唯「あずにゃん、歌詞できたよ~」

梓「見せてください。……なんですか、おかずはごはんって。ふざけてるんですか?」

唯「えぇ~真面目に考えたのにー!」

澪「なかなか決まらないな…」

紬「そうね~。でも梓ちゃんの作った曲すごく良いから、納得できた歌詞をつけてあげたいわ」

梓「すみません。みなさんに協力してもらってるのに、全部却下しちゃって…」

澪「いや、気にするな。私も曲作った時みんなにさんざん迷惑かけたし」

梓「ありがとうございます」

澪「それで、これはどうだ?コアラのユーカリ 物語って詩なんだけど」

梓「えーっと、それもちょっと…」

律「うーん、どうするかな」

梓「りっちゃんはどうですか?」

律「…」


澪「あれ、梓いま…」

紬「あらあら……ふむ」

唯「あずにゃん、りっちゃんをりっちゃんって呼んだ!」

梓「あっ……すみません間違えました」

唯「いいなぁりっちゃん、仲いいですなぁ」

梓「そんなんじゃないです!先生をお母さんって呼んじゃうみたいな間違いです!皆さんも経験ありますよね?」

律「そこまで否定されると傷つくな…」

梓「違いますよ!律先輩のこと嫌いとかそんなんじゃ…!」

澪「あ、梓。ちょっと落ち着け」

律「顔真っ赤にして言い訳なんて、あずさちゃんはほんとかわいいでちゅねー」

唯「ねー」

梓「もうっ、怒りますよ!」

澪「今日はもうやめるか。時間も遅いし」

唯「そうしよ~。お腹空いてきたよ」

梓「楽器の練習できませんでしたね…。すみません」

紬「歌詞考えるのも楽しいから気にしてないわよ~」

律「たまにはこういうのもありだよな」

澪「最近ずっと練習してないだろ…。明日は練習だからな。梓もそれでいいか?」

梓「はい!」

律「じゃ帰ろうぜー」


~帰り道~
澪「私たちはここで」

律「また明日な」

唯「バイバーイ」

紬「またね~」

梓「お疲れさまです」

=======================
梓「唯先輩、家でギター弾いてますか?」

唯「うん。毎日触ってるよー」

梓「そうですか。良かったです」

唯「曲の練習してて分からないところ出てきたんだけど、あずにゃん教えてくれない?」

梓「いいですよ。明日の部活で教えますね」

唯「ありがと~」

紬「梓ちゃん、作った曲のテーマってある?家で歌詞考えてこようと思って」

梓「えっと、一応ラブソングのつもりです」

紬「分かった~、頑張ってみるわ!」

梓「はい。じゃあ私は用事があるのでこの辺で…」

唯「あずにゃんまた~?最近多いね」

梓「今日はお母さんに買い物頼まれちゃって」

紬「あらそうなの」

梓「はい。また明日部活で!お疲れさまです」

唯「じゃあね~」

紬「またね」

タッタッタッ

紬「なるほど。ますます濃厚ね…」

唯「ムギちゃんどうしたの?」

紬「ねぇ唯ちゃん」

唯「うん?何?」

紬「律梓と梓律どっちがいいと思う?私は断然前者なんだけど…」

唯「ムギちゃん、何を言ってるのかよくわからないよ…」

澪「梓の曲はすごいな」

律「そうなのか?」

澪「ああ。アプローチの仕方が私とは全然違う。Bメロからサビへの流れが本当にもう…」

律「ああ、あそこかっこいいよな。気持ちよく叩けそうだ」

澪「そうだよな!私も梓から学ばないとな」

律「そっか。じゃあまた明日な~」

澪「うん、また明日」



ガチャ
律「ただいまー」


律「ふぅ。どこだったかな…あったあった」

律「行ってきまーす」

聡 「あれ、ねーちゃん帰ってたの。ってまた出かけるのか」

律「うん、晩飯までには帰ってくるから」

聡 「わかった」

梓(遅いなぁ)

タッタッタッ

梓(あ、来た来た)

律「梓すまーん、遅くなった」

梓「もう」

律「ごめんごめん」

梓「遅いよ、りっちゃん」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私、中野梓は田井中律と付き合っています。
告白したのは私からです。
いつもふざけてるのに時々すごく真剣になるところとか、
がさつなのに誰よりも気を配ってるところとか、
カチューシャを外すとかっこいいとか、
好きになった理由は色々です。
きっかけは特になかったと思います。
気づいたら好きになっていた、というやつです。
最初はむしろ嫌いなタイプだったんですが、今となってはどうでもいいことですね。

告白は部活の時にしました。
といっても、もちろん5人揃っている時ではありません。
唯先輩、澪先輩、ムギ先輩の3人とも用事があったそうで部活には来られなかった時です。
音楽室には私と律先輩の二人きりでした。
最高のタイミングだと思いました。
私は意を決して律先輩に話しかけました。

律先輩は案の定ふざけた態度をとりました。
でも、私の話が真剣だと分かるとすぐに真面目に聞いてくれました。
私は話し始めると緊張しちゃって、用意してた言葉も忘れて、頭の中が真っ白になりました。
焦って訳わかんなくなっちゃって言葉に詰まっていると、
律先輩はゆっくりでいいよ、と私を落ち着かせてくれました。
それがたまらなく嬉しく感じました。
声は震えてたし、自分でも何言ってるか分からなくて、
言いたいことの十分の一も言えなかったけど。
好きだ、という気持ちを律先輩に伝えました。

あの律先輩のことだからすぐに返事をしてくれると思いましたが、
返事は少し待ってくれと言われました。
しっかり考えてから返事をしたかったから、だったそうなんですが、
その時はとてもそんな風には思えませんでした。
断るために間を空けたとか、他に好きな人がいるとか、同姓が好きなんて
気持ち悪がられたんじゃないかとか。
良い考えは一つも出てきませんでした。
告白した後は私も律先輩もすぐに帰りました。
家へ帰ったこと、晩御飯を食べたこと、お風呂へ入ったこと、
その全てがいつの間にか終わっていました。
気づくと私はベッドの上にいました。
そして冷静になった頭で考えてみました。
そもそも私と律先輩はそんな仲良かった?
私を好きになってくれる要素なんてあった?
ダメです。ネガティブな想像はますます膨れ上がりました。

その後、律先輩から返事をもらえるまでの私は酷いものでした。
忘れ物は激増したし、食事もあんまり喉を通らなくて体調は最悪でした。
夜は眠れず、学校では暗かったりぼーっとしてたと思います。
憂と純にもずいぶん迷惑をかけました。二人ともごめんね。
ギターも全然弾けなくなってしまいました。
部活で曲を合わせている時、唯先輩に心配されるほどでした。
ついに熱を出してしまい、学校を休むことになりました。
学校を休んで二日目、先輩方がお見舞いに来てくれるとケータイにメールが入ってました。
夕方、来客を知らせるチャイムが鳴りました。
気だるい身体を起こし、玄関を開けると、律先輩一人だけがいました。

あまり大勢で押しかけるのも良くないと、代表で来たようでした。
律先輩が一人で来たことは、嬉しさ半分怖さ半分でした。
律先輩はふらふらだった私をベッドへ連れて行き、看病してくれました。
理由も言わずに、ごめんと何度も言いながら私の頭をなでてくれました。
その謝罪はどう受け取ればいいんだろうと考えていると、頭の中がぼやけてきました。
顔が熱くなって、心臓の音がドクンドクンと大きく聞こえました。
私はもう一度律先輩に気持ちを伝えました。
すると、先輩は私の気持ちに答えてくれました。
絶対に断られると思っていたので、喜びより先に驚きがきました。
付き合ってくれる、ということを理解した私は律先輩に抱きつきました。
勢い余って押し倒す形になっちゃったけど、私を受け止めてくれました。
安心して、気持ちよくなって、私はそのまま寝てしまいました。

翌日、悩みの種がなくなった私は全快して学校に…行けませんでした。
どうやら本当に風邪を引いてしまったようでした。
律先輩とせっかく恋人になれたのに、会えないことがとても嫌でした。
でも律先輩は毎日学校が終わった後私に会いに来てくれました。
私の風邪が治るまでずっとです。嬉しかったんですが、風邪が移らないか心配になりました。
その数日間、律先輩とたくさんお話をしました。
子供の頃のこと、好きな食べ物、趣味、苦手なもの、本当に色々なことです。
その時に、二人きりになった時はタメ口で話すこと、私が律先輩のことをりっちゃんと
呼ぶことを二人で決めました。
律先輩…りっちゃんは、私からりっちゃんと呼ばれるとを恥ずかしがってたけど、
私がりっちゃんと呼ぶことの方が何倍も恥ずかしかったと思います。
だって、私が妄想の中でしか言えなかった名前を本人に言うんですよ。
それでもやっぱり、大好きな人の名前を呼ぶことは、恥ずかしいより嬉しい方が勝ってました。

それからしばらく平日は今までどおり、休日は恋人同士という生活を送っていました。
毎週2回の休日は、学校がない日から特別な日に変わりました。
お互いの家に遊びに行ったり、一緒にお出かけをしました。
お出かけの時には、りっちゃんは前髪を下ろして、私はストレートにして、変装しました。
前髪を下ろしたりっちゃんは最高にかっこいいです。
でも一回油断して、買い物中の憂とばったり遭遇しました。
変装の効果は全くありませんでした。
デート中だとは言えなかったので、二人で楽器屋に行くと言うとなんとかごまかせました。
今まで二人とも、土日に全く用事がなかったというわけじゃありません。
ですので用事は極力平日にずらして、どうしても外せない場合は涙をのんでいました。
月に多くて7、8回しか恋人として会えませんでした。
メールや電話でまかなっても、私にとっては少なすぎました。
りっちゃんにそのことを伝えると、りっちゃんもそう言ってくれました。
そこで、がまんできなくなったら平日も部活が終わった後、みんなに隠れて会うことにしました。
集合場所は公園です。
夕方だとあまり人気はありませんが目と鼻の先に交番があるので心配はありません。
そして今日もまた―――
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「遅いよ、りっちゃん」

律「探し物が見つからなくてな」

梓「何探してたの?」

律「あとで見せてやるから。ベンチ座ろうぜ」

梓「うん。それにしても急に寒くなってきたね」

律「そうだな。コートないとそろそろ厳しい。よっこらしょっと」

梓「りっちゃん、おじさんっぽいよ」

律「なんだとー!」

梓「あはは」

律「梓、部活でテンパりすぎ」

梓「だって、しょうがないでしょ。今日りっちゃんと恋人として会えるのが楽しみだったんだもん」

律「それに唯が二人とも仲いいね、って言ったら否定するし…」

梓「あれも仕方ないでしょ!」

律「ほんとかな。あれが本心だったりして」

梓「それ、本気で言ってるなら怒るよ。私がどれだけりっちゃんのこと好きだと思ってるの!?」

律「冗談だって」

梓「もう知らない」

律「怒んなよー、梓」

梓「ふん」

律「あーずさ」

梓「…」

律「じゃあ私帰りまーす」

梓「帰んないでよ!そこは違うでしょ!?」

律「だって梓拗ねてんだもん」

梓「拗ねてないです」

律「拗ねてるじゃん」

梓「拗ねてない」

律「…」

梓「…」

律「梓」

梓「なに」

律「私はね、梓。梓が私のこと嫌いにならない限り、ずっと梓を愛してあげるよ」

梓「…」

律「梓が私のことを嫌っても、私はずっと梓が好きなままだから」

梓「…」

律「私の愛は重いぜ?なんたって梓が私に告るずーっと前から梓のこと好きだったんだから」

梓「それ、本当?」

律「あぁ、ほんとほんと。神に誓ってもいい」

梓「なんか嘘っぽいなぁ」

律「ほんとだって」

梓「まぁ、いっか。今は相思相愛だって分かってるよ」

律「うんうん」

梓「あとさ、ひとついい?」

律「なんだ?」

梓「そういう台詞言ってて恥ずかしくならない?」

律「うがーー!やめろーー!」

梓「あはは、さっきのお返しだよ」

梓「探し物ってなんだったの?」

律「そうだった。えーっと、これだ」

梓「何その紙」

律「私のサイン集。将来きっと高値で売れるよ」

梓「へぇそうなんだ。りっちゃん、ゴミ箱あそこにあるから捨ててきてあげるよ」

律「っておい!」

梓「見てもいい?」

律「あぁ、読んでみてくれ」


2
最終更新:2010年11月24日 03:09