※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダマスカス


とある古代王国で生み出されたと言われる、非常に貴重な金属。
その製法は既に失われており、ダマスカスを用いた武具のみが現存している。

主に刀剣の素材として用いられ、ダマスカス製の刃は非常に強靭な上に
非常にしなやかで軽く、しかも決して錆びることがないと言われる。
複雑に浮かんだ層状の美しい流水模様から、美術品としても大変な高値がつく。

いくつかの武器工房で復元の試みがされ、実際に近い性質の模倣品は
製作されているものの、完全な再現にはいまだ至っていない。


+...
名前の由来は、主にシリアのダマスカスで用いられた事による。
(正確にはインド産の「ウーツ鋼」を、ダマスカスで刀剣類に鍛造した)
顕著な特徴である表面の木目あるいは流水模様は、不純物の組成により素材に
層構造が形成されるためであり、鍛造時に複雑な縞模様が現れるのである。

ファンタジー作品に名前が時たま登場することもあり、よく誤認されているが
ダマスカス鋼は別段「失われた最強の金属」という訳ではない。
完全再現こそ出来ていないものの、解析により詳細な材質や当時の製法も
ほぼ判明しており、神秘の素材などではなく単に刀剣の素材としての鋼である。
ただし作成された当時としては驚異的な硬度を誇る、超高炭素鋼または最硬鋼と
呼ばれる種類の高品質な鋼材であり、極めて優れた素材であった。

なお、現代において流通しているダマスカス鋼は異なる金属を組み合わせて鍛造し、
意図的に模様を再現した模倣品である。
製造メーカーによれば、各金属の長所を持ち合わせた粘り強く錆びにくい、
優れた刃物製品が生まれるのだとか。


+...
名前:
コメント:

最終更新:2016年04月07日 20:32