梓「あーあ・・・雨降ってるよ」

梓(結構どしゃ降りだし・・・やむまで待ってようかな)

梓「傘無しだと、さすがに風邪ひいちゃうよね」

「あれ?梓じゃん」

梓「!」

律「おっす」

梓「あ、律先輩こんな遅くまで残ってたんですか」

律「ああ、面談が長引いちゃって」

梓「律先輩のことだから居残りでもさせられてたのかと・・・」

律「ほう、言うようになったな小娘・・・」

梓「いっつもからかってくるお返しです」

律「それが先輩にたいする態度かコノヤロー」

梓「安心してください」

律「?」

梓「律先輩にたいしてだけですから」ニカッ


律「中野ぉ!!」


梓「・・・雨やみそうにありませんね」

律「話題をそらすなオイ」

梓「・・・しつこい女は嫌われますよ」

律「いやいや」


律「ところで、梓はどうしてこんな時間まで残ってたんだ?」

梓「傘持ってくるの忘れちゃって・・・」

律「ふーん」

梓「あーーどっかに傘を貸してくれる親切な人はいないかなーー」チラッ

律「」

梓「傘があれば本当に助かるんだけどなーー」チラッ

律「おいチラ見すんな」

梓「というわけで、傘貸してください」

律「どういうわけだ!一本しかないから無理だぞ」

梓「・・・律先輩が濡れて帰るってのはどうですか」

律「そんなこと言うのはこの口か?舌いれてキスするぞコノヤロー」

梓「いいですよ」

律「な、なななっ」

梓「それじゃあさっそく・・・」

律「ちょ、ちょっと待て!」

梓「なに言ってんですか、律先輩が言い出した事でしょ」

律「だ、だけど!心の準備が・・・」

梓「・・・じゃあ目瞑って待ってますから」

梓「・・・」

律(な、なんなんだこの状況はーー!)

梓「・・・」

律(梓とキス・・・嫌じゃないっていうか、むしろうれしいけど・・・)

梓「・・・」

律(って違ぁぁぁう! どうしよどうしよ)



梓「・・・」ププッ

律「!?」


律「おい」

梓「・・・」

律「無視すんなコラ」

梓「・・・なんですか?」ニヤニヤ

律「“なんですか”じゃねえええ!!さっき笑ったろ!!」

梓「ぷっ、言いがかりは・・・くく・・・よしてくださいよ」

律「」

律「」


梓「律先輩?」

律「・・・」プイッ

梓(ちょっとからかいすぎたかな・・・)

梓「律先輩、許してくださいよ~」

律「・・・」ツーン


梓(しかたない・・・こうなったら)



ちゅっ


律「!?」

梓「へへ、仲直りのちゅーです」

律「ば、ばか!いきなりなにすんだ///」

梓「あれ、キスできなかったから、拗ねてたんじゃないんですか?」

律「違うぞ!私は断じて・・・」

梓「顔真っ赤ですよ」


律「うぅ////」


梓「せんぱ~い」

ぎゅう

律「もう好きにしてくれ・・・」

梓「・・・本当にいいんですか?」


律「へ?」

梓「本当に好きにしちゃっていいんですか?」

律「それって・・・」

梓「もちろん、そういう意味ですよ・・・」



律「・・・あ、あんまりエッチなことはだめだぞ////」

梓「それじゃあ遠慮なく・・・」

律「ん・・・////」


梓「よっしゃあ!傘いただきっ!!」ダッ






律「・・・」ポカーン

律「・・・は!」

律「梓ぁ!!ちょっと待てーーーー!!」

結局、二人は相合い傘で帰りました



おしまい




律「りっちゃんと!」

梓「あずにゃんの!」

律梓「お料理教室ー!」

シーン

梓「・・・スベりましたかね?」

律「スベったかもな・・・」

律「と、とにかく!気を取り直していくぞ!」


律「今回作るのは半熟玉子のとろとろオムライスだ!」

梓「おー」パチパチ


梓「わたしオムライスの玉子、うまく半熟にできないんですよね」

律「まあ難しいからな、今回はわたしが直々にレクチャーするから安心したまえ!」

梓「律先輩、料理「は」うまいですからね」

律「なんか含みのある言い方だな・・・」

梓「細かいことはいいんですよ、それより早く始めましょう」

律「まずはチキンライスをつくるぞ!」

律「フライパンで炒める前にチキンライスの材料を切る」

梓「今回使う材料は鶏肉、玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンですね」

律「よし、材料を切るのは手分けしてやろう」

梓「了解です!」

梓「・・・」トントン

律「うぅ・・・ぐすっ」トントン

梓「?」

梓「どうかしたんですか?」

律「いや・・・玉ねぎが目に沁みて・・・」グスン

梓「合宿でもやってましたねそれ・・・」

律「仕方ないだろ、生理現象だ」グス

梓「ティッシュ鼻に詰めると治るらしいですよ」

律「へー」

律「切れたー!」

梓「さて、さっそく炒めましょうか」

律「炒める順番はわかってるよな?」

梓「鶏肉と玉ねぎを入れた後、マッシュルームとピーマン、最後にご飯でしょう」

律「正解!それじゃあケチャップを入れるタイミングは?」

梓「ご飯を入れた後・・・ですか?」

律「ぶぶー!」

梓「えっ!違うの!?」

律「ご飯を入れた後にケチャップを入れるとベトベトになるだろ?」

律「先に具材とケチャップだけを炒めて、水分を飛ばすと、さらさらのライスができるんだ」

梓「へえ~ためになるなあ~」

律「さっそくやってみるか!」

梓「おお~!本当にさらさらになってる!」

律「最後に塩コショウを少々とお好みでバジルを加えて・・・」

律梓「せーの」

律梓「上手にできました~!!」

律「さて、梓よ・・・最後の仕上げだ」

梓「ええ・・・教えてもらえるんですね、玉子を簡単にトロトロにできる裏技を・・・」



律「裏技?ねぇよそんなもん」

梓「え」


律「こればっかりは練習するしかないからな~」

梓「そ、そんな・・・」

律「お手本だけは見せてやるから」

梓「結局は自分でやるしかないんですね・・・」

律「そういうこった」

律「卵を炒める時にはこいつを使う」

梓「バターですか・・・フライパンに引っ付いてボロボロになったことがあるんですけど・・・」

律「ふふふ・・・そんなこともあろうかと、澄ましバターを作っておいた!」

梓「・・・?なんですかそれ?」

律「簡単に説明すると、純粋な脂肪分だけをとったバターのことだな」

律「普通のバターを湯銭で溶かして冷ました後、下に溜まっている水分とアクを取り除くだけでできる」

律「焦げ付きもせず、卵の風味も良くなる一石二鳥の優れものだ!」

律「それじゃあ、今から作るからな・・・よーく見とけよ」

梓「は、はい!」

律「強火にしたフライパンに卵を流し込むっ!」

ジュウウウウ

律「ほどよくかき混ぜたら、形を作ってライスに乗せて・・・」

律「切込みをいれたら・・・完成だっ!!」

梓(すごい・・・あっという間だ・・・)

梓「よし!わたしも・・・」

梓「フライパンに卵を流し込んで・・・」

ジュウウウウ

梓「かき混ぜたら、形を・・・」グチャ

律梓「あ・・・」

律「スクランブルエッグになっちゃったな・・・」

梓「・・・」ショボーン

律「そう落ち込むなって・・・」

梓「だって・・・」

律「いいか、料理ってのは味や見た目よりも一生懸命やったかどうかが一番大事何だぞ」

律「今回梓は頑張って作ったんだから・・・それでいいじゃないか」

梓「・・・」

梓「・・・律先輩」

律「ん?」

梓「ちょっとクサイですよそれ」

律「うるせー///」

梓「へへ、でも嬉しかったです・・・」

律「どーいたしまして」

律「よし!それじゃあ二人で作った記念に写真でもとるかーー!!」

梓「じゃあ早速わたしのケータイで・・・」

律「カメラマンさ~ん、よろしくおなっしゃ~す」



俺ら「あいよ~」

梓「!?」


梓「こ、この人たちはいったい・・・」

律「細かいこと気にスンなって、ほらもっとこっち来いよ」

梓「は、はい///」



俺ら「二人とも笑って~3、2、1」パシャ



                           __
                __       ,. : : -´=ニ二ニミ:`: : .、
            ,...::::´::::::::::::::`:::::.、/: : :/´ ̄`´ー</: : : : \
           /::::::::://:::::::::l:、::::::::::レ: :/ _ノ  l  .|: : : ::|: : :ヽ
           /:/::/::::/l:i::::::::::/:::::::|:::/, -ー‐、   ヽ  |: : : ::|: |: : :l
        |:::|:::|:::/ノ |::::::/ヽ|:::::|:/   / {      |:/: : /:/: : :,
        |:::|:::ル _ |::/ _ .|:://_ _/   三ニ .|: : : |/: : : ;
           V::::l ≡  ´ ≡ .Y´::.::.::ヽ' )〃〃〃( ) /: : /ヽ: |:/  
          /:::::; 〃 ´  〃/O::.::.::.::.、ノ     ( ) /::/::i.ノ: : l
       ,イ::::::l   、_,  /:O:::::::::::::ノ、 ⊂つ ( )//:/:/: : l:\
      /::|:/`ヽ、___./:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:>、ー―‐' /イ::/: |: : ::| ̄
       /::/::_///)_:._:.rrr、':.:.:.:.:.:.:.:./:.:l、ヽヽー-、<ー〈:.:トゝ
     /:::/ヽl' ' l l/:.l l, l l l):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_,.-<,イ:.:.:.:.:.`ー:.:.:.:.i
.    /:::/,l:.:.:、   l:.j   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.   ./::/ i:.:./〈.、  ノ:〉  .ノ、ー‐:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
.  /::/ i:.:.|:.:.ヽ`ノl( ー´/:.|:.:.:.:.:.:.`ー―:.:、__:.:.:.:.:.:.:.:./
  レ:/ l:/:.:.:.:.:O∧ヽ/:.:イ:,――:.:.:./::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  /:/ /:.:.:.:.:.:.:.O:.|:.|O:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:/::::|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.://
. /::/  (:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.):.:.:.:/ /:::/:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:./
/:/;'  ,〉:.:.:.:.:.:.:/O:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:::/:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:/
:/::|  /ヽ_/:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:,:.<l |:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ
:|::/  ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー‐:.´:.:.:イ |:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|



梓「なんで泣いてんですか・・・」

律「玉ねぎが目にしみたんだよ・・・」



参考画像



9
最終更新:2010年11月18日 01:15