ゴツい女とヒョロい男

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「海の上か…どうしよう」

スタート地点が海の上だった白川剛。
何故か自分の支給品(と思われる)ヨットの上に乗っていた。

「結構いいヨットだな。部屋も付いてるし」
(全てが終わるまで、ここにいるのもいいな。)

確かに、人一人が暮らすのには十分だった。
食料もある。
テレビもある。何も映らないが。

「しっかし、やる事がねえな…ん?」

ゴリラが泳いでくる。
正確にはゴリラ…のような女だが。
あっけに取られている剛を尻目に、勝手に船に登ってくる。

「おい、勝手に入ってんじゃねーよ、ゴリラ!」
「…今何て言ったの?」
「はっ?」

見た目とは裏腹に、素早く懐に潜られる。

「なっ…」
「うおりゃああああああ!!」

そのまま、巴投げで海へ放り出される。

「うわあっ!!な、何しやがる!!」
「私のことを『ゴリラ』なんて言うからよ。素直に謝るなら、引き上げてあげる」
「…分かった。俺が悪かった…。」
「分かればよろしい」




お互い濡れた服を着替え、脱いだ服を干す。
何とか着れそうな服がおいてあったのが、不幸中の幸いか。

「そういや、アンタ武器かなんか持ってるのか?」
「いいえ、ガラクタの詰まった袋だけよ。」

袋の中身を乱雑に出す。
『1975/08/15』と書いてあるテープに、腕の部分が破り取られたミロのヴィーナスのイラスト。
象形文字の書かれた石、「爆弾」と書かれた謎の設計図…
どれも、役に立たないガラクタばかりだ。

「こんな物渡して、何がしたいんだか」
「さあな。とりあえず、今はここで服が乾くのを待とう」

【一日目・深夜/B-4】
【大岩忍@オリジナル】
[状態]:健康
[所持品]:支給品一式、ガラクタ袋@ロアシリーズ
[思考・行動]
基本:殺し合いなんてしたくない。
1:とりあえず、ここで服が乾くのを待つ

【白川剛@オリジナル】
[状態]:健康
[装備]: なし
[所持品]:支給品一式
[思考・行動]
基本:殺し合いなんてしたくねーな。
1:服が乾くのを待つ
2:服が乾いたら、どうしよう
※F-3付近にクルーザーが浮いています。

≪キャラ紹介≫
【大岩忍(おおいわ しのぶ)】 18歳/女/高校生
高校で柔道部の主将をしている。
強さは折り紙付き。

【白川剛(しらかわ つよし)】 17歳/男/高校生
高校でも特に目立たず、ひっそり過ごしている。

≪支給品紹介≫
【ガラクタ袋@ロアシリーズ】
一見するとただのガラクタだが、どれもロアに登場する物。
オカルト好きにはたまらない物かもしれない。
最終更新:2011年06月13日 23:21
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。