憂『それで、用事?』

梓「ああ、えーと…」

梓「憂は元気かなって思って」

憂『急にだね』

梓「うん」

憂『元気だと…思うけど』

梓「思う?」

憂『ううん、たぶん元気』

梓「たぶんかぁ」

憂『梓ちゃんが元気出してくれたらもっと元気』

梓「ぷふっ」

憂『ほんとだよ?』

梓「ああ、ごめんごめん」

憂『……前、言ったの覚えてるかな?…何でも聞きたいことあったら言ったねって』

梓「うん。もちろん」

憂『聞きたいことじゃなくてもいいからね』

梓「……うん」

憂『例えば、言いたいこととか』

梓「……うーん」

憂『平気かな?』

梓「うん。でも聞きたいこと、ある」

憂『なあに?』

梓「純のこと、好き?」

憂『好きだよ?』

梓「……」

憂『…梓ちゃん?』

梓「……そっか」

憂『?』

梓「わかった。それだけだから」

憂『えっ?梓ちゃ…』

ピッ

梓(…何してるんだろ……わたし)


純「…」

純(梓は自分の席だし、珍しくメール来なかったし)

純(眠いし…)

ガチャ

憂「純ちゃん、おはよう」

純「ああ憂、おはよう…」

憂「あ、くまできてる。寝不足?」

純「いや、寝過多…」

憂「寝かた?」

憂(寝違えたのかな?)

純(真剣に考えてる…かーわい)

憂「…」

憂(…梓ちゃん、今日はいっしょじゃないんだ)


憂「…」グゥ

憂(お腹すいた…)


純「ふわぁ…」ボリボリ


梓「…」カキカキ


憂「…」ポツーン

憂(よし!)ガタ

スタスタ

憂「純ちゃん!お昼食べよ!」ガシ

純「わっ、びっくりした」

憂「ほら早く!」

純「んもぉー…」

スタスタ

憂「梓ちゃんも!」ガシ

梓「うわっ!」

憂「ほらふたりとも!」グイグイ

梓「ちょっと憂…」

憂「座って!」

純「わ、わかったよもう」

憂「…」

憂「三人でお昼食べるの!」

純梓「!」ビクッ

憂「いい?」

純梓「は、はい」

憂「いただきます!」

純「…」

梓「…い、いた」

憂「いただきます!」

純梓「いただきますっ!」

憂(…やっぱり)モグモグ

梓「…」パクパク

純「…」グモグモ

憂(ダメかな…?)

憂(……そうだ)

憂「ね、ねえふたりとも!」

梓「?」

純「なーに?」

憂「明日家で勉強しよう!」

純「明日?」

憂「うん!その次はテストだし、お菓子も用意するから!」

純「あー…」

純(憂に気を使わせすぎちゃったな)

梓「行く」

憂「ほんと?」

梓「うん……純は?」

憂「…」ドキドキ

純「…行きたい」

憂「!やったぁ!」

憂(よかったあ…)

純「…お菓子期待してるぞー!」

憂「がんばるね!」

梓(ここで気を取り直さないと!)


憂「…三人で勉強するとはかどるね」

梓「純は寝てたけどね」

純「む!寝てない!」

梓「よだれ垂らしてたくせに」

純「それはアゴの筋肉が…」

憂「はは…あ、わたし明日の準備するからもう行くね」

純「あ、うん。よろしくー!」

梓「じゃあね」

憂「うん、任せて!ばいばい!」

タタタ…

純「…バカみたい」

梓「バカなんでしょ」

純「ま、そうだね…憂ったらあんなに張り切ってるし」

梓「……そうだね」

純「……ところでさ、梓…」

梓「?」

紬「あ、梓ちゃんいた!」

梓「あ、ムギ先輩」

紬「やっぱり勉強してたの?」

梓「はい。先輩もですか?」

紬「うん、それでね。みんなで久しぶりにお茶しようってことになったんだけど…」

紬「ふたりとも、行かない?」

純「…わたし、帰って用事があるので」

紬「そっか、残念」

純「いえ、ありがとうございました。さようなら」

紬「さようなら…」

スタスタ…

紬「……梓ちゃんは?」

梓「……行きます」


律「よーし、梓も来たことだし、久しぶりのお茶会だな」

澪「ファミレスだけどな」

紬「わたし、お菓子もってくればよかった?」

唯「えぇっ?持ってるのムギちゃん!?」

梓「…」

律「いやいや…」

澪「まあたまにはみんなで集まりたいしな」

梓「…でも、テストすぐですよ」

唯「いいんだよーたまにはー」

紬「唯ちゃんいっぱい勉強したもんね!」

梓「唯先輩が…?」

唯「おうさ!舐めてもらっちゃこまるぜー!ノンノン」

律「今回だけだろー」

唯「なにをー!」

澪「律もな」

律「み、澪ちゅわん…?」

紬「ふふふ、でもふたりともがんばってたのよ?」

梓「そうなんですか」

紬「うん、梓ちゃんたちも勉強できた?」

梓「まあ、一応は…」

梓(勉強より別のところに気がとらわれてたからなぁ)

梓「でも、赤点はないと思います」

紬「こっちはみんな高得点かも」

梓「そんなに…」

紬「がんばったからね!」フシュー

梓「…」

ガヤガヤ…


唯「お、お金が…」ボロ…

澪「意地張ってあんなでかいの頼むからだろー」

唯「だって、負けたくなかったもん…」

律「なーんだよ、負けるって」

唯「ぶーぶー」

紬「唯ちゃん…わたしが」

律「おいムギ!余計なことしなくていいぞ!」

紬「そう…?」

唯「うわあんムギちゃーん!」ギュー

紬「ゆ、唯ちゃん…」

梓「…」

梓「……唯先輩、ちょっといいですか?」

唯「……んむ?」


唯「みーんな帰っちゃったねー」

梓「ごめんなさい」

唯「ううん。……それで、なにかな?」

梓「えっと…」

梓「憂の良いところって、どこですか?」

唯「憂の?そうだなあ…」

梓「…」

唯「いっぱいあるけど、やっぱり優しいところかな」

梓「優しい…」

唯「優しすぎて、いつか強引さに負けちゃうかもって心配でもあるんだけどね」

梓「そうですか…」

唯「でも、憂はしっかりしてる子だからきっと大丈夫」

梓「……はい」


憂「よーし、準備しなくちゃ」

ガチャガチャ

憂(…ふたりとも、元に戻ってくれたらいいけど)

憂「…そうだ」

パカ

憂『どんなお菓子がいい?』

憂「…送信」

憂「…」

チャラリラ-♪

憂「はやいなあ」ポチ

純『クッキー!』

梓『ケーキがいい』

憂「…ふふ」

憂「……両方作ろ」


梓「…」

純「…何か言いなよ」

梓「なにを?」

純「何か」

梓「別に、言うことない」

純「…」

ガチャ

憂「おはよう!」

梓「あ、おはよう」

純「…おはよー」

憂(よかった、またいっしょだ)

純「……お菓子できた?」
梓「純そればっかり」

憂「あとは焼くだけだよ」

純「おー、憂のクッキーなんて期待しないわけにはいかないよ」

梓「クッキー…」

憂「あ、両方作ったよ」

純「両方って?」

憂「クッキーとケーキ」

純(すご…)

憂「楽しみ~」ポワン

梓(かわい)

憂「じゃあ純ちゃん。授業ちゃんと受けないとダメだよ」

純「わかってるよぉー」ギュー

梓「…」ムッ


純「おじゃまします!」バン

憂「どうぞー」

梓「おじゃまします…」

憂「じゃあ先に勉強始めてて。クッキー焼いてくる!」

純「おー!」

スタスタ…

梓「……どうしてケーキにしないの。大変でしょ」

純「ケーキのほうが大変でしょー」

梓「もう…」

純「いいじゃない。憂嬉しそうだったし」

梓「わたしたちが心配かけてたんでしょ」

純「……ま、そうだけど」

梓「あとでお礼言わなくちゃ」

純「…そうだね」

純「……あ、そーうだ」

梓「なに?」

純「いや、別に~?」

梓「?」

テクテク

憂「ケーキ持ってきたよー」

純「おおっ!」

梓「…おいしそう」

憂「はい、どうぞ」

純「いっただきまーす!」

梓「いただきます」

憂「召し上がれーっ」


純「あー、食った食ったあ」

梓「下品だよ…」

純「いーのいーの」

憂「クッキー食べられるかな?」

純「憂のクッキーならお腹がはち切れても食べるよ!」

憂「はは…」

梓(無理かも……うぷ)

純「あ、憂ー」

憂「なあに?」

純「膝枕して?」

梓「ぶっ!」

憂「あ、梓ちゃん?」

梓「へ、へいき」

梓(なに言ってるの…?)

憂「でも最近は部活もないでしょ?」

純「テスト勉強とマラソンの練習で疲れてるの!おねがぁーい」

憂「…わかった」

梓「えっ…」

純「やったー!」

憂「どうぞ」

純「失礼しまーす!」

ゴロン

純「重くない?」

憂「へいき」

純(憂の匂い…幸せー…)

梓「…」

梓(ずるい……ずるいずるい!)

憂「寝づらくないかな?」

純「いやもう最高……このまま眠りたい…」

憂「寝たらダメだよ~」

純「わかってるよぉ」

梓(信じられない…)

梓(もう、どうして純ばっかり…)

梓「…」ソワソワ

憂「…」


5
最終更新:2010年12月01日 00:53