マーシュとソリア > マーシュとクリスマス

A0029 マーシュとクリスマス


ミッション№
名前 特殊条件 人数 戦利品
上級
№A0029
06 / 12 / 15 ~ 07 / 01 / 08
マーシュとクリスマス
EP 2カードのみ 2人 マーシュとクリスマス

プロローグ
全ての人々や妖精、または少数の魔物たちまで待ちわびているクリスマス。ここ、赤の魔人ソリアの居城でも、クリスマスのお祝いは行われるようです。

ソリア
「お・・・そういえばもうこんな時期か。もう少しでクリスマスじゃないか!」

マーシュ
「あら、そうですね~。今年は忙しすぎて忘れてましたね。」

ソリア
「マ~シュ!何か美味しいものが食べたいぞ」

マーシュ
「あいかわらず祝い事とか好きですよねぇ。クリスマスって4000年以上も前に生まれた人間の、あれは天空人だったのかしら?その誕生日を祝う日ですよね?どうでもいいような行事ですね・・・。じゃ、今年もドラゴンのステーキを仕入れようかしら。」

ソリア
「あはは、祝い事は多い方がいいだろう?で、せっかくのお祝いなんだから去年とは違うものが食べたいぞ。そうだな・・・あ、そうだ。ディンマルグにとっても美味しいケーキ屋があるらしいぞ、知ってるか?」

マーシュ
「ケーキ?!ソリア様って甘いもの好きでしたっけ?」

ソリア
「マーシュは甘いもの好きだろう?たまにはマーシュの好きそうなものを選んでみたんだ。今年はケーキをメインで頼む。」

マーシュ
「ありがたいお話ですが・・・ディンマルグまで行ってケーキを買ってくるのは私なんですよね?」

ソリア
「そそ、さすがマーシュ。もうわかってくれたね。そこのケーキは特別な果実を使った、かなり珍しいケーキらしくてね。」

無邪気なほほえみを向けられたマーシュは、ちょっとあきらめたように答える。

マーシュ
「はいはい・・・買ってくればいいんですよね。でもディンマルグの首都はかなり荒廃してますよ?とにかく詳しい場所を教えてください。」

ソリア
「いや・・・詳しい場所までは知らないんだけど、ディンマルグの北部にあるらしいから、きっと荒廃はしてないだろう。」

マーシュ
「う~・・・また中途半端な情報ですか?なのにどうしてそんなに笑顔なんですか・・・?もう、わかりましたよ。死神ちゃんたちと一緒に探してきますから。あ、そこのあなた、あなたも一緒に探すのを手伝ってね。」

ソリア
「それでこそマーシュ。ありがとうな。楽しみに待っているよ。」

さぁ、マーシュと一緒にディンマルグ北部にあるというケーキ屋を目指し、特製ケーキを手に入れよう。
危険度
- - - -

EC0140
アシッドドラゴン

1850 / 220 / 320
8/12/10/20/5
敵サポカ
墜Lv3
重Lv3
毒Lv3×2
マーシュ配下の死神たちが、有力な情報を入手してマーシュの元へ戻ってきた。

マーシュ
「第22回 美味しいケーキランキング(ディンマルグ編)・・・か。これはなかなか良い情報ね。よしよし、良い子ね~、あなたたちは」

情報を入手した死神を撫でるマーシュ。気のせいか、死神はうれしそうにフルフルと震えている。

マーシュ
「この情報だと、特製ケーキを作ってくれる店はあの村にあるはずね・・・。ん、あ~!ドラゴンが村を襲ってるじゃない!何て事をしてくれるの!」

美味しいケーキ屋があると言われている村は、今まさにドラゴンの襲撃を受けているようだった!

マーシュ
「冗談じゃないわ・・・村をボロボロにされたら、ソリア様にケーキを買ってあげられないじゃない!あのドラゴン・・・追い払うわよ!」
危険度
- - - -

EC0139
カオスドラゴン

2100 / 325 / 300
8/12/5/3/6
敵サポカ
焔Lv2
焔Lv2
嵐Lv2
嵐Lv2
マーシュ
「ねぇ、ここのケーキはディンマルグ1だって聞いてきたの。珍しい果実を使ったクリスマス用特製ケーキ、作ってくれないかしら?」

店主
「そうですか・・・あいにくですが、今年は特製クリスマスケーキが作れそうにないんです。ウチのケーキにはどうしてもアライサの果実という果物が必要なのですが、その果物の木ごとドラゴンにもっていかれてしまって・・・。」

マーシュ
「え~、そんなぁ。普通のケーキを買っていってもソリア様はがっかりしちゃうだろうし。」

店主
「そのドラゴンがありえないほど強くて・・・イライザの果実があったから、この村は被害を免れたような気がします。」

マーシュ
「アライサの果実とドラゴン・・・そか、思い出したわ。カオスドラゴンの好物だったわね。そうね、ちょうど向こうから来てくれたみたいだし。ねぇ、私がアライサの実を取り戻したら、特製ケーキを急いで作ってね。」

そういい残し、店から出るマーシュ。そこには・・・

カオスドラゴン
「ゴゴゴ・・・ワレハスベテヲ・・・ハカイスル・・・。」

マーシュ
「よく来てくれたわね。急いでいるから単刀直入に言うわね。あなたがこの村から持ちだした果実、ちょっと返してもらうわよ。と言っても、私の言葉すらうまく理解してくれないわよねぇ・・・あなたは。」
エピローグ
マーシュ
「ソリア様~。ちゃんと買ってきましたよ♪今回はちょっと苦労したんですから~。結果的に村を救った英雄にされちゃったし・・・。」

ソリア
「へ~。さすがマーシュ。お~、これは美味しそうだな~。」

マーシュ
「ちゃんと、ソリア様へってプレートもつけてもらったんですからね。」

ソリア
「あはは、本当だ。ご苦労だったな、マーシュ」

マーシュの頭に手を置き、まるであやすかのように撫でるソリア。

マーシュ
「美味しいですか?」

ソリア
「うん、これはうまい!今まで食べたケーキの中でも1、2を争うな。」

マーシュ
「よかった~♪じゃ、もっとパーティーを盛り上げますね。次は死神ちゃんたちのバンド演奏ですよ。特訓したみたいだから聴いてあげてくださいね♪」

今日はクリスマス。赤の魔人ソリアの居城はとってもにぎやかなまま夜が更けていきます。

ソリア
「あ、そうそう、マーシュ。従者から聞いたんだが、特別な果実を手に入れるために無茶したらしいな。マーシュらしいといえばらしけどな。そんな無茶しなくても、マーシュががんばって持ってきてくれた物なら、どんなものだろうと俺はうれしいぞ。」

やさしい笑みを浮かべながらマーシュに語りかけるソリア。
マーシュにとってはその一言が最高のクリスマスプレゼントに・・・。
  • 敵の使用カードです。
    ・1戦目 VSアシッドドラゴン
    アークメイジ レニッシュ 425/410 ×2
    アークメイジ レニッシュ 425/410 毒LV2 ×1
    マスターアーク バラキ 420/400 ×2
    マスターアーク バラキ 420/400 毒LV3 ×1
    アシッドドラゴン 440/400 ×3
    アシッドドラゴン 440/400 毒LV1 ×1

    ・2戦目 VSカオスドラゴン
    ガネイシャル 470/480 ×2
    ガネイシャル 470/480 毒LV3 ×1
    ダークハンター ラブル 480/480 ×2
    ダークハンター ラブル 480/480 毒LV3 ×1
    カオスドラゴン 485/480 ×3
    カオスドラゴン 485/480 毒LV3 ×1

    -- 名無しさん (2006-12-16 02:12:58)


■攻略法募集中■
  • ●No.A0029 マーシュとクリスマス●
    EP縛り:デッキはエピソード2のカードのみ
    報酬:イベントカード「マーシュとクリスマス」

    【使用デッキ】
    リーダー:
    ドラゴンナイト ガルド
    バトカ:
    死神 マーシュ
    紅の魔天使 マーシュ
    女神 レクネロス
    青の流麗 レクネロス
    ダークドラグン ガルド
    フェンリルナイト ジェノ
    ダークフェンリル ジェノ
    マジックナイト アレイラ
    ダークジェネラル アレイラ
    ネオブレイカー ディーン


    【1戦目 アシッドドラゴン】
    HP900(220・200) 属性値(7・7・7・15・7)
    敵サポカ:毒Lv1(1枚) 毒Lv2(1枚) 毒Lv3(1枚)
    バトルカード:
    マスターアーク バラキ(420・400) ×2
    マスターアーク バラキ(420・400 毒lv3)
    アークメイジ レニッシュ(425・410) ×2
    アークメイジ レニッシュ(425・410 毒lv2)
    アシッドドラゴン(440・400) ×3
    アシッドドラゴン(440・400 毒lv1)
    ケーキのお店のある村を守るため、我らが(?)マーシュがドラゴンに戦いを挑みます。南無、ドラゴン(ぇ
    能力値は中級クラスでHPも少なめなため、毒サポカもそれほど脅威ではない。10ターンで勝利


    【2戦目 カオスドラゴン】
    HP1500(260・260) 属性値(7・7・7・7・15)
    敵サポカ:毒Lv3(3枚)
    バトルカード:
    ガネイシャル(470・480) ×2
    ガネイシャル(470・480 毒lv3)
    ダークハンター ラブル(480・480) ×2
    ダークハンター ラブル(480・480 毒lv3)
    カオスドラゴン(485・480) ×3
    カオスドラゴン(485・480 毒lv3)
    2戦目の相手は能力値が950~965と高めになり、毒もLv3が3枚で属性値27でサポカダメージ55前後、毒の追加ダメージ32と何気に痛い為、被弾しすぎると負ける危険性もあるかも。20ターンで勝利 -- 名無しさん (2006-12-16 04:19:35)
  • 無料での攻略法ありませんか?? -- ㍉ (2006-12-25 09:27:26)
  • 一応、無料でやった結果。

    一戦目
    リーダー:紅マーシュ
    黒竜
    緑竜*5
    グルマルド*2
    ED-0027*2
    結構余裕

    二戦目
    勝てなかったんで、サポを少し使用
    リーダー:紅マーシュ
    黒竜 火サポL1
    緑竜*5
    グルマルド
    フレイミン*3 火サポL1

    使用枚数は結果火サポL1を3枚でした。
    結構余裕もって勝てた気がします。

    ノンサポだと、毒L3を喰らうときついのであきらめました。
    -- ユナ (2006-12-25 13:49:44)
  • 無料・サポなしでクリアできました。

    リーダー:重戦車 グルマルド
    巨人族 グルマルド
    ブラックドラゴン
    グリーンドラゴン ×4
    アクアン ×2
    フレイミン ×2
    28ターンかかりましたが、エボはリーダーだけであとはVSカードのみでいけました。

    とにかく毒をくらわないでいけると大丈夫です。
    (受けてしまったらやり直してました) -- てぃら (2007-01-04 19:01:20)
  • マーシュらしけどなってなってます。

    正しくは、マーシュらしいけどなです。 -- 名無しさん (2009-03-30 17:38:24)
  • エターナルドリーマー 上級ミッション
    No.A0029 マーシュとクリスマス
    特殊条件:エピソード2のカードのみ使用
    報酬:1回目『マーシュとクリスマス』2回目以降はポイント

    ・プロローグ
    全ての人々や妖精、または少数の魔物たちまで待ちわびているクリスマス。ここ、赤の魔人ソリアの居城でも、クリスマスのお祝いは行われるようです。
    ソリア「お・・・そういえばもうこんな時期か。もう少しでクリスマスじゃないか!」
    マーシュ「あら、そうですね~。今年は忙しすぎて忘れてましたね。」
    ソリア「マ~シュ!何か美味しいものが食べたいぞ」
    マーシュ「あいかわらず祝い事とか好きですよねぇ。クリスマスって4000年以上も前に生まれた人間の、あれは天空人だったのかしら?その誕生日を祝う日ですよね?どうでもいいような行事ですね・・・。じゃ、今年もドラゴンのステーキを仕入れようかしら。」
    ソリア「あはは、祝い事は多い方がいいだろう?で、せっかくのお祝いなんだから去年とは違うものが食べたいぞ。そうだな・・・あ、そうだ。ディンマルグにとっても美味しいケーキ屋があるらしいぞ、知ってるか?」
    マーシュ「ケーキ?!ソリア様って甘いもの好きでしたっけ?」
    ソリア「マーシュは甘いもの好きだろう?たまにはマーシュの好きそうなものを選んでみたんだ。今年はケーキをメインで頼む。」
    マーシュ「ありがたいお話ですが・・・ディンマルグまで行ってケーキを買ってくるのは私なんですよね?」
    ソリア「そそ、さすがマーシュ。もうわかってくれたね。そこのケーキは特別な果実を使った、かなり珍しいケーキらしくてね。」
    無邪気なほほえみを向けられたマーシュは、ちょっとあきらめたように答える。
    マーシュ「はいはい・・・買ってくればいいんですよね。でもディンマルグの首都はかなり荒廃してますよ?とにかく詳しい場所を教えてください。」
    ソリア「いや・・・詳しい場所までは知らないんだけど、ディンマルグの北部にあるらしいから、きっと荒廃はしてないだろう。」
    マーシュ「う~・・・また中途半端な情報ですか?なのにどうしてそんなに笑顔なんですか・・・?もう、わかりましたよ。死神ちゃんたちと一緒に探してきますから。あ、そこのあなた、あなたも一緒に探すのを手伝ってね。」
    ソリア「それでこそマーシュ。ありがとうな。楽しみに待っているよ。」
    さぁ、マーシュと一緒にディンマルグ北部にあるというケーキ屋を目指し、特製ケーキを手に入れよう。

    ・1戦目 VSアシッドドラゴン
    HP900/AT220/DF200/火7水7風7土15機7
    マーシュ配下の死神たちが、有力な情報を入手してマーシュの元へ戻ってきた。
    マーシュ「第22回 美味しいケーキランキング(ディンマルグ編)・・・か。これはなかなか良い情報ね。よしよし、良い子ね~、あなたたちは」
    情報を入手した死神を撫でるマーシュ。気のせいか、死神はうれしそうにフルフルと震えている。
    マーシュ「この情報だと、特製ケーキを作ってくれる店はあの村にあるはずね・・・。ん、あ~!ドラゴンが村を襲ってるじゃない!何て事をしてくれるの!」
    美味しいケーキ屋があると言われている村は、今まさにドラゴンの襲撃を受けているようだった!
    マーシュ「冗談じゃないわ・・・村をボロボロにされたら、ソリア様にケーキを買ってあげられないじゃない!あのドラゴン・・・追い払うわよ!」

    ・2戦目 VSカオスドラゴン
    HP1500/AT260/DF260/火7水7風7土7機15
    村を襲っていた魔物を追い払ったマーシュは、焼きたてパンと焼きたてケーキ、という看板の店を発見し、足取り軽く入店する。
    店主「あ、あなたは先ほど村を救ってくれたお方・・・。」
    マーシュ「ねぇ、ここのケーキはディンマルグ1だって聞いてきたの。珍しい果実を使ったクリスマス用特製ケーキ、作ってくれないかしら?」
    店主「そうですか・・・あいにくですが、今年は特製クリスマスケーキが作れそうにないんです。ウチのケーキにはどうしてもイライザの果実という果物が必要なのですが、その果物の木ごとドラゴンにもっていかれてしまって・・・。」
    マーシュ「え~、そんなぁ。普通のケーキを買っていってもソリア様はがっかりしちゃうだろうし。」
    店主「そのドラゴンがありえないほど強くて・・・イライザの果実があったから、この村は被害を免れたような気がします。」
    マーシュ「イライザの果実とドラゴン・・・そか、思い出したわ。カオスドラゴンの好物だったわね。そうね、ちょうど向こうから来てくれたみたいだし。ねぇ、私がイライザの実を取り戻したら、特製ケーキを急いで作ってね。」
    そういい残し、店から出るマーシュ。そこには・・・
    カオスドラゴン「ゴゴゴ・・・ワレハスベテヲ・・・ハカイスル・・・。」
    マーシュ「よく来てくれたわね。急いでいるから単刀直入に言うわね。あなたがこの村から持ちだした果実、ちょっと返してもらうわよ。と言っても、私の言葉すらうまく理解してくれないわよねぇ・・・あなたは。」

    ・エピローグ
    マーシュ「ソリア様~。ちゃんと買ってきましたよ♪今回はちょっと苦労したんですから~。結果的に村を救った英雄にされちゃったし・・・。」
    ソリア「へ~。さすがマーシュ。お~、これは美味しそうだな~。」
    マーシュ「ちゃんと、ソリア様へってプレートもつけてもらったんですからね。」
    ソリア「あはは、本当だ。ご苦労だったな、マーシュ」
    マーシュの頭に手を置き、まるであやすかのように撫でるソリア。
    マーシュ「美味しいですか?」
    ソリア「うん、これはうまい!今まで食べたケーキの中でも1、2を争うな。」
    マーシュ「よかった~♪じゃ、もっとパーティーを盛り上げますね。次は死神ちゃんたちのバンド演奏ですよ。特訓したみたいだから聴いてあげてくださいね♪」
    今日はクリスマス。赤の魔人ソリアの居城はとってもにぎやかなまま夜が更けていきます。
    ソリア「あ、そうそう、マーシュ。従者から聞いたんだが、特別な果実を手に入れるために無茶したらしいな。マーシュらしいといえばらしけどな。そんな無茶しなくても、マーシュががんばって持ってきてくれた物なら、どんなものだろうと俺はうれしいぞ。」
    やさしい笑みを浮かべながらマーシュに語りかけるソリア。
    マーシュにとってはその一言が最高のクリスマスプレゼントに・・・。

    -- 名無しさん (2006-12-15 23:44:15)
  • EC0331 マーシュとクリスマス
    HP1200/AT260/DF200/進化不可/火12水12風12土12機4
    特殊効果はなし
    エピソード4のイベントカードに分類されます。

    今日は待ちに待ったクリスマス。クリスマスを楽しみにしているのは人間たちばかりではありません。妖精や小人族はもとより、魔物の中にも楽しみに待っているものがいるようです。
    魔天使マーシュもその1人。赤の魔人ソリアの命令で、美味しいケーキを捜し求めたマーシュは、ケーキを片手にサンタ衣装に身を包みます。
    マーシュ「ふ~。ようやく特製のケーキが手に入ったわ♪ソリア様、喜んでくれるかしら?」
    その時ふと、マーシュは過去の出来事を思い出しました。それは気の遠くなるほど昔の出来事。当時の幸せな日々を壊した巨大隕石。生き残った仲間はごく少数でした。幸せだと思える時間がまたやってくるとは、当時のマーシュには考えられないことでした。しかし、魔族として生きる今の自分が本当の幸せを求めて良いものか?その答えは未だ見つからないみたいです。
    マーシュ「もしもソリア様とのあの出会いがなければ、私はどうしていたのかしらね。あら、柄にもなく考え込んじゃったわ♪早く準備をしないとね♪」
    今は目の前に迫ったクリスマスパーティーのため、お城をクリスマス仕様に飾り付けるマーシュ。気まぐれマーシュの気まぐれではない気持ち。伝わることをちょっとだけ信じて・・・。

    -- 名無しさん (2006-12-16 00:02:28)
■最終更新■(2011-03-05)

本日 -
昨日 -
総計 -

添付ファイル