クラッシュ4 > 陸上テク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラッシュ4/陸上テク

NSJやジグザクジャンプといったようなテクニックは必要ない(……というかできない)。


<移動方法>

基本的に左スティックを使用すること。
ただし、方向キーを使ったほうがやりやすい場所もある。
横スクロールでは方向キーを使用したほうがやりやすい場合が多い。


<ジャンプに関して>

・小ジャンプ

4では3と違いジャンプするとタイムロス。
故に、飛距離の最も小さいこのアクションを多用することになる。

・大ジャンプ

広い穴や罠を越える場合などに用いる。
特に、罠を越える場合には割と重宝したりする。

・スライディングジャンプ

主として空中のタイム箱を頭突きで壊すときに使う。
意外に使用頻度は高いが、穴を越える場合には極力使わないこと。

・ダブルジャンプ

かなり飛距離が大きいので、小ジャンプ、大ジャンプ、スライディングジャンプで対応しきれない時に使おう。
1回目のジャンプを小ジャンプにした「小ダブルジャンプ」は大きな穴を越えたり、金網につかまる時間を短くしたいときによく使用する。


<スピン(空手キック)の特性>

・通常のスピン

クラッシュ4においては、不必要にスピン(空手キック)で箱を壊すと引っかかって若干のタイムロスになる。
無敵状態でない時に地上のタイム箱、アクアク箱を壊す場合以外は基本的に使わないこと。
ただし、二つの例外あり。

①どうしても進行の邪魔になる箱や敵の場合。

②無敵状態で空中の箱を壊す場合(スピンを使うと頭突きになって滞空時間が若干縮まる。)

・竜巻スピン(クラッシュのみ)

滞空時間を稼ぎたい時や、箱の塊を壊すときに使うが、無駄に□ボタンを連打するとクラッシュの移動スピードがわずかに落ちるためタイムロスになる(体感なのでまだ確証はないが)


<爆発系の箱の対処法>

今作では、爆発系の箱にタイム箱が接している場所が多いため、これらをアクアクを犠牲にして突破することが必須となってくる。

・クラッシュの場合

クラッシュの視点から見て(←ここ重要)正面に爆発系の箱がある場合はスライディング、サイドにある場合はスピン。正面からスピンすると、一瞬動きが止まってタイムロス。

・ココの場合

スライディングがないため、常に空手キック。



<バズーカスタート>

・最初のタイム箱の側からバズーカで時計を撃つ。

最も基本的な方法。成功率は高い。

・出来るだけ遠くから、時計およびその付近にあるタイム箱を撃つ。

時計およびタイム箱はバズーカを撃つ位置からかなり離れていることが多い。
しかも、ちょっとでも角度がずれれば標的に当たらないため、かなり高難易度。
また、クラッシュ自身の位置がちょっとずれるだけでもバズーカを向けるべき角度が大きく変わってくる。

バズーカを打つ位置を正確に覚え、それを貫いて何度も練習しよう。

・リンゴ飛ばし

ココのステージで使用する。
空手キックまたは足払いでリンゴを飛ばして時計に当てるという荒技。
ただ、リンゴはどこに飛んでいくか分からないため成功率は非常に低い。

<点滅状態(完全無敵状態)>

敵や罠などに当たってアクアクが失われると、クラッシュ(ココ)が点滅する。
点滅している間は、敵に当たろうが、穴に落ちようが、溶岩に飛び込もうが、とにかく何をしても一切ミスにならず、操作ももちろん可能。
敵にわざと当たって点滅中に金網地帯の下の穴を突破したりすることができ、大幅にタイムを短縮できる。
※ただし、点滅が終わった瞬間にミスになるため、操作はてきぱき行うこと。
最終更新:2014年11月25日 21:09