律「あれ?梓だけか?」

梓「ほかの皆は今日来ないって」

律「ふーん」

梓「......」

律「あーずさっ」ダキッ


梓「...暑苦しい」

律「ひどっ彼女に向かってそれはないだろー」

梓「勉強中なんだから邪魔しないの」

律「え~」

梓「あとで構ってあげるからおとなしくしてて」

律「...は~い」

律「......」

梓「......」

律「......」

梓「......」

律「...しゃれこうべ」ボソッ

梓「......」

律「...あずにゃん」ボソッ

梓「あーもー!邪魔しないでっていってるでしょ!」

律「だって...」シュン

梓「ハア...しかたないなあ、こっちおいで」

律「!」

梓「ほら、これでいい?」ナデナデ

律「えへへ///」

梓「...思ったんだけど、こういう時の律って猫っぽいよね」

律「へ?そうかな?」

梓「甘えん坊な所とか、ほっといたら拗ねる所とか」

律「...」

梓「そうだ!この猫耳つけてみて!」

律「え」

律「や、やだよ!恥ずかしい!」

梓「絶対似合うって!お願い!」

律「うーん...」

梓「ちょっとだけでいいから...」

律「......ちょっとだけだぞ」

梓「よっしゃぁ!」



律「」


梓「あれ、カチューシャも取るの?」

律「猫耳つけてると邪魔になるだろ」

梓(なんという僥倖っ...)

律「やっぱり...恥ずかしいなこれ///」

梓「」

律「...?」

梓「こ、これは...」

律「似合ってなかったか?」

梓「...ちょっとこっちきて」

律「?」

梓「...」ギュ

律「~~!!////」

律「ふ、ふいうちは卑怯だぞ///」

梓「律が可愛いすぎるのがいけないの!」

律「うぅ~///」

梓「じゃあ今度はにゃあって言ってみようか」

律「...要求がエスカレートしてる気がするんだが」

梓「いいじゃん別に、あたしだって一回やってるんだから」

律「でも...」

梓「...ヒザマクラ」

律「!?」

梓「...ナデナデ、チュー」




律「にゃ、にゃあ///」


梓(扱いやすいなあ...)

律「ひざまくら~」ゴロン

梓「はいはい、律ねこは甘えん坊なんだから」ナデナデ

律「ふにゃあ///」

梓(それにしてもこの先輩、ノリノリである)

律「あずさぁ~」

梓「ん?」

律「ちゅーして」

梓「......いいですよ」

律「それじゃあ、さっそk...んむっ!?」

律「むっ、ん!んーんー!」

梓「んちゅっ、ちゅっちゅ」

律「んむむむーっ!!!」

律「ぷはっ!な、ななななっ」

梓(ごめんね、もう我慢の限界なんだ...)

梓「ねぇ...しよっか?」

ガバッ



梓「っていうss思いついたんですけど」

律「そりゃ受けないな」

めでたしめでたし




律「…」

梓「…」

律「…」

梓「…」

律「…なあ梓」

梓「…なんですか?」

律「…みんな遅いな」

梓「…そうですね」

律「…」

梓「…」

律「…」

梓「…」

律「…しゃれこうべ」

梓「…」

律「…」

梓「…」

律「…」

梓「…ニャーン!」

律「…」

梓「…」

律「…」

梓「…」

律「…もやし(裏声)」

梓「…ぷ!」

律「…バカにしてんの?」

梓「…ぷ!」

律「…」

梓「…」

梓「…」

律「…練習するか」

梓「そうですよ!」

律「いきなり元気になったな」

梓「これが当たり前です!」

律「なにやりたい?」

梓「ギターとドラムだけ…」

律「やめるか?」

梓「いや!やりましょう!」
律「じゃあコピーやってみるか!」

梓「じゃあニルヴァーナとか!」

律「いや!ここはマイブラだろ!」

梓「マイブラ知りませんよ…」

律「じゃあ…ライド!」

梓「知りません」

律「…ジザメリ」

梓「知りません」

律「…だいたいあたしニルヴァーナ聞かないし」

梓「…それは律先輩がおかしいです!スマパンはしってますよね!」

律「…しらん」

梓「ヤーヤーヤーズ」

律「知らねえよ」

梓「…テレビジョン」

律「…」

律「…」

梓「…あの」

律「…なに?」

梓「…今日ウチにきてください」

律「…なんで?」

梓「…CD聞きます」

律「…明日学校でじゃだめ?」

梓「…イイデスケド…」

律「…今日はさ」

梓「…はい」

律「…うちにこいよ」

梓「…え?」

律「お前にシューゲイザーの良さをレクチャーしてやるよ!」

梓「…はい!」

律「ふふっ」

梓「…えへっ」

律「…梓!ドラムたたいてみるか?」

梓「…え?」

律「ほら!遠慮するなって!」

梓「でも…やったことないし」

律「いいから」

梓「…わかりました」

梓「…」チョコン

律「梓ちっちゃいな(笑)」

梓「うぅ…おっきくなってやるもん!」

律「ほら叩いてみ?」

梓「…」ドキドキ

ドンガラガッシャッシャン

律「…ひでえ」

梓「…はじめてだもん」ウルウル

律「…はあ仕方ないな」スッ

梓「…!」

律「ほら…スティックはこうもって右手はこうで…」

梓「…」ドキドキ

律「…んで手はこう動かすの」

ツツタツツツタツ

梓「…なんかこうやって後ろから手もたれて…ちっちゃい子みたいじゃないですか…」

律「…うん手はなすぞ」スッ

梓「…あっ」

ツツタツ…ドンガラガッシャッシャン

律「あり?」

梓「…」

律「…あずさちゃんは補助輪がないとだめでちゅか~?」

梓「ちがうもん!一人でできるもん!」

律「しかたないな…みてろよ?」

ダツツダツチダカドコツチツチジャーン!!

梓「う、うんまーい!」

律「へっへーん!」ニヤニヤ

梓「う゛…こ…このキャラメルがうまいんです!」スッ

律「すなおじゃないねー」ツンツン

梓「うぅ… ほっぺはやめてください…」プニプニ

律「…梓、ほら?」

梓「…え?」

律「…いいから?」チョイチョイ

梓「…」コクン

チョコン

律「…梓かるいな」

梓「…ふう」ドキドキ

律「…」

梓「…」

ポカポカ

律「…梓の髪…いいにおい」クンクン

梓「…かがないでください」

律「…かわいいな」ギュッナデナデ

梓「…」

ポカポカ

梓「なんだか眠くなってきますね」

律「そうだな」ナデナデ

ポカポカ

ゴソゴソ

律「…あずさ?」

梓「…はい?」

律(唯マネver.)「じゃーん」

梓「」

律「あずにゃ~ん」

梓「ギャーッ!」

梓「…」スッ

律「…へ?」

梓(澪マネver)「る゛ぃいいいつぅうううう!」

ゴチン☆

律「…先輩を殴るなよ」ヒリヒリ

梓「…はっ!」

律「うぅ…」

梓「…すいません」


律「…かえるか」

梓「…はい」



…ギュッ

律「…なあ梓?」

梓「…はやいです」

律「…だよな」ヘヘッ

梓「…ふふっ」

「律先輩変なことしないでくださいね?」


END



4
最終更新:2010年11月18日 00:57