ガチャ

和「律いるー?」

唯「……」

和「あら、唯だけなの? 珍しいわね」

唯「……和ちゃんは2言目には律ちゃん律ちゃんって」

和「唯?」

唯「なんなの!? 律ちゃんがいないとダメなコなの!?」プンスカ

和「ダメなコは律でしょ? あなた達からも、ちゃんと申請書出しとくように言ってよ」

唯「フン! どうだか」

和「……ちょっと、どうしたのよ唯。なにそんなに拗ねてるの?」

唯「だって、和ちゃん……」

和「ん?」

唯「最近、ちっとも見せてくれないじゃん……」

和「何を?」

唯「チンコ」

和「はい?」

唯「そうだよ! チンコだよ! このところずっとご無沙汰じゃん!
もう、私にチンコ見せるの嫌になっちゃったの!?」

和「嫌もなにも、私にチンコ付いてるわけないでしょ?」

唯「違うよ! チンコのことだよう! 小さい頃よく見せてくれたじゃん!」

和「小さい頃よく、って……あ、ひょっとしてコレ?」アーン

唯「そう、それだよ! ノドチンコ! 和ちゃんのチンコ!」パァァ♪

和「まったく……人のノドチンコ見て面白いの?」

唯「違うよ! 和ちゃんのチンコだからいいんだよ!
もっとよく見せてよ! 和ちゃんのチンコ! チンコ見せて!」

和「チンコ連呼しないの」

和(おや、チンコと連呼で韻を踏んでるぞ? チェケラッチョイ)


部室の外

紬「少し遅れちゃったわ。みんなもう練習始めてるかな?」

唯『……! ……!』

紬「あれ? 唯ちゃん、何か騒いでいる? 和ちゃんも来てるみたい」

唯『もっとよく見せてよ! 和ちゃんのチンコ! チンコ見せて!』

紬「」

紬「なななななに!? ナニが起こっているの!?///」

紬「和ちゃんに……チンコがついてるの!?///」


和『ムギ……変よね、こんな身体……』グスッ

紬『そんなことないわ。和ちゃんのハミングバード、とてもステキよ』キリッ

和『あぁ、ムギ……///』

紬『それで私の鳥かごの扉を開いて……』

和『わかったわ。一緒にドキドキの向こうに行きましょう』


紬「」ハァハァ

紬「あぁ、神様! なんて……神様!///」ブシュー!

紬「でも、今はもう少し2人の様子をみましょう」ハァハァ

和「……」アーン

唯「わぁ、和ちゃんのチンコだぁ。いいなぁ。かわいいなぁ。綺麗な色だなぁ。
ちっこくてプニプニしてそうだよう」

和「ん……もういいでしょ?」

唯「ねぇ、和ちゃん」

和「今度はなによ」

唯「触らせてくれないかな? 和ちゃんのチンコ」

和「な、ダメに決まってるでしょ!? オェッって出ちゃうじゃない」



部室外

紬「」

唯『触らせてくれないかな? 和ちゃんのチンコ』

和『ダメに決まってるでしょ!? ……出ちゃうじゃない』

紬「///」

紬「触られただけで出ちゃうんだ……和ちゃんのチンコは敏感なのね///」ハァハァ


和「ア゛~~」フルフル

唯「わあぁ和ちゃんのチンコプニプニしてるよう。ちっこいなぁ。かわいいなぁ。」ツンツン

和「ア……ウェッ! ……ったく、これでいいでしょ? もう……」

唯「……」

唯「ねぇ和ちゃん……」

和「なに? まだ触りたいの? ダメよ」

唯「やっぱり……なめたいよう、和ちゃんのチンコ」

和「はあぁぁ? ダメ、って物理的に無理でしょう!? そんなの」

唯「そんなの、やってみなくちゃわからないじゃん!」ガバッ!

和「だからムリって、んんッ!」ブチュー

唯「ん! んん!」ブチューレロレロ

和「……ん! ん、もうっ!」チュポン!

唯「……うー奥にありすぎて無理だったよぅ……」ハァハァ

和「だから言ったじゃないの……」ハァハァ

和「……あなた今ディープキスかましたわね」

唯「! あ! あああ! が、学校ではノーカンだよぅ///」

和「また訳のわからないことを……。じゃぁ家ではどうなのかしら?」フフ

唯「うー和ちゃんのいじわる///」

和「嫌いになった?」

唯「和ちゃん大好き!」



部室外

紬「」

唯『なめたいよう、和ちゃんのチンコ』

紬「」

唯『ん! んん!』

紬「」

唯『おおきすぎて無理だったよぅ……』

紬「」


和「あ、そうだ。私も触ってみたいかも」

唯「え、何を?」

和「唯のノドチンコ」

唯「えぇぇええ駄目だよう!
私のチンコなんか和ちゃんのと比べたら、きっと可愛くないよう!」

和「そんなの見てみないとわからないでしょ?
ほら、こっち来なさい」

唯「うー」



部室外

紬「! なななななんてこと!」

紬「和ちゃんだけじゃなく、唯ちゃんにもチンコが!?」

紬「軽音部はひょっとしてチンコ部だったというの!?」

紬「あ! でも私にはチンコがない!」

紬「私は……軽音部じゃない!?」ガーン!!

紬「……いいえ、それは違うわ。軽音部じゃない和ちゃんにチンコがあるじゃない」

紬「和ちゃんと唯ちゃんは幼なじみ……家も近所、よね?」

紬「これはきっと!」

紬「チンコ町内会!」ハァハァ



唯「……///」アーン

和「おら、唯のもピンクで可愛いわよ」クス

唯「うーもう///」

和「それじゃぁ、そろそろ触ってみるわね」ソー

唯「ア゛~~」フルフル

和「あ、ほんとだ。プニプニしてる……」プニプニ

唯「ア……ンア……」プルプル

和「……ちょっとクセになりそうね」プニプニ

唯「ンガッ……アアア……ウェッ! 」ケポォッ!

和「きゃっ!」ピチャッ

唯「あ、あああ! 和ちゃんの手に! ひっかけちゃって! あああ!」

唯「ごめんなさい! 和ちゃんごめんなさい!」

和「いいわよ。私の方こそ、ごめんね。調子にのって触りまくっちゃって」

和「ほら、唯。ティッシュ貸して?」フキフキ

唯「うー部室が少し臭くなっちゃったよう……」

和「窓、開けようか」



部室外

紬「唯ちゃん……」

紬「それはちょっと早いと思うの……」

紬「! いえ、違う!」

紬「和ちゃんが……テクニシャン!?///」ハァハァ

律「おーい、ムギ。部室の前でなにしてるんだ?」

紬「ひっ!」ビクッ!

澪「どうしたんだ、入らないの?」

紬「あ、ダメ、今は和ちゃんと唯ちゃんが事後の処理を……」アタフタ

律「ん? 和が来てるのか?」

ガチャッ

紬「あああ!」

和「あ」

唯「みんな! おいーっす!」

澪「おいーっす。和、どうしたんだ」

和「律がね……いつものことよ」

澪「律! おまえまた!」

律「そ、そーんなこともあろうかと、ほれ、これだろ申請書!」ピラッ

和「提出期限は昨日だけどね」

澪「こら律! ……いつも悪いな、和……」

紬(和ちゃん……もう事後処理が終わってるなんて……
そっちの方もテキパキこなしてしまうの?)


紬『……和ちゃん、私初めてだったの……///』

和『ふーん』タバコスパー

紬『……でも、とっても良かった///』

和『そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね』スタスタスタ

紬『え? え? そんな……もっと余韻を! 和ちゃん!』


紬「ダメ! そんなの耐えられない!///」ドキドキ

唯「ム、ムギちゃんどうしたの!?」ビクッ


和「澪からもしっかり言ってね。じゃあ、私そろそろ生徒会行くね」

唯「あ! 和ちゃん!」

和「なに?」

唯「今夜、遊びにきてくれないかな……
その、久しぶりにのどかじゃない和ちゃんが、見たいかなって……///」ドキドキ

和「ふふ。わかったわ。じゃあ、後でね?」

律「なんだ、のどかじゃない和って?」

澪「さぁ?」

紬(あぁ、こんな和ちゃんにチンコが付いてるなんて!
もうダメ! 和ちゃんのこと、もうまともに見れないわ///)

唯「ムギちゃんどうしたの? 和ちゃんのことガン見して」

律「ん? あれ? ちょっと部室臭くないか?」

唯「あー……律ちゃんごめんね。さっき……」

紬「そそそそんなことないわ! 良い香りじゃない! いえ、無臭よ!」

律「なんだムギ、いきなり。そっか……気のせいか」

唯「ムギちゃん?」


紬(あの日から私は、和ちゃんと唯ちゃんをつぶさに観察するようにしています。
でも、2人は、まるでチンコなど初めから無かったんだという風に振る舞っていて、
それはまるで、巧妙なお芝居を観ているかのようでした。
でも、しょせんそれはお芝居。
2人の心にはチンコが付いているという事実が常に影をさしています。
そういった、誰にも言うことの出来ない秘密を共有するからこそ、
あの2人の結びつきは、こんなにも強固なのでしょう。
でも……)

紬「でも、2人とも、もう少し友達を頼ってほしいな……」

紬「抵抗があるのは、わかっている……ううん、完全に理解できるとは言えないけれど……」

紬「それでも、私たち、軽音部員には相談してほしいな……」

紬「……」

紬「……律ちゃん、澪ちゃん。驚かないで、聞いて貰いたいことがあるの……」


律「……は?」

澪「」

律「え……あの、紬さん? もう一回言って貰えないでせうか?」

澪「」

紬「だから、和ちゃんには立派なチンコが付いているのよ……」

律「……和、に?」

紬「和ちゃんに」

律「チンコ?///」

紬「チンコ」

澪「」

紬(いきなり同じ部員の唯ちゃんにも付いているなんて言ったら、
みんなのショックははかりしれないわ。
まずは和ちゃんで外堀からゆっくり攻めていきましょう)

律「なんだよ。ムギ。ははは、和にチンコって……なぁ、澪///」

澪「」

律「! 澪、澪-! ……死んでる……」

澪「! っ! はっ! おっといけないいけない」

澪「ちょっと疲れてたのかな、一瞬寝てたよ」

澪「さぁ、話も終わったみたいだし」

紬「和ちゃんにチンコがあるという現実から逃げないで! 澪ちゃん!」

澪「」

律(和にチンコだなんて……///
ぜんぜん素振りもないし、そんなスットンキョーな話ってあるかよ……)

律「なぁ、ムギ……そのこと、和から直接聞いたのか?」

紬「ううん。この前で部室内で和ちゃんと唯ちゃんが話していて。
それを立ち聞きしちゃって……」

律「と、いうことは、直接見たわけでも聞いたわけでもないんだ」

紬「そんな、直接見るだなんて///」

律(まぁ大方聞き違いか、唯も絡んでるようだし、なにかの遊びだろう……)

律「それにしても」チラ

澪「」

律「澪は話聞いただけで、気絶するなよ……」


2
最終更新:2010年11月21日 02:15