洗濯について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

洗濯について

日頃使用していると必ず汗やほこりで汚れてきます。雑菌も繁殖します。
人間は一晩でコップ一杯分の汗をかくそうです。
ぬるま湯での手洗いがおすすめです。洗剤には漂白成分が  
含まれているモノもありますので気を付けましょう。
粗悪なカバーですと洗うだけで印刷が落ち真っ白になる事もありますので充分注意しましょう。





•洗濯機の場合-

カバーは裏返し
表で洗うとネットに入れても折目が擦れる
ネットとカバーは1:1が基本
一つのネットに複数カバーを入れるとカバーに洗剤が残留する
洗剤はエマールやアクロンとか、液体洗剤で中性のものを推奨
洗剤の中には色落ちしやすい物がある
モードは手洗いが基本だが5分付け置き後、濯ぎ→脱水でも可



※稀に水洗いで色落ちするカバーもあるので、初めて使う種類は一枚づつ手洗いしよう



•手洗いの場合-

チャックを閉め表で浸け置き5分
畳んで水から上げ浴槽の水を替える
水に浸けたら抱き枕カバーのチャックを開け、口に手をいれを上下に動かす。
自然に裏返せるので角を整えチャックを閉め、畳んで水から上げる。
畳んだまま新しい水にもう一度潜らせれば濯ぎ完了。



•洗濯機脱水-
畳んだカバーを対に置き脱水



•タオル脱水-
バスタオルの上に乗る位カバーを折、バスタオルの上に置く
そのまま丸めてパンパン
お好みで繰り返して下さい



※水中で裏返すのはカバー表面に着く埃を防ぐ為です
※水中で畳むのは伸びるのを防ぐ為です
※脱水したらシワ取りに、畳んでパンパン叩きましょう




•洗い方補足-


使用する容器は洗面器・バケツ等でも出来ますが、タライがあれば便利です

水中で畳むとありますが、水面に浮かせると畳みやすい
多少なら水面上に出しても構いませんが、表面張力が働くので無理はしないように

始めから畳んで置くのも手ですが、浸かりにくい生地もあるので注意しましょう

洗濯機脱水の場合、綺麗に畳んで配置すればネットはいりません
ネットは水流による摩擦や捻れを防ぐ為の物なので、回転時に動かないよう配置できれば必要ありません
ただし、裏返すのが面倒で表で脱水してしまう人はネットに入れてください
最終更新:2015年06月08日 15:08