レコード

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全レコードを削除

 Dim strSQL As String
 DoCmd.SetWarnings False
 strSQL = "DELETE * FROM テーブル名"
 DoCmd.RunSQL strSQL

空白行削除

 Private Sub Form_AfterUpdate()
   If IsNull(Me.テキストボックス.Value) Then
       DoCmd.SetWarnings False
       DoCmd.RunCommand acCmdDeleteRecord
       DoCmd.SetWarnings True
     End If
 End Sub

カレントレコードの背景色(帳票フォーム)

 非連結テキストボックス[txtID]作成、フォームヘッダーに置く
 条件書式 式:[txtID]=[ID]
 Private Sub Form_Current()
   Me.txtID = Me.ID
 End Sub

空白がある時、次のレコードに移動させない

Private Sub Form_BeforeUpdate(Cancel As Integer) 
    If IsNull(Me.A) Or IsNull(Me.B) Or IsNull(Me.C) Then
        MsgBox "未入力があります"
        Cancel = True
    End If   
End Sub
最終更新:2011年10月19日 10:41
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。