梓「はぁ…はぁ…」
クンカクンカ
梓「唯先輩の汗の匂い…」
シュッシュッ
梓「はぁはぁ…うぅっ…出ちゃう!!」
ドピュッ
梓「はぁっ…はぁっ……私…何やってんだろ…」

ガラガラッ

梓「!!!」

憂「あっれー?梓ちゃんこんなとこで何してるのかなー?」

梓「う…憂…なっなんでここに?」

憂「なにって私はお姉ちゃんが忘れた体操着取りに来ただけだよ?梓ちゃんこそどうしたのかな?放課後に、誰もいない教室で」

梓「わっ私は…その……」

憂「おやー?どうやらそこにあるのはお姉ちゃんの体操着みたいだけど…梓ちゃんは下半身丸だしで何やってたのかな?」

梓「あっ…うぁ…あぅぅ…」

憂「それに…そのお股にあるのは何だろね?梓ちゃん男の子だったんだ」

梓「ちがっ…私は女の子だよ!でも…その…生まれつきで…」

憂「ふーん、まぁどっちでもいいや」
憂「…ねぇもし私がこのこと皆にバラしたら梓ちゃんは困る?」

梓「やっやめて!!お願い…誰にもバラさないでぇ…」

憂「ふぅん、困るんだ、じゃぁ今ここで何してたか話してよ、バラされたくなかったら」

梓「えっ…それはっ…」

憂「バラされたくないんでしょ?」

梓「うう…そっその…唯先輩の…体操着で…オナニーしてました…」

憂「聞こえないなぁ~もっと大きな声で言ってよ」

梓「唯先輩の体操着でオナニーしてました!!」

憂「そうなんだ~、梓ちゃんは変態さんだったんだね」


梓「そっ…そんな…私は変態なんかじゃ…」

憂「お姉ちゃんの汗くさーい体操着の臭いかいでハァハァしながらオナニーしてたんでしょ?」

梓「うっ…」

憂「あぁー、それに体操着に精液かけてるー、まったくもー洗う側の身にもなってよ」

梓「あぅぅ…ごめんなさ…ぃ…」

憂「まぁ仕方ないよね梓ちゃんは変態さんだもん」

梓「うぅ…わたっ…し…」
ポロポロ

憂「あぁーもう泣いちゃだめだよー、大丈夫だよ誰にも話さないよ」

梓「ほっ…ほんと…?」

憂「ほんとだよ、梓ちゃんが変態オチンチン女だなんて誰にも話さないよー」

梓「」

憂「ただし…口止め料は必要だよねー」

梓「!?わっ私お金はあんまり…」

憂「大丈夫だよー、お金なんて請求しないよ」

憂「ただ…ちょっと私の言うことを聞いてもらえればいいから」

梓「なっ…なに…」

憂「あっはっはっ、大丈夫だよ酷いことなんてしないよ」
憂「そうだなー…とりあえず明日の放課後また同じ時間にここに来てね、来なかったらバラすから」

梓「わっわかった…」

憂「もぉ梓ちゃんったらビクビクしちゃって、可愛いんだから」
憂「大丈夫だよ…梓ちゃんは気持ちよくなって…私も楽しくなる…そういうことをするんだよ…」
スリスリ

梓「あっ…!」
梓(憂が…私のオチンチンを…)
ムクムクッ

憂「梓ちゃんまたオッキしちゃってるよ?ちょっと触っただけなのにねー…変態さんなんだからっ!!」
ペチンッ!

梓「あうっ!!」
ドピュッ!

憂「あははは!!あそこ叩かれた衝撃でイッちゃったの?どうしようもない変態さんだね」
憂「さてと…それじゃぁまた明日ね梓ちゃん、体操着に付いた精液はちゃんと洗っといてあげるから」
憂「ばいばい」

ガラガラッ バタンッ

梓「」
梓「……うぅ…うぇっ…ひっく…」
ポロポロ


【次の日・早朝】

梓(ほんとに黙っててくれてるのかな…)
梓(もしあれが嘘だったら…)

唯「あー!あずにゃーん!!おっはよー!!」

憂「梓ちゃんおはよう」

梓(ひっ!)ビクッ
梓「あっ…えっと、おはようございます唯先輩…憂も…おはよう」

唯「んー?あずにゃん何か今変じゃなかった?」

梓「きっ気のせいです!!ささっ、早くいきましょう!」

唯「そっかなー…まぁいっか」

梓(普通だ…黙っててくれてるんだ…)

憂「梓ちゃん」

梓「えっ?」

憂「放課後…楽しみだね」ボソッ

梓「…!!!」

唯「?あずにゃーん?立ち止まってどしたのー?置いてっちゃうぞー!!」

梓「あっ…ごめんなさい待ってくださいー!!」

唯「えっへっへ待たないよー」

憂「あはははは」


梓(あれから…憂はいつも通りに接してくれてる…)
梓(…この授業で学校も終わる…)
梓(…私…なにされるんだろう…)
ピクッ
梓(げっ!すこし立ってきちゃった!!)
梓(そんな…期待してるの?…私…)
梓(これじゃホントに変態だよ…)



【放課後・部室】

律「あー…今日も澪とムギがインフルで休んでるし…部活は無し!何か締まらないしな!」
律「澪からの伝言で各自できる範囲の練習に自宅で励むよう!以上!解散!」

唯「私とりっちゃんはこれからムギちゃんと澪ちゃんのお見舞いに行くんだよー」

律「今日は梓もくるだろ?」

梓「ごめんなさい…わたしちょっと今日も用事が…」

唯「えぇー?」

律「まっならしょうが無いわな、ただ見舞い行かないと後で澪がうるさくてもしらねーぞー?」

梓「あははは…肝に命じておきます」

唯「それじゃあずにゃん、またねー!」

律「じゃな」

梓「はい、お二人によろしく言っておいてください!」

バタンッ

梓(そろそろ時間だ…行かなきゃ)


ガラガラッ

梓「いない…まだ来てないのかな…」


梓(なにされるのかな…)
梓(気持ちいいことって言ってたけど…それって…)
ムクムクッ

梓(あぁー!もうまた立ってきた!!)
梓(…でも…気持ちいいこと…)

梓「はぁ…はぁ…」
梓(だめだ…すっごい興奮して来ちゃった…)

梓「はぁ…はぁ…憂…」

梓(憂が…私に…気持ちいいこと…)

梓「はぁ…苦しいっ…!出したい…!出したいよぉ…!!」
シュッシュッ

シュッシュッ
梓「憂…!憂…!!」

憂「なーに?」


梓「ひっ!?」
ピュルッ!

憂「きゃっ!!…もぉー…ちょっとかかった…」

梓「あっ!えっと…ごめっ……いつからいたの?」

憂「梓ちゃんがはぁはぁしながらパンツ下ろしたあたりからだよ」

梓(ということは…ほぼ全部…見られた…)

憂「私が入ってきても全然気が付かないんだもん」
憂「そんなに熱中しちゃって、梓ちゃんの頭の中の私はどんな目にあってんだろうなー」

梓「あぅ…」

憂「ふふーそんなに期待しちゃってるの?」

梓「…」

憂「待ちきれなくてオナニーしちゃうくらい?」

梓「…」コクリ

憂「うんうん、梓ちゃんは素直ないい子だねー、はいじゃあご褒美」
チュッ

梓「あっ…!」///
梓(憂が…私に…キス!?)

憂「顔真っ赤にして梓ちゃんは可愛いなもぉー」
憂「でもね…これから梓ちゃんはもっと凄いことするんだよ」

梓「もっと…」ドクンッ

憂「ふふふ…梓ちゃんが興奮してるの…すっごいわかるよ…私もドキドキしてるもん」
憂「それじゃぁね、まずはパンツ…はもう下ろしてるからスカート外してもらおうかな」

梓「うっ…うん…わかった…」
ゴソゴソ


憂「スカート外さないのもいいけど…大事な部分が丸見えなのもいいよねー」

梓「///」

憂「上はブレザーまで着てるのにねー、とっても変態チックで可愛いよ梓ちゃん」
憂「…ねぇ梓ちゃん…これから私たちはどんなことすると思う?」

梓「えっ…?それは…」

憂「梓ちゃんは私とエッチがしたくてしょうがないんだよね?」

梓「それは…」


2
最終更新:2010年01月27日 03:45