絶対顎髭領ウィキ

北アメリカデンジャラスチンパンジー

最終更新:

agohige_ryowiki

- view
管理者のみ編集可
学名:Pan troglodytes Armed and Dangerous Schwartz
別名:北アメリカデンジャラスチンパンジー
種目:霊長目ヒト科チンパンジー属亜種
分布:北アメリカ及び世界各地
体長:1m~2m
食性:木の実・若葉各種
発見者:シュワルツ氏

線路に妖艶な匂いを染みこませている北アメリカデンジャラスチンパンジー

[解説]
北アメリカで発見されたチンパンジーの亜種。
ドクヒマワリを始めとする様々な天敵をおびき寄せてしまう、妖艶な匂いを発するチンパンジー。
過去に、このチンパンジーを研究しようとした生物学者達が、相次いでチンパンジーと共に犠牲になった事からこの名称がついた。
温和な性質で、人には良くなつく。
とある富豪によりペットとしての売買目的で輸出されたが、数固体が脱走。
野生化したものが世界各地に散らばってしまった。

哺乳類だが、一回の産卵で、30~50個の卵を産む。
非常に強い繁殖力を持っているので、過酷な環境下や、天敵の多い地域でも、一定頭数を保つ事が可能だ。

コンクリート壁面に産み付けられた北アメリカデンジャラスチンパンジーの卵塊

なお、デンジャラスチンパンジーと命名される以前は、原住民達の呼んでいた「フレグランスチンパンジー」と呼ばれていたらしい。
識者の話によると、このチンパンジーは「オキアミ」や「いわし」のように、生態系を保つのに必要不可欠な存在らしい。

2012年1月、京都の動物園の猿山に花火が投げ込まれた事件において、唯一の犠牲猿となった1匹が、北アメリカデンジャラスチンパンジーであることが判明。
解剖に立ち会い、下顎と大腿骨の骨を持ち帰ってきたミゾヒゲ氏によれば、北アメリカデンジャラスチンパンジーの体内にはこの2つの骨しか存在せず、内臓も見当たらないという事実が判明した。
デンジャラス・フレグランス・ボーンズ

持ち帰った2本の骨は、2012年新春視聴者プレゼントとして、バチェ氏に贈呈された。



ネタメール絶賛募集中!!
投稿フォームは
hosplug HP内番組ページから
アナタのステキなネタをお待ちしております!!

最近更新されたページ