-律の部屋-

律「今日は仲直りできてよかった。澪や唯のおかげだな。さーて寝るかー」

律「…」

律「…昨日の澪優しかったな…」

律「なんだろうな…。この気持ち…」

律「…」

律「澪のこと思い出すだけで…」

律「…」

律「ん…、はぁ…、澪…」


-梓の部屋-

梓「今日は仲直りできて良かった。……けどやっぱり何か納得いかない!」

梓「こんな時は、私の唯先輩ザ・ベストと」

梓「本日、さるルートで入手したこの○○○ールでスッキリ気分爽快になってやるです!」

(以下略)


-紬の部屋-

紬「みんなと仲直りできてよかった…」

紬「…」

紬「私もいつまでもくよくよしていられない…。何か行動をおこさないと!」

紬「とりあえず、私の毎月のお小遣い300万円は全て研究費にしてもらいましょう」


-唯の部屋-

唯「今日はみんな仲直りできてよかったなあ」

唯「うんうん、やっぱり信じてればいいことあるね!」

唯「よーし、今日はもう寝よう!そしていい夢みよう!」


(数日後)

-部室-

澪「…」ズズズ

律「…」ずずず

澪(…あれから毎日律でしちゃってる…。私、やっぱり律のこと…)

律(…あれから毎日澪でしちゃってる…。私、やっぱり澪のこと…)

唯「りっちゃん!りっちゃんてば!」

梓「澪先輩!澪先輩!」

澪「はっ!な、何だ!?」

律「唯!おどかすな!」

梓「さっきから呼んでましたけど…」

唯「そうそう」

澪「そ、そうか全然きづかなかったよ」

律「ちょ、ちょっと考え事をしてたんだ」

唯「ふ~ん」

梓「律先輩が?珍しい…」

律「な、何だとー!わ、私だって、た、たまには、か、考え事くらいす、するぞ!」

唯「何でそんなにうろたえてるの…?」

律「な、なにー!わ、私は普通だー!お、お茶お茶!冷める前にのまなきゃ!」さっ

澪「あ、それ私の…」さっ

す…

澪律「あ…」

澪「…」

律「…」

律「ご、ごめん…」

澪「あ、いや…」

律「…//」

澪「…//」

(夕方)

澪「律、一緒に帰ろう」

律「ごめん、私ちょっとムギと話したい事があるから」

紬「私?ええ、いいわよ」

澪「そうか、じゃあ唯たちと帰るよ。じゃあな」

律「ああ…」

律「…」

紬「…」

紬「それで…、お話って?」

律「う、うん…。こういうことって、ムギが一番詳しそうだから相談するんだけど…」

律「あ…あの…、私…、澪のこと…、好きに…なっちゃった…」

紬「!」

紬「それ…、本当なの?」

律「う、うん…、でも…、たぶん…最近じゃなくて…、ずっと前から好きだった…、と思う…」

紬「まあ…」

律「そ、それでさ…、その、ムギ、前に言ってたよな…?コレ…、ちゃんと子供つくれるって…」

律「そ…、それで…、私…、み、澪の…、こ、子供欲しい…」

律「は、恥ずかしい…」

ガシッ

紬「よく私に話してくれたわ…」

律「そ、そう…?」

紬「聞いたからには何でも力になるわよ?何でも言ってみて?」

律「それで…、こ、告白しようと思うんだけど…」

紬「うんうん」

律「どこでしたらいいとか、何て言ったらいいとか全然分からなくて…」

紬「そう…。場所はりっちゃんが話しやすい所ならどこでもいいと思うわ」

紬「言葉も今、りっちゃんが思っている事を素直に言えばいいのよ」

律「み、澪の子供を…?」

紬「そこまでストレートにしなくてもいいと思うけど…。あと、何かプレゼントでも贈ったらどうかしら?」

律「プレゼント?な、なにを贈れば…」

紬「そうね…、やっぱり女の子だし、おそろいのアクセサリーとか…」

律「なるほど…。ムギ、ありがとう」

紬「いえ…」

律「あ、あとさ…」

紬「何かしら?」

律「もし…、振られちゃったらどうしよう…。よく考えたら元は女の子同士だし…」

ガシッ

紬「大丈夫よ、りっちゃん。きっとうまくいくわ」

紬「だって、こんなに真剣なんだから…。うまくいかないはずがないわ」

紬「だから、がんばって…」

律「ムギ…、わかった!私がんばるから!」

律「じゃあ早速プレゼント買いに行こう!私はよくわからないから、一緒にきてくれ!」

紬「ふふ…、喜んで」


(数日後の朝)

-部室-

紬「いよいよね…」

律「うん…」

紬「大丈夫、きっとうまくいくから」

律「うん…」

紬「そろそろ澪ちゃんが来るころね?じゃ、私はこれで…」

律「ムギ、あの…、ありがとう」

紬「いえいえ」

バタン

紬「あ、澪ちゃんがきたわ。顔を合わせちゃまずいわね」ササ

バタン

紬「さて、邪魔者は退散しましょうか…」

唯「あれ!?ムギちゃん、なんでこんな朝早くに!?」

紬「唯ちゃん!?唯ちゃんこそ何で?」

唯「え~、私はたまには朝練でもしようかな~、なんて。ムギちゃんは?」

紬「(何て間の悪い!)わ、私もそうなの~」

梓「あ、唯先輩…に、ムギ先輩も?」

紬「梓ちゃんまで!?一体なんで…」

梓「私はその、唯先輩と朝練を…」

紬「そ、そうなんだ」

唯紬梓「………」

唯紬梓「あの、でも今は部室に入らないほうがいいとおもう(わ~)(よ?)(んですけど…)」

唯紬梓「え!?」


(そのころ)

澪「何だ?大事な話って」

律「う、うん…。あの…」

澪「あのさ…、実は私も律に話があるんだ」

律「え…?」

澪「…先に話していい?」

律「うん…」

澪「あの…、前にムギから元に戻れないって聞いた時さ…」

澪「私、ほんのちょっとだけ嬉しかったんだ」

律「え…?」

澪「その…、律と一緒になれるかも…って思ったんだ」

澪「でも…、あの時、律すごく泣いてて…」ぐす…

澪「私、最低だって思って…」ぽろ…

澪「一度は諦めようと思ったんだ…」ぽろぽろ

澪「でも…、あの日の夜の律すごくかわいくて…」

澪「…ごめん、わけわかんなくなっちゃったな…」ぐいっ

澪「はっきり言うぞ…?私はお前が好きだ」

澪「その…、私のお嫁さんになってくれ!!」

律「……」

律「ほんとに…?」

澪「ああ…。ずっと私のそばにいてくれ…」

ぎゅっ…

律「ありがとう…」

澪律「……」

澪「律、ちょっと手、かして…」

律「なに…?」

澪「指輪買ったんだ…。安物だけど…」すっ…

澪「ごめんな、もっと綺麗なのが買えれば良かったんだけど…」

律「そんなことない…!すごくうれしい…!」

澪「良かった…。そういえば、律の大事な話って?」

律「あ…、あの…、実は…」

~~~~~

澪「ふふっ…、そうか…」

律「私もプレゼント買ったんだけどな」

澪「何だ?」

律「その…、私も指輪…」

澪「ははは…、よし、それもつけよう」

律「え?」

澪「…いいじゃないか、2つつければ愛も二倍だ」

律「…うん」

澪律「……」

唯「あーっ!!見逃したー!」

澪律「!?」

梓「唯先輩!声が大きいですよ!」

紬「梓ちゃんこそ…」

澪律「…そこで何を?」

唯紬梓「あ…、私はやめようっていった(んだよ!)(のよ!)(んですよ!)」

唯紬梓「………」

澪律「ぷっ…」

律「まあいいや。これはムギのおかげでもあるしな」

澪「そうなんだ。私は唯と梓に助けてもらったよ」

澪「何だ、結局二人とも助けてもらってたんだな」

律「そうみたいだな」

唯「…よかった、怒ってない」

梓「どうなるかと思った…」

紬「それじゃあ、お茶にしましょうか?今日はとびきり美味しくするわよ~!」

律「おー!よろしく頼むぞ!」

澪「楽しみだな!」


(その日の夜)

-澪の部屋-

澪「…その、やっぱりいざとなると緊張するな…」

律「…うん」

澪「…カチューシャもとって」

律「あ…、は、恥ずかしい…//」

澪「おかしなやつだな…?お互い裸になってるのに…」

律「だって…、おかしーし…//」

澪「…おかしくない。律はそっちのほうがずっとかわいい」

律「あ、ありがと…//」

澪「それにしても不思議なもんだよな…」

澪「コレ…、最初はあんなに嫌だったのに…、私たちが結ばれたのってコレのおかげなんだよな…」

律「うん…」

澪「そう考えると、何だかわいく思えてくるよ」

澪「律のコレ…、そんなになってるってことは、私のこと思ってくれてるんだろ…?それに、女の子のほうも…」

律「み…、澪だって、そうじゃん…」

澪「…」

律「…」

澪「…じゃあ…」

律「待って…」

澪「…?」

律「その…、不束者ですが…、よろしくお願いします…」

澪「こちらこそ…」

澪「…」

律「…」

「ん…」


-紬の部屋-

紬「…」でへー

紬「…はっ!!」

紬「いけないいけない…。澪ちゃんとりっちゃんが幸せになっても、私の責任が消えるわけじゃない…!」

紬「二人に何かあったら私が全力でサポートしないと!」

紬「気合を入れないと!」パンパン!


-梓の部屋-

梓「澪先輩と律先輩うまくいってよかったな」

梓「勇気をだして告白したからうまくいったんだろうな」

梓「…」

梓「それに比べて私は…」ジー(壊れた○○○ール)

梓「…今日は手でしよう…」


-唯の部屋-

唯「今日はいい日だったな~」

唯「澪ちゃんとりっちゃん今頃何してるかな…」

唯「きっと何しても幸せだよね!」

唯「私もいい気分…。澪ちゃんりっちゃん、お休み…」


3
最終更新:2010年11月30日 22:41