失敗

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「高いなあ…どれくらい高いんだろう?」
目の前にそびえたつ高層ビルを見上げ、呟く不死鳥。
そしてその後ろに遅れて到着する透。
「はあ…歩くの早いですよ不死鳥さん」
「ごめんね、急いだ方がいい気がするんだ。」
会話を交わしながらビルの回りを歩いて行く。
その時。
足音が響く。
「…あ、不死鳥さんか…こんな所で会うなんて奇遇ですね」
非常階段を降りてくるのは…下痢だった。
ゆっくりと階段を降り、扉を乗り越え不死鳥たちの方に近づく。
(嫌な感じがする。もしかしてゲームに乗ってるかも知れないから、油断しないでね)
小声で透に囁く。
(はい…でも、本当に乗ってるんですか?乗ってないかもしれないじゃないですか)
囁き返す透。
「別にゲームに乗ってる訳じゃないですから、武器下ろしてくださいよ」
猫なで声で言う下痢。
それに応じ、不死鳥は銃を下ろす。
「じゃあ、今から2人でビルを調べるから…ここで別れることになるね」
そう言って、不死鳥と透はビルに向かって歩き出す。
…その時、下痢の目の色が変わり―
―手に持っている火掻き棒を、透の頭めがけ振り下ろした。
「!」
あまりに突然の事で、声が出ない透。
(くっ…!さっき不死鳥さんが言ったとおり、ゲームに乗ってたんだ…!)
その音を聞き振り返る不死鳥。
「不死鳥さん、逃げて!僕のことはいいから!」
透の一言に、不死鳥は目を丸くする。
銃に手をかけ、引き金を引こうとするが…引けない。
(安全装置…!)
「…どうしても、逃げなきゃ駄目?」
透を見捨てることが出来ずにその場に立ち尽くす。
そんな2人に更に追撃する下痢。
「ぐぅっ…早く、逃げて…」
不死鳥に襲い掛かろうとする下痢の足を掴み、息も絶え絶えの状態でなお逃がそうとする。
「…本当に…本当にごめん…!」
心の底から嫌そうに呟き、走る不死鳥。
(真理…最期に…君と…)
「…もっと血が欲しいんだ…」
狂気に満ちた目で透を見下ろし、最後の一撃を加える。
(ごめんね…真理…)
その一撃が、透の頭を打つと同時に、意識は途絶えた。

「やっと血を得た…いけないとは分かってるけどねー。」
血が大量に付いている火掻き棒を握り、その場を立ち去る。
(病院…行くか…)

「ごめん…ごめん!」
何度も謝りながら、道を全速力で走る不死鳥。
(安全装置を解除してれば…もっと反応が早ければ…)
目から大粒の涙をこぼしながら、薄暗い道を走る―

【一日目/早朝/F-7】


【不死鳥@板対抗BR】
[状態]:健康、後悔(大)
[装備]:FN ハイパワー@現実、ボムブラストスーツ@メタルギアソリッドシリーズ
[所持品]:支給品一式、C4(1/1)@メタルギアソリッドシリーズ
[思考・行動]:
1:ごめん…本当に…!


【一日目/早朝/E-6:ビル前】


【下痢@板対抗BR】
[状態]:健康、「ふうのしん」発症(75%)
[装備]:火掻き棒@SIRENシリーズ
[所持品]:支給品一式、「ふうのしん」の枝@かまいたちの夜
[思考・行動]:
基本:欲望のまま行動する
1:もっと血が欲しいなあ…
2:病院に行こうかな

【矢島透@かまいたちの夜 死亡確認】
死因:撲殺


Back:チュートリアル 時系列順で読む Next:
Back:チュートリアル 投下順で読む Next:
Back:寝る子は育つ 不死鳥 Next:
Back:寝る子は育つ 矢島透 GAME OVER
Back:幸運は2度も続かない 下痢 Next:
最終更新:2010年01月28日 22:59
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。