Brainで動作するソフトの判別方法

SHARP BrainのWindows CEを活用するより

170 :名無しさん@3周年[sage]:2009/06/20(土) 08:57:46 ID:9faNbCbN
    Brainで動作するソフトの判別方法。 
    ARM版なのは既知だけど、exeファイルを調べれば、ある程度分かる。 
    ・準備 
    PC上で、exeファイルのリンク情報を調べることができるソフトを導入する。たとえば、「DLL Toys」とか… 
    → ttp://jp-bridge.com/jp/dlltoys/ 
    これの「EXEビューア」はフリーで使える! ただし、WinXPまでしか動作保障がないので、Vistaで使えるかは知らん。 
    ・使ってみたいCE系のソフトを入手して、PC上でARM版のexeファイルのdllのリンク情報を調べる(上記のEXEビューアなら、プロパティ 
    ダイアログの[インポート]タブ)。 
    ・判断基準 
    以下に示すdllがあった場合、動く/動かないがある程度判断できる。 
    1) 絶対動作しないもの 
    aygshell.dll (WindowsMobile向けのソフトでは大抵これを使っている) 
    2) 多分動作するもの(以下のものだけなら、動く可能性が高い) 
    coredll.dll 
    commctrl.dll 
    ole32.dll 
    oleaut32.dll 
    sharplib.dll (これを使っているのは、現時点では公式アプリだけ) 
    exeファイルと一緒に入っているdll 
    以上、現時点で、分かっている範囲だけだけど、参考まで…。 
    ※「『×××って動くの?』とか聞く前に、自分で調べろ!」とか言いたい局面で、引用でもしてくれ(笑)。

※aygshell.dllはダミーdllを注入することで対応しました。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。