梓「に゛ゃっ」

律「うりうり~梓はここがええのんか~」

梓「…」

梓「…」

律「…あれ?あずさちゃーん?」グリグリ

梓「…」

律「…あずささーん?」

梓「…」

律「おいっ!梓!」

梓「…はっ!や、やめてくださいよ律先輩!」アタフタ

律「あずさー、なにぼーっとしてたんだよー!」

梓「え、えーとですね…」
(言えないよぉ…律先輩のグリグリが気持ちよかったなんてぇ…)

律「あずさぁー?」

梓「うぅ…」

律「…なんだよ、悩みでもあんのか?律先輩が話し聞いちゃうぞ!」

梓「い、いや…べつに…」

(ああぁ~顔が近いよぉぉ!)

律「…ふぅ」

梓「…ぅ…ぁ」

(めちゃくちゃきまずいよぉぉ)

律「…」

梓「…」


未完



律「………」

梓「………」

律「…あずにゃん」ぼそっ

梓「えっ」

律「ん?どうかしたか?」

梓「い、いえ…」

梓(い、今あずにゃんって…)

梓「………」

律「………」

梓「…り」

梓「…りっちゃん」ぼそっ

律「えっ」

律「いま何か言った?」

梓「いえ…」

律(今りっちゃんって言ったよな…)

律「………」

梓「………」

律「あーずにゃーん」ぼそっ

梓「りっちゃーん」ぼそっ

律「………」

梓「………」

律「おい」

梓「はい」

律「今りっちゃんって言ったろ」

梓「いえ」

梓「先輩こそ、あずにゃんって言いましたよね」

律「いや」

梓「………」

律「………」

律「…あずにゃん」

梓「……律」

律「?!」

梓「……馬鹿律」

律「………」

梓「……りつぅ~」

律「おいちょっと待て」

梓「はい」

律「今の、おかしかったよな。なぁ、おかしかったよな」

梓「何のことでしょう」

律「おい中野。あまり先輩を侮辱するものじゃないぞ」

梓「すいませんでした。りっちゃん隊員」

律「なるほど。お前がその気なら私にも策はあるぞ」

梓「?」

律「あーずにゃ~ん!」ぎゅうっ

梓「ひゃあ!」

律「んもう、本当にあずにゃんはかわいいんだからぁ」すりすり

梓「や、やや…やめてください唯せんぱ――」

ぱっ

律「ん?どうかしたか」

梓(なんだと…)

律「梓。顔真っ赤だけど」

梓「そ、そんなことは」

律「てか今、唯先輩って言ったよな」

梓「」

律「あ、もしかして唯先輩かと思っちゃいました?唯先輩かと思っちゃいました?」

律「残念。りっちゃん先輩でございました」

律「困っちゃうなぁ。唯先輩の真似しただけなのにそんな真っ赤になっちゃって」

律「いやはや、私にも愛しの唯先輩みたいな包容力があるってことなんですかね」

梓「………かましい」

律「へ?」

梓「やかましい馬鹿律!!」がんっ

律「ぶへぇっ!」

律「な、何すんだよみ――」

律(はっ!)

梓「今、『み』って言いましたよね」

梓「『み――』何ですか?」

律「み…皆殺しにしてやる」

梓「嘘ですよね」

律「」

梓「もしかして『何すんだよ澪』とか言っちゃう感じでしたか?言っちゃう感じでしたか?」

梓「残念。私はあずにゃんでございますにゃん」

梓「澪先輩の真似しただけなのに。よっぽど澪先輩に叩かれるのがお好きなようで」

律「………」

梓「………」

律「よし、こうしよう」

律「どんな手を使っても構わない。先に胸キュンした方の負けだ」

梓「いいでしょう。受けて立ちます」

律「………」すっ

梓(カチューシャを外した…。あくまでも唯先輩になりきるつもりか。だったら…)

梓「………」ぱさっ

律(ツインテールをほどいただと…。なるほど、お前も澪になりきっていくつもりだな)

律「あずにゃーん!」だきっ

梓「…っ!」

梓(こ、声まで変えてきた!まるで唯先輩そのもの…)

梓「や、やめてください!」

律「あずにゃん冷たい…。いけずぅ」しゅん

梓「うっ…」

梓(か、かわいい…。けどここで負けるわけには!)

梓「そんなこと言ってもダメなものはダメです!」

律「ちっ」

梓(次は私の番!)

梓「うぅ、うぅぅ…」

梓「りぃーつぅー!私こんなの出来ないよぉぉぉ」だきっ

律「…くっ」

律(こ…この素振り、抱きつき方。澪そっくりじゃないか)

律「あーもーうるさい!離れろ離れろ」

梓「私を見捨てるのか…。律…。りつぅっ」うるうる

律「う」

律(何だその顔は!やめろ、そんな目で見るなぁぁ)

律(落ち着け。澪の時はもっと胸の感触があるはず…)

律(今はそんな胸の感触はない、よし。大丈夫…こいつは梓だ)

律「……ふっ」

梓「ちっ」

律「………」

梓「………」

律「なりきり作戦はやめだ。こっからは私自身の力でいく」

梓「のぞむところです」

律「………」

梓「………」

律「………」ぐいっ

梓「えっ」

ぎゅっ

律「梓。好きだ」

梓「!!!」

梓(くっ…。ひ、卑怯な…!私だって…)

梓「わ、私も。ずっと先輩のことが、好きでした…」

律「んなっ?!」

律(こいつ、さらっと言いやがった)

律(ま、負けられん!!)

ぱっ

律「梓…」くい

ちゅっ

梓「ひゃぁ///」

梓(お、おでこにキスされた…)

律「ふっ、私の勝ちのようだな」

梓「なぬっ…。ま、まだです!!」

律「はいはい、わかったわかっ――」

ちゅっ

梓「………」

律「………」

梓「…ぷはっ」

律「お、おい梓…お前」

律(口にキスしやがった…)

梓「私の勝ち、ですね」にやり

律「ちょっと待て」

梓「もうこれ以上やったって仕方が――んんっ」

律「………」

梓「…んっ、んんっ?!」

梓(律先輩の舌が…入って、くるっ…)

梓「んっ…ちゅ、はぁ…んんっ」

梓(ま、負けるもんか…!)

律「んん…っ?!」

律(梓の舌が、絡みついて…)

律「ちゅっ…、んんっ。はぁっ」

律(くっそ、かくなる上は…)

むにゅっ

梓「~~~!!?」

梓「あっ、んっ…。ちゅっ」

梓(胸に手をっ…ず、ずるいよ…)

梓「んっ、んんっ…ちゅぱっ」

梓(て、抵抗できないっ…)

律「………」

くちゅ

梓(えっ?!そ、そこは。だ、だめっ…!)

くちゅくちゅ

梓(私の、こんなに濡れてる…)

梓(や、やめて…。そんなにかき回さないでっ…!)

梓「んっ、あぁんっ!ちゅっ…んぁぁっ」

梓(そ、それ以上は…だめっ。わ…私っ)

梓「あぁっ、んっ!はぁ…っ。んぁっ」

梓(い、イッちゃう…っ!)

梓「んぁぁっ、はぁん。んん……あんっ!」がくがく

すとん

梓「はぁっ、はぁっ…。はぁっ…」

律「今度こそ正真正銘私の勝ちだな」

梓「まっ、まだですっ…!」とろん

律「そんなふにゃけた顔したって説得力ないぞ♪」

梓「うぅっ…うう」

律「?」

梓「んにゃああああ!」

律「?!」

どさっ

律「お、おい梓!何のつもりだ」

梓「私ばっかりなんて不公平ですっ!」

律「もう勝負はついただろうがっ…んっ」

ぺろっ

梓「なんだ、律先輩も濡れてるんじゃないですか」

律「や、やめろ梓!脱がすなっ」

梓「やられっぱなしなんて、絶対いやです」

くちゃ

律「んん…っ」

梓「………」

くちゅ ぴちゃ

律「んぁっ。や…やめろっ、ひっ!」

ぺろ ぺろ

律「な、何してんだっ!き、きたないっ…んあぁっ!」

梓「そんなことないですよ…。律先輩の、すごくおいしいですっ」ぺろっ

律「ば、馬鹿なこと言うなっ///んぁっ、あんっ」

梓「…律先輩、ここがいいんですか?」ぺろ

律「ひうっ!ち、ちがう…そんなことっ」びくっ

梓「ふぅ~ん」ぺろぺろ くちゅ

律「や、やめてっ…。そ、それ以上されたら…んっ。で、でちゃう…っ!」

梓「いいですよ、出しても」

律「い、いやだっ!んあっ、ひぎっ」

梓「…しょうがないなぁ」

律「た…助かっ――!あぁんっ、んっ、んあぁっ」


未完



12
最終更新:2010年11月18日 01:21