

梓「それで…気づいたら寝ちゃってたわけか…」

梓「あれ?でも私一人?憂は?」

梓「憂がいない…」

梓「さっきからしてる音は憂がなにかしてる音かな…?」

梓「んー……………」

梓「……いやっ!その前に、私裸で寝たの見られてるんじゃ!?」

梓は突然の真実をしり、一気に目を覚ました

梓「……あぁ…//」

梓「(なにそれ恥ずかしい…//)」

梓「とりあえず、服きないと…」

制服をもう一度着直し、梓は音の聞こえるほうへと向かった

梓「……憂ー…?」

憂「っあ!梓ちゃん!目、覚ましたんだ!」

さきほどの物音は、憂が料理を作っていた音のようで、憂はエプロンをつけ、夕食の準備をしていた

梓「…………」

憂「…梓ちゃん…どうしたの…?」

梓「………いや…」









梓「なんでおむつのままで料理作ってるのかな…って思って…」


憂「え?だって、梓ちゃん好きなんでしょ?」

梓「うっ…///」

梓「(確かに、おむつつけたのは私だけど…//)」

梓「(なんか私、そういう趣味があるのかと思われてるんじゃ…)」

憂「私が起きたら、梓ちゃんが裸で抱きついてて、びっくりしちゃったよ」

憂「私のことお風呂場から連れてきて寝かせてくれてたみたいだね。ありがとう、梓ちゃん♪」

梓「あ、うん…いや、それはいいんだけどね…」

憂「起きたらおむつはいててたから、梓ちゃんの趣味なのかなって思って…//」

梓「いやいやっ、違うよ!衣類の場所がわからなかったから、せめてそれをはかせただけで…」


梓「というか憂…」

梓「おむつにエプロンのみ着用…」

梓「…」











梓「(裸エプロン!?!?!?!?!?)」


梓「(ハァ・・・ハァ・・・)」

梓「(憂の裸エプロン…//)」

憂「だ、大丈夫?」

梓「らいじょうぶ らいじょうぶ。へいきへいき」

憂「なんか息荒いよ!?」

梓「(くっ…おむつがあったら裸じゃない…こうなったら…)」


1おむつを脱がせる
2我慢我慢!(現在我慢度0%)
100%で梓暴走

※2


梓「(我慢我慢!)」

憂「あ、今お夕飯作ってるんだけど…よければ梓ちゃんも食べていって?」

梓「ほんとっ!?ありがとっ♪」

梓「(やったぁ…!憂の手料理…!)」

梓「(裸で寝たりお風呂入ったり夕食だったり…まるで新婚みたい…//)」

梓「(ふふっ)」

憂「梓ちゃんは、テレビでも見てて?」

梓「はーいっ!」


梓「といっても…憂との大切な時間をテレビで無断出来ない…」

梓「>>326しよう」

※後ろからエプロンの隙間に手を這わせる そしてバストのサイズを再確認


梓「(私は、おむつを脱がせるのは我慢するけど…)」

梓「(でも、体に触るのは我慢しない!ハァ・・・ハァ・・・)」

梓はゆっくり台所へと近づき、憂の背後へひっそりと移動した

憂「え?梓ちゃん?」

憂の言葉は聞かず、梓の両手が、憂の脇下へと移動し…

憂「ひゃぁぁ!!//」

モミモミ・・・

梓「(やっ…やわらかい…//)」

憂「あっ、あずさちゃん…//んぁあ//」

梓「憂が裸エプロンしてるんだし、こっちも楽しまないとって思ってね…」

梓「せっかくだし…憂の胸の大きさを確かめようかなって…//」

憂「ぁん//やっ、梓ちゃん、いまご飯作ってるから…」

梓「だよね。でも…」

梓「ここ、こんなに堅くしてる人が言える言葉かな?」ニヤニヤ

憂「やぁぁあ…//」

梓は人差し指と中指で、憂の乳房をつまむ

憂「んんっ…//んぁぁあああ///」

憂は今料理から手を離せない状態。それでいて、感じながら料理を進めているので、あまり手が動いていない…。

梓「お風呂でも見たけど…憂の胸、やっぱり大きいね…//」

梓「Dぐらいかな…//」

憂「んんんぅ…///あずさっ…ちゃん…//」

梓「ん?なに?」

憂「そんなっ…つままれるとっ…//料理しながらいっちゃぅ…//」

梓「ふふっ、それもいいかも…っ//」

憂「やぁぁぁぁあ///」

憂「んっ…んぁあぁああ♥」

梓「どんどん声、甘くなってきてる…//」

憂「やぁぁ、本当にいっちゃう…//」

梓「料理しながらいく憂を、見せて//」

憂「ひゃぁぁ//ぁん!!んんぅうう///」

梓がつまむ指を強くする

憂「んぁああ//やっ、ぁん///ひゃぁああああああ//////」

ビクンッ

憂は手を、持っていたおたまから離し、後ろにいる梓によっかかった

憂「んっ…んぁ…//」

梓「ふふっ、憂、かわいいよ…」

梓は寄りかかる憂いをギュッと抱きしめ、耳元でそうつぶやいた。

梓「続いてどうしよう…」

※逮捕



憂「はぁはぁ…よしっ…これで、あとは煮込めば完成かな…」

梓「そっか…どれくらい煮込むものなの?」

憂「うーん…味をしみ込ませたいから…30分くらいかな」

梓「へぇ~そうなんだ」

憂「じゃあ、その間何しよっか?」

梓「えっ!?そんなっ…ナニするって…//」

憂「え、梓ちゃん?」

梓「うん、わかったよ憂。ご期待に添えて…。」

憂「梓ちゃん、また目が怖いよ…?」

梓「ういっ!」

憂「はいっ!…?」

梓「単刀直入にきくけど…憂は、えっちしたくないの?」

憂「へっ!?え…あ…ま、まぁ…したい…けど…//」

梓「でしょ?//なら…」

梓「せっかく二人で今日家にいるんだし…」

梓「逮捕するねっ!」

憂「」


―――――――――――――
――――――――
―――――
―――

憂「んぁあ!!んっはぁ…はぁ…ぁああん!!♥」

梓「ほらっ、憂…どう…?」

憂「ひゃぁあ//ぁん!きもちっ…いいっ…よぉ…♥」


あのあと…


梓は持っていたペニスバンドをつけ、憂のベッドで憂を犯していた。







憂に手錠をつけて。


4
最終更新:2010年10月09日 03:31