苗羽支社開発記

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

我が町案内に書いていましたが、荒らされたりすると困るので、ここに移動させました。向こうのはこれが完成次第消します。その代わりここにリンクを張ります。

社支社をはじめるに当たって

 当支社は、A列車で行こう物語 苗羽支社編 №01の話に使われることがあります。
 また、きっと登場したい人を募集すると思いますが、募集した場合、登場したときの職業や年齢は違うかもしれませんが、よろしくお願いします。

みなさん、気付いているであろうか。下には、子会社案内とかがない。それは、各子会社のページにあったり、各支社の路線で分けてある。
鉄道路線
バス路線

まずはじめにすることとは~設ける基盤を作ろう~

 株主の皆さん、こんにちは。
 このたび、この苗羽市を開発することになりました。
 実はここ、市長さんの指令によって、苗羽駅を真っ先に利用客のいる状態にしなければなりません。
 こんな状態ですが、やる気を出していこうとしているんです。
 それでは、こんな島ですが、開発を進めて生きましょう。

市長が設定した内容で成功させよ。

 実は、市長が、苗羽駅をまず500人以上の利用者にするといったのである。

社長と、苗羽支社のことについて話したい人へ

君、この社長と話がしたいか。
何でもいいから語れ。だが、荒らしは当然禁止だ。
荒らしを起こしたものは、ちょっとした罰を与えることを許すならここに来い。

さあ、ここより下に書き込むが良い

前にも話したが、荒らしは禁止で、荒らせば罰ゲーム曰くアクセス禁止の対処を取る。
こんな俺も、学生であったりラジオの放送なんかをしてるから、なかなか暇が出来ないと思う。意見は「果報は寝て待て」のように。

  • がんばれ^^ -- 小5会長君 (2011-12-30 12:42:59)
名前:
コメント:
最終更新:2011年12月30日 12:42
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。