そして…










憂「はいっ!業者さんたち、ありがとうございましたっ!」

梓「お疲れさまでした。ありがとうございました!」

二人はしっかりと頭を下げた

男「いえ、そんな…。それじゃあ、この段ボールはこちらが回収させていただきますね」

憂「はい、ありがとうございます!」

男2「それじゃあ、今日はここで終了という形になります。また後日連絡していただければ、他の空いた段ボールもとりに来ますので」

梓「あ、はい。すみません。ありがとうございます」

男「それじゃあ、お邪魔しました」


憂「ふぅ…それじゃあ、段ボール一つずつ開けていかないとね」

梓「うん…まぁ、それほど量は多くないもんね。ぱっぱとやっちゃおっか」

憂「うん!」


決して広くない、日当たりのよい部屋

実家に比べればずいぶん狭いのに、そこに引っ越し用の段ボールがたくさん置いてあるんだから、身動きだって楽にできない

段ボールの中には、実家から持ってきた衣類、勉強道具、洗面用具などなど、生活に必要なものが入っていた。

そう私たちは…




梓「これから…ここで二人で暮らすんだね…っ//」


段ボールをあけては、指定の棚や押し入れに入れて行く作業を続けた。

引っ越ししたのは4連休の日。この4連休で部屋を片付けなければいけない。

そもそも憂は手際が良かったので、ぱっぱと片づけ、掃除も済ませた


そして、二日目にして、部屋はほぼ片付いた。それでも、やはり部屋は広いとはいえなかった。

憂「ふぅ~なんとか片付いたね…」

梓「うん。これでやっと落ちつけるね」

憂「うん、じゃあ、私お茶でも入れるね?」

梓「あっ、うん。ありがとっ」


梓「うーん…じゃあ私はどうしよう…」

梓「あっ、>>511しよう!」

※憂ちゃんをなめなめ


梓「(ふふふっ、せっかく二人っきりなんだし…やることはただ一つ!!)」

梓「(大好きな憂を…なめる!)」

梓「(…何考えてんだろ私…)」

梓「(そうだ…そういえば、憂の胸、まだ触っただけだったなぁ…)」

梓「(よしっ、お茶を飲んだら…!)」

憂「はい、梓ちゃん。お茶、入ったよ♪」

梓「あ、ありがとっ」


ズズーッ

憂「ふぅ~疲れた後だから、なんだか落ち着くね」

梓「そだね」

ズズーッ

ズズーッ

憂「ふぅ~」

梓「(きたっ!飲みほしたっ!)」

梓はおもむろに立ち上がり、机を隔てて向こう側にいる憂へと向かって行った。

憂「梓ちゃん?」

梓は憂の背後に回り込むと…


ムニュ

憂「ひゃぁぁ!!」

梓「憂…二人っきりになったんだし、やることと言えば…ひとつでしょ?//」

憂「うぅ…//」

梓は、憂を対面に座らせると、憂の服をまくりあげた

梓「今日は、ちゃんと…ブラしてるんだ」

憂「(…あれ?もしかしてがっかりしてるのかな…)」

梓はブラを丁寧に背中のホックから外して、胸をあらわにさせた

憂「ぁう…//」

梓「んっ…ぱくっ」

梓は憂の左胸の乳房をくわえた

憂「ひゃぁぁ//」

梓のピンク色の上唇と下唇で挟まれた乳房。

梓の口に吸い込まれた乳房は、梓の舌で転がされ続ける

梓「はむ…んっ…ちゅ…」

梓は舌だけでなく、吸ったりして憂の乳房をいじめつづけた

憂「んぁぁぁ//ここっ、あんまり壁が厚くないから…っお隣さんに聞こえちゃうよぉ…//」

梓「んっ…ちゅぅぅぅ…ん…。それでも、いいんじゃない?ちょっと見せつけちゃおっか//」

すると梓は、左手で憂の右の胸を揉み始めた

憂「んぁぁぁ//りょ、両方…//」

梓は赤ちゃんのように、憂の乳房にしゃぶりつく。決して左手も止めることなく、憂の右胸を揉み続けた

憂「ふぁぁああ♥あずさっ、ちゃん…♥梓ちゃん、男の子みたいだよ…♥」

梓「ちゅっ、ちゅぅぅ…。んっ、憂を前にして、こんなに興奮しない人なんて、いないよっ//」


梓は、吸っては離し吸っては離しを繰り返し、左胸を感じさせ続ける。

梓は左手を憂の右胸から離すと、今度は右胸を吸い始めた

憂「ひゃぁぁぁ♥あぅぅ…♥んっ!んぁぁあ!!♥」

梓「憂、胸感じやすいもんね//なのにこんなに攻められたら…」

憂「やぁぁぁ♥んぁ!!ぁあん♥きちゃ、きちゃうよぉ…♥」

梓「ほらっ、憂//胸でイって//」

梓「んっ、ちゅぅぅぅ…ちゅぱっ」

憂「ふぁぁぁああ♥あぅぅぅ♥いくっ、いっちゃ、あっ♥」

憂「んぁぁぁぁあああ♥」

ビクンッ

憂の両方の乳房が小刻みに震える

憂「ぁぁぁあん♥梓ちゃんに…胸でイかされたの…っ、二回目だね…♥」

ピンポーン

梓 憂「(ビクッッ!!!)」

家の呼び出し音が鳴る。だれか訪問者のようだ

憂「…//」

憂「も、もしかして…聞こえてたのかな…//」

梓「とっ、とりあえず、私出てくるからっ//憂は、着替えてて!」

ピンポーン

梓「はーい!今行きます!」



ガチャッ

梓がドアを開ける。そこにいたのは…!

※琴吹


紬「梓ちゃん!こんにちはー!」

梓「むっ、ムギ先輩!?なっ、なんでここを…?」

紬「唯ちゃんから聞いたのよ。憂ちゃんと一緒に暮らしてるって」

梓「あ…うぅ…///」

紬「そんな、恥ずかしがることないのよ?」

梓「あ…はい。と、とりあえず、ここじゃなんですから…どうぞ、入ってください」

紬「あっ、ありがとう。それじゃあ、お邪魔します」

梓「予算もあまりなくて、狭い部屋ですけど…」

紬「ううん。二人で頑張って、こんなふうに引っ越ししたんだもの。素敵だと思うわ」

梓「あはは…//ありがとうございますっ」

梓「憂、ムギ先輩だよ」

憂「あっ、紬さん!!」

紬「憂ちゃんも、こんにちは。」

梓は紬に椅子に座るよう勧めた

紬「んっ、ありがとう」

紬と梓と憂が椅子に座ると、紬は真っ先に口を開いた

紬「最初、女の子2人で一緒に暮らしてるって聞いた時は、びっくりしたわ」

紬「でもね…それと同時に、すごく素敵だなって思ったの」

紬「梓ちゃんは知ってると思うけど…私も、女の子が好きなの。」

梓「あっはい…まぁ、うすうすわかってましたけど…」

紬「うん。だから、梓ちゃんや憂ちゃんみたいに、大好きな二人で暮らしてるのって、とってもうらやましいの」

憂「紬さん…」

紬「ごめんね、こんないきなりしゃべりだしちゃって。でも、今日はこれだけ伝えたくて…」

紬「社会では、同性愛者って、まだ認められてわよね…。だから、二人で暮らそうとするのは、とても大変だったと思うの」

梓「えぇ…そうですね。お父さんやお母さんを説得するのにも時間がかかりましたし…」

憂「周りの人からも、冷たい目で見られることが多くなりましたね…」

紬「そうよね…そうなっちゃうのは、仕方がないのかもしれないわ。」

紬「でもね、二人とも」

紬「ぜったいに、諦めないでね。どんなに社会から制裁を受けても…是非二人には、幸せに暮らしてほしいの」

紬「梓ちゃんと憂ちゃんの二人は、私の希望でもあるのよ…?」

紬「他人から冷たい目でみられて苦しくても…二人で、乗り越えていってほしいの」

紬「ずっと、幸せでいてほしいの…。」

おっとりぽわぽわした性格からは想像もできないほど真剣な目で、紬は2人に訴えかけた

梓「はいっ!!だいじょうぶです!」

梓は机に少し乗り出し、紬にそう伝えた

梓「私たち、適当な気持ちで一緒に暮らしてるわけじゃないので…!」

憂「はい。私たちは二人でいろんな困難を乗り越えて、今日ここで暮らしてます。これからもどんなことがあっても、幸せに暮らしていくつもりです!」

二人は、知らぬ間に、ギュッと手をつなぎ合っていた。

紬「そう…良かったわ」

紬の顔に、いつか見た部室でのおっとりとした顔が戻る

紬「二人にはどうしても頑張ってほしくて…それだけ伝えたくて、来ちゃったのよ」

紬「二人なら…大丈夫そうで安心したわ」

紬「私、実はそんなに時間があるわけじゃないから…ここで帰らせてもらうわね。」

梓「あっはい。ムギ先輩、ありがとうございました」

紬「ううん。梓ちゃんも、憂ちゃんも、頑張ってね。」

憂「はいっ。ありがとうございます!」

紬「うんっ、それじゃあ。ばいばい」

ガチャリ

家のドアがゆっくりとしまった

憂「あずさ…ちゃん…」

梓「…憂」

二人の手が、以前より強く握られる

梓「…大好きだよ、憂」

憂「…うん。私もだよ、梓ちゃん」

決して照れることなく。

切実にそう伝えたかった。

大好きだよと、その一言、どうしても伝えたかった。

梓「…がんばろ、憂」

憂「…うんっ♪」

よかった。二人とも満面の笑みを浮かべている。

~第5部 完~

【次回、最終部】




【最終部】

梓「んっ…なんだか、憂とエッチしてないと、寂しくなっちゃうよっ…//」

憂「こうやって…エッチしてるときが、一番梓ちゃんを…感じられるもんね//」

二人は、薄い布団の上で、裸で抱きしめ合っていた

二人の体は熱い

梓「ムギ先輩にあんなこと言われたら…もっと、憂が…」

梓「憂が欲しくなるよ…」

憂「…うんっ//」

時間は午後9時

夕食とお風呂は済ませた。


憂「ずっと、梓ちゃんと…離れたくないよ…」

梓「じゃぁ…」

梓「いやでも忘れられないぐらい…たくさんのことを、心に刻もっか。どこにいても…寂しくないように」

憂「うんっ♪」

梓「あっそうだ…実はね、ムギ先輩が来たときに、こんなものをもらって…」

そういって、梓が鞄からある薬を取り出した

梓「これっ」

憂「…薬?」

梓「うん。錠剤2粒でね、ムギ先輩のところの薬剤師が研究してるらしいんだけど…」

梓「実はこれを飲むと…」

梓「おちん…ちん…が…生えてくるらしくて…//」

憂「えぇぇ!?ほっ、ほんと!?」

梓「うん…ムギ先輩が、これでたくさんエッチしてねって言って、くれて…//」

憂「そ、そうなんだ…」

梓「…どうしよっか…。飲む?」

憂「…うん…でも、なんだか怖いね…//」

梓「まぁ…でも、ムギ先輩のなら安心できると思うよ?」

憂「うん…そっか…」

梓「じゃぁ…どっちが飲もっか?」


1梓
2憂

※1


梓「憂怖いみたいだし…じゃあ私が飲んでみるね…?」

憂「う、うん…大丈夫?」

梓「た、たぶん…」

梓はくんできた水といっしょに、おそるおそる錠剤を飲んだ

ゴクッ

梓「…ん…」

梓「……」

憂「…どう?梓ちゃん…顔赤いよ…?」

梓「…ん…」

梓「なんか…熱い…」

梓「……」


7
最終更新:2010年10月09日 03:36