日本代表

妄式情報


各チームのスター選手が揃ったダイナマイトリーグ最強チーム。
アベレージヒッターや守備職人たちの夢の共演で勝利へ突き進む。

打撃力 ★★★★
機動力 ★★★★
投手力 ★★★★★

監督:犬神太一
キャプテン:南方

選手データ


控え投手の野手能力
選手名
雑賀 3 4 5 4 7 3 1 1
橋爪 3 3 4 4 7 3 1 1
笹原 3 3 3 3 7 3 1 1
六反田 2 3 3 3 7 3 1 1

チーム考察

一流の日本人選手が揃った攻走守どれをとってもハイレベルなチーム。
南方投手だとDH制でもないのに全員が打てるという文字通り穴のない打線が出来上がる。
守備力も高く、上手くいけばトリプルプレーもでる。

キャプテンである南方は投手以外に内外野もこなす日本代表の中心的人物。打撃も一流。
南方の女房役である片倉も高い打撃力に安定した守備力を誇る日本代表の正捕手である。
バッテリーがともにイケメンでしばしば「イケメンバッテリー」とも呼ばれる。
守備は一級品の片野坂が守備固めに甘んじているのは日本代表=「イケメンバッテリー」というイメージがあるからという噂さえ立つほどである。

日本人最強と謳われる滝川は確実性の高いリードオフマンとして一番に座る。さらに出塁してしまえば俊足を飛ばしてすぐに得点になるのも魅力。守備もうまい。
亀の強肩兄弟として名高い新堂(勇)はミート力こそ滝川に劣るものの他は勝るとも劣らない能力で滝川に続く。強肩でサードやライトを守り安定した守備を見せる。
三番は滝川を上回る俊足を持つ島津が座る。一発もあるため油断はできない。こちらも強肩で微妙な適正を補って余りある動きを見せる。
頼れる日本代表の主砲、男・郷野は確実に上位打者を返せる能力の持ち主。大切な時に打つという印象がとても大きいバッターである。
後ろに続く片倉は五番としてはしては少々物足りないパワーではあるがそれでも確実につなぐ巧打の捕手である。
天性の野球センスを持つキャプテン・南方は片倉にも劣らない打撃力で投手ながら六番に座りランナーを還していく。網島は犬の守備の要。センター方向に飛ぶ打球をことごとくフライアウトにする能力を持ち、打撃も決して悪くはない。内野守備の名手、中川は飛んでくる打球を「読み」でさばくこともできる。二遊間を抜けるためには相当うまく打たないといけない。
植松はベテランながらいまだ衰えぬ守備の才能を持つ。打撃もつなぎの九番として君臨する。

代打兼代走として活躍する伊達は守備こそ微妙だが滝川に勝るとも劣らない打撃を繰り広げる。守備は微妙ながら守れるためスタメン出場もある。
代走として活躍していた蜥蜴の倉科は打撃力が認められ代打やスタメン出場も増えている。
桐野は数少ない長打9であるが、郷野と違いこちらは粘り強いバッターである。
代打の切り札である蜂須賀は長打は桐野に劣るが同じ粘り強いバッターでしかも安定感がある。ここぞの一撃で試合展開すら変える。守備が悪いので、スタメンはほとんどDH制の時に限られるが最近はサードスタメンもある。文字通りの不動のサードである。
最強の捕手守備固め、片野坂は打撃も最低限はあるが高い打撃力を持つ片倉にスタメンを奪われている。
谷口はダリーグ最強の外野守備力を持つ。高い適正と強肩で進塁を阻止&差したのは数知れず。ただし打撃は弱い。
藤原は谷口と共にタートルズの守備の要と活躍し、その守備力を日本代表でも発揮できるか。
こちらも打撃はヒドイ。

投手陣もこれまた優秀。速球、コントロール、変化球、スタミナと全てにおいてハイレベルである。
また各選手で得意分野が分かれるが、それだけではなく全ての選手がサブウエポンも標準装備。穴がないといえる。
またボール球や代打などを贅沢に使えるほどスタミナも豊富。唯一六反田が壊滅的だが他でなんとかなる。
ダイナマイト野球界でも一二を争う選手である南方は打撃力、守備力もさることながら投手力も9と10で構成されているという正にチート級選手である。唯一の欠点はスタミナが並み程度なことだが周りがすごすぎてそこまで気にならない。
隼の三本柱の一角・剛腕王子雑賀は南方をも上回るスピード違反の球を投げる。まずはそれで打たれないのだがたまに組み込むフォークとカーブで惑わされてしまい気付かないうちに三振に倒れているという。
針の穴をも通す制球力が魅力の左腕・橋爪は速球こそ微妙ながら非常に繊細なコントロールと変化球でストライクゾーンぎりぎりを横断する。ゾーンぎりぎりを操るため審判の誤審が多発。大事な時のフォアボールでサヨナラを許したことも。本人と監督はあれはストライクだと抗議するも判定は覆らなかった。
笹原は速球と伝家の宝刀・切れ味抜群のシュートで相手を切り刻む麒麟児。速球もありコントロールもなかなかで他の変化球やスタミナも十分で色々なことが出来る。自慢のシュートで相手はバットで空を切る。しかし他人から見ると全然違うところを振っているようにしか見えない最強のシュート使いである。
抑え兼おまけの犬のクローザ―・六反田はスタミナこそ皆無だが優秀な能力、特に南方を上回りなんと雑賀まで凌駕する速球を持ち、おまけとは思えない能力である。クローザーとしては最強候補が日本代表でもセーブを重ねられるか!?

外国人がいないので実在チームにはパンチ力でやや劣るが、投手力や守備力は非常に高く得点を許さないので確実に得点を積み重ねるのが重要。
パワーは少々劣ってもミート力、巧打などテクニックは優秀なので得点を取るのは難しくない。

実評価

打撃力 ★★★★
=各チームの打撃の軸の寄せ集めなだけあり打撃力は文句なし。スタメンに攻守安定したHRバッターが少ないが、そこは日本人のテクニックでカバー。守備職人たちもスタメンに入る選手たちは最低限の打撃力を持っている。
機動力 ★★★★
=脚8以上が6人と多いが、他は平均以下が多い。たいていはパワーヒッターか守備職人なため仕方ないか。代走のコマもそれなりにあるので最終回は困らない。
投手力 ★★★★★
=穴がないといっても過言ではない。スタミナが高くいろいろできる三本柱に万能の南方、非常に高い能力の抑え六反田と一試合では使いきれないぐらい揃っている。とても高い能力なのだがこのメンツだとどうしても六反田はおまけ程度にしかならない。
内野守備 ★★★★★
=打撃力とも両立できる非常にポテンシャルの高い選手もいる。守備固めをすれば全ての守備適正を9以上に出来るが打撃力が劣る。二遊間はほぼ常に鉄壁である。三塁もそこそこ堅い。
外野守備 ★★★★★
=高い適正を持つ選手や強肩など揃いまくっており二塁打はめったに許さない。守備固めをするとヒットすらほとんど許さなくなる。ダリーグでは適正10が二人以上いるチームはないため夢の共演となる。

控えまでもが優秀で守備要員にも代打を出せたり、大砲に代走を出せたりする。
あまり采配を考えずとも上手くいくことが多い。
しかし人数は限られているので少しは考える必要はあるが。

スタメン考察

捕手候補
選手名 適正 肩力 考察
片倉 7 8 走攻守全てが安定した犬の代表的な存在。捕手適正も同じく安定しており、かなりいい打撃力なので正捕手候補。
片野坂 10 10 球界屈指の強肩と捕手適正。バントを絶対許さないホームの番人。打撃は最低限なのでスタメンも行けないこともない。

一塁手候補
選手名 適正 肩力 考察
郷野 5 5 頼れるダリーグの宝。日本人とは思えないようなパワーでスタンドへ持っていく。守備は最低限。
桐野 6 5 こちらもダリーグの代表的な大砲だが普通の大砲と違いカット&ブシューンで弾丸ライナーを飛ばす。守備は十分。
島津 6 9 パンチ力のある切り込み隊長。HRの打てるパワーに安定したヒッティングと巧打もある。守備は肩がいいが一塁では活きない。
倉科 6 6 こちらも俊足。蜥蜴のリードオフマン。島津と違いパワーはないが非常に高いミート力でブシューンを狙う。守備はそこそこ。

二塁・遊撃手候補
選手名 適正 肩力 考察
中川 10 7 日本代表の正遊撃手。守備は適正10で安打を許さない。打撃もギリギリ行ける。
植松 10 6 肩こそ弱いが適正が高くこちらも安打を許さない。中川や藤原との二遊間はそうそう崩せない。打撃は巧打派で内野を抜けていく。
南方 9 10 ここでも大活躍。肩が強く安打は出ない。強肩でゲッツーを量産。
藤原 10 8 ダイナマイト野球界最強の遊撃手。日本代表の鉄壁要塞。打撃はヒドく、少し劣るがそれでも高い守備力を誇る上三人にスタメンを奪われやすい。ちなみに外野守備力もなかなか。
新堂(勇) 8 10 打撃重視なら。肩は強いがこのチームだと適正が少々見劣りする。

三塁手候補
選手名 適正 肩力 考察
島津 6 9 ここなら強肩も活きる。微妙な適正をカバーするだけはある。
新堂(勇) 8 10 高い守備力を誇る亀のチームキャプテン。安定した打撃力に強肩で安打を防ぐ。
南方 9 10 新堂(勇)を上回る守備力。島津を別のポジションで使う場合や外野を守ることも多い新堂(勇)の代わりも務める。
藤原 10 8 高い適正でここでも安打を防ぐ。中川より肩が強いため中川植松を使うならここになる。
蜂須賀 1 4 安打は防が…ない。が、非常に高い打撃力に高いカット力を持っていてかなり優秀なのでここで起用するのもアリ。
桐野 6 5 優先度は低いが郷野と桐野を使いたかったらここになる。肩は微妙で蜂須賀より守れるとはいえ脚5以上には期待してはいけない。

外野手候補
選手名 適正 肩力 考察
滝川 8 7 高い打撃力を誇る猿の…、そして日本代表のリードオフマンである。俊足で非常に高い出塁率を誇るほぼ必須選手。適正はなかなかだが肩が普通なため、ここだと左翼を守ることが多い。
綱島 10 8 非常に高い外野守備力を誇る犬のスナイパー。打撃力もなかなかでスタメンになるべく入れたい。
新堂(勇) 7 10 適正は周りに劣るが強肩で二塁打を阻止する。
谷口 10 9 ダリーグ最強の外野守備力。守備範囲だけなら綱島と同じだがこちらは強肩も兼ね備えておりタッチアップもほとんど許さない。打撃は…。
伊達 6 7 打撃重視の選手。守備は微妙だが滝川に次ぐ良打者でありこいつを入れると打線に厚みが増す。
倉科 6 6 こちらも同じく。伊達と違い内野も安定し肩が悪いためこちらで使うより内野のほうが適切か。

具体的なスタメン例

  • スタンダード型
    捕:片倉、一:郷野、二:植松、三:島津、遊:中川、左:滝川、中:綱島、右:新堂(勇)

    デフォルトスタメン。この状態で既に穴らしい穴がない。下位打線が不安というが一度打ってみればわかる、それなりに打てる選手達である。
  • 打撃重視型
    捕:片倉、一:郷野、二:新堂(勇)or南方、三:島津or桐野、遊:中川、左:伊達or倉科、中:綱島、右:滝川

    打撃重視といっても重視した感は中途半端。レフトが少々穴になるか。しかし少しは下位打線もマシになり悪くはない。守備の人である中川、網島の代わりになる打撃重視の人はいない。
  • 守備重視型
    捕:片倉or片野坂、一:郷野or島津or桐野、二:植松、三:南方or新堂(勇)or藤原、遊:中川、左:滝川or新堂(勇)、中:谷口、右:綱島

    ガッチガチ。外野に飛ばして二塁打、三塁に転がして三安等を滅多に許さないが打線がボロボロ。といっても実在の守備重視チームと比べるとかなり良い。ファーストには打てる選手を置いている。外野適正10が二人というのが一番の魅力。
  • 打撃特化型
    捕:片倉、一:郷野、二:新堂(勇)、三:島津or桐野or蜂須賀、遊:南方、左:倉科、中:滝川、右:伊達

    下位打線にも穴がなくなった攻撃特化型。外野がかなりひどくなるがその分打ち勝てる。二遊間は強肩で内野安打は出ない。南方を投手にするとそもそも成り立たないか。一三塁の長距離砲は好みで使い分ける。
  • 守備特化型
    捕:片野坂、一:植松、二:中川、三:南方、遊:藤原、左:新堂(勇)、中:谷口、右:綱島

    もっとガッチガチ。打撃の頼りになる選手が新堂(勇)や南方程度。綱島も重要な打撃力になるくらいだがヒットはほとんど許さない。
  • 機動力重視型
    捕:片倉、一:島津or倉科、二:新堂(勇)or南方、三:南方or新堂(勇)or島津、遊:中川or南方、左:滝川or伊達or倉科、中:綱島or滝川、右:新堂(勇)or伊達

    どこまでを許容範囲とするかで守備力や打撃力がガラリと変わる。完全に機動力重視にすればスタメンは脚7以上で組める。代走候補がいなくなるので少し厳しいか。

コメント欄

これより前のコメントはコメント/日本代表
  • 南方はショートかサードがいいと思うが。 守備で使うにしても藤原サードはないな。ショート。内が上なら二遊、肩が強いならサード。 - 名無しさん 2015-11-20 12:37:32
  • ファースト植松 セカンド中川 ショート藤原 サード南方は超鉄壁。打力に乏しいが・・・ - 名無しさん 2015-11-20 16:53:55
  • 桐野より柴田 - 名無しさん 2016-01-08 09:44:19
  • 桐野はなんだかんだヒットでるイメージ。それに対して柴田はヒット出ない時もあるけどホームラン出やすいイメージ - ややつよいCPU 2016-01-31 14:56:42
  • すごい使ってみたい - リザース系男子 2016-11-12 12:26:00
  • 伊達より戸井田や真木の方が良さそう - 名無しさん 2016-11-25 11:29:01
  • 丹羽でもいいかも - 名無しさん 2016-11-25 20:10:15
  • 島津と滝川打順を変えたほうが良い - 大関謙二郎 (2017-08-16 17:21:46)
  • このチームって使えないんですか? - 名無しさん (2018-05-11 14:09:53)
  • 創作チームだから使えないよ 画像は昔誰かが作ったはず - 名無しさん (2018-08-28 10:06:26)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル