一方部室では。

梓「こんにちはー」

律「おーっす」

扉を閉めながら、梓は小首をかしげた。

梓「あれ?まだ律先輩しか来てないんですか?」

唯「失礼な!私もいるよ!」

ホワイトボードの影から身を乗り出して、唯は機嫌が悪そうに言う。

梓「わっ!す、すみません…全然気がつきませんでした」

唯「――私今日そんなに影が薄いかなぁ…」

紬の代わりに紅茶を入れようとしていた唯は、ポットを手にしたまま涙目になった。

澪「…こんな所で話すのか?」

紬に連れられて校舎裏へとやって来た澪は、怪訝な表情を浮かべる。

紬はやはり真剣な表情のままで、いつも浮かべている笑みのかけらも見せずに頷いた。

紬「あまり…人に聞かれたくない話だから…」

澪「それって…もしかして、昨日のこと関係してる?」

紬「――えぇ。澪ちゃんの体に起きている、異変にもね…」

思いがけぬ言葉に澪は驚き、問い質そうと口を開きかけたが、用務員が台車を押しながら傍を通ったので、彼女は慌てて口をつぐんだ。

澪「…それって、どういうことなんだ?」

ちらりと横目で用務員の姿を追いながら、澪は小さく問う。

視界の端に映った紬の表情が、曇ったような気がした。

紬「ごめんね、澪ちゃん」

和「あら…澪とムギ…」

生徒会長に頼まれ照明の点検に校舎裏に来ていた和は、遠くに二人の姿を認めた。

和(こんなところで何を――)

声をかけようと、二人に向かって歩き出しつつ口を開く。が、

和「…!!?」

驚愕の光景に、和は口をつぐんで立ち止まった。

紬が澪に手を伸ばしたかと思うと、突然澪がその場に崩れ落ちたのだ。

一瞬走った閃光で、紬がスタンガンを使ったのだと和は理解した。

慌てて傍にあった物置の影に和は身を隠す。

和(何…一体どういうことよ…!?)

紬「……」

ぐったりとした澪を、見下ろす紬。喉の奥が、つんとする。

紬はその場に跪くと、無言で澪を抱きしめた。その横に、先ほどの用務員が台車と共に戻ってくる。

古びた帽子を取って、紬に愁いを帯びた瞳を向けたのは、彼女の執事である斉藤だった。

斉藤「お嬢様…本当によろしいのですね?」

紬「…連れて行きなさい。お父様には私が連絡する。しばらくしたらあの人達も来るでしょうから、その後は全部あちらに任せて」

斉藤「…かしこまりました」

斉藤は台車に澪を乗せ、カバーをかぶせると、裏口へと向かう。

紬はしばらくその後ろ姿を眺めていたが、弱々しい足取りで、音楽室へと向かった。


紬「ごめんなさい、遅くなっちゃった」

偽りの笑顔と共に、部室へと入る紬。

律「…どこ行ってたんだよむぎ!遅いぞぉ!」

唯「…やっぱ紅茶はむぎちゃんが入れないとおいしくないよ!」

梓「唯先輩、派手にお茶っ葉ぶちまけてましたもんね…」

変わらぬ笑顔の仲間達が出迎えてくれ、紬は胸の奥が抉られる感覚を覚えた。

ただ、どこか…何かいつもとは違う空気が、音楽室を流れているような気もした。

紬「ごめんね、唯ちゃん。すぐにおいしいお茶入れるから」

鞄を置き、紬は茶菓子の準備に取りかかる。

と、律が大きくのびをしてから、ふいに口を開いた。

律「むぎ…澪、どこにいるか知らないか?何も聞いてないんだけど、まだ来てないんだ」

心臓が跳ね上がる。紬は振り返らずにティーセットを用意しながら返事を返す。

紬「…わからないけど、たぶん帰ったんじゃないかしら?最近、様子がおかしかったし…疲れてるのかもしれないし」

そう言い終わった紬は視界の端に、唯がこっちを見るのをかすかに捉えた。

一瞬伺えたその表情は、酷く悲しげな表情だったように思えた。

紬(…え…)

律「むぎ…」

紬「えっ、な、何?りっちゃん?」

律が静かに立ち上がる。振り返った紬が見たのは、悲しげな律の表情だった。

律「――嘘はやめるんだ」

紬「え――…」

扉が閉まる音がして、入り口の方を見ると、さわ子と和がそこにいた。

和「…澪をどうするつもりなの、紬…?」

眼鏡の奥から鋭い視線が紬に投げられる。紬は引きつった笑顔を彼女に向けた。

紬「えっと…どうするって、どういうこと?」

梓「むぎ先輩…無駄ですよ、とぼけるのは…」

震える声に、紬は梓を見る。潤んだ瞳が自分を見つめていた。

唯「むぎちゃん…正直に答えてよ。澪ちゃんを、どこにつれていくの…?」

今にも泣き出しそうな顔の唯が口を開く。

紬は何も言えず、震える足で立つのが精一杯だった。ちらり、と和の顔を見る。

和「全部…見てたわ」

そうか。そういうことだったのか。

紬は観念したかのように項垂れ、その場にへたり込んだ。

紬「――ごめんなさい…っ」

消え入りそうな声で謝罪を述べる紬。震える彼女に、さわ子が歩み寄った。

さわ子「残念だけど、謝るだけじゃ済まされないことをあなたはしたのよ。ちゃんと説明してくれるかしら…?」

紬「…はい…」

唇を噛んで少し黙った後、紬は絞り出すように小さく言い放った。

紬「私は…軽音部のみんなを…実験台にしたんです…」

唯「ふぇっ…!?何、実験台…?」

澪の話をするのかと思いきや予期せぬ言葉が飛び出して、唯は眉をひそめた。思い当たる節のあった律は、ただ黙っていた。

今にも澪を助けに行きたかったが、状況がよくわからぬうちに動くのは不安だった。

紬「お父様が、ある製薬会社の博士と契約を行ってから――奇妙な薬の開発に興味を持ち始めたんです」

紬「最初は私、変だ、やめてって、抗議したんです…。だけど、なんだかお父様…どんどん怖くなってきて…逆らえなくなって…」


紬「ある日、急にお父様が私に出来上がった薬を渡してきたんです。そして…それを軽音部に持って行く茶菓子の中に入れろ、と命令してきました」

紬「薬は人数分あって、数日毎に一人ずつ飲ませろと…。様子を観察し、報告することも命じられました。…もう私は、お父様の言いなりになるしかできませんでした」

紬「お父様…本当に怖くて…どうしたらいいか、わからなくて…」

紬「言われた通り、数日毎にお菓子に薬を混ぜて出しました。最初は唯ちゃん、次にりっちゃん、梓ちゃん、そして澪ちゃん…」

梓「く、薬って…どういう物なんですか!?」

口を押さえて梓が訊ねる。それもそうだ。知らぬ間に奇妙な物を飲まされていたなんて知ると、不安で仕方ないだろう。

紬「お父様が知り合った博士は、空想の生物を実現させるのが夢の、変わった人でした」

紬「彼がお父様に研究させていたのは…人をその類の物に変化させる物だったと思います。それ以外は別に副作用もない」

紬「でも、効果が現れる確率は低かった。事実、三人は別段何ともなかったでしょ?」

自分の手をまじまじと見つめたり、頬をつねったりする唯。梓も安心したかのように胸をなで下ろした。

律は、やはりただ黙っていた。

紬「でも、澪ちゃんは違った。薬をお菓子に混ぜた次の日から、様子がおかしかったわ。体調を崩したのはおそらく日光が原因で、あれだけ苦手だった血を見ても、それを舐めに行ったりして――」

梓「ま、まさか…澪先輩が飲んだのって…」

紬「えぇ…吸血鬼になる薬よ」

身震いする梓。小さく息を吐いて、律は紬に向き直った。

律「大体の状況はわかった。そろそろ教えてくれ、むぎ。…澪をどうするつもりなんだ?今澪は、どこにいるんだ?」

早く、助けに行かねば。逸る気持ちを抑え、冷静に問う。

紬「澪ちゃんは…お父様の実験助手に連れられて、私の家の傍にある古い研究所に向かっているわ」

紬「外から見たらただの廃墟だけど…地下を改造して、実験室を新たに作っているの」

紬「澪ちゃん、常識を越えた新薬の研究のための重要なサンプルだもの…。きっと、お父様…酷いことすると思う…」

律の全身に悪寒が走った。静かな怒りを秘めた瞳で紬を睨みそうになるが、一度それを閉ざし、歯を軋ませる。

諸悪の根源は紬の父だ。紬にも罪はあるが…彼女も好きでやった訳じゃない。恨むのは間違っている。

律「それは…澪が、実験のモルモットにされるってことか…?」

目を閉じ、俯いたまま、小さく律は訊ねた。

その言葉を聞いた瞬間、紬は堰を切ったように泣き出した。

紬「ごめんなさい!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…ごめん、なさい…!!」

泣き叫ぶ紬を見つめ、律は決心したように夕日で染まった橙色の窓の外を見た。

皆の前で、あの姿をさらすのは嫌だったが…そんなことを言っている場合ではない。

律「――澪を助けに行く」

紬「無理よ…。うぅ…私の家…ここから遠いし…研究所の中には、登録された人しか入れないの…。車で行ってもっ間に合うかどうか…ぐすっ…」

律「間に合うよ――」

律は自分のドラムを見つめた。円形を描いた部分に、焦点を合わせる。


ざわ…


もはや慣れてしまったざわめきが、背筋を駆けていく。

獣のような鋭い瞳をあまり見られたくなくて、カチューシャを取って、机の上に置く。

皆が息を飲むのが、見なくてもわかった。

半狼人間と化した自分を見て涙の溢れる目を見開く紬に、律は薄く微笑んだ。

律「――今の私なら…」

唯「りっ…ちゃん?え、えええええぇ!?」

梓「」

和「凄い…」

紬「…りっちゃん、狼人間の薬…効いていたの…!?」

さわ子(狼人間、か…。耳としっぽがないのが惜しいわね…そうだ、今度作ってry)

呆然とする皆に、律は困った笑顔を向ける。

律「人前で簡単に変身しちゃわないように家で何度も訓練したからな。それが裏目に出ちゃったか…」

きつく拳を握る。手のひらに、鋭い爪が食い込んだ。

律「薬が効いてるってばれてたら、私が澪の代わりになれたのに…」

悔しげに呟きながら、律は窓の傍に行き、開く。

夕暮れの涼しい風が、夕焼けを浴びて黄金に輝く律の毛をさわさわと揺らした。

律「研究所はむぎの家から近いんだな?」

紬「そうだけど…本当に行くの?りっちゃん、澪ちゃんより薬の効き目が出てるから…逆に研究対象にされちゃうかも――」

律「澪がやばいかもしれないのに、大人しくしてろっていうのか?そんなの無理だよ」

がっ、と窓の縁に足をかける。それを見て、唯が驚愕の声を上げた。

唯「ちょ、りっちゃん!?窓から行くの!?ここ三階――」

律「――待ってろ澪」

唯の言葉を聞き流し、律は朱い空へと跳んだ。

唯「り、りっちゃあああん!!」

梓「律先輩!!」

唯と梓が窓から身を乗り出して叫んだ。

律は空中で身を翻し、着地と同時に疾走する。

まさに疾風のごとく、律はあっという間に姿を消した。


エリ「な、なんか今校舎から人が落ちたように見えたんだけど…」

アカネ「なにそれこわい。見間違えでしょ――」

立ち話をしていた二人の間を、風が吹き抜ける。

エリ「きゃ…」

アカネ「凄い風ね…」

今までずっとため込んできた力が爆発するかのようだ。面白いぐらいに体が動く。

律は風のように不可視の存在となって翔けた。

学校を出、家々の屋根の上に跳び、ただひたすら紬の家の方角へと走る。

薄暗くなりかけてきた橙の空に、うっすらと月が姿を現し始めていた。

ぽかーんとしていた唯は、ハッと我に返ると、慌てて皆を振り返った。

唯「りっちゃんを追おうよ!!」

梓「当然――…いや、でも…むぎ先輩は…」

律が飛び出していった窓をじっと見つめていた紬は、一度目を伏せ息をつくと、決心した面持ちになった。

紬「私も行くわ…。りっちゃんのあの覚悟を見たら…私も自分の行動にけじめを付けなきゃいけないって…そう思えたから」

和「私も行くわ。澪はもちろんだけど…律も無茶しそうで心配だし」

さわ子「よぅし!そういうことなら任せなさい!!私が車でかっ飛ばしてあげるから!!」

さわ子(唯ちゃんと梓ちゃんからはりっちゃんのスカートの中丸見えだったと思うけど、問い質している暇はなさそうね…。残念だわ…スパッツだったのかしら、縞パンだったのかしら、いやはやry)

唯「さっすがさわちゃん先生!頼りになる!!」

梓「先生!お願いします!!」

がくがくと揺さぶられる感覚に、澪はゆっくりと目を開いた。

辺りは薄暗くて、体は何故か痺れていてなかなか動かせない。

だんだん頭がさえてくると、自分が車に乗っているということにようやく気付くことが出来た。

澪(え…私、何で…)

澪「…っふ…む…!?」

澪(猿轡!?っていうか…体が縛られてる!?)

黒服1「なんだ、目を覚ましたのか…」

黒服2「もう少し寝ていてもらいたかったな」

澪(だ、誰…この人達…。何が…何があったんだっけ…)

未だにぼんやりとしている頭で、必死に記憶を呼び起こす。だが、車にはかなりの人数の黒服を着た男達が乗っていて、恐怖のせいでなかなか思考を巡らすことに集中できない。

黒服3「まだ着かんのか」

黒服1「仕方ないだろう…。あの高校からじゃ、電車でも時間かかるんだから」

澪(どういうことなんだ…?私、どこに連れて行かれるの…!?)

恐怖と不安がない交ぜになった澪の脳内に、ようやく記憶が戻ってくる。

澪(そうだ…私、むぎに…!!)

意識が吹き飛ぶ前に目に焼き付いた、紬の憂鬱げな表情が蘇る。

澪(むぎ…どうして…一体私を、どうするつもりなんだ…?)

澪は小さく呻いてもがいたが、横に座っている屈強な男に一睨みされ、どうしようもなくすぐに大人しくなった。

それから、どれぐらい車の振動に揺すられていただろうか。

黒服1「ふぅ…ようやく到着だ…」

黒服2「意外に時間がかかったな…」

黒服1「早く連れて行くぞ」

澪は男達に連れられ車を出る。目の前に、廃墟のようにぼろぼろの建物があった。

暴れて逃げようにも、三人もの男達に体を掴まれている上、体はロープでぐるぐる巻きだ。

きっと逃げ切ることは不可能だろう。

しかも、自分たちが乗っていた車の後ろにも、まだ数台同じような車が並んで止まっていて、そこから大勢に黒服の男達が降りてくる。

澪(……)

澪は為す術もなく諦めたように歩き出しながら、猿轡を噛みしめた。

廃墟のドアを、男の一人が開ける。

エントランスのような広い部屋には、ぼろぼろになったソファや、枯れ果てた植木鉢が放置されていた。

天井には穴が開き、すでに暗くなった外が丸見えだ。

しかし、そんなボロ部屋の奥には、この光景に全く持って不釣り合いな頑丈そうな扉があった。

黒服3「ほら、歩け」

気味が悪くて入るに入れなかったが、背中を小突かれ、澪はよろけながら入り口をくぐる。

一体自分はこれから何をされるのか、全くわからない。

澪は不安と恐怖で、泣き出しそうになった。

黒服4「おい、ぐずぐずするな」

黒服3と黒服4が、澪の体に巻かれたロープに手をかけ、強引に引っ張ろうとした。刹那。

激しい破壊音が轟き、その二人は入り口の扉と共に面白いぐらい吹っ飛んだ。

もわっと埃が舞い上がり、男達は咳き込みながら、何事かと身構える。

轟音と埃で怯み、目をきつく閉ざしていた澪は、体の拘束が解かれるのを感じ、俯いたままそっと目を開いた。

誰かの足が、視界に入る。

澪は顔を上げ、そこにもっとも頼れる人物の姿を認めた。


5
最終更新:2010年11月20日 23:13