唯「みんなみんなー」

軽音部「?」

唯「今日はみんなにお話があります」

梓「はいはい。なんですか?」

澪「どうした?唯」

律「なんだーゆい?」

紬「どうしたのゆいちゃん?」

唯「実はね…」

唯「みんなのことが…好きだよ!」

……

律「おいゆい」

唯「へ?」

律「この空気をどうしてくれるんだ…」

梓「はあ…唯先輩なにいってるんですか?」

唯「違うんだよ!だって私、ほんとにみんなのことが好きすぎて悩んでるんだよっ」

澪「ええと…なんだ…//」チラッ

律「おーい、どうした澪まで?」

澪「…むぎが…//」

紬「うふふふふ」キラーン

律梓「目が輝いてるっ!?」ガビーン


しばらくして場が落ち着きまして

律「で、ゆい。なんでいきなりそんなこと言い出したんだ?」

唯「あのねー。昨日憂と話してるときね」


憂「おねえちゃーん!」

唯「なにぃ~ういぃ~」ゴロゴロ

憂「もうおねえちゃんたら、ご飯できたよー」

唯「今日はなにかななにかなー」

憂「ハンバーグだよー」

唯「…今すぐいきますっ!」キリッ

唯「はんばーぐうんまー」モグモグ

憂「ふふふっ」

唯「憂が妹でほんとに良かったよ~」モグモグ

憂「あっ、おねえちゃん」

唯「ふえ?」

憂「も~ご飯粒ついてるよ」ピトッ

唯「おお~ありがとうー」

唯「そういえば憂は気になってる男の子とかいるの?」

憂「!…ど、どうしたのおねえちゃん急にそんなこと」

唯「いやあのね~こんなおいしいご飯を作れるお嫁さんをもらえるなんて

  うらやましいなあと思ってねー」

憂「…もうやめてよぉ…いないよそんな人//」

唯(うんうん。わが妹は照れたところもやはりかわいいのう~)コクコク


唯「なんてことがありました」

梓「は、はあ…」

澪「それはわかったが…なあ律」

律「そうだよ!なんでそれでいきなりみんなのことが好き発言なんだーっ!?」

紬(うふふふ…いい感じなの…ナイス唯ちゃん)グジュリ

唯「それで憂に私はどうなのって言われたから本気で考えてみたんだよっ」

唯「そしたらけいおん部のみんなのことが好きだなってなってね」エヘヘ


律(く…くそっ…みんなときたか!私の秘めたるお前への気持ちはどうなる…)

澪(みんなかぁ…)シュン

梓(…べ、別に…唯先輩のこと独り占めしたいなんて…)ブツブツ

紬(こうなったらみんなで愛し合いたい…うふふふ…)

唯「ど、どしたのみんな?」


律(いや…でもこの中で私がリードするには…)ブツブツ

澪(いけない…落ち込むな。嫌われてはないんだ。それなら私だって…)

梓(ううう…なんか変な気持ちになってきちゃったよ…どうしてだろ)

紬(さっそく通販で…)キラーン


律「な、なるほどなー」

澪「うん。べ、別にいいんじゃないか?」

梓「…まあそう思うのは別にいいと思いますけど…」ボソッ

紬「全然いいと思うわー」

唯「?」

律(よしっ!ここいらで一発、探りをいれてみるか)

律「おい…ゆい?」

唯「ほえ?なにりっちゃん」

律「ちなみに…ちなみになんだが…」

唯「うん、なあにー?」

律「この中で一番好き…いや、お気に入りなのは誰か言ってみなさいっ!!」バンッ

澪梓紬(な、なんとっっ!?)

唯「一番お気に入りー?うーんそうだねー…」

ドキドキ

律(うおおぉ勢いで言っちまったぞおおー!こうなったら覚悟を決めるしか…)

ドキドキ

澪(おい律…その質問はおまえ~)ウルウル

ドキドキ

梓(ぜ、全然気にならないですっ…唯先輩のことなんてべ、べ、べつにどうだってっ)アセアセ

ドキドキ

紬(ど、どうなのかしら…)

唯「うーんとね…」

……

律澪梓紬 ゴクリッ…


唯「のどかちゃんだね!」ビシッ



律澪梓紬(そ、そもそも軽音部じゃない!!)ガーン


唯「あれ?みんななんか今日変だよー?」

律澪梓紬 ズーン

唯「まあいいやー」


唯「ふう、今日も練習がんばったね~」

梓「どの口がいいますか!どの口が」

澪「まったくだ!」

唯「えへへーじゃあ帰ろうか?」

律「…唯」

唯「ほえ?」

律「私たちはちょーっと会議してから帰るから

  今日はお前一人で帰ってもらっていいかな?」

澪梓紬「!」

唯「ええーなんで私はダメなの~」ブー

律「」チラッ

澪「…あっ、そうだ!和に連絡してみるな私っ」

梓「あの…ですね唯先輩?実はすごく複雑で難しい哲学の話をですね…」

紬「…そ、そうなの!あっ明日とっておきのケーキ持ってくるわねっ?」

唯「?」


結局、この日、唯は和と帰りました



律「諸君…今回この会議を開いたのは他でもない」

澪梓紬 ゴクリッ

律「第一回、私…じゃなかった私たちの唯を取り戻そう作戦会議だっ!」バンッ

梓「なんなんですかそれは…」

澪「意味がわからん…」

紬「お、おおー」パチパチ

律「ははーん?澪梓コンビはそんな態度取っていいのかなー?」

梓「な、なんの事ですか?…ねえ澪先輩」

澪「あ、ああ…まったく持って身に覚えがない…」

律「ふふーん…そこまで言うんだったら仕方ないな?」

澪梓 ギクッ

律「むぎくんっ!!」

紬「ハイ、サー!りっちゃん」ビシッ

律「実はな…澪梓唯あたりには内緒にしていたんだが

  この部室には隠しカメラが存在するのだ…」

澪梓 !!!

律「この意味がわ・か・る・よ・なー?」

澪梓 ダラダラ

律「ふふん。…あーむぎくん、準備はできたかな?」

紬「はいですっ!」

律「実は私も最近知ったのだが…もはや手遅れだった。

  なあむぎくん?」

紬「はいっ!結構前に私がこれ仕掛けたんだけど、大好きなりっちゃんのあられもない姿が…」

律「ゴホンっ。あーむぎくんそのへんにして?…ね?//」

律「さて…私は今、とあるリモコンの再生ボタンを押そうとしてるわけだが…

  これは…ふむふむ。○月×日の…」

梓「ちょ、ちょっと待ってください!!///」

律「おんや~梓どうしたー?」

梓「は、はは犯罪じゃないですかぁぁ!!!///」

律「正直だよな…でも相手がむぎだからさ」ガクリ

紬「大丈夫よっ!梓ちゃん!私しか見れないように認証システムを

  設定してあるのっ!」キラーン

梓「うううっ…それでもダメですって!!!///」

澪「は…はは…」

紬「その節はみなさんお世話になりました//」ペコリ

律「…というわけで、むぎにはみんなの秘めたる思いがバレバレというわけなんだ」

紬「そうなのー…ごめんねみんな…

  みんな…その…情熱的に唯ちゃんの名前を叫んでたものだから…その…//」ポッ


澪「あ、はは…はは…う、うああああぁあぁああ!!///」


律「うおお、やばいっ!!余りの恥ずかしさに澪が自我をわすれてっ!」

梓「澪先輩っ!き、気持ちはわかりまくりますがおちついてください~」ウルウル


一旦、落ち着きまして

澪「ううぅ~」シクシク

梓「ううう…」シクシク

律「まあ…な?見られちまったもんはしょうがないだろ?

  …わ、私なんてなっ!私なんてあんなことしてるときに…//」ゴニョゴニョ

澪梓「あんなこと?」

律「だあああ!だからもういいだろうが!!//」

紬(うふふふふ…すごかったわぁ~)ポワワーン

律「…話を戻すぞ!

  ようするにだ、ゆいのやつが和を一番気に入ってるって言ってたろ?

  正直、新たなる敵の出現だといわざるおえないわけだ」

梓「わ、私は別に気にしないです…」ボソッ

律「むぎー」

紬「あのね、あのね!梓ちゃんったらね…」キラン

梓「ううぅ~ごめんなさい嘘ですっ、気になるです」シクシク

律「よろしい。正直にいこうな」

律「ところで澪ー?大丈夫かー、生きてるかー?」

澪「…はひ大丈夫れす」ポカーン

律「…ごめんな…少しそっとしておくか…」


律「よし、というわけで続けるぞ?」

紬「はーい」サッ

律「はいむぎ、どうぞー」

紬「私はみんなが好きだからみんなで楽しむというのも…」キラーーン

律「はい何か意見あるかー?」

紬「ううっ…聞いて欲しいのに~」シュン

梓「あ、あの…」

律「おお梓か、言ってみ」

梓「その…ちょっと本題からはずれるんですが、みなさんは唯先輩の

  どこに惹かれたのかなと思いまして…」

律「なるほど…確かにちょっと気になるな」

澪「わ、私は!」バンッ

律「おお澪!復活したかっ」

澪「唯は…その…なんというか…かわいいんだ!」

律「おお、なんともまあ…抽象的な澪らしくない意見だなー」

澪「だ、だってな!だって…か、かわいい…んだもん//」

紬(澪ちゃん…それがかわいすぎるわ~)ホワン

律「まあ、ゆいがかわいいのは…な、納得だがっ//

って、ええいっ梓!おまえはどうなんだよっ!?」

梓「わ、私ですか?私は…」

澪「聞かせてくれ」

梓「や、やっぱり…一番はかわいいところですかね…

  唯先輩はいつもかわいいっていってくれますけど…

  あの人自体かわいいのわかってないんですっ。

  いつも…その…抱きつかれるのも…ドキドキなんですもう!!//」

律澪紬(う、うらやましい…)

梓「ふうっ…以上ですっ//」

律「そうか…なるほどなー」

澪「おい律、まさかとは思うが…」

律「は、はいいいっ!?」ビクッ

澪「お前の番だぞ?」ゴゴゴゴ

律「はっ、はいいい!」

律「わ、私…は…その…//」

澪「うん」

梓「はい」

律「…もう…クソ…恥ずかしいけどさ…」

律「ゆいの顔を思い出すだけで元気になれるんだ…

  あいつと一緒にいるだけで心が楽になるんだ…

  気づいたら好きになってたんだあぁああ!///」

紬(りっちゃんの真剣な顔もそそるわ~)ホワワン

紬「私は唯ちゃんのこともみんなのことも大好きですっ!

  もう…体ごと愛せるのっ!//」キラン

律「はいはい聞いてないぞーむぎには」


律「まあここにいるみんなが唯のことをどれだけ

  思っているは再確認できたわけだが…」

律「ふふふ…正直に言おうじゃないか…

  お前らに…ゆいはわたさんぞぉ!」ビシッ

澪梓紬「!」

律「と思ってた時期もありました」

澪「おいおい」

梓「さすがにこのタイミングじゃ突っ込めませんよ…」

紬「うんうん」

律「まあ…なんつーのかな?

  正直な話、ゆいがあんなんだからな…

  どうにもそういう感じにはならないよ」

澪「わかる」

梓「超納得です」

紬「そうねー…」

律「ということで…ここに提案するっ!」

律「各自、休日を唯と2人きりで一緒に一日過ごしてみようっ!!」

澪「な、なんだとー!?」

梓「いやそれはちょっと!」

紬「りっちゃんナイスよっ」グッ

律「私だって恥ずかしい…しかーしっ!

のどかという新しいライバル出現に対して、なんらかの策は必要

  なんだよっ!!」バンッ

澪「そ、そういわれるとな…」

梓「そんな気も…しないでもないような…」ボソッ

紬「いい…いいわ、りっちゃん」

律「まあ、というわけだ。

  今週からいくからな!まずは…立候補いるかっ?」

梓「…わ、私行きます!」

律「おおっ、梓が自分から…意外だなー」

澪「だ、だな…」

梓(こういうのは最初に終わらせちゃうべき…だよね。

  …唯先輩と…今週末…で、でーと…なんだ…

  た、楽しみかも…//)ポッ

律「いよーし!じゃあ明日、部活中にさっそく誘うとこからだなー」

梓「ええっ!?メールとかじゃダメなんですかー!?」

律「いかんなっ」

澪「そ、そんな…恥ずかしいだろ…」オロオロ

紬「うふふ~がんばってあずさちゃん!」グッ

梓(ううう…なんか乗せられている気がするんだよなぁ)


2
最終更新:2010年11月20日 02:29