ココロコネクト-ジコランダム-

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1話 ココロコネクト-ジコランダム-


眠っていると、微かに光を感じた。
いつも通り朝が来たのかと思った。
目を覚ませばいつも通り学校に行き、あのメンバーで色々やって、また家に帰ってくる。
その繰り返し、エンドレスである。
そんな普通の日常が、来る。

「……そうだったら、よかったのにな」

目を覚ますとベッドの上だった。
ただし、俺が寝ているのは自分のベッドではない。
誰のベッドかなんてわからないが、他人のベッドだ。
何故ここにいるのか、というのは言わずともすぐに思い出した。
あの場で起こった最悪な事。
人が死んだ、俺自身は見ていないけれども。

「……はは、なんでこうなったんだろうな」

なんでこうなったのか、理由はあるのかもしれない。
でも、俺には分からない。
今の時点ではこう思うしかない。



――――――――運が悪かった。



何から何まで不幸が続いた。
裏を返せばそれは幸運だったのかもしれない。
しかし今回にしてみれば、幸運などないだろう。
殺し合い、ドッキリでも何でもない本当の殺し合い。
皆が死なないで生きて帰れる可能性なんて、本当に0に近いだろう。
だけれども、諦めたくはない。
こんな理不尽でしかない、こんな殺し合いは止めなければならない。
相手がどんな技を使ってるかなんてわからない。
でも、言うとおりに人を殺すなんて……したくない。

「……はぁ、相変わらず八重樫さんの意志の固さですね……だからこそ、八重樫さんなんでしょうが……」

ガチャ、とドアが開く音と聞こえた声とともに背筋に冷たいものを感じた。
『無』と言っていいような死んだ声。
そして、この喋り方。
<ふうせんかずら>――――『人格入れ替わり』のすべての元凶にして黒幕、のような存在だ。
何を考えているかなんてわからない。
もう何も考えていないのではないかと思うような奴だ。

「<ふうせんかずら>、この殺し合いもお前が仕組んだのか?」
「……勝手に勘違いしてるようですが……僕は自分から危害を加えるような事はしません……。
 あなた達が巻き込まれて、面白そうだったから手を出そうとしたまでです」
「お前は、この殺し合いに関係ないのか……?」
「今の時点では…………ですけどね」

俺はここで初めて<ふうせんかずら>の方を見た。
今回とりついているのは【40代くらいのガタイのいい男】だった。
普段は後藤にとりつく事が多いが、今回はさすがに違う。

「今の時点、と言うのはどういうことだ」
「……まぁ、簡単にいえば……再び『人格入れ替わり』をやろうかなと思いまして……」
「……は?」

『人格入れ替わり』――――様々な傷を作りだした、最悪の事象だ。
それを再び、ここでやろうというのか。

「とりあえず、八重樫さんに伝えれば一番面白いと思ったので……基本的なルールは変わりませんよ。
 ――――あと、死亡時の肉体と精神の関連は永瀬さんの時と同じですので……。
 それでは、頑張ってください……死なない事を願っています……形だけでも言っておきます……」
「……」

何か言うべきなんだろう。
だが、何も言えなかった。
何を言おうが無駄な気がして、仕方なかった。
<ふうせんかずら>はいなくなったようで、もともとの男の人が意識を取り戻した。

「……あ? ワシは、何をしとったんじゃ……?」
「どうも、おはようございます……あの、意識とかはあったんですか?」
「いや、さっきまで外で立って、ワシはなんでここに……」
「さっきまで、違うやつが貴方の体に乗り移っていた……と言えば信じますか?」
「――――――――どういうことじゃ?」

とりあえず、俺は知る限りの事をしゃべった。
<ふうせんかずら>の事。
そいつがさっきこの人に乗り移っていた事。
そして、何より――――『人格入れ替わり』についてだ。

「……とりあえず、俺が知る事はこれくらいです」
「――――信じられんわ、人と人が入れ替わるとは……」
「でも、俺はこうして経験しているし……少なくとも貴方がとりつかれていた事は信じてほしい……そうじゃないと説明もつかないし」
「まぁ……疑う理由もない、信じとくわ」
「そうしていただけるとありがたいです」

本当に信じてもらえたかは分からない。
だけれども、今は信じてもらう方法なんてない。
信じてもらうのに一番早いのは『人格入れ替わり』が起きる事だ。
そうすれば否応にも信じるしかないだろう。
だが、ここで入れ替わったらどんな事が起こる?
何も説明を受けてない4人はどう思うのか。
少なくとも、いい方向には進まない。



だが、いつ起きるかもどこで起きるかも誰に起きるかもランダムな『人格入れ替わり』はどこかで起きてしまう。



「……そういや、名前を言うてなかったわ……冴島大河や」
「ああ、俺は――――――――」

『人格入れ替わり』はランダム起きる。
それが例え自己紹介の時であろうがだ。




世界が、暗転した。




【一日目/朝/A-4住宅内】
【冴島大河@龍が如く4】
[状態]健康、『人格入れ替わり』に対する疑問
[装備]なし
[所持金]???YEN
[所持品]基本支給品、不明支給品
[思考]
1:――――
2:桐生はん達を探す
3:人格が入れ替わる?そんなアホな……
[備考]
※桐生一馬編終了後からの参戦です。

【一日目/朝/??】
【八重樫太一@ココロコネクト】
[状態]【????】
[装備]不明
[所持金]不明
[所持品]不明
[思考]
1:――――
2:文研部のメンバーを探す
[備考]
※ココロコネクト-ヒトランダム-終了後からの参戦です。


醒めない夢 SS投下順 [[]]
最終更新:2012年04月04日 16:34
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。