※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テンダイスポテト


材料(4人分)

  • じゃがいも(3コ)
  • 黒ゴマ(大さじ1/2)
  • バター(大さじ1)
  • 塩(適量)

作り方

  1. じゃがいもの皮をむいて、サイの目切りにして、水にさらしておきます。できるだけサイコロに近い形に切るのがポイントです。
  2. 鍋にじゃがいもを入れ、ひたひたの水で堅めにゆでます。このとき、茹ですぎると煮くずれて角が丸くなってしまうので、注意しましょう。
  3. 堅めにゆでたじゃがいもをいったんざるにあけ、鍋にバターを入れ、ジャガイモを軽く炒めます。この時、サイコロの形が崩れないように優しく混ぜるようにしましょう。
  4. じゃがいもの色をいかすため、適量の塩のみで味を調えます。
  5. 最後に黒ゴマを満遍なくまぶせば、できあがりです。


テンダイスポテトの由来

黄色みを帯びたじゃがいもの地色に映える黒ゴマがサイコロの目のように見えることから、この料理は元々は「サイの目イモ」と呼ばれる料理でした。

ある時、戦場に赴く兵士への激励にこの料理を振る舞ったところ、その戦いでの生還率が劇的にあがったことから、験担ぎのメニューとして知られるようになりました。

テンダイスにちなんでサイの目状のじゃがいもを10個食べると、とびきりの加護が得られるとされ、いつしかこの料理は「テンダイスポテト」と呼ばれるようになりました。

験担ぎのメニューとしては10個きっちりと数えて食べるのが正式ですが、バターと黒ゴマの風味とあっさりとした塩味が織りなすハーモニーはたけきの藩国民に愛され、定番のおかずメニューの一つにもなっています。
普段のおかずとしては、サイの目の形になっていない端の部分も無駄なく使い、山盛りにしてもりもり食べましょう。

験担ぎのメニューとして作る時は、サイの目に切ったじゃがいもだけで作ることが重要です。


調理例

(レシピ・料理作成・写真撮影:りあらりん)


最終更新:2008年05月09日 22:02
添付ファイル