律「うぃーっす」ガチャ

梓「律先輩、おはようございます」

律「あれ?他のみんなはまだか」

梓「はい、他の先輩方は来られてないですね」

律「そーかー」ガタッ

律「・・・・・・」ペラッ

梓「・・・・・・」シャカシャカ

律「・・・・・」ペラッ

梓「・・・」シャカシャカ

梓「ぁ・・・今お茶いれますね」カタッ

律「おっーわりいね、頼むわ」

梓「・・・」カチャカチャ

律「・・・」ペラッ ジーッ

律「・・・ふむ」

梓「な、なんですか?」

律「いや、普段お茶を入れるのはムギだからさ」

律「梓がうまく入れれるかな~って思って見てたんだが」

律「なかなかに上手く入れるもんだな」

梓「まぁ、こんなもんですよ(ムギ先輩にお茶の入れかた聞いといて良かった)」

梓「最終的な評価はお茶を飲んでから頂きますね」コトッ

律「ほぅほぅ、やけに自信があるじゃないか、梓くん」

律「まずかったら、後でげんこつをくれてやるからな~」

梓「・・・」

律「あ、梓ちゃ~ん?」フリフリ

梓「それなら・・・それなら美味しかった場合は私に何をしてくれます?」

律「ん!?」

律「え~・・あ~・・そうだなー・・・」

律「(てきとうにあしらうか・・・?)」チラッ

梓「・・」キラキラ

律「(う・・ものすごく期待の目でこっちをみてる!?)」

律「(梓ってこんな奴だっけ?)」

律「(いつもは憎まれ口しかたたかないのに、今日はなかなかに可愛いげが・・・)」

律「(いや、そんなことよりどーするよ私!)」

梓「あの~」ソー

律「え、あ、なんだ?」

梓「そんなに悩むなら私の願い事を聞いてくださいよ」

律「願い事?」

梓「はい。そんなに無茶なことは頼みませんから」

律「ん~まぁそれならいいか」

律「(まぁ、梓なら【練習をちゃんとやってください】くらいなもんだろ)」

梓「り、律先輩!早く飲んでくださいよ」

律「お、わりい、わりい」

律「せっかく可愛い後輩が入れてくれたのに、冷ましてしまったらわりいもんな~」

梓「っ・・・ありがとう・・・ございます」カーッ

律「(さっきも感じたけど、梓の素直ぶりはなんなんだ?)」

律「(二人っきりならこんなに素直なもんなのか)」

律「(いつもこんなに素直ならなー)」カチャ

梓「・・」ジッー

律「・・・」ゴクゴク

梓「・・・・」ゴクリ

律「ふぅ・・・」カチャリ

梓「味は・・・いかがでした・・か?」ドキドキ

律「味は、味はそうだな~」

梓「あ、あんまりでしたか?」

律「う~ん味はなぁ~」テクテク

律「初めて入れたのに・・・良くできましたってとこかな?」ニコッ

梓「ほ、本当ですか?」パァー

律「おーよ。まさかここまで美味く入れるとは思わなかったな~」

梓「け、結構練習したので」

律「お~それなら他の奴らにも飲ませてやらないとな?」

律「唯なら、あ~ずにゃ~んすごいよ~、って言ってくれると思うぜ?」ズズズ

梓「飲ませたかったのは、律先輩だったから」ボソッ

律「ん?なんだ?」

梓「い、いえなんでもありません」

梓「それよりも美味しかったら何でも願いごときいてくれるんですよね?」

律「おう!このりっちゃんになんでも頼んでみなさい!」ドドーン

梓「それなら私の願い事は・・・」

梓「私の願い事は・・・」

梓「キ・・キ・・」

律「き?」ドキドキ

梓「き・・ス・・ょう二人で帰りませんか?」

律「ん?そんな事でいいのか?」ホッ

律「それくらいなら別に構わないけどさ~」

律「もっと練習時間を増やしてください!とか言われると思ってたからな~」

梓「は・・・はは、それでも良かったですね」ハァー

律「ん~~?何か御不満でも?」

梓「いえ、ないです・・・」

律「・・・よし!帰るか!」

梓「えっ?まだ4時にも・・・」

律「今日は二人っきりで帰るんだろ?早く行こうぜ」ガタッ

梓「ちょっと・・待って下さいよ」アタフタ

律「ふ~ふ~ん♪」カチカチ

律「よっ・・と」カチ

梓「すみません、お待たせしました。」

律「あぁ、こっちは3人にメールを送ったとこだから特に待ってねーぜ」

梓「ふふ・・・帰りましょうか?」

律「おーぅ♪」

律「・・・」テクテク

梓「・・・」テクテク

梓「律先輩?」

律「ん?」

梓「今日、律先輩の家にお邪魔してもよろしいですか?」

律「あぁ。全然構わないけど?」

律「でも、ウチに来てもすることなんて特にないぞ?」

梓「ちょっと、おしゃべりするだけなんで」

律「ん、わかった」

律「なぁ?梓~」テクテク

梓「はい、なんですか?」テクテク

律「な~んか、今日はやけに素直な気がしちゃったりするんだが、なんかあったのか?」

梓「いえ、特に何かあった訳ではないです」

梓「・・・」

梓「強いて言うなら・・・律先輩と二人っきりってことですね」ボソッ

律「ん?」

梓「いえ、なんでもないです」

律「・・・」ナデナデ

梓「~~~!!」ニャー

律「・・・」ナデナデ

梓「~~~~~~」ンー

律「やっぱり素直だな~」ニヤニヤ

梓「っ・・・・」カアアッ

梓「う、ぅう・・・」カァッ

律「まぁ、たまにはこんな梓もいいもんだな」ニヤニヤ

梓「い、いいじゃないですかたまには素直になってみても」

梓「それに、生意気なことばかり言う後輩も嫌じゃないですか?」

律「まぁ、時には憎らしくもあるけど・・・それを含めた上でも可愛いもんだぜ?後輩って」

梓「そんな・・・もんですかね?後輩って」

律「来年わかるよ。後輩の可愛さが」

梓「・・・はい」

律「さてと、我が家にご招待~」カチャリ

梓「お邪魔します」

律「誰もいないから気楽にしてくれ」

律「先に部屋に上がっててくれ」ゴソゴソ

梓「はい、わかりました」ギシ



梓「ふーん律先輩の部屋はこんな感じなのか」ドサッ

梓「思ったよりも殺風け・・・」キョロキョロ

梓「こ、これは・・・」

律「よっと、おまたせ」ギシ

梓「律先輩・・・せめて洗濯物は・・・」

律「ん?おー、こりゃ失礼」カサッコソッ

梓「(思ったより派手だった・・・)」 ドキドキ

梓「結構散らかしてますね・・・」

律「うっ・・・これでも毎日片付けるようになったんだぜ?」

梓「先に片付けた方が良さそうですね」テキパキ

律「お~整理慣れしてるね~」

梓「いつも家の掃除は私がしていますから」テキパキ

律「ふ~ん、ウチは母親任せだからな~自分でやることがないし」タハハ

梓「言ってくれれば毎日でも部屋を整理しに来ますよ」ボソボソッ

律「見違えるようにキレイになったな」

律「さんきゅー梓」

梓「どーいたしまして」

律「ほら、ティーバッグの紅茶だけど」

梓「ありがとうございます」

梓「・・・」ズズ-

律「・・・」ズズズ

律「ふぅ~お茶を飲むと生き返るねー」

梓「本当、まったくです」ズズ-

梓「最初はティータイムなんていらないと思ってましたが、最近はこれがないと寂しくなりますしね」

律「まぁな~これがけいおん部の正式活動と言っても差し支えないからな」

梓「ふぅ・・・」カチャ

梓「・・・」

律「ふぅ~」カチャ

律「あずにゃーん」ボソッ

梓「に、にゃあ~」

律「ぷくく・・・」プルプル

梓「ち、ちょっと酷いじゃないですか!」

梓「ここまでやらせておいて、その反応はあんまりです」プクー

律「い、いや、わりいわりい」プルプル

律「だってさ~」

梓「だってもかってもないです」プクー

律「悪かったよ、な?」ナデナデ

梓「う、ぅー」ゴロン

律「おーよしよし」ナデリンコリンコ

梓「んふ~~」クデー

律「ふふふ、ここがええんか?ええのんか?」クグリングリン

梓「は、はう゛ぅ~・・・」

律「(唯が抱きつきたくなる気持ちがよく分かるな)」

律「(スベスベの肌にサラサラの髪。オヤジじゃないけどたまりませんな)」

律「(今の梓・・・いや、あずにゃんなら抱きついても大丈夫だよな?)」チラッ

梓「・・・・・・」はぅー

律「(よーし!今なら!)」

律「あーずにゃーん」ダキッ

梓「!!!」ピキーン

律「(抵抗がないってことは、拒否は・・・されてないよな)」スリスリ

梓「」カチコチ

律「(おーおー、予想外の行動で固まってるね~)」スリスリ

梓「」ハッ

梓「ちょっ・・・律先輩・・」

律「ん~私じゃイヤなのか?」

梓「ぃ・・・ゃではないてす」

律「それならもう少し、こうされてろ。な?」

梓「・・・はぃ」

律「・・・」ギユッ

梓「・・・」ギユッ

律「・・・」ボー

梓「・・・」ボー

梓「あっ・・・そろそろ時間が」ヨイショ

律「んっ?あぁ。もうそんな時間か」コラショ

律「あっというまだったなー」ギシ

梓「あっというまでしたね」ギシ

梓「それでは、お邪魔しました」ペコリ

律「・・・また来いよ?」

梓「えぇ。でも今度は私の家でどうですか?」

律「いいなそれ。お茶も楽しみにしてるぞ」

梓「えぇ。期待しといて下さい!では、お疲れ様です」フリフリ

律「おぅ、また明日なー」フリフリ

梓「・・・」チラッ

律「・・・」フリフリ

梓「・・・」ブンブン

律「・・・」ニコッ

梓「・・・」ニコッ



二人が壁を乗り越えるのはまた、別のお話。

End



3
最終更新:2010年11月18日 00:54