゙チャ

唯「みんなー」

澪「お、唯きたな」

紬「唯ちゃん待ってたわ~」

律(うっ…なんか変に意識してしまうのは

  なぜなんだ…//)

梓「…//」

律(ってお前もかーいっ!)


しばらく経過しまして

律「…唯さんや」

唯「なんだいりっちゃんや」


ジー

律(うう…梓のやつをからかったとはいえ

  この空気で誘うのは…きついものが…)

律「あ、あのさぁ…」

唯「なあに?」ズイ

律(ち、近いっておい…//)

律「あのっ、ええっと…なあ?」

唯「ん?なあになあにー」ズズイ

律(これはコイツの癖なのかぁっ!?だからちかいってぇぇ///)

律「…ごほん。ああー…唯さんや?

  い、いったん席に着いてもらいたいんですが…」

唯「おおー、らじゃー」スチャ

律(いよっし。とりあえず落ち着いたことだし…ここからだ律っ)

律「あのさ唯?今週末なんだけどさ…」

唯「うん」

律「その…空いてたり…するかなー?

  …なんて思ったりなんかして?

  あははは…」

唯「おおっ、思ったりなんかして!?」キラーン

律(そ、そこじゃねー…)シクシク

律「だあぁーもうっ!!

  今週末は暇あるかっ!?//」バンッ

唯「ふえ?」

梓(律先輩…ここが山場ですよっ!

  頑張って!!)グッ

澪(…やはりこっちが緊張する…

  律、早くきめてくれ…)ドキドキ

紬(りっちゃん…みんなで愛し合うためには

  あなたの頑張りが必要なのっ)キラーン

唯「…ば…」

律「…ば!?」

唯「ばっちこーいっ!!」キラーン

律(ど、どういう返答なんだーっ!?)


唯「なんとなく言ってみたくなっただけです」

律「お前の発言にはいつも驚かされるわ…」

唯「えへへ照れるねー」

律「褒めてないって」ポカッ

唯「よっ!手厳しいよっ!りっちゃんっ」

律「う、うるせー…」シクシク

梓(さすが唯先輩…あの律先輩を

  翻弄してますっ)

澪(ううう…いい加減、胸が痛くなってきた…)

紬(…!澪ちゃんが胸を抑えてるわ…

  私も…揉んでみたい…)ポッ


唯「いやー今週末楽しみだねぇーりっちゃん」

律「!」

律(よしっ!!どうにか伝わっていたようだ…

  助かったぜー…ふいー…)

唯「先週はあずにゃんとデートだったし…なになにー?

  みんな私のこと好きなんじゃないのー?」テヘヘ

律梓澪紬(せ、せいかいっ!!)ガビーン



週末 朝

律(いやいや…完全に私らしくないだろ…

  現在の時間は、9時30分と。

  待ち合わせの時間は…10時。

  ううむ…

  だああぁああ!!どう考えてもノリノリすぎだろ私っ!!///)ブンブン

律(いけない…こんな事で動揺してはいけないわ律。

  そう。今日は決めていたじゃないか!

  いつもとは違う私…そう!乙女な私を演出すると!!)バーン

律(ふふん!私にはあのジュリエットを演じたという

  輝かしき経歴があるんだからなっ!

  きっと唯のやつも日ごろとのギャップにやられて

  うまくいけばあんなことや…えっ?ゆいってばこんなことまで…?

  ぐふふふ…)ホワン

唯「りっちゃんおはよー!」バタバタ

律「おおーゆい。おはよ」

唯「あれー待った?」

律「いや?今…きたとこ」

唯「そうなんだ。良かった~」

律(わ、私の嘘つきっ…

  あっ、ていうか乙女な私演出してないじゃん…

  あーあ…)シクシク

唯「りっちゃんあのねー?」

律「お、おお!なんだなんだっ!?」

律(うう…せめてテンションだけは!

  いつもの田井中律でいなければっ!!)

唯「ここで問題ですっ」フンス

律「おおっと突然すぎるが、よしこーいっ!!」

唯「とんちゃんがいます」

律「お?おお…」

唯「そこにあずにゃんが乱入しましたっ」

律「な、なんだって!」

唯「さらにさらに私も加わったよっ!!」

律「お、おおおぉおおお!!」

唯「…あれ?なんでこんな問題出したんだろ?」

律「私が知るわけねーだろぉおおお!!」

唯「特に意味は…ないです」キラン

律「だと思ったわっ!!」


律「ぜー…はー…ゆい?」

唯「なんだいりっちゃん」

律「ちょーっとばかりとばし過ぎだから抑えような?」

唯「何言ってんのりっちゃん!あたしゃこれからだよー」フンフン

律「ゆー…いー…?」ゴゴゴゴ

唯「…はっ!りっちゃんが闇のオーラを纏っていらっしゃる!」

律「…いい加減なぁ…」ボソッ

唯「はいっ!?」

律「…つっこみ疲れたんだよっ!!」ポカン

唯「はうっ」

律(…ま、やっぱりこんな感じか…

  いいんだけどさ?楽しいし。

  だけど…私だってさ…あーもうっ!)

唯「…りっちゃん?」ピトッ

律「はうっ!…な、なんだよ?//」

唯「りっちゃん…今の顔いいよっ!!」グッ

律「はあ?なんだいきなりっ?」

唯「あれだよー?気づいてないだけかもだけど、

  私は知ってるんだよ?」

律「だから何がだよー」

唯「りっちゃんの秘・密だよっ」

律「はいっ?」

律(まーたふざけたこと言いそうだなー。

  …まあ、私と唯はこんな感じだもんな。

  私が勝手に期待してる…?いやいや、んことないって。

  …うう…なんか…勝手にマジになってるのかな?

  あははっ、キャラじゃないって!なあ…うん)

律「…な、なんだとっ!!唯隊員っ!!今すぐそれを私に

  教えるのだぁああ!!」

律(そうそう。これこれ。

  これが田井中律じゃないか。

  いよーしっ!!ここから軌道修正だなっ!)

唯「…」

律「…あれ?」

律(まさか…すべったってやつ?)

唯「…うーん…違う」

律「…違う?」

唯「そうだよ?それじゃあ正解じゃないもん」

律「正解って…」

唯「うん、それだ」

律「えっ!?」

唯「りっちゃんの秘密発見っ」

律「な、なんのことだよ?」

唯「すとっぷ」

律「!!」

唯「…うん。りっちゃんの秘密その1。

  実は真面目な顔がクールビューティーですっ。ようするに美人さんだねっ」

律「…なっ!?//」

唯「まだまだあるよっ?りっちゃんの秘密その2-。

  いつも私のむちゃなボケボケに付き合ってくれる…そんな優しさを隠しています。

  うん…これはきっと間違いないねーえへへ」

律「…」

唯「いやいや尽きませんなー。その3-。

  あっ、これは秘密でもないや。

  …そんな…そんな優しいりっちゃんが…私は大好きだよ」ニコッ

律「…」

律「…ばかっ…」ボソッ

唯「なっ!りっちゃんひどいっ」グサッ

律「ばかばかばかぁっ…」ポンポン

唯「りっちゃん!…あれっ?」

律「うっ…ううっ…ばかぁばかぁ…」ポン

唯「…りっちゃん」

律「かっこ悪いじゃないか…

  こんなの…こんなの田井中律じゃないんだよ…

  ばかぁ…ばか…」グスッ

唯「なに言ってるのー?私はこうやってときには泣いちゃう

  りっちゃんだって大好きだよ?」ポカーン

律「う…ううっ…」ダー

唯「ええっ!?なんでまた泣いちゃうのーっ!?」アセアセ

律(なんだよ…ほんとかっこ悪いじゃないか私…

  全部…全部お見通しみたいな…さ?

  好きな相手にこんなの…反則だよ…もう)

唯「うーん…とりあえず、まだあって間もないのに

  ものすごい展開になっちゃったねーあははは」

律「お…グスッ…お前の…」ボソッ

唯「おおっ!?いいよいいよりっちゃん!そのままいつもの

  りっちゃんに戻るんだっ!」

律「…お前の…せいだー…ばかぁ…」

唯「な、ななななっ!?」

律「ほえ?」

唯「ま、まさかの…まさかの秘密が…

  りっちゃんは泣くと萌えるなんて!!!

  さっそくむぎちゃんあたりに教えないと…」キラーン


律「い、いい加減にしろおおっ!!」ゴゴゴ


唯「うえええっ!一気に戻ったっ!?」ガビーン


律「…ったく。午前中なのにこの疲れはなんなんだ…」

唯「いやぁまったくですなー」

律「…まあいいやっ…あははっ」


私はこの時心から笑った。

別にいつも笑ってるのが偽の笑顔とかそんなんじゃないけど、

でもなんか…この時は心からって表現が一番あってるんじゃないかって気がしたんだ。

ただ…ただそれだけのことだ。


律「ふふーん。どうだい皆の衆?感動巨編だろっ!!」エヘン

澪「…えっ?」

梓「あの…それでどうなったんですか?」

紬「うんうん、そうね」

律「…は?それでってなんだよ?」

澪「いや、だってまだ午前中の話だろ?」

梓「そうですよっ」

律「それから…そうだ。2人でカラオケにいったなー」

澪「カラオケっ!?」

梓「なっ…カラオケですか…」

紬(密室…いいわぁ~)ホワン

澪「で、どうなったんだっ!?」

律「いんやー別になにも。2人でいろんな曲

  シャウトして帰った」

梓「えっ?それだけですか…?」

律「梓…まったくお前はさっきの話聞いてなかったのかー?」

梓「いや聞いてましたけど」

律「本当の私をゆいは知ってるんだぜっ!?

  これはもう…完全にラヴラヴってやつだろっ!

  やだ自分で言ってて恥ずかしいっ!いやんっ」

澪「キモいな」

梓「そうですね」

紬「むしろ萌えるわっ」キラーン

律「とーにかくっ!私はあの時点でもう大満足だったんだよ!

  だって…ゆいの前とはいえ…あんなになるなんてな…//」ゴニョゴニョ

澪「まあ私も付き合い長いが、たしかにないな」

梓「まあ…たしかにライバルながらちょっと応援したくなりましたが…」

律「私のものだぜっ?」キラン

澪梓「違うっ!!&違いますっ!!」バンッ


紬「間をとってみんなのものでどうかしら?」

律梓澪(まさかの提案きた…)

律「さあてそれじゃあ…次はお待ちかねの澪ということになりました」

澪「な、なにぃっ!?//」

梓「さすがにそうなりますね」

澪「いやっ!も、むぎもいるじゃないかっ!」

律「はい却下ー」

紬「私も次は澪ちゃんがいいと思うわー?」

梓「澪先輩…」ポン

澪「…梓ぁ?」

梓「…逃がしませんよ?」ゴゴゴ

澪「ひっ、ひいいいいっ!!」ガクブル

律「まあ結局は順番くるんだからさぁー。なあ澪?」

澪「わ、わかってるっ!!…でも…心の準備が…な?//」モジモジ

梓「そんな心配しなくても大丈夫ですよ、澪先輩」

澪「…うぅう~…そう…かな?」

紬「そうよ澪ちゃん。平気平気っ」

澪「うん…がんばる…」

唯『ねえ~みんなまだ~入れてよぉ~』ガリガリ


律「さすがにゆいに事情話せないからって、

  部室から追い出しておくってのもなんだかな…」

梓「で、ですね」

澪「ちょっと可哀想だろ…」

紬「うふふふ。でも放置プレイっていうのも…いいわぁ」ホワン

律澪梓(なぜ私たちはこの意見を採用してしまったんだろう…)


4
最終更新:2010年11月20日 02:32