原作梓「皆さんこんな調子でいいと思ってるんですか!」

原作梓「0勝2敗1分ですよ!まるで原作がアニメに劣ってるみたいじゃないですか!」

原作梓「偉い人は言ってましたよ」

-空虚だ。ギャグもナンセンスもユーモアもエログロもストーリーらしきものも何もない。ちょっとしたフェティシズムがあるだけ
-原作のかきふらい『けいおん1』読んでみたらまァまァのほほえましいほのぼの4コマ漫画だ。原作生かせよ!

原作梓「大御所のお墨付きなんです、劣っているはずないですー」

原作唯「あずにゃんぎゅーっ!」ぎゅっ

原作梓「うー…」

原作澪「収まった…」

原作梓「取り乱したのは謝ります…」

原作梓「けど私はけいおん!をアニメから入った人が原作はゴミだったっていうのが我慢できないんですよ…」

原作梓「原作あってのアニメじゃないですか…」

原作梓「私は原作キャラのほうが優れている事を証明したいんですよ…」

原作唯「あずにゃん…」

原作澪「そうだな…私達はふざけ過ぎていたのかも…」

原作紬「梓ちゃんの言う事も分かるわ…」

原作律(梓って感情が高ぶると誰も止められないんだよな…)

原作梓「そのために私はアニメのゴキブリをフルボッコにしてやるんです!」

原作唯「そうだそうだー!」

原作澪「是非ともやってくれ!」

原作紬「梓ちゃん頑張って!」

原作梓「燃えてきました!うおおおおお待ってろ梓ぁぁぁです!」

猫「ふに~」

アニメ梓(あ…猫…)

猫「にゃあ~」

アニメ梓「…」そ~


原作梓「そこのゴキブリ!私と勝負するです!」

猫「に゛ゃ!」ダダッ

アニメ梓「あ…」シュン

アニメ梓「きゃっ!わ、私!?」

原作梓「そうです!正真正銘本物の中野梓です」

アニメ梓「なッ!?中野梓は私ですー!!」

原作梓「どう考えてもあなたは偽者です!軽音部に入っておきながら外バンに浮気をするなんてとんだ尻軽女です!」

アニメ梓「なにを言うんですかー!!」


アニメ梓「もう一人の私…ですか?」

原作梓「そうです!あなたが気に入らないから説教しに来たんです!」

アニメ梓「余計なお世話ですよ!」



アニメ梓「確かに私は部活を休んで外バンを見回りましたけど…」

アニメ梓「やっぱり放課後ティータイム以外考えられなかったです!」

原作梓「何を言ったところで部活を休んで他のバンドを探した事実は変わりませんよ」

アニメ梓「うぅ…」

原作梓「部室に戻ってきたかと思えば泣き出すし、本当にあなたは軽音部の癌ですね」

アニメ梓「ひ、ひどいです!」バタバタ

原作梓「純ちゃんの猫にあずにゃん二号とか名づけたりする辺りも自意識過剰で気持ち悪いんですよ」

アニメ梓「にゃぁ!?」


原作唯「わー見て見て~あずにゃん優勢だよー!」

原作澪「アニメの梓は原作と比べて軽音部に対する感情が掘り下げられてるから…」

原作律「悪く言えば空気の読めなさも原作に比べて増したってことか!」

原作紬「この調子なら勝てそうね~♪」



原作梓「しかも!猫の毛玉ぐらいでいちいち涙目になって情けないですよ」

アニメ梓「ほ…ほっといてください!」タジタジ

原作梓「挙句の果てにはですよ!唯先輩のマシュマロ投入鍋とチョコカレー鍋のメールに対して」

原作梓「こんな時におかしなメールよこさないでください?」

原作梓「ふざけるなです!」

アニメ梓「ひっ!」

原作梓「そんな事情、唯先輩が知ってるわけないじゃないですか!何様なんですか!」

原作梓「しかも買い物中の唯先輩に迷惑までかけて…」

アニメ梓「ぁぅ…」


原作梓「他にもです!ムギ先輩の手が温かいって話になった時」

原作梓「唯先輩があずにゃんも触ってみなよ~って言った事があったじゃないですか」

原作梓「そのときあなたはなんていいましたっけ?」

アニメ梓「…」

原作梓「私はいいです…ですよ!」

原作梓「せっかく先輩が蚊帳の外のあなたを誘ってくれたのにどんだけ空気読めてないんですか!」

アニメ梓「う…う…」ポロポロ



原作律「おい見ろ!アニメの梓の奴泣き出したぞ!」

原作唯「今度こそ圧勝だね!りっちゃん!」


アニメ梓「グスッ…グスッ…」

原作梓(これでアニメのけいおんキャラがいかに改悪か証明できたです!)


アニメ梓「うっく…うっく…」

原作梓「ようやく自分の愚かさがわかったようですね!」

アニメ梓「はい…考えてみれば…あなたの言うとおりです…」

アニメ梓「私は頑固で、いじっぱりで…先輩たちに迷惑をかけてばっかりだったんですね…」

原作梓「そうだったんです!」

原作梓「私は私の道をいく、そこのけそこのけでーす(笑)なんて言ってるからそんな事になるんですよ」

原作梓「アニメの先輩たちだって本当はあなたの事なんて大嫌いに決まってますよ!」

アニメ梓「そ、そんな…」ポロポロ

アニメ梓「わ、わたしはどうしたらいいんでしょう…」

原作梓「知りませんよ!軽音部から退場して外バンにでも行けばいいんじゃないですか?」

アニメ梓「…」

原作梓「私は私のイメージを著しく低下させたあなたに腹が立っているんです」

原作梓「本当に申し訳なく思うんなら謝ってください!」

原作梓「そして原作の方が優れていると認めてください!そうすれば私は許してあげますよ」

アニメ梓「うぅ…」

原作梓「いやなんですか?やっぱりアニメの私はごうじょっぱりで素直じゃないですね!」

原作梓「そんなんじゃいつまでたっても先輩方から嫌われたままでしょうね」

アニメ梓「わかりました…」ポロポロ


アニメ梓「ご、ごめんなさい……わ、私…」

原作梓「!!」

アニメ梓「私は…」ポロポロ

原作梓(まごう事なき大勝利です!)



?「―――待ってあずにゃん!」




アニメ梓「にゃっ!?」

原作梓「だ、誰ですか!」

アニメ梓「その声は…!! 」

アニメ唯「」ニコッ

アニメ梓「唯先輩!!」

原作梓「唯先輩!?」

原作梓(あの池沼…いつのまに!)

アニメ梓「唯先輩…来ないでください!私は…私は軽音部のお荷物なんです!もう会わせる顔が…」

アニメ唯「あずにゃ~ん♪」
ぎゅううぅぅぅぅっ!!

アニメ梓「ひゃあっ!!」ぎゅっ

原作梓「ちょっ…私もですか!?」ぎゅっ

アニメ唯「えへへ~どっちのあずにゃんもかわいいよ~♪」

アニメ梓「あぅ~…」

原作梓「あぅー…」

アニメ梓(ハグされたら途端にちから抜けちゃうんです…)

原作梓(人体は不思議です…)


アニメ梓「唯先輩…やめてください…私は…」ポロポロ

アニメ唯「話は途中から聞いてたよ~」

アニメ梓「!!」

アニメ唯「どっちのあずにゃんが正しいか…私には良くわかんないけど…」

アニメ唯「私はどんなあずにゃんでも大好きだよ~」

アニメ梓「唯先輩…///」

アニメ唯「それぞれのあずにゃんが違ってそれぞれいいんだよ!」

アニメ梓「…はい!」


原作梓「ちょっと待ってください!そんないい話にしてもダメです~!!」

原作梓「あいにく私は澪先輩>唯先輩みたいなところがあるんで」

原作梓「馬鹿なアニメ梓と違ってそんなんじゃ誤魔化されたりしませんよ~!」

アニメ唯「なでなで♪」

原作梓「えへへー☆」


原作梓「と!いうわけで原作もアニメもみんな違って皆いいんです!」

原作梓「どっちの方が良いとか悪いとかそんな問題じゃないんですよ!!先輩達は反省してください!!」

原作律「何篭絡されてんだ!!」ボコッ

原作梓「あいたああっ!」



原作唯「んも~、あずにゃんったら猫みたいに態度変えるんだから…」

原作澪「まさかアニメの唯に全部持っていかれるとは…」

原作唯「アニメの私はすごくいい子だもん、しょうがないよ~」

原作紬「アニメの私もいい子だわ~」

原作唯「アニメの私のほうがもっともっといい子だもん!」

原作澪「趣旨変わってる!」


原作澪「もう残るは律!お前だけだ!」

原作律「え!?いいよぉ…私は…」

原作唯「あ~!皆やったのにりっちゃんだけやらないなんてずるいよ~!」

原作紬「りっちゃんだって本当はアニメのりっちゃんに不満があるんでしょ!?」

原作梓「折角だしアニメのやる気ない律先輩を律してきてくださいよ!(上手いこといった私)」

原作律「アニメと競うなって言ったり競えって言ったりほんとなんなんだお前は!」

原作澪「アニメの律は11話の自己中心っぷりがとんでもなかっただろ?だからそれをせめて注意して欲しいんだよ」

原作唯「そうだよりっちゃん!勉強中にたのも~とか本当に迷惑旋盤だもん」

原作紬「部長なのに生徒会へ提出する書物の期間を忘れたりいろいろ抜けてるところもあるし…」

原作梓「唯先輩に向けて使ったチョークスリーパーも原作と違って腕を固めた凶悪な技になってます、注意すべきです!」

原作律「なんだか私が怒られてるみたいで複雑なんですが…」


原作澪「一番の違いは聡っていう弟がいることだな」

原作紬「聡君はアニメ一番の改悪よ!SSへの影響で百合だけでいいのに聡×軽音部というジャンルを作ってしまったわ!」

原作律「そんなの私のせいじゃないだろ!!私のお母さんとお父さんに言え!」

原作梓「とにかく、原作とアニメで一番違うのは律先輩といっても過言ではないんです」

原作唯「そうだそうだ~!大山のぶ代と水田わさびぐらい違うぞ~!」

原作律「過言だあああ!」


4
最終更新:2010年01月27日 04:12