律「梓を唯の家に向かわせた?」

澪「ああ。私の推測が間違ってなければ・・・、そして梓がうまくやってくれれば戻ってくるだろう」

律「唯が?」

澪「多分な」

律「・・・どうしてそこまでやるんだ?」

澪「使用人にどうしてそこまでするってことか?」

律「ああ」

澪「私もびっくりだよ」

律「・・・」

澪「けど、嫌なんだ。梓が暗い顔をしてるのが・・・」

澪「別に唯が辞めるのはどうでもいい。あいつぐらいの使用人なんていくらでもいるからな」

律「・・・」

澪「けど、梓が・・・って何を話してるんだ私は!!」

律「ぷっ・・・あはは!」

澪「な、何がおかしいんだよ!!」

律「ほーんとお前変ったよな!なんつーか、見なおしたよ」

澪「う、うるさい!」

律「あとは・・・紬だけか」


      •  

母「もー、いきなり使用人の仕事を辞めて帰ってきたと思ったら・・・、ほらゴロゴロしてないで畑の仕事でも手伝いなさい!」

唯「んー・・・」

憂「おかーさん!いいじゃない、ちょっとぐらい!畑の仕事は私がやるから!」

母「あんまり甘やかしちゃダメよー。あ、そうだ、ちょっと出かけてくるわね」

憂「うん。いってらっしゃーい・・・」

唯「・・・」

憂「おねーちゃん、私、おねーちゃんが戻ってきてくれて嬉しいよ」

唯「うん・・・」

憂「おねーちゃんは頑張ったよ・・・。何があったかは知らないけど、当分はゆっくりするといいよ」

唯「ありがと、憂・・・」


?「ごめんくださいー!」

憂「ん?お客さんだ!ちょっと行ってくるね」

唯「うん・・・」

唯「(ああ、私辞めちゃったのか・・・
   これでいいんだよね、これで・・・)」

憂「おねーちゃんにお客さんだけど・・・」

唯「え?私に?」

憂「中野 梓さんって方なんだけど」

唯「え?!あ、梓ちゃん!?」


ダダダッ


唯「あ、梓ちゃん!!?」

梓「こんにちは」

唯「こ、こんにちは。・・・ってえええ!?」

梓「びっくりしました?」

唯「そりゃ、もう・・・心臓が痛いです」

梓「ふふ、それはよかった」

唯「???」

梓「話があります」





梓「・・・」

唯「・・・」

梓「どうして辞めたんですか」

唯「・・・」

梓「どうして辞めること、私に言ってくれなかったんですか!?」

唯「ご、ごめん・・・」

梓「私すごくショックだったんですよ・・・」

唯「梓ちゃん・・・」

梓「それに、約束したじゃないですか・・・。使用人を辞めないって・・・」

唯「・・・」

梓「もしかして忘れてました?」

唯「忘れるわけないじゃん!!!!その約束のおかげで今まで続けて・・・」

梓「ならどうして!!!」

唯「言えない・・・」

梓「なんで言えないんですか!?」

唯「言えないものは言えないの!」

梓「うっ・・・ひくっ・・・」

唯「あ、梓ちゃん!?」

梓「私は数か月の間に唯さんを友達と思ってました・・・!けど唯さんは違ったみたいですね」

唯「そんなこと・・・!」

梓「唯さんは私のこと友達と思ってますか?」

唯「当たり前じゃん!!梓ちゃんがいなかったら私とっくに辞めてたよ・・・!」

梓「今、唯さんは使用人じゃないです。私と唯さんの関係はただの友達関係です」

唯「うん」

梓「友達と思ってくれてるなら・・・辞めた理由教えてください」

唯「・・・うん」

唯「・・・あのね」

梓「はい」

唯「紬様に・・・」

梓「紬様・・・?(やっぱり絡んでたのか?!)」

唯「辞めろって言われたの」

梓「・・・それで辞めたのですか?」

唯「違う」

梓「じゃあ・・・」

唯「私が辞めなければ、梓ちゃんが辞めさせられちゃうって・・・」

梓「私が?」

唯「うん・・・」

梓「だから辞めたのですか?」

唯「うん・・・」

梓「・・・」

唯「あ、梓ちゃん・・」

梓「唯さんのばああああああああああああああああああああああああああか!!!!!!!!!!」

唯「え!?」

梓「そんなことで辞めちゃわないでくださいよ!!」

唯「そ、そんなことって・・・」

梓「私がそんなことで辞めるわけないでしょう?!」


唯「だって・・・」

梓「もし紬様が私を辞めさせようとしても澪様が止めてくれます!!!」

唯「み、澪様が・・・?」

梓「か、確信はないですけど、なんだか最近信用されてるというかなんというか・・・。
  う、自惚れてるわけじゃないですよ!?」

唯「う、うん」

梓「とにかく!紬様の脅しぐらいで折れる私じゃありません!!!」

唯「あ、梓ちゃん・・・」

梓「私の事もっと信用してくださいよ・・・」

唯「梓ちゃん・・・」

梓「約束破るわけないじゃないですか・・・」

唯「うん・・・ぐすっうっ」

梓「純に言ったんですね。『大事な人を失いたくない』って・・・」

唯「あ・・・うん・・・」

梓「大事な人って私でいいんですか?」

唯「うん」

梓「ふふ、嬉しいです…」

唯「へへ・・・///」

梓「で、もちろん帰ってきてくれるのですよね?」

唯「へ?」

梓「もう一度、使用人をやりますよね!?」

唯「で、でも・・・」

唯「辞めるって言っちゃったし、今さら・・・」

梓「唯さんに拒否権はないです」

唯「え!?」

梓「私、婆さんに連れ戻してこいって言われて来たんですよ。 
  たとえ辞めるとしても婆さんにきっちんと理由を言ってください。じゃないと辞めさせません」

唯「・・・」

梓「辞めたくないんでしょ?」

唯「・・・・」

梓「そうなんでしょ!?」

唯「辞めたくない!!ううっ・・・ッ 私、使用人の仕事続けたいよおお!!」

梓「ふふふ、鼻水が大変なことになってますよ」

唯「うっうう・・・」ちーん


梓「戻りましょう」

唯「いいのかな・・・」

梓「もちろんです!ダメって言われたらそん時です!」

唯「そ、そんな・・・」

梓「嘘ですよ。私が必ず続けさせてやります!」

唯「うん・・・!あ、梓ちゃん・・・」

梓「はい?」

唯「本当にありがとう!!」

梓「ふふ、どういたしまして」


梓「・・・しかし困りましたね」

唯「どうしたの?」


梓「今日はもう帰りの電車がないみたいです。
  ここら辺に宿ありませんか?」

唯「宿・・・?あ、うん、あるよ!」

梓「本当ですか!よかったら案内してもらえると助かるのですが・・・」

唯「もちろんだよ!着いてきて!」

梓「はい!」


唯「ここだよー!」

梓「・・・ここ唯さんの家ですよね」

唯「そうでーす!」

梓「私は宿と・・!」

唯「今日は泊ってってよ!」

梓「え、でも・・!」

唯「いいからー!」

梓「ちょ、っちょっと・・・」

唯「ういー!お客さんだよー!」

憂「はいはーい!ってあれ、さっきの・・・」

唯「今日、泊らせるから」

憂「泊る?うん、別にいいけど?」

梓「ゆ、唯さん・・・!」

唯「いいから!ね、憂!」

憂「うん!おねーちゃんのお友達なら大歓迎ですよ!」

梓「うっあ・・・お、お世話になります・・・」

憂「そうそう、今日お父さんとお母さんが急用で隣町に行ったよ」

唯「ふーん」

憂「今日は帰って来ないって」

唯「えー!?みんなに梓ちゃんを紹介させようと思ったにー」

梓「ちょ、ちょっと!」

唯「大切な友達ができたって言いたかったなー・・・」

梓「・・・」

憂「ふふ、おねえちゃんをよろしくお願いします」

梓「え、あ?こ、こちらこそ・・・」


10
最終更新:2010年11月19日 05:19