光牙

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声:緑川光 / 雪野五月(幼少) 
本作の主人公。13歳。

新生ペガサスで本編のアテナである沙織が養母
原作でも活躍した白銀聖闘士シャイナを師匠にもち
赤子の時に射手座になった星矢に救われるなど
旧作との強いつながりに期待する声もあったのだが・・・。
数々の問題点から信者からも人気も低い主人公になる。

問題点

①光牙は誰に技を習った!?
光牙が第一話から使用する技は、『ペガサス流星拳』。
流星拳と言えば、魔鈴から星矢に受け継がれた技である。

しかし、光牙の師匠シャイナの得意技はサンダークロウ。 流星拳ではない。
まぁシャイナも白銀聖闘士、流星拳を使えてもおかしくはないが…。
そうなってしまうと、誰でも使える技を最大の技として使っていた星矢の存在価値が下がってしまう。

そもそも光牙自体、本編の途中まで全く聖闘士としての力に目覚めていなかった。
恐らく技すら習える状況化にはなかったと思うのだが…

まさか、もしかして、1話で聖衣を纏った瞬間に星矢の幻が現れたが、あの時に何かを受け継いだのだろうか?
星矢が6年もかけて魔鈴から受け継いだあの技を、そんな精神論だけで?

その後も、ローリングクラッシュ等の原作で星矢が繰り出していた技を使用し、
まるで星矢の遺志を継ぐ新たな時代の聖闘士のように、Ωでは描かれようとしているが…。
本来、彼にとっての偉大な先輩は星矢ではなく、カシオスになる(笑)

何しろカシオスは、同じシャイナ一門で光牙の兄弟子にあたるので、
原作にそって考えた場合、『ペガサス光牙=カシオスの無念を晴らし、念願のペガサス聖衣を手に入れたシャイナ一門』
という聖闘士に位置してしまう…ということにスタッフ陣は全く気づいていない。


②アテナに対する感情
養母である沙織(アテナ)を強く慕う光牙は1話でマルスに襲われさらわれた沙織を捜すべく
旅に出る。しかし3話でパライストラに到着してからは様子がおかしくなり
沙織を捜し出すことは喫緊の問題ではなくなってしまう。
学園長代理から「アテナは聖域の神殿に無事で居る」という旨の話を聞き、最初は半信半疑だったが結局
パライストラで学んで強くなり、白銀や黄金に昇格してアテナに謁見することを目指すようになってしまう。
(後にわかることだがもちろん沙織は聖域などに居るはずもなく本当はどこか謎の場所(実は火星)に監禁されている。
学園長代理は嘘をついたわけではなく真実を何も知らないだけだった。)

いったい沙織が目の前でバケモノにさらわれたことをどう思っていたのか?という疑問を禁じ得ない展開と、
話の都合でいいように流されまくる光牙には批判が相次いだ。
8話でアリアと出会ってからは関心がそちらに向き、アリアを守ることに異常なほど執着し、沙織の名は
たまに口に出す程度になってしまった。
沙織がマルスに小宇宙を吸い取られている間、バイトをクビになったり川を見つけてパチャパチャ遊んだり
タコスを食べて火を吹いている体たらくである。
アリアの死後、十二宮編になってからますます沙織のことは口にしないようになっている。
39話で玄武によって、ようやく、やっと、ついに沙織の行方を知るものの、

光牙「・・・沙織さんが・・・」
ユナ「どうしたの光牙?」
光牙「いや・・どちらにせよ同じことだ・・俺はマルスを倒す!」

などと、既に沙織に対する感情がなくなっているかのように描写されてしまう。
アテナが、ましてや自分にとっては育ての親が火星で苦しんでいるというのにこの薄情さである。
その後41話で人馬宮になぜかあったアイオロスの遺言を見て
「必ずマルスを倒して沙織さんを、アテナを助けてみせる!そうすれば必ず世界は救われるはずだ!」と
やっと主人公らしく意思を固めることとなるが、決意するのが遅すぎではある。
終盤になっても脚本によってブレまくるキャラと思考に視聴者は困惑することとなった。


③短絡的な行動
すぐにケンカをふっかける、大人に対して礼儀がないなど
露骨な行動で周りを振り回すことが多い。
特に初期はやたらと無知なのに無礼な態度ばかりとっていたため、
育てた沙織やシャイナにも批判が及ぶこととなった。
ユナがバカ呼ばわりしてる辺り公式でバカ扱いではあるが
あまりにも考えなしの行動は疑問視されることも。

さらに、まがりなりにも助太刀してくれたエデンに対して何一つ感謝せず、
「あいつはマルスの息子だ!」と吐き捨て、物語終盤に入っても感情的で短絡的な面を露呈させた。
しかしマルス戦では今までの敵対ぶりがなかった事かのようになり
脚本によってブレる友情描写に視聴者は混乱した。


十二宮編では、黄金聖闘士相手に毎回考えなしで突っ込んで
ふっ飛ばされるというワンパターンな行動を繰り返している。
38話では「それなら時間より速く、光の速さで当ててやる!」と
豪語したが、そもそも光牙はユナや龍峰が目覚めたセブンセンシズに
未だ目覚めておらず、光速拳など使えるわけもない。
(Ωではセブンセンシズ=光速拳というわけではないため光属性攻撃という意味だったのかもしれないが)
そしてやることはペガサス流星拳という技までワンパターンなオチだった。
また周りが注意しようと突っ込んではふっとばされている。


④チート過ぎる不思議な力と盛り過ぎた意味不明な設定
ピンチは大体いわゆるイヤボーン(感情の爆発がきっかけのチート攻撃)で乗り切る。
1話2話4話と初期は覚醒と言う名のイヤボーンばかりで話を進めたため
主人公特権(?)を乱用しすぎな光牙のキャラ付けに早くも不満の声が上がった。
しかしそのイヤボーンもアリア登場後はアリアの力ぞえが加わることも多くなり
9話で壁がこわせないどうしよう→アリアが祈る→ボーン
21話で謎の男の攻撃がきてどうしよう→アリアが祈る→垂直に飛び谷底から帰還
38話でフドウにボコボコにされる→脳内アリアが語りかける→起き上がる
といった具合に、超人二人の相乗効果で危機を逆転するという更にウザイ方向に進むことに

非常に珍しい光属性と、説明されてないが何故か忌み嫌われている闇属性の二つを合わせ持つ。
実は生まれ持った本来の属性は闇だったが、
→じゃあ今までの俺の光は何だったんだ
→「沙織さんの光があなたのことを守っていたのかもしれないわ。
  でもそれだけじゃない、あなたが自分の中の光を信じていたから光の小宇宙を燃やすことができたのだと思う」(アリア談)
…というよくわからない説明で納得してしまう。視聴者はおいてけぼりである。
後にぼんやりと判明することだが、どうやら闇の小宇宙持ちは強大な光の小宇宙を持つ者(沙織やアリア)がエイヤっとやれば
光の小宇宙持ちに書き換え可能らしい・・・ご都合主義も甚だしい話である。
光牙のみ本来の闇の属性の覚醒を止められる。燃やそうとするとユナやアリアに燃やしてはダメと止められる。
マルスやアモールやその他の人物は、制御できているのに光牙だけ制御できない。
このあたりの説明は、一切なく新生聖衣編でも説明もないアプスの影響なら光牙も制御可能のはずである。

24話で出生の秘密をシャイナから明かされるが「13年前マルスとアテナが戦っていた最中に
巨大な隕石が地上に降ってきて光と闇が炸裂し二つの命がその力を受けて残った。
それが光牙とアリア。光牙はアテナに、アリアはマルスにそれぞれ引き取られた。」
…というよくわからないものだったがこれもアッサリ納得している。
話を聞く限り隕石から生まれた隕石太郎?のような話だったため「もっとショック受けろよ!」と視聴者は驚いたが、
20話以上後の45話にてマルスが再度ご丁寧に説明したところによると、アリアと光牙は隕石墜落後に現れた赤子というわけではなく
戦上の数メートル先にたまたま居たためとばっちりで光と闇の力を受けてしまった赤子」だったそうな…
これはこれで無茶苦茶な話だったため、ようやくクライマックスで明かされた真相のチンケさにスレ住民は脱力することとなった。

盛り過ぎた意味不明な設定もそうだが、アテナの行方等も疑問に思って
とことん追求するということをしないため、視聴者をイラつかせることに。
主人公とはいえあまりにも特別な人間にし過ぎているところに違和感を覚える声も。
クライマックス付近ではマルスを倒せるかもしれない唯一の希望として急に仲間たちにも持ち上げられまくっている。


⑤まさかのボス化
今までツッコミどころは大量にあれど何とか聖闘士として戦った光牙だが
47話で唐突に登場したラスボスアプスの器になってしまい
なんとか自制しようとするも、ようやく再会できそうだった沙織が殺される幻影を見て発狂。
容貌が髪の毛は逆立ち肌は黒くなり変り果てた姿でまさかのラスボス化という超展開をかましてしまう。

乗っ取られた光牙(アプス)はそのままアテナを殺害しようと囚われた樹木に近づこうとし

  • アモールを腹パン一発で殺害
  • メインに魔傷をつけてボコボコにする
と大暴れをする厄介さになってしまう。

不可抗力の部分もあれどよりによって主人公が世界を滅ぼす原因になる上
それに対するエデンのがまだ主人公に見えるシナリオ構成に疑問があがる始末になった。

ハーデスと因縁があった以外は元は普通の少年であり仲間たちとも対等だった、星矢とはあまりにも対照的である。

ご都合主義な事に黄金聖衣を纏ったアモールを一撃で黄金聖衣ごと貫いて殺したのに、
メイン青銅はなかなか殺さない(魔傷は与えたが)というグダグダな戦闘シーンの末に、
ユナが抱きつきながら「あなたは絶対にアプスになんて負けない。あなたは光の聖闘士、ペガサス光牙よ」「自分の光を信じて」
と諭したことで、光牙は自我を取り戻してアプスは光牙の中から出て行った。
そして光牙から出ていきアテナを連れ去ったアプス(器なくても行動できんのかよ)とのラストバトルは星矢により光牙一人に託されてしまい、
迷惑主人公のくせに最後の最後まで唯一の希望扱いされる光牙にスレ住民はもうウンザリすることとなった。
最終更新:2014年03月10日 06:34
添付ファイル