翌日、放課後

唯「ふい~今日ももりもり頑張ったねー」

律「だなー…」チラッ

澪「そ、そうだな?…」チラッ

紬「そうねー…」チラッ


梓(みんなの視線が露骨すぎるよ…ううぅ…)

唯「さあー帰るぞぉー」オー

梓「ちょ…ちょちょちょっ、ちょっといいでしょうか!//」バンッ

唯「ふえ?どしたのあずにゃん」

律澪紬(!!)

梓「…唯先輩っ…」ボソッ

唯「私?なんだい相撲の相手かい?ならばかかってきなさーい」ボスン

律 ニヤニヤ

澪 ドキドキ

紬 ワクワク

梓(こ、この雰囲気じゃ無理だ…)ガタッ

唯「ちょっ!あずにゃんどこ行くのー!?」

梓「いいからちょっときて下さいっ!」


梓「…唯先輩っ!!//」

唯「は、はいっ!?」

梓「こ、こここ…」

唯「粉?」

梓「って違います!!…あの…今週末の休みは…なにか予定とかあるでしょうか?」

唯「今週末…うーん別に大丈夫だよー?」

梓「ならっ!買い物に付き合ってくださいっ!!」ズズイ

唯「うおいっ!あずにゃんなんか近いっ!」

梓「ど・う・な・ん・で・す・か!?」ズズズイ

唯「ひょぇ~…だ、だだだいじょぶですっ!」ビシッ

梓「そ、それならいいんです!じゃあもどりましゅう!!」ヒューン

唯「あずにゃん!もどりましゅうて…あのあずにゃんが噛んでるよっ!?ってもういないっ!?」ガビーン

梓(あっ…うまくいった…んだよね?

  や、やったぁ…ふふっ…//)ポッ


そして週末になりまして


唯「あ、あずにゃーん!」バタバタ

梓「…あっ、唯先輩?」

唯「ふいーっ。あれ?私まさか遅れたかなっ?」

梓「いえ。私がちょっと早く来ただけですから」

唯「まったくこの娘はかわいいのぉ~」スリスリ

梓「ちょっ!!//まったく脈絡がわかりませんからっ!!///」

唯「まあまあー」エヘヘ

梓(ふう…唯先輩はあいかわらずだなぁ…

  今日は私がちゃんとリードしていかなきゃダメなんだ…

  うん、がんばれ梓!)


梓「着きましたよ?唯先輩」

唯「おおー楽器屋さんだねー」

梓「はい。野暮用なんですけどね、えへへ」

唯「いやいやー。あずにゃんから誘ってくれただけでわたしゃ嬉しいよぉ~」スリスリ

梓「だからっ!!それもうほんとにダメなんですってばぁ~ううぅ…//」


唯「なつかしいなー」キョロキョロ

梓「へっ?そうですか?結構きてる気がしますが…」

唯「ううん違うの。あのねー?ギー太を買ったときのこと思い出しちゃってさ」

梓「ああ…まだ私が入ってない頃の話…ですね?」

唯「あっ、そういえばそうだねー」

梓「…」

梓(私が知らない唯先輩…

  他の先輩方は…知ってるんだよね…

  なんだろ…なんかやだな…)シュン

唯(ぐふふふーこのへんでちょっとあずにゃん驚かせようかなっ)

唯「…あーずにゃんっ!」ポンッ

梓「…にゃあ!」

唯「…」ポカーン

梓「…!///」カアー

梓(いやあああぁああぁああ!!

  なんでなんでなんでっ!?

  私って普段『にゃあ』とか言わないよ!?

  あ、悪意を感じる…誰かがそうさせたに違いないよー…)シクシク

梓「あ…ああ…あの…あの…っ//」アセアセ

唯「…」

梓「…ち、違うんですよっ!?これはそのですねっ!?

  日頃のむちゃぶりでですねっ!?

  変な癖がですねっ!?///」アタフタ

唯「…あずにゃんっ!!」

梓「は、はいっ!!」ビクッ

唯「…か」

梓(!…なんかこの先の展開がだいたい読める気が…)

唯「か…わ…」

梓(もう間違いない予感です神様ぁー)ウルウル

唯「もうかわいいっ!!あずにゃーん!!!」キラーン

梓「あはははですよねー…」

梓(うぅうう…おもいっきりスリスリされてしまった…///)

唯「ふい~、なんか思う存分あずにゃんスリスリしたらお腹へって来ちゃったよ~」

梓「自分のせいじゃないですかっ!//」


梓「まあ買いたいものも買えましたし、そろそろご飯でもいきましょうか?」

唯「さんせーい!ごはんごはんっ♪」

梓「はあ…じゃあ行きますか」

梓(…あの無邪気な顔とかほんとズルいよ…もう//)

というわけで、とあるファミレスに入りました

唯「うーんうーん…」

梓「唯先輩まだ決まらないんですかー?」

唯「だってねあずにゃん?メニューがどれもおいしそうすぎてね?

  どれにしようか私を惑わすんだよ?

  ふぬうううう…なんてこったい選べない!」

梓「あははは、ゆっくり決めましょうね?」

唯「いやぁおいしかったのー満足じゃ~」

梓「そうですねー。思った以上においしかったです」

唯「だよねぇー」

梓「でも唯先輩、食べすぎじゃないですか?

  だってハンバーグのあとにあんなに

  おおきなパフェなんて…」

唯「あずにゃん!!」

梓「は、はい!?」ビクッ

唯「そいつは言わない約束だよ~」ウルウル

梓(な、なんというかわいい生き物なんだろう…)

梓(えっと…この後ってまだ決めてないんだよね…

  ど、どうしようかな…)

唯「あずにゃん」

梓「えっ!?…は、はい?」

唯「今日は本当にありがとね」

梓「!…べ、別に感謝されるほどのことは…//」ゴニョゴニョ

唯「ぐふふー、なんとねー!今日は実はあずにゃんにサプライズがあるんだー」

梓「はあ…な、なんですか?」

唯「あずにゃんが誘ってくれた記念っ!」ババン

梓(なんか照れるなぁ…でもいったいなんなんだろ…?)

唯「さあー張り切っていきましょうっ!」ズンズン

梓「ちょ、ちょっと唯先輩っ!?何処行くんですかー!?」

唯「それはねぇー…」

梓「そ、それは?」ゴクリ

唯「な・い・しょだよ~」

梓「もう!いいじゃないですか教えてくださいっ!!…はっ」

梓(まさか私…完全に唯先輩のペースに乗せられているっ?)

唯「それでは改めてれつごー!」ズンズン

梓「はあ…わかりましたよ。ついて行きますから」

梓(なんだかんだでもう夕方かぁ。

  私…今日ほんとにうまくできたのかな…

  唯先輩とせっかく二人きりのチャンスだっていうのに…

  普段と変わらない感じだし…)シュン

梓「はあ…」

唯「あずにゃん元気ないねー」

梓「いえ、そんなことはないんですが…」

唯「いんやっ!唯姉さんにはわかるっ、わかるんだよっ?」

梓「あははっ、もう姉さんって憂がいるのにですかー?」

唯「憂ももちろん大好きだけどねっ?そりゃもう負けないくらい

  あずにゃんも大好きだからいいんだよっ!」キラン

梓「意味不明ですってばー。あははは…」

梓(気がつけばこうやって笑わせてくれるんだよね。

  そんな唯先輩が私はやっぱり…)

唯「そんなこんなで到着ですっ!」ビシッ

梓「ここは…」

唯「じゃじゃーん!」

梓「て、学校じゃないですか」

唯「えへへまあそうなんだけどねー。

  鍵もあるからバッチリだよっ!」

梓「ええっ!?まさか入る気なんですかっ!?」

唯「そのまさかですたいっ」フンス

梓「なんか暗くなってきてますし…ちょっと不気味ですね…」

唯「そう?私は全然大丈夫だよー?

  怖かったらいつでも私に抱きついてきなよ!あずにゃん?」フフン

梓「結構です」

唯「なんとっ!あずにゃんが反抗期っ!?」ガビーン

梓(それにしても結局入っちゃったけど…

  ほんとに大丈夫なのかなぁ?)

唯「お邪魔しますっ」ガチャ

梓「私たちの部室ですから」

唯「いんや~やっぱりここは落ち着きますなぁー」

梓(うっ…唯先輩とほんとにほんとに二人きりだ…

  さすがに意識しないようにしても無理だよ…//)

唯「さて、あずにゃん」

梓「あ…は、はい!」ビクン

唯「恥ずかしながら…サプライズの発表を行いたいと思いますっ!」

梓「は、はあ…」

唯「ふふふ…実はねぇ…これだぁああ!!」バンッ

梓「!!」

唯が鞄から取り出したものは

もはや角がぼこぼこになってしまった箱のようなものでした

唯「んえ!?こ、これは!?…うああぁああぁああぁ…」ガクリ

梓(唯先輩らしくて言葉もでません…)シクシク

唯「うええぇ…あのねぇ…うええぇええ…これはねぇ…ひっく」ビエーン

梓「ゆ、唯先輩っ!!大丈夫ですっ!泣かないでいいですからっ!」アセアセ

唯「だぁってぇぇ…うええぇ…」

梓「ほらっ、泣き止んでくださいっ」サッ

唯「ちーーんっ」

梓「ほらー気にしない気にしない!なんなら…」

梓(あははは、もうどうにでもなーれ…あははは…)

唯「うええ…?」

梓 ガサゴソ

梓「…」スーハー

~猫耳☆装着~

梓「もう泣かなくていいんだにゃんっ♪////」バーン

唯「…」

梓(いいの…これでいいの梓…

  恥ずかしくて死にそうだけどいいのっ!

  唯先輩のためだもんっ!!///)

唯「…」フラッ

梓(よ、予想外の反応っ!?)ビクッ

唯「あ、あずにゃん…」フラフラ

梓(ひええ~…唯先輩がゾンビのように寄ってくるっ!?)

唯「あーずーにゃーん」ユラユラ

梓「にゃ、にゃああああっ!?」

唯「…ごめん…ね?」

梓「えっ…」

唯「私ってね?いつもこうなんだ…

  張り切ってるときはいつも失敗。

  ほんとダメな子だよね…えへへ…」

梓「ゆ、唯先輩…」

唯「…」グスッ

唯「…なんてねっ!?ああもうまた失敗しちゃったよーてへへっ」ポカッ

梓「唯先輩!」

唯「…」

梓「なんで…?」

唯「…」

梓「なんでそんなに無理するんですかっ!!

  私の前…だけでも…素直になっていいんですよっ!?

  お願い…そんなに抱え込まないでください…よぉ…」グスッ

唯「あずにゃん…」

梓「うええぇ…ぐすっ…」

唯「…」

唯先輩は優しく私を抱きとめてくれました

梓「…」

唯「ほーんとにあずにゃんは優しい娘だねぇ?」ナデナデ

梓「…うるさいです」

唯「うげっ、怒られてしまったっ」グサッ

梓「…」

唯「…」

唯「あずにゃん?」

梓「…はい」

唯「ありがとね」

そう言った唯先輩の顔を

私はなんだか照れくさくてちゃんと見ることが出来ませんでした


ちょっと残念…だったかな?


そのあとは二人で箱の中身の崩れたケーキを食べて

お互い味には苦笑いでした。あはは…

今日はいろいろあったけど

…うん。とても楽しい一日でした。


律「…っておい!」

梓「ふふふ…//」ホワン

律「あーなんか妄想してポーッとしちゃってるよ…」

紬「そうとう良かったのね~」

澪「…聞かされてるこっちが照れるな…//」

律「まあ梓的には大成功だったわけかー」

律「それにしても…梓、恐ろしい子っ」

澪「まあ今の話聞くようだと、恐ろしく梓が

  かわいかったというのはわかるな」

梓「そ、そんなことないですっ!!//」バン

律「お、復活した」

梓「みなさんちゃんと聞いてたんですかっ!?

  唯先輩がかわいいんですっ!!もう!」プン

紬(私は二人ともだと思うなー)

律「まあまあ。というわけで梓はミッションコンプリート

  というわけだな」

梓「はい。私はこのくらいで大満足ですから」

律「ええーほんとかな~?

  なあむぎー?」ニシシ

紬「ねえ?りっちゃん。だってあんなに…」

梓「もう終わりですって!!

  …と、とにかく、次は誰の番なんですかっ!!//」

澪「律に一票」サッ

紬「じゃあ私も」サッ

律「おいっ!?なんの多数決だよ!!」

梓「では私もです」スッ

律「…これは」

澪「満場一致だな」

紬「りっちゃんに決定~」パチパチ

律「不公平…じゃないか?」

澪「見苦しいぞ律」

梓「むしろ後輩の私を最初にして

  実験台にしたんですから当然ですっ」

律「おいー!そんなつもりじゃないって!

  なあむぎもなんか言ってくれよ!」

紬「りっちゃんファイトっ!」キラーン

律(くそ…誰一人味方がいないとは…)ガクッ


3
最終更新:2010年11月20日 02:31