澪「・・・」ピピッ

曜子「秋山さん何してるんですか!そんな出撃ミッションプランには」

通信を一方的に切る澪

澪「人を見捨てるなんてできないから・・・」

澪「キュリオス!」

キュリオスは鶴の一声で人型になり第7区画を押しだす

のぶ代「な・・・助けてくれるっていうのかい?」

澪「こんな人工物一つガンダムで押し返してやる!!」

澪「いっけえぇぇぇぇぇええ」ギュィィィ

のぶ代「な、持ちこたえた!?でも押し上げるまではいかないか」

澪「く・・・さわ子先生なら!」

さわ子「あの子ったら・・・あの子も私も甘いわね」

澪「!」

澪「聞こえるか?死にたくなかったら中央大7区画に集まれ、繰り返すー」

のぶ代「この声・・・ガンダムかい?若い女の声・・・聞いた事があるような」

澪「急いでくれ!時間がないんだ!」


澪「ガンダムは私一人じゃないんだ!!」

そのせつな、地球から放たれる一筋の粒子ビームが第7区画の右区画を狙撃、右区画をパージさせる」

澪「さすが・・・だよ・・・律!!!!」

律「あのバカチン、苦労かけさせやがって」ヘヘ

律「発射砲の直線状に雲がかかってる、唯吹き飛ばせ!」

唯「ほいほーいっと」ブォン

律「よっしゃぁ、狙いうつぜ!」ギュィン

続いてデュナメスの狙撃により左区画もパージさせる

澪「ナイスだ、さわ子先生!」

澪「あがれぇぇぇぇぇぇえええ」

スラスターを吹かし粒子と共に第7区画をもちあげていく

のぶ代「うそだろ、地上から狙撃であんな小さい物を狙ってパージさせるなんて」ピピッ

のぶ代「救助隊がきたんだね」

澪「ここまでくればいいか」ゴォォォ

人革連兵「中佐ガンダムが」

のぶ代「人命救助が最優先にきまってるじゃないか、はやくしな」

人革連兵「は、はい」

のぶ代「私にだって、恩を感じる気持ちくらいはあるんだよ」ボソッ



ーープトレマイオスーー

紬「みーおーちゃん」ギリギリギリ

澪「イダイイダイ首もげちゃうむぎ首もげちゃうよぉぉ」

紬「人命救助を大切にする澪ちゃんも好きなの、だけど、ミッションプランは優先させてね」メキメキメキ

澪「はひ、すいませんでしたぁぁ」

紬「土下座までしろとはいってないわ、ただ遊びでやっているんじゃないの、分かってね」ニコッ

澪「あぁ分かってる、分かってるよ」サスサス

澪「律と唯は?」

紬「もう次のミッションプランに入ってるわ」

澪「行き先は?」

紬「モラリアよ、私達は戻って待機ですって」

澪「了解」

澪(それにしてもあの頭痛は一体なんだ?私の脳量子波に干渉してくるなんてあそこに私と同じ超兵がいたのか?)


ーーモラリアーー

律「ここは終わりっと、さって唯はどうなってるかな」ピピッ

律「おい唯そっちはどうだ?」

唯「りっちゃん、うん、こっちも終わったよぉ、次どこだっけ?」

律「おいおい、さっきさわ子先生からミッションプランをA7に変更って暗号がきただろ?」

唯「A7ってなんだっけぇ?」ハテナ

律「覚え方があって二人で勉強しただろ?アンパンマンの顔面にフルパンチだよ」

唯「あぁー!分かった分かったぁ、プランを続行するよっ」

律「おう、じゃあまた後でな」

唯「うん、終わったらティータイムだよぉ」

律「はいはい」フフッ

ピピッ
唯「ん?新手?1機、オリジナルカラーの新型!?」

青空から絶え間ない銃弾をバラまいて一機の青いMSが降りてくる、その射撃はエクシアの進行方向にばらまかれエクシアが当たりにいく形になっている

唯「うぅ動きを読まれてる?」ガンガン

憂「私ははやく戦争を終わらせたいだけなのに・・・」

憂「あなた方は火種ばっかり巻いて・・・」

唯「え?この声」

青い機体は変則的な動きで近づくとエクシアを思い切りけとばした

憂「ガンダム、貰います」

唯「まさか・・・そんな」

憂「私は無闇な殺生はしたくないんです、その機体を置いて逃げてもらえませんか?」

唯「憂なの?」

憂(返事がない・・・ごめんなさい)

憂「無傷で手に入れようとは思ってませんから・・・ただごめんなさい何十回か殴らせてもらいます」

唯「!!」

憂は機体を突進させるとエクシアの頭部思いっきり殴りつけた

唯「~~~~~~っ!」

倒れた衝撃でシートベルトが思い切り体に食い込み胃液を吐きそうになる

憂「抵抗しない?でももう遅いもん」

憂は抵抗しないエクシアに馬乗りになり何度も何度も殴りつける

唯「カハッ」

憂「私は絶対に戦争を終わらせるんだ」ガンガン

憂「!!」ピピッ

ロックオンされた事にすばやく反応し、その場を飛び去る、憂がいた場所にはビームが通過していた

律「モラリアはもう制圧したぜ、さっさと飼い主の所に戻れよ」

憂(いつのまにか制圧されてるなんて手際よすぎだよガンダム)

憂「・・・」


撤退しようとMSを操作する憂

律「のこのこ逃がす訳ないけどなぁ!」

狙いをつけ、トリガーをひく律、しかし憂はビームにソードを投げつけ煙を出しそのスキに撤退をしてしまった

律「どんな技術もってんだよあのMSのパイロット」

律「唯大丈夫か?」

唯「」

律「チッ、デュナメス、エクシアを連れて帰還するぞ」



ーー放課後部室ーー

紬「唯ちゃん大丈夫?」

唯「わああああ!わああああ!ほらっピンピンだよ」バタバタ

澪「何にやられたんだ?」

唯「青い機体・・・えへへごめんね」

紬「エージェントからの情報だと唯ちゃんが交戦した機体にはバーサーカーが搭乗していたと報告にあがっているの」

律「狂戦士ねぇ、ありえない撤退の仕方したから腕はやばそうだよ」

唯(憂・・・)

それからソレスタルビーイングの戦闘介入回数は60回を超え、四ヶ月が過ぎた。国民はソレスタルビーイングを否定する者、肯定する者があったがどちらも戦争を否定する気持ちは同じであった、しかし武力による抑圧に対する反発は消える事はなかった。


唯「戦争が無くなりません!隊長!」

唯(それに憂にあの事恐くて聞けないし)

紬「おぉー!しかし紛争はへっているようです唯隊員」

唯「それはきっぽーであります!」

ガチャ

梓「あ、先輩達!」

唯「あずにゃんかわいいよぉぉ」スリスリ

梓「はぅぅ」カァァ

澪「梓よく笑うようになったよな」

律「ティータイムも楽しんでるみたいだしな」

紬「調教済みね」

律「ぶっころすぞ」

唯「明日休みだしさ、みんな家に泊まりにおいでよぉ」

律「名案だ!誉めてつかわすぞよ」

唯「ははー、えへー1年の時から忙しいかったもんね」

澪「いいのか?」

唯「もちろんだよ、むぎちゃんとあずにゃんもくるよね?」

紬「えぇ」

梓「はい!」

唯「じゃあ憂に連絡だー」


ーー平沢家ーー

唯「う~い~」

憂「お姉ちゃんお帰り!」

律澪紬梓「こんばんは」

憂「みなさんいらっしゃい、梓ちゃんやっほー」ニコッ

梓「やっほー憂」

唯「憂今日はみんなにおいしい料理食べさせてあげてね!」

憂「もちろんだよお姉ちゃん」

「スリッパどうぞ」

「お茶ですよ~」

律「やっぱ唯と全然違うな」

唯「えー」プンプン

唯「いいも~ん、憂はいつも私と一緒にいてくれるからやってくれるんだも~ん」

憂「当たり前だよぉお姉ちゃん」

澪「まぁある意味そっくりだよ唯と憂ちゃんは」ニコッ

唯「胸はにてないけどね~」モミモミ

憂「ぁん・・・お姉ちゃんみなさんのいる前じゃだめ・・・だよ」

紬「ブフォーーーー」

律「うわぁ、むぎのはいたお茶が梓の顔面に・・・」

梓「・・・」ポタポタ

梓「」スクッ

律「梓、どうしって中野ぉぉぉ!私の服でふいてんじゃねぇぇぇえ」

唯「あずにゃーん逃げろ~!」

梓「」ダッ

律「にがすかああ!誰でもいいからぬすくってやる」

律「澪ちゃぁぁぁあああああん」

澪「やめろおおおおお」

ドスンバタン

唯(楽しいなぁ、みんなとずっと一緒にいれたらいいのに)


ーー次の日ーー

律「そろそろ帰るか、私達の愛の巣へ、澪しゃん」

澪「ば、ばか」ゴツン

紬「お茶どこかしら?」

律「もうやめろ」

憂(澪さん顔赤い)

梓「もう付き合っちゃえよ」ボソッ

律「何か言ったか?」

梓「いえ」ニコニコ

紬「冗談はさておき私も帰るわね」

梓「私もそろそろ・・・」

唯「楽しかったね、私みんな事大好きだよっ」

憂「私もだよお姉ちゃん」クワッ

唯「近い近いよ憂」

律「みんなそうだよ!なぁ?」

澪紬梓「うん(はい)」

唯(そうだ、あんな怖いMSが憂のはずないよ、うん!)

しかしこの日を境にこのメンバーであそぶ事はもうなくなる事を私は思いもしなかった


ーー翌日律澪家ーー

律「最近世界の様子がおかしくないか?」

澪「ああ、世界が慌しいというか、最近軍事ニュースばっかりやってるよな」

律「・・・」

ピンポーン
澪「はーい梓だ」

梓「あ、すいません、律先輩、澪先輩、これからしばらく部活に出られそうにないんです」

律「忙しくなるのか?」

梓「はい、軍の方に顔を出さないといけなくて」

澪「そうか」

梓「これからもう立つので、それでは」ペコッ

律澪「またな!」

プルルル
律「唯から電話だ、はいもしもし?」

唯「りっちゃぁぁぁぁあん」

律「ん?なんだよ」

唯「憂が今日から忙しくなるから家にいないんだよー、養ってよぅ」ポロポロ

律「憂ちゃんが?」

澪「どうしたんだ?」

律「澪、むぎを呼んでくれ、唯の家に集まろう」


ーー平沢家ーー

律「・・・・・・というわけなんだ」

紬「そう、梓ちゃんに続いて憂ちゃんも」

澪「それに最近多い軍事ニュース」

唯「ねぇそれって」

律「考えたくはないけどそういう事だろうな~」ハァ

紬「ユニオンとAEUと人革連を同時に相手しないといけないのかしら」

澪「三大組織、世界を相手にするのか、私達は」ガクガク

唯「それって憂とあずにゃんとも戦わなくちゃいけないって事?」

律「・・・あぁ」

唯律澪紬「・・・」

唯「だっで、ひっくご、ごの前いっじょにみんなとずっど、ひっくいっじょにいだいって思ったふぇぇぇ」ブワッ

紬「後悔してる?」

律「・・・事を成し遂げた後だ、後悔はしてないよ」

澪「私もだ、覚悟はある」

唯「うぅねぇ、なんどが憂とあ”ずにゃんとだだかわないひっくほうぼうはないひっくのがな?」

紬「唯ちゃん覚悟がないならエクシアから降りて頂戴」

唯「うぅ」ヒック

澪「唯、憂ちゃんにも梓にも今までCBと接触する機会はあった、私達の考えに本当に協力したいならそうするはずだ、私達がCBに所属しているしていないに関わらずにな」

律「それをしないって事はもう二人は決めてるんだ、自分達が信じてる事をやり遂げるってCBと戦う事になっても、私達もあの二人も譲れない戦いなんだよ」

唯「ぐやしい、私ぐやしいよっ戦いたくないのにひっく戦わないとなんてっやだよ」ポロポロ

澪「唯、どんな人でも殺せないなら戦場にでるなよ、どんな者でも破壊する覚悟がないならエクシアに乗るなよ、覚悟もないのに私達の横に立つなよ!!」

紬「澪ちゃん・・・」

唯「ふぇぇぇん」

律「今日いった事よく考えるんだな」


ーー翌日ーー

律「唯学校休みかぁ」

澪「何か今日は人が少ないな」

紬「うちの学校のエースパイロット達もほとんどいないね」

律「エースパイロット?」

紬「唯ちゃんにはあんまり聞かせたくないのだけど、狂戦士:平沢憂 ブシドー:鈴木純 反射:中野梓 不死身:野島ちか 荒熊:中島のぶ代」

律「まじかよ・・・そいつら全員相手にするっていうのかよ」

紬「おそらくね」

律「唯もいないし今日は部活はなしだっ」

澪「わかった」

紬「ええ」


5
最終更新:2010年11月21日 23:45