【数週間後】

律「よし!じゃあ今日の部活はここまでにしとくか」

唯「あぁ~、疲れたぁ~」

澪「私はもう少し練習した方がいいと思うんだけど…」

梓「いいじゃないですか、無理は良くないです」

紬「あら?梓ちゃんのことだからてっきり澪ちゃんに同意すると思ったけど…」

梓「えっ!?あっ、そんなことないですよ!ゆとりも必要ですから」

唯「あずにゃーん、一緒にかーえろ!」

梓「あっ…えっと…ごめんなさい私は用事が…」

唯「えぇ~!?またぁ~!?」

律「最近つき合い悪いなお前ー」

唯「うぅ…あずにゃんは私たちのこと嫌いになっちゃったんだ…シクシク」

澪「なにっ!?本当か梓!本当なのか!?」

梓「そっそんなこと無いですよ!!私先輩達のこと好きですから!!」

澪「そっそうか、め…面と向かって言われると恥ずかしいな…」

律「いや何照れてんだよお前…」

唯「んふふ~、私もあずにゃんのこと大好きだよぉー!」

梓「あわわわっ、抱きつかないでくださいー!!」

紬「あらあら」


そういうニュアンスに聞こえたのならゴメン、むしろスレ立てる必要なかったからありがたいよ

梓「それじゃあ皆さん、お先に失礼します」

唯「あずにゃんばいばーい」
律「おぅ」
澪「明日もちゃんとくるんだぞ」
紬「また明日ね」

バタンッ

タッタッタッ

梓「はぁ…はぁ…憂もう着てるかな…」

梓(唯先輩いきなり抱きつくから…ちょっと危なかった…)

タッタッタッ
梓(公園の奥にある雑木林…あんなとこであんまり待たせたら悪いよね…)

ガサガサ

憂「あー、梓ちゃんやっと着た、遅いよー」

梓「あっ、ごめん部k」
バシンッ!

梓「!!……にゃぁにゃあ…」

憂「そうだよね、梓ちゃんは部活で忙しいもんねー」


憂「さてと…今日はどんなことしようか」

梓「…」

憂「また全裸で家まで帰ろっか、それともオチンチンにロータ付けて我慢レース?」

梓「…はぁ…はぁ…」

憂「あはは、まだ何もしてないのに興奮してきちゃった?」

憂「今日はねー…いつも頑張ってる梓ちゃんに特別なご褒美をあげようかな?」

梓「にゃっ!?」

憂「喋っていーよ」

梓「…とっ特別って?」

憂「今日は私を梓ちゃんの好きにしていいよ」

梓「えっ?」

憂「いつも主導権は私でしょ?まぁ梓ちゃんはペットだから当然なんだけど…」
憂「たまにはご主人様がサービスするのもいいかなーって」

梓「私が…憂を…」

憂「そうだよ、私のおっぱいもお口もお尻もあそこも…梓ちゃんが好きにしていいよ」

梓「う…憂…!!!」
ガバッ!

ドサッ
憂「きゃあ!」

梓「はぁはぁ…憂…!!憂憂憂!!!」

憂「あはは、もう梓ちゃんがっつき過ぎだよ」


梓「憂…憂のおっぱい柔らかいよぉ…!」

憂「梓ちゃん…まるで野獣だね…」
憂「ふふふ…梓ちゃん…」

憂「バイバイ」


梓「…えっ?」

憂「助けて!!誰か助けてぇぇ!!!!」

梓「優!?」

ガサガサッ!

唯「うい!?そこにいるの!?うい!!」

梓(唯先輩!!??)

憂「…!!お姉ちゃん!!お姉ちゃん助けて!!」

唯「うい!!…あ…あずにゃん…?な、何してるの!?」

梓「ゆ…唯先輩…なっ…なんで…」

唯「わっ私はういからメールがあって…公園で襲われそうだから助けてって…」
梓「えっ…?」

唯「あ、あずにゃんこそ…ういに…何…してるの?…その…股に…ついてるの…」

梓「あっ…ちがっ…違うんです!これは…」

憂「…うぅ…梓ちゃんが…私をここに呼び出して…いきなり襲ってきたの…ひっく…」

梓「憂!?」


憂「ここに来たときの…梓ちゃんの目が普通じゃなかったから…お姉ちゃんにメール送っておいたの…えっく…」

唯「あずにゃん…そんな…」

梓「ちっ違うんです!!私は!!」

憂「違わないよ!!梓ちゃんはまるで野獣みたいに私に被いかぶさってきて…友達だと…思ってたに…」

唯「あ、あずにゃん…とりあえずういから離れて…ね?」

梓「!!…わっ…わたしは…!うあぁぁぁぁ!!!!!」
タッタッタッ

唯「あずにゃん!?」

憂「お姉ちゃぁぁん!怖かったよぉ!!」

唯「…もう大丈夫だから…うい…大丈夫だから…」
唯(あずにゃん…なんで…)


タッタッタッ
梓(憂…!憂…!なんで…!?)
梓(…それに…唯先輩に…私…私は!)

梓「うぁ…あああぁぁぁぁぁ!!!」



【次の日・午後】

梓「…」ムクッ

梓(…もうこんな時間…学校…行けなかった…)
梓「元々行くつもり無かったけどね…」

梓「…これから…どうしよう……憂…」
梓「私…憂に捨てられちゃったんだ…」ポロポロ

梓「それに…唯先輩にも…誤解されたままだし…」
梓「もう解くのは無理だよね…」

梓「私…もう学校行けないよ…」
梓「律先輩…ムギ先輩…澪先輩……唯先輩…」

梓「うぅ…うぇっ…えっぐ…」

ぴくぴくっ
梓「!!…何か…はぁ…はぁ…体が…」
梓(そっか…いつもだったら…憂に…してもらってる時間だ…)

梓「はぁ…はぁ…こんなときにまで…」
梓(あははっ…憂の言ってたことは間違ってなかったね…私…本当にどうしようもないや…)

梓「はぁ…はぁ…」
ゴソゴソ

梓「はっ!はぁっ!」
シュッシュッ


梓(…だめだ!だめだだめだ!)
梓「今更独りでだなんて…無理だよぉ…」
シュッシュッ

梓「はぁ…はぁ…出したいのに…出ないよぉ…苦しいよ…」
梓(そっか…憂はこれが…)
梓(捨てられた猫が…餓死するまでを…楽しんでるんだね…)

梓(今ごろ…こうやって苦しんでる私を想像してニヤけてるんだろうな…)



梓「ひどいよ…ひどいよぉ…」
梓(もしかしたら…死ぬ寸前にまた拾ってくれるのかもしれないけど…それって一体…いつ?)

梓「そんなの無理だよ!!苦しいの!出したいの!!頭がおかしくなるよ!!」
梓「助けて…誰か助けて…」



【十日後・夜、平沢家】

唯「今日も…あずにゃん学校こなかったの?」

憂「…うん」

唯「そっか……ねぇうい」
唯「部活のみんなもね…最近なんだか元気ないんだ…寂しいんだと思う…」
唯「だからね…あずにゃんを…」

憂「お姉ちゃん、……梓ちゃんの話はもうやめて」

唯「…ごめん」


唯「はぁー…宿題めんどくさいなぁー」

ピリリリリ

唯「あっ携帯だ、誰からかな…あずにゃん!?」

ピッ

唯「もしもし!?」

梓『こんばんわ…唯先輩、ごめんなさい急に…電話なんて…』

唯「うぅん、いいんだよ…それで…その…どうしたの?」

梓『あの…今から…会えませんか…?』

唯「え?今から?」

梓『…やっぱり…ダメですか…?』

唯「…いいよ、どこで待ち合わせよっか?」

梓『…それじゃぁ…十日前の……あそこで』

唯「……わっ…わかったよ、じゃぁすぐ行くから…あとで…」

梓「はい、また…あとで…」
プツッ

唯「ふぃ~~…」
唯(いくらなんでも急すぎだよぉ…)

唯「それでも…行かなくちゃ!」


憂「あれ?お姉ちゃんどこ行くの?」

ギクッ
唯「あっ…えっと…アイスが食べたくなっちゃってさ、あははは」

憂「えぇー?今からー?…まぁ止めても無駄だろうけど…太るよ?」

唯「失礼なー私はいくら食べても太らないんだよーだ!」

憂「もぉー…気を付けてね、いってらっしゃい」

唯「うん、行ってくるよー」

バタンッ


ガサガサッ

唯(えっと…確かこの辺…)


唯「あっ、あずにゃん発見!」

梓「唯先輩…こんばんわ」

唯「こんばんわ!」

梓「……」

唯「…えっと…それで…」

梓「ごめんなさい」

唯「えっ?」

梓「私…憂に酷いことを…」

唯「えっ!?あっあはははー、いーよもうそんなこと……ってよくないか全然」

梓「…ですよね…」

唯「…」

梓「…」

唯「……あのね、あずにゃん」

唯「あずにゃんが良くないことをしたのは確かだし…」
唯「なんで…その…あんなものが付いてるのかわからないけど…」

梓「…」

唯「私は…あずにゃんのこと嫌いにはなれないよ」
唯「ういも…きっとちゃんと謝れば許してくれるよ、その…一応未遂だったみたいだし…」

梓「…」

唯「だからね?あずにゃん…」

梓「…先輩…」

ギュゥ

唯「わっ!…急に抱きつくなんてあずにゃん大胆だなぁ…」

梓「…唯先輩はいつも私に抱きついてきました…」

唯「そだっけ?」

梓「そうです」

梓「…唯先輩…うぅ…うぇっ…」ポロポロ

唯「あぁもぅ、あずにゃんは泣き虫さんだね」


梓「ひっく…先輩…唯先輩…」ポロポロ

唯「よしよし」
ナデナデ

唯「私と一緒に憂に謝りにいこっ?私も憂に頼んであげるから」
唯「それでまた学校に一緒に行こうよ」
唯「りっちゃんもみおちゃんもムギちゃんも…みんな待ってるしさ、あずにゃんが居なくてさびしそうだぞぉー」

梓「うぅ…先輩…ごめんなさい…ごめんなさい…」

唯「もぉー私に謝ってどうするの?」


梓「ひっく……先輩…」

唯「なぁに?」


梓「私もう我慢できないんです」



唯「えっ?」


2
最終更新:2010年01月27日 03:49