好感度

  • 那爪
一章
姉さん女房 あんまりサボるなと釘をさす
奉公人那爪 繕いを頼む
飛脚阻止 深く追求
二章
滝で那爪と 認める
子供と那爪 可愛らしい
己がために 朱火ならここに
姫の臣-那爪の部屋 ここで
辻斬り事件 那爪を止める
妖魔の人形 那爪、後を頼んだぞ
二人の約束 仲間と共に
三章
見えない糸 分かった
松鯉屋と那爪 断る
いざ、朝廷へ 那爪
  • 夕凪
二章
里の異変-夕凪について それでも夕凪
誓いは胸に 受け取る
薬剤師 夕凪 ありがたく
絶え間なき責め苦 いつもか
二人の約束 死者への
狐狸 頼んだぞ
三章
いざ、朝廷へ 夕凪
山小屋の一夜 許す
僧群魔行 駄目だ
父と子 俺は父上
四章
薬剤師 夕凪2 部屋に入る
柳の下 夕凪を励ます
大和撫子 女として
  • 朱火
一章
宗谷山内偵察 「力を合わせて」
衛生的? なるようになるか
調虎離散の計 姫の様子を
二章
馬子にも ねぎらう
己がために 朱火が逃げたとは?
妖魔の人形 朱火、死ぬなよ
身代わり作戦 娘たちを
二人の約束 組頭として
刈羽峠越え 朱火、
三章
夢中 集中する事は
いざ、朝廷へ 朱火
国境の逃走者 任せた
四章
つまみぐい くれるのでは
  • 紗代
一章
三津砦奪回作戦 行くべき
調虎離散の計 姫の様子を
二章
紗代の覚悟 嫌ではない
東間の評定 家臣以上の
家中疑心 どうかご自分を
無明の転落 紗代姫を守る
二人の約束 故郷を
当主の覚悟 承諾する
刈羽峠越え 紗代姫、
三章
在りし日の たまには
いざ、朝廷へ 姫様
蛍火精 -4
四章
雷光の記憶 私が
茶会 そんなことはありませぬ
  • さくら
一章
松鯉屋のさくら 「案ずるな。・・・」
訪問者 さくらを気遣う
さくらの思慕 「落ち着け、」
  • 家臣
一章
三津砦内情視察 快諾
二章
姫の臣 判りました
東間平野の火計 そのようなことはない

ポイント

情30
一章
松鯉屋のさくら 「案ずるな。・・・」
訪問者 さくらを気遣う
宗谷山内偵察 「力を合わせて」
聞きたい事を頭の中でまとめた 夕凪について
衛生的? なるようになるか
三津砦内情視察 快諾
飛脚阻止 深く追求
二章
子供と那爪 可愛らしい
巾着切りと那爪 許してやる
姫の臣-那爪の部屋 ここで
里の異変-夕凪について それでも夕凪
辻斬り事件 那爪を止める
妖魔の人形 朱火、死ぬなよ
誓いは胸に 受け取る
紗代の覚悟 嫌ではない
東間の評定 家臣以上の
身代わり作戦 娘たちを
絶え間なき責め苦 いつもか
家中疑心 どうかご自分を
東間平野の火計 そのようなことはない
二人の約束 仲間と共に
狐狸 大丈夫なのか?
三章
夢中 集中する事は
いざ、朝廷へ 姫様
山小屋の一夜 許す
僧群魔行 駄目だ
四章
雷光の記憶 私が
氷の造形美
大和撫子 女として
茶会 そんなことはありませぬ

忍40
一章
松鯉屋のさくら 「辛いとは思うが・・・」
訪問者 さくらの行動を咎める
姉さん女房 あんまりサボるなと釘をさす
宗谷山内偵察 「俺が囮になる。」
さくらの思慕 「・・・・・・駄目だ」
兵站奪取 俺が斬りこむ
戦闘・鋼の殺意 引き分け
三津砦内情視察 冷静に
飛脚阻止 納得する
三津砦奪回作戦 危険です
調虎離散の計 いや、ここに残ろう
二章
馬子にも 忠告する
巾着切りと那爪 役人に引き渡す
姫の臣 ・・・・・
里の異変 もう少し情報を
里の異変-夕凪について もし叶わぬなら
辻斬り事件 弦を斬る
妖魔の人形 喜兵太、万一のときは頼む
新たな仲間 国境付近の芦屋方の動きを探る
紗代の覚悟 黙っている
身代わり作戦 任務のために
招かざる客 断る
無明の転落 籠を追う
東間平野の火計 それは、仕方のないこと
二人の約束 故郷を
狐狸 頼んだぞ
当主の覚悟 承諾する
刈羽峠越え 朱火、
三章
見えない糸 納得できん
在りし日の 少々気が
いざ、朝廷へ 朱火
山小屋の一夜 叱る
僧群魔行 黙っていろ
国境の逃走者 任せた
黒暗淵 受け入れる
黒暗淵 道眼
四章
雷光の記憶 我等が
柳の下 夕凪を叱り付ける
氷の造形美
つまみぐい ほどほどに

業22
一章
宗谷山内偵察 「俺が囮になる。」
聞きたい事を頭の中でまとめた 七人衆について
兵站奪取 俺が斬りこむ
三津砦奪回作戦 行くべき
二章
姫の臣 ・・・・・
里の異変 乗り込む
里の異変-夕凪について もし叶わぬなら
妖魔の人形 喜兵太、万一のときは頼む
新たな仲間 霞谷付近の情報を集める
誓いは胸に 受け取らない
身代わり作戦 任務のために
二人の約束 死者への
刈羽峠越え 紗代姫、
三章
見えない糸 納得できん
松鯉屋と那爪 仲介する
博打打ちと那爪 博打に参加する
流麗なる上忍 耳に
いざ、朝廷へ 夕凪
僧群魔行 黙っていろ
父と子 俺は父上
黒暗淵 受け入れない
黒暗淵 幻左衛門

責33
一章
姉さん女房 婚約のことを言う
宗谷山内偵察 「力を合わせて」
聞きたい事を頭の中でまとめた 冥極党について
衛生的? 後でもう一度釘を
三津砦内情視察 快諾
二章
馬子にも ねぎらう
子供と那爪 微笑ましい
己がために 朱火が逃げたとは?
姫の臣 判りました
姫の臣-那爪の部屋 そうだな
里の異変 もう少し情報を
妖魔の人形 那爪、後を頼んだぞ
新たな仲間 城下を中心に態勢を立て直す
東間の評定 穴井老の立場
薬剤師 夕凪 他の者に
家中疑心 どうかご自分を
無明の転落 紗代姫を守る
東間平野の火計 それは、仕方のないこと
二人の約束 組頭として
狐狸 大丈夫なのか?
当主の覚悟 いさめる
刈羽峠越え 紗代姫、
三章
見えない糸 分かった
夢中 気にするな、
博打打ちと那爪 負け分を払う
いざ、朝廷へ 那爪
山小屋の一夜 許す
父と子 父上のどんな
国境の逃走者 大丈夫なのか
四章
薬剤師 夕凪2 この場を去る
柳の下 夕凪を励ます
大和撫子 姉として
茶会 そんなことはありませぬ

合計
1~5 一般兵・足軽 刺客・下忍 追いはぎ・山賊 流れの浪人・浪人
6~10 忠義の忍軍・霞谷衆 くノ一・百舌衆 不気味な僧・虚無僧 刺客組頭・中忍
11~19 工匠・朱丸 東間の忠臣・弥七郎 浅賀の暴君・辰由 燃える商魂・松鯉屋
20~29 気鋭の中忍・朱火 暗殺者・さくら 蟲の支配者・業鬼 東間の大黒柱・半兵衛
30~39 勝気なくノ一・那爪 獣少女・深鷺 暴虐の鉄鬼・破軍 陽忍・喜兵太
40~49 指南役・夕凪 忍び組頭・陣馬 邪眼剣士・道眼 忍び頭領・幻左衛門
50~59 苦悩の剣士・翠蓮 伝説の忍び・影斎 忍びの涯て・凶ッ風 東間国主・紗代
60~66 天の護剣・譲葉 冥獄党首魁・白夜 妖樹の種子・未草 堕ちた英雄・凶主
67~ 結界の管理者・風愛 黄泉の使者・玉梓 混沌の姫・堕龍姫 英雄の資質・焔王鬼