律「え?」

梓「もう、真面目に練習してくださいよ」

律「いやいや、今何て言った?」

梓「え?だから真面目に練習してくださいって…」

律「その前!」

梓「りっちゃん」

律「!?」

律「あ、梓……わたしのこと、りっちゃんって……」

梓「嫌でしたか?」

律「嫌ではないけど……」

梓「わたし、もっと律先ぱ……りっちゃんと仲良くなりたいんです
 そのためには、まずは形から入ろうと思って……不快だったらやめますけど……」

律「ふ、不快なんかじゃない!ちょっとびっくりしただけだ!
 ……でも、嬉しいよ 梓がわたしのことそんなふうに思ってくれてたなんて」

梓「り、りっちゃん……」

律「……よし!わたしも今日からあずにゃんって呼ぶよ!」

梓「え、ええ?あずにゃん……ですか?」

律「ダメか……?」

梓「ダメっていうか……その……は、恥ずかしいです……」

律「お、おい……照れられるとこっちが恥ずかしくなるよ……」

梓「ご、ごめんなさい……」

律「い、いや、謝らなくても……」

梓「……」

律「……あ、あずにゃん」

梓「っ!……り、りっちゃん……りっちゃん!」

律「ふ……ふふっ」

梓「えへへ……」



おしまい




律「え?」

梓「もう、真面目に練習してくださいよ」

律「いやいや、今何て言った?」

梓「え?だから真面目に練習してくださいって…」

律「その前!」

梓「りっちゃん」

律「!?」

律「な、何言ってるんだよ・・・」

梓「りっちゃん」

律「いや、それは分かったから。なんでいきなり『りっちゃん』なんだよ」

梓「いや、なんとなく親しみを込めてみようかなと思いまして」

律「お前が私のことを『りっちゃん』呼ぶのはまだ早いわ!」

梓「何でですか?胸のふくらみで言えば同級生クラスじゃないですか」

律「・・・おっぱいだけは止めてくれ・・・」

梓「凹まないで下さいよ。そんな凸して。言ってる私だって随分傷ついてるんですから」

律「凸はいいけど、おっぱいにはもう触れるなよ!」

梓「分かりました。りっちゃん」

律「結局はそこに戻ってくるのか・・・」

律「はぁ・・・もう、りっちゃんって呼んでも構わないわ」

梓「ありがとうございます!りっちゃん!」

律「・・・なんで、こんなめんどくさいことになったんだよ」

梓「りっちゃ~~ん♪りっちゃ~~ん♪」

律「・・・・・・」イライラ

梓「りりりりりちゃ ちゃ ちゃ りっちゃん♪」

律「・・・・・・・・・」イライラ

梓「りっちゃんのはぁ~なぁ~さぁ~くぅ~こぉ~ろぉ~」

律「あぁぁぁぁ!!!!うるせー」

梓「すみません、りっちゃん」

律「はぁ、はぁ、もういいだろ・・・私をあんまりいじめるなよ・・・」

梓「いじける姿も可愛いですね、りっちゃん」

律「・・・・・・はぁ」

律「・・・なぁ、梓」

梓「どうしたんですか?りっちゃん」

律「(くそっ・・・)」

律「私のこと嫌いか?」

梓「嫌いだったら『りっちゃん』なんて呼びませんよ。気持ち悪い」

律「あれ?微妙に嬉しい様な、馬鹿にされた様な・・・」

梓「気のせいですって。りっちゃん」

律「あ、うん・・・そうかな・・・そうだよな!」

梓「そうですよ!あんまり凹んでいると・・・」

律「それ以上は言わせねぇ!」

梓「えー」ブーブー

律「二人とも傷つくんだぞ?」

梓「・・・そうですね。りっちゃん」

律「・・・お前が『りっちゃん』と呼ぶなら・・・私は・・・」

梓「・・・・・・」ドキドキ

律「(あずにゃんはありきたり・・・ここは何て呼んだらいいだろうか・・・)」

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」ドキドキ

律「私は・・・梓のことを・・・『やってやるです』と呼ぶぜ!」

梓「え?」

梓「いやいやいや、それはおかしいですよ。りっちゃん」

律「そうか?やってやるです」

梓「違和感ありすぎですよ。りっちゃん」

律「私はそんなに気にならないけどな。やってやるです」ニヤニヤ

梓「・・・私はあんな化け物じゃないもん・・・」

律「ふーんそうなのかー」ニヤニヤ

梓「りっちゃんの・・・りっちゃんのばかぁ~・・えーん・・」

律「ちょ・・・泣くなよ・・私が悪かったって梓」

梓「えーん、えーん」チラッ

律「悪かったってー」オロオロ

梓「えーん、えーん」ニヤリ

梓「なでなでしてください。りっちゃん」

律「・・・悪かったよ。梓」ナデナデ

梓「えへへ~」

梓「膝の上にお邪魔してもいいですか?りっちゃん」

律「つったく、しゃーねーなー。ほら、来いよ」ポンポン

梓「では、失礼します。りっちゃん」ゴロン

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」

梓「こうしてると落ち着きます。りっちゃん」

律「そーかーそりゃ良かった」

梓「・・・・・・」

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」スースー

律「あずさちゃーん」ユサユサ

律「寝やがったこの猫娘・・・」

律「(はぁ・・・ため息をつくのは今日何回目だよ・・・)」

梓「・・・・・」スースー

律「(まぁさ・・・こんなに親密になろうとがんばってる後輩の姿を見るのは悪くないけどさ)」

梓「・・・・・」スースー

律「(まさか、梓に『りっちゃん』と呼ばれる日が来るとは思わなかったぜ)」

梓「・・・・・」スースー

律「(こんな感じも悪くは無いかな・・・)」

梓「・・・・・」スースー

律「(寝てる猫は可愛いもんだな・・・)」

梓「・・・・・」スースー

律「(ちょっとイタズラしたくなってきたな)」

梓「・・・・・」スースー

律「・・・・・」

梓「・・・・・」スースー

律「(さすがに凸に凸を書くのは可哀想かな)」

律「(私も書かれた時にはさすがに泣きそうだったし)」

梓「・・・・・」スースー

律「(そうとなると・・・何をするかなー)」

梓「・・・・・」スースー

律「(まずは身体検査でもしてみるか)」

梓「・・・・・」スースー

律「(ちょっと失礼しますよー)」サワサワ

梓「っ・・・・・」スー・・・スー

律「(ふむ。おっぱいはまだ私の方が勝っているみたいだな)」

梓「・・・・・」スースー

律「(最初におっぱいは頑張り過ぎたな)」

律「(手でも触ってみるか)」

梓「・・・・・」スースー

律「(ふむ、なかなかに可愛らしい手じゃないか)」

律「(こんな小さな手であのギターを引いているのかー)」

梓「・・・・・」スースー

律「(おぉ・・・腕がスベスベじゃありませんか!)」

律「(二の腕の柔らかさ、無駄の無い贅肉!)」

律「(こりゃたまりませんなー・・・なんかオヤジ臭くなってきてるなオイ)」

梓「・・・・・」スースー

律「(ま、気にしない気にしない)」

律「(お次は足に行くか・・・梓が小さいとはいえ、足の先までは手が届かない・・・)」

律「(と、なると・・・触るのはここしかないですよねー)」

律「(魅 惑 の ♪ ふ と も も ♪)」

律「(いひひー頂いたいちゃうぞー)」がおー

梓「・・・・・」スースー

律「(まずは・・・足と足の間に・・・手を・・・入れる!)」

律「(おぉぉぉっぉぉおおお)」

梓「・・・んっ・」スース

律「(これは男女関係なく夢見心地にさせてくれるっ!)」

律「(この足と足の間はたまらんー!)」サワサワ

梓「・・っ・・・・」スー

律「(っと・・・危ない危ない調子に乗って梓を起こしてしまうところだった)」

律「(ちょっと眠りが浅くなってるか・・・?あんまり派手なことはできないから・・ほっぺたにするか)」

梓「・・・・・」スー

律「(ほれほれ)」ツンツン

梓「・・・・・」スー

律「(ほっぺたが、ぷにぷにだなー)」プニプニ

梓「・・・・・」スー

律「(おーおー、いい弾力♪)」ツーン ツーン

梓「・・・・・・」

律「(さてと・・・今度はほっぺたを)」ムギュッ

梓「・・・・・・」

律「(面白い!)」

梓「・・・・・・」

律「ふ~んふ~ん♪」ムギュギュ

梓「・・・・・・」パクッ

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」

律「いつから起きてらっしゃいましたか?梓様」

梓「ほっふぇたをふんふんふぁたり」レロレロ

律「あの、そろそろ私の指を解放して頂きたいのですが?」

梓「・・・・・・」レーロレーロ

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」チュッポン

律「・・・・・・」

梓「・・・・ふぅ」

律「いかがでしたか?私の指のお味は?」

梓「ほんのり塩味。だいたいりっちゃん味でしたよ。りっちゃん」

律「りっちゃん味って何なんだよ・・・」

梓「甘くてすっきりとした味わい!新登場りっちゃん味!って感じですね。りっちゃん」

律「私の指ってそんなに美味しかったっけ?」

梓「それなら舐めてみたらいいと思いますよ。りっちゃん」

律「それもそうだよなー私の指なんだしー」チュポ レロレロ チュパ

梓「あ・・・そっちの指は・・・りっちゃん」

律「ん・・・?」チュパチュパ

梓「私が咥えた方の指です・・・りっちゃん」

律「・・・・・・・」レーロ・・・チュポン

律「・・・梓味に変わってたな」

梓「どんな味なんですか?りっちゃん」

律「甘くてすっきりとした味わいだったぜー」

梓「・・・私と同じことを言ってるじゃないですか!りっちゃん」

律「それなら私とあずさは同じ味だなー」

梓「もうっ・・・・・・りっちゃん」

律「まぁまぁ、もう一回寝るか?」

梓「完全に目が覚めたので遠慮させて貰います。りっちゃん」

律「まだ触りたいところがあるんだけどー」ブー

梓「恥ずかしいので、もうダメです!りっちゃん」

梓「ところで・・・一体どことどこを触ったんですか?りっちゃん」

律「おっぱい、ふともも、ほっぺた、口の中、舌、以上5箇所であります!」

梓「おっぱ・・・油断も空きもならないですね。りっちゃん」

律「まぁ、しばらく梓が私を抜くことは無いであろうな」

梓「・・・どんぐりの背比べじゃないですか。りっちゃん」

律「・・・・・・」

梓「・・・・・・」

律「んじゃ、今度は私が梓の膝で寝る番なー」

梓「しょうがないですね。今回は特別ですよ。りっちゃん」

律「へへーお願いしますだー」ポフ

梓「結構髪の毛はさらさらしているんですね。りっちゃん」

律「さすがに私も乙女だからな。少しくらいは気を使ってるんだぜ?」

梓「犬みたいな印象があるので、もっとゴワゴワしてるのかと思ってました。りっちゃん」

律「犬・・・まぁいいか」

梓「ちなみに、小型犬ではなくゴールデンレトリバーですね。りっちゃん」

律「また、やたら暑苦しい奴をチョイスしたな・・・」

梓「でも、人懐っこくて、いつも輝いているところはそっくりですよ。りっちゃん」

律「ちょ・・・そんなに褒めてもなんにもでねーからな!」

梓「えぇ。本心ですから。りっちゃん」

律「(ちょっと可愛いと思ってしまったじゃねぇか。ちくしょうめ)」

律「・・・・・」ゴ-ロゴロ

梓「・・・寝ないんですか?りっちゃん」

律「んー何か寝れないなー」

梓「子守唄でも歌いましょうか?りっちゃん」

律「うーん・・・どうしよっかなー」

梓「ねんねんねこりよーりっちゃんー」ポンポン

律「(そこでも『りっちゃん』は言うんだな)」

梓「~~~♪りっちゃん~~♪」ポンポン

律「(でもなんだか・・・・眠たく・・・・・・)」

梓「・・・・・・」ポンポン

律「・・・・・・」スースー

梓「・・・・・・」ポン

梓「(上手く寝たです。りっちゃん)」

梓「(やられたからにはやり返す!覚悟するです!りっちゃん)」

律「・・・・・・」スースー

梓「(まず、おっぱいからいくのは相手が起きてしまう可能性が高いんですよ。りっちゃん)」

律「・・・・・・」スースー

梓「(とりあえず・・・スカートの中身から拝見させて貰いますです。りっちゃん!)」

律「・・・・・・」スースー

梓「・・・・・・」ソー ペラッ

律「・・・・・・」スースー

梓「!!!・・・」

律「・・・・・・」スースー

梓「・・・・・・」

律「・・・・・・」スースー

梓「(ボクサーパンツかと思ったら、Tバックじゃないですか。誰にアピールしてるんですか?りっちゃん)」

律「・・・・・・」スースー

梓「(お尻がこっちにむいてたらほとんど丸見え・・・ちょっとエロイですよ。りっちゃん)」

律「・・・・・・」スースー

梓「(これ以上は目に毒です。次に移るとします。次はくちびるにいってみるです。りっちゃん)」

律「・・・・・・」スースー

梓「(うーん・・・ぷにぷにですね。りっちゃん)」ツンツン

律「・んぁ・・・・」スー   スー

梓「(特にグロスも塗ってないのにテカテカしてやらしいですよ。りっちゃん)」ツツー

律「・・・・・・」スー

梓「・・・・・・」

律「・・・・・・」スースー

梓「(危ない。危ない。もう少し大人しくしないとおきてしまうです。りっちゃん)」

梓「・・・りっちゃん」モフモフ

律「んん~~~~・・・・」スピー

梓「(案外大丈夫っぽいですね。りっちゃん)」

律「・・・えへへ・・・おにく・・・」スピー

梓「・・・おにく?・・・どんな夢なんだろう・・・りっちゃん」

律「・・・・・・」スピー

梓「(やっぱり、寝つきは良いのですね。りっちゃん)」

梓「(次は私も触られたフトモモにを触るとしますよ~りっちゃん!)」

梓「(覚悟しやがれです!りっちゃん!)」

梓「(えへへ・・・)」ツン

律「・・・・ん・・・・」ピクッ      スピー

梓「(・・・フトモモは中々敏感みたいですねぇ。りっちゃん)」

律「・・んー・・・・・んー」ピクッ  ピクッ  スー

梓「(りっちゃん・・・・)」ハァハァ

梓「(・・・おっと・・・いけない、いけない相手の同意無しには・・・りっちゃん・・・)」

律「・・・・んがー・・・」スースー

梓「(フトモモ両手ばさみ!・・・素晴らしいです。りっちゃん)」

律「・・・んがーんがー・・・・」スースー

梓「・・・・・・」

律「・・・んがーんがー・・・・」スースー

梓「起きて『何やってんだよー梓ー』って言ってくれると思ってたのに・・ちょっとガッカリです。りっちゃん」

律「・・・んがーんがー・・・・」スースー

梓「そんな子には・・・こうしてやるですよ。りっちゃん」


チュッ   キュキュッ

凸律「・・・んがー・・・・」スースー

梓「・・・鏡を見るときが楽しみですね。りっちゃん」

凸律「・・・んがー・・・おにくは鶏・・・」スースー

梓「今日はこのくらいで許してやるです。りっちゃん!」


END



2
最終更新:2010年11月22日 21:30