梓「・・・りっちゃん」ボソッ

律「!?」

律(き、聞き間違えかな・・・?)

律「なあ梓」

梓「何ですか律先輩?」

律(あれ?やっぱり戻ってる)

律「今りっちゃんって言わなかったか?」

梓「まさか、唯先輩じゃあるまいし」

律「だよな~あはは・・・」

律(やっぱり気のせいか)

梓「・・・りっちゃん」ボソッ

律「!?」

律「おい」

梓「・・・・・・」

律「無視すんな」

梓「・・・今度はなんですか」

律「なんですかじゃねえええ!!今のはバッチシ聞こえたぞ!!」

梓「なんの話か全く分からないんですけど」ニヤニヤ




律「」


律「お前というヤツは・・・いったい私をなんだと思ってるんだ・・・」

梓「私はりっちゃんのこと尊敬できるいい先輩だと思ってますよ」

律「!?」

律「今言ったよな!!確実に!!私のことりっちゃんって言ったよな!!」

梓「・・・・・・」

律「おい、かわいそうな人を見る目で私を見るな」

梓「りっちゃんっ・・・酸素欠乏症にかかって・・・」グスン

律「人のことを頭がおかしい奴みたいに言うな、私は正常だっつーの」

梓「え!?」

律「このやろう・・・変なのは梓の方だからな」

梓「私のどこがおかしいんですか?」

律「だから・・・!私のことりっちゃんって呼んだだろ!」

梓「まっさかー!田井中にそんなこと言うわけ無いじゃないですかー」




律「」


律「屋上へ行こうぜ・・・ひさびさに・・・キレちまったよ・・・」

梓「そんなに怒らないでくださいよ」

律「誰のせいだ!いい加減に認めろ!」

梓「・・・チッ・・・へーへー私が悪うござんした」

梓「これでいいですか」




律「」

律「」

梓「あれ~どうしたんですか~」

律「」

梓「おーい」

律「」

梓「りつぅ~?」ケラケラ


プチッ




律「中野おおおおお!!!!!」

キャー

律「ゼエ・・・ゼエ・・・む、無駄に疲れた・・・」

梓「すごかったですよ律先輩・・・///」

律「よけいな誤解を生むようなことを言うんじゃない!」

梓「つれないなあ」

律「だまらっしゃい!正座を崩すな!」

梓「は~い」

律「それで・・・なんであんなことを言ったんだ?」

梓「・・・」

律「・・・言わないと本気で怒るぞ」



梓「・・・・・・羨ましかったんです」

律「え?」


梓「律先輩と唯先輩ってすごく仲良いじゃないですか」

梓「一緒に抱き合ったり、気軽に呼び合ったり・・・」

梓「私も律先輩とそんな関係になれたらいいなと思って・・・」

律「・・・」

梓「ごめんなさい、恥ずかしかったんです」

律「馬鹿・・・」

梓「・・・ごめんなさい」


ぎゅ

梓「!?」

梓「なっ、ななななにをっ!?」


律「私も唯の奴が羨ましくてさ・・・」

梓「・・・///」

律「なぁ、梓」

梓「は、はい・・・///」

律「私のこと好きに呼んでいいからな」

梓「」ドキッ


梓「・・・いいんですか?」

律「恥ずかしいから、二人の時だけだぞ////」

梓「それでは・・・」






梓「田井中ぁ!!!」

律「中野ぉ!!!」


おわり




梓「りっちゃん」

律「」

梓「どうしたんですか、りっちゃん?」

律「おい、梓。一体お前……」

梓「ねえ、先輩。今からちょっとしたゲームしませんか?」

律「え、ゲーム?」

律「(突然話変わったなおい)」

梓「はい。あのですね、先輩後輩逆転ゲームです」

律「はあ?」

梓「だから、私が先輩になって、律先輩が後輩になるんです」

律「……そんなことしてなんのメリットが……」

梓「メリットなんて関係ないじゃないですか。律先輩だっていつもなんの
メリットもないくせに練習しないで遊びまくってるし」

律「う……」

律「わ、わかったよ」

梓「じゃあ決まりですね!後輩は先輩の言うこと絶対厳守です、いいですね!」

律「えぇ……。そういう梓は今まで後輩らしく私の言うこと聞いた事あったかよ?」

梓「ほとんどありません」キパッ

律「おい」

梓「それじゃあゲームスタート!」

律「早ッ」

梓「それじゃありっちゃん、早速他の先輩方が来るまで練習しようか」

律「えぇ~。つーか私以外全員先輩なのかよ!」

梓「そうだよ。っていうか敬語。私はりっちゃんの先輩なんだし」

律「……めんどくせー……」

梓「今何か?」ニコ

律「な、何でもありましぇん!練習、練習な、練習!練習しよう練習!」

梓「も~、何度も練習って言うなんてよっぽど練習好きなんだね、りっちゃん♪」

律「(うあー、むかつくっ)」

律「(っていうかいきなりなんなんだよ。りっちゃんって……すっげー変な感じ)」

梓「……」ジーッ

律「ってうわ、なに!?なに見てんだよ!?///」

梓「りっちゃん真っ赤」ヘラ

律「う、うるせー!そうやって見られるの慣れてねーの!///」

梓「敬語」ボソ

律「う……」

梓「りっちゃん」

律「なんだよ……じゃなかった、なんですか」

梓「……」プッ

律「はい、処刑決定」

梓「ごめんごめんっ!」ププッ

律「お前なあ……」アキレ

梓「やっぱだめだなあ……」ボソ

律「なにが?」キョト

梓「先輩の先輩になってみたらちょっとはわかるかなって思ったのに……」

律「……どういうこと?」

梓「律先輩たちが卒業していっちゃったら、私が部長じゃないですか。だから、
今のうちに全くと言っていいほど部長らしくない部長である律先輩がどうして
ここまでやってこれたのか知ろうって思って」

律「う……褒めてんのか、けなしてんのか?」

梓「けど、やっぱりわかんないや。私、ちゃんと部長出来るのかなあ……」

律「梓……」

ギュッ

梓「律、先輩……?」

律「大丈夫だよ。この私でも部長できたんだから、梓だって部長ちゃんと
務まるって。そんな悲しそうな顔してたらりっちゃんが食べちゃうぞ?」

梓「律先輩には食べられたくないです」キパ

律「何気にひどくね!?」ガーン

梓「ただ……」ソッ

律「あ、梓?//」

梓「私がりっちゃんを食べちゃうのはありかな?」

律「!?///」

梓「なーんて」パッ

梓「冗談ですよ」

律「だ、だよな」ハハッ

律「(けどちょっと残念だったり……)」

梓「律先輩」

律「やっぱそう呼ばれるほうがしっくりくるな」

梓「私もです」

律「それで、なに?」

梓「律」

律「」ドキッ

梓「あんまり言いたくないけど、ありがとう」

律「ばーか、最初のはよけいだっつーの」ポンッ

律「まあ、全然頼りない部長だけどさ、まだあとちょっと、梓は私に頼ってくれて
いいから。だからあんまり張り詰めたりすんなよ?全部私が受け止めてやるからさ」

梓「……やっと部長らしいこと、言いましたね」プッ

律「ちょ、そこで笑うとか!私すげー恥ずかしい人じゃん!」

梓「ふふっ……」

律「……ったくもう」フウ

梓「ねえ、先輩」

梓「さっきのゲーム、続けません?」

律「え?なんでさ?」

梓「やっぱりりっちゃんを食べたくなっちゃいました」

終わる。



3
最終更新:2010年11月22日 21:33