数日後


使用人1「どきなさいよ、のろま」

使用人2「ひどーい、そこまで言わなくたっていいじゃないー」

唯「・・・」

使用人1・2「クスクス」

紬「・・・唯」

唯「あ、つ、紬様!」

紬「相変わらず失敗続き?」

唯「あ、・・・は、はい・・・」

紬「・・・辞めれば?」

唯「え?」

紬「使用人に失敗は許されない・・・知ってるわよね?」

唯「はい・・・」

紬「貴方がここに来て数カ月。進歩した?」

唯「・・・す、少しは」

紬「すこしねー。私に水かけといて進歩したっていうのかしら?」

唯「うっ・・・」

紬「辞めなさいよ」

唯「・・・」

紬「辞めないの?」

唯「辞めたくないです」

紬「そう、なら仕方ないわね」

紬「梓を解雇するわ」

唯「・・・え?」

紬「聞こえなかったの?貴方が辞めないなら、代わりに梓を辞めさせます」

唯「え、え!?ど、どうしてそうなるんですか!?」

紬「貴方が辞めないからよ」

唯「そんな・・・」

紬「梓も可哀想ねー。あんたなんかの為に辞めさせられるんだから」

唯「梓は関係ない・・・」

紬「梓を辞めさせたくないならあんたが辞めることね」

唯「・・・」

紬「あんたの代わりなんていくらでもいるのよ」



婆「辞める!?」

唯「はい・・・」

婆「ど、どうして急に・・・」

唯「・・・」

婆「何かあったのですか?」

唯「・・・いえ」

婆「・・・決めたのですか?」

唯「はい・・・」

婆「・・・・そうですか。貴方が決めたのなら私は止めることはできません」

唯「お世話になりました・・・失礼します」


バタン

婆「・・・」


純「やめる!?」

唯「うん・・・」

純「な、なんで!?どうしたのよ急に!?」

唯「・・・」

純「何かあったの!?ここまで順調に来たじゃない!どうしちゃったのよ!!」

唯「理由は言えない」

純「はぁ!?」

唯「言えないの・・・。うぅっ・・・」

純「ど、どうしちゃったのよ唯ぃ・・・」

唯「うっうう、ふぇっ・・・」



数日後


婆「今日は皆さんにお知らせ・・・残念なお知らせがあります」

梓「(あれ、唯さんがいない・・・寝坊!?)」

婆「実は今日、」

梓「婆さん!唯さんが、」

婆「唯さんが使用人を辞めました」

梓「・・・え?」

使用人1・2「くすくす」

梓「そ、そんな・・・意味がわからない・・・」

純「・・・梓、あんた聞いてなかったの?!」

梓「え?」

婆「梓はちょっと来なさい。他のものは掃除を始めること。解散」

一同「はい!」

婆「梓・・」

梓「は、はい・・・(ゆ、唯さん・・・!?)」


婆「唯さんから辞める話は聞いていましたか?」

梓「・・・」

婆「その様子だと聞いてなかったみたいですね・・・」

梓「ほ、本当にやめたんですか!?」

婆「はい。・・・理由は言いませんでした」

梓「え?」

婆「辞める理由が分らないのです。仕事も順調に覚えていったのに」

梓「・・・」

婆「私も何がなんだか・・・・」

梓「・・・」

婆「と、とにかくもう澪様が起きれる時間です。行きなさい」

梓「ゆ、唯さん・・・」

婆「梓!」

梓「は、はい!」

婆「気持ちはわかりますが・・・、貴方は使用人です。気持ちを切り替えなさい」

梓「は、はい・・・。(気持ちを切り替えろったって・・・)」

梓「(あの時の約束は嘘だったの?唯さん・・・)」



梓「澪様、起床のお時間になりました」

澪「ああ・・・」

梓「・・・」

澪「どうした、今日は一段と暗いな」

梓「は!も、申し訳ございません・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「何かあったのか?」

梓「・・・いえ」

澪「あったんだな」

梓「ないです・・・」

澪「言え」

梓「けど・・・」

澪「言え。命令だぞ」

梓「・・・唯が使用人を辞めました」

澪「辞めた?」

梓「はい・・・」

澪「なんでだ」

梓「理由が分らないのです。婆さまも知らないみたいです」

澪「・・・」

梓「私、唯と約束したんです。絶対使用人をやめないって。なのになのに・・・」

澪「・・・」



食堂

律「唯が辞めた!?」

使用人「はい・・・」

律「なんで!?」

使用人「さ、さあ・・・それは私には」

律「婆!なんで辞めたんだよ!」

婆「さあ。私も理由は聞いていません」

律「はぁ!?理由なしに辞めたのか?!」

婆「そうなりますね・・・」

律「ど、どうなって・・・」

紬「あらー、唯辞めちゃったのー?」

律「ムギ・・・」

紬「残念ねー、せっかくお仕事覚えたのにぃ」

律「・・・」

紬「何よ」

律「いや・・・」

紬「さ、ごはんごはーん♪」

澪「・・・おい律」

律「澪・・・」

澪「話がある。食後、私の部屋に来い」

律「?あ、ああわかった」



澪部屋

律「・・・相変わらず、可愛い部屋だな・・・」

澪「う、煩い!!!今はそんなことどうでもいい!」

律「はいはい・・・・で、話ってなんだ」

澪「・・・唯が辞めた件だ」

律「・・・」

澪「私はあいつがほんのそこらで辞める奴だとは思ってない」

律「認めてるのか?」

澪「なぜそうなる。・・・まぁ根性だけは認めてやる。私に水をかけても辞めなかったしな」

律「あーそんなこともございましたね・・・」

澪「そんなことはどうでもいい」

律「いいんだ」

澪「・・・紬か」

律「・・・」

澪「私はこの件に紬が絡んでると思ってる」

律「・・・」

澪「お前はどう思う」

律「そうだな・・・。そう思いたくはないが」

澪「けどどうして・・・」

律「水かけちゃったのが悪かったか?」

澪「それもあると思うが・・・」


澪「紬が絡んでるとすれば律も絡んでる」

律「はぁ!?な、なんで私が・・・!」

澪「あいつが怒ることと言えば全部律関係じゃないか」

律「・・・」

澪「唯が何か律にやったか・・・」

律「?」

澪「律が唯に何かやったか・・・」

律「はぁ!?」

梓「お話中申し訳ございません。澪様、そろそろお支度の時間ですよ」

澪「ああ・・・、じゃあ律、話はまたあとで」

律「あ、ああ・・・」


梓「・・・」

澪「唯が辞めた理由・・分るか?」

梓「いえ」

澪「私はあいつがちょっとしたことで辞めるとは思ってない。梓もそう思うだろ?」

梓「はい」

澪「私が見る限り、唯は他の使用人にいじめられてたみたいだな」

梓「・・・」

澪「紬に水をかけた時あるだろ。あれは他の使用人が唯に足を引っ掛けたからだ」

梓「そんな!」

澪「あいつ自身鈍感みたいだから気付いてなかったみたいだが・・・」

梓「・・・そんな」

澪「けどあいつはいじめぐらいで挫ける奴じゃないと思ってる」

梓「・・・」

澪「いじめられても・・・梓、お前はずっと唯の傍にいたんだろ?」

梓「はい」

澪「あいつは一人じゃなかった・・・。それにさっき言ったな・・・。
  使用人を辞めない約束をしたって」

梓「はい・・・」

澪「ならあいつはいじめぐらいで辞めないよ。きっと他に理由がある」

梓「他の理由とは・・・」

澪「紬だ」

梓「つ、紬様ですか」

澪「私の考えすぎではなければな」

梓「・・・」

澪「まぁいい。今の話は律と私、そして梓しか知らない。誰にも言うなよ」

梓「分ってます」

澪「・・・」


純「梓・・・」

梓「純ちゃん・・・」

純「唯、辞めちゃったね・・・」

梓「う、うん・・・」

純「まさか梓に辞めること言わないで行くなんて・・・。私てっきり・・・」

梓「・・・」

純「梓なら理由を知ってるとおもったんだけど・・・」

梓「純ちゃんは知ってたの?辞めること」

純「うん。辞める数日前に言われた」

梓「そう・・・(私信用されてなかったのかな)」

純「あ、そうだ・・」

梓「なに?」

純「唯が言ってたの。『大事な人を傷つけたくない』って」

梓「大事な、人・・・?」

純「うん。詳しく聞いても何も言わなかったんだけど・・・」

梓「・・・」


屋敷外

梓「澪様」

澪「なんだ」

梓「唯が他の使用人に、『大事な人を傷つけたくない』と言って辞めたらしいです」

澪「・・・大事な人」

梓「もう何がなんだか・・・」

澪「・・・梓、お前に3日間の休暇を与える」

梓「え?」

澪「唯を迎えに行って来い」

梓「え、え!?」

澪「これぐらいあれば足りるだろう。菓子一つぐらい持って行ってやれ」

梓「え!?み、澪様、これはどういうことでしょうか・・・?!」


澪「私の推測が間違ってなければこれでいいはず」

梓「澪様・・・?」

澪「婆には私から言っておく。ほら、行け」

梓「は、はい!?」ダッ


紬「・・・澪ちゃん、あなたいつからそんな使用人に優しくなったの?」

澪「・・・」

紬「前は使用人なんてゴミだとか言ってたくせに」

澪「黙れ」

紬「そういえば最近梓に優しくなったわよねー。何かあったのかしら」

澪「お前には関係ないだろ」

紬「ふふふ」

澪「そんなことより・・・」

紬「なに?」

澪「お前はほんと汚いな」

紬「今までのあなたにそんなこと言われたくないのだけど」

澪「・・・」



純「どうしたの!?そんな慌てて!」

梓「今から唯の家に行ってくる!!」

純「ふーん、・・・ってえええええ!?」

梓「澪様命令なのおお!」

純「い、意味がわからない・・・!!」

梓「それは私のセリフだよおお!」

婆「唯の実家に行くですって!?」

梓「はい。澪様命令で・・・」

婆「・・・そうですか。いいでしょう」

梓「え?」

婆「どうしたのですか。ほら、これが唯の住所ですよ」

梓「・・・あっさり許してくださるのですね」

婆「唯もあたなと同じ不思議な子です。失敗は多いですが、人を惹きつけるような・・・。
  とにかく私は唯が辞める理由を知りたいのです。それだけです」

梓「・・・」

婆「必ず連れて帰ってくるのですよ」

梓「は、はい!!」


9
最終更新:2010年11月19日 05:18