※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

兵器について、以下の規定を定める。

車両・小火器

特に定めない。

艦艇

艦種記号を用いた艦番号、艦名とする。艦種記号については以下の表を参考とすること。

艦種記号一覧(形式上のもの含む)

+クリックで展開
AOE 補給艦
AGB 砕氷艦
AK 輸送船
AMS 多用途支援艦
AOS 音響測定艦
AP 兵員輸送艦
ARC 敷設艦
BB 戦艦
CA 重巡洋艦
CB 巡洋戦艦
CG ミサイル巡洋艦
CGN 原子力ミサイル巡洋艦
CL 軽巡洋艦
CV 航空母艦
CVB 航空戦艦
CVC 航空巡洋艦
CVD 航空駆逐艦
CVE 護衛空母
CVL 軽空母
CVN 原子力空母
CVS 対潜空母
DD 駆逐艦
DDA 対空駆逐艦
DDG ミサイル駆逐艦
DDH ヘリコプター搭載駆逐艦
DDK 対潜駆逐艦
DE 護衛駆逐艦
FF フリゲート
FFG ミサイルフリゲート
LCC 揚陸指揮艦
LHA 汎用強襲揚陸艦
LHD 多目的強襲揚陸艦
LPD ドック型輸送揚陸艦
LSD ドック型揚陸艦
LST 戦車揚陸艦
LPH 強襲揚陸艦
MS 掃海船
MSB 掃海艇
MSC
MSO 掃海艦
PB 哨戒艇
PC
PF 哨戒フリゲート
PG ミサイル艦
PT 魚雷艇
SS 潜水艦
SSG ミサイル潜水艦
SSN 原子力潜水艦
TV 練習艦

艦名の命名基準

艦種 基準
航空母艦 山岳名 赤城、天城etc…
揚陸艦 河川名 利根、長良etc…
巡洋艦 律令国 長門、陸奥etc…
駆逐艦 気候 綾波、天津風etc…
潜水艦 瑞祥動物 蒼龍、飛龍etc…

航空機

固有識別記号及び愛称とする。
識別記号の構成は「(任務変更記号)+基本任務記号+機体種別記号+設計番号+(シリーズ記号)」とする。
  • 任務変更記号は派生型の使用用途が原型機と変更される場合の記号。オプション記号。
  • 基本任務記号は機体の任務を示す記号である。用途ごとにアルファベット1文字が付与される。
  • 機体種別記号は機体の種別(固定翼機、回転翼機等)の分類である。
  • 設計番号は開発順に1から順番に割り振られる。
  • シリーズ記号は同機種内のシリーズ識別で、機種ごとにAより割り振っていく。オプション記号。
  • 例1:「戦闘機の14番」→「F-14」
  • 例2:「攻撃機に改装されたCTOL輸送機の130番」→「AC-130」
  • 例3:「汎用ヘリコプターの60番」→「UH-60」

任務変更記号一覧

A 攻撃機
B 爆撃機
C 輸送機
D 無人機管制機
E 電子戦機
F 戦闘機
G 地上訓練機
H 捜索救難機
I 永久特別試験機
J 臨時特別試験機
K 空中給油機
L ミサイル迎撃機
M 多目的機
N 海空両用機
O 観測機
P 哨戒機
Q 無人機
R 偵察機
S 対潜機
T 練習機
U 汎用機
V 要人輸送機
W 気象観測機
X 実験機
Y 試作機
Z 計画機

基本任務記号一覧

A 攻撃機
B 爆撃機
C 輸送機
E 電子戦機
F 戦闘機
M 多目的機
O 観測機
P 哨戒機
R 偵察機
S 対潜機
T 練習機
U 汎用機
W 気象観測機
X 研究機

機体種別記号一覧

無印 CTOL
G グライダー
H ヘリコプター
Q 無人機
S 宇宙機
V VTOL/STOL
Z 気球/風船
最終更新:2012年09月30日 20:40