テキストボックス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コントロールソース外の項目を表示

 Me.txtAAA = DLookup("[項目]", "クエリ名")

コントロールソース=DLookUp

=DLookUp("生年月日","t_A",ID = ID)
=DLookUp("生年月日","t_A","ID = " & ID)
=DLookUp("[Aname]","t_A","[A_ID]=[A_id]")

Me.txtA = DLookup("A名前", "t_A", "A_No=" & Me.txtB)
Me.txtB = DLookup("A名前", "t_A", "A_No='" & Me.txtB & "'")

コントロールソースに設定

 =IIf(IsNull([隠しテキスト]),"",
 DLookUp("表示項目","t_テーブル","ID =" & [Forms]![f_フォーム]![隠しテキスト]))

条件による切替

 「txtA」 と 「txtB」 を同じ位置に置く
 
 「txtB」 条件付き書式:[データ]=5
 「txtB」 コントロールソース:=IIf([データ]=5,[txtB],[txtA])
 
 Private Sub txtB_Enter()
   If Me.txtB = "" Then
       Me.txtA.SetFocus
   Else
       Screen.PreviousControl.SetFocus
   End If
 End Sub

Nullチェック

Dim myFrm As Form, AryFld As Variant
Dim i As Long, j As Long 

 Set myFrm = Forms![f_main]![s_main]
 AryFld = Array("txtA","txtB","txtC")

 For i= 0 to 2
   If IsNull(myFrm(AryFld(i))) Then
     j = j + 1
   End If
 Next i

前レコードの値をコピー

1. レコード移動時
 Private Sub txt年月_AfterUpdate()
   txt年月.DefaultValue = "'" & txt年月.Value & "'"
 End Sub

2. テキストボックスをクリック時
 Private Sub txt年月_Click()
 Dim cnt As Integer
   cnt = DCount("*", "t_A")
   If cnt > 0 Then
       Me.txt年月 = DLookup("[年月日]", "t_A", "[ID]-1")
   End If
 End Sub
最終更新:2012年03月22日 16:44
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。