ゼロの保管庫 別館

14-478

最終更新:

familiar

- view
だれでも歓迎! 編集

478 名前:1/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:23:46 ID:gmVk61Jx  深々と溜息をつきながら、シエスタは冷たい目でルイズを見つめた。

「本当にもう……信用できないです」 「そ、そんな事言っても仕方ないじゃない」

 シエスタの手に握られているのは、薄い桃色の封筒。  ルイズの机を整理していたシエスタが見つけて、どうすれば良いのか聞いた途端に、  真っ青になったルイズを問い詰めて、その内容を聞いたシエスタは開いた口が塞がらなかった。

「だ、だってずっとそれどころじゃ……」 「ずっとって、学院に戻られてからなら直ぐにでも……  絶対に心配されてますよ?」 「う……で、でも……」

 シエスタが見つけたのはカトレアからの手紙。  手紙の出される間隔が徐々に短くなっていることで、どれだけ切実に返事を待っているのが分かる。

 それが……

「未開封……信じられません」 「だ、だって……その……大体分かるから、かえって読むのが怖くって……ねぇ?」 「聞くまで忘れてらしたのはどなたです?」 「ご……ごめんなさい」

 戦争から帰ってきたルイズがずっと手紙の返事どころではなかったのは、シエスタも知っている。  だが……学院に戻ってからも返事をしていないとなると……

「ミス・ヴァリエールのお家の方にとっては、今どういう事態か分かっていますか?」 「……な、なによぅ……別に大した事は……」

 シエスタの視線が更に冷たくなった。  分かってない……ほんとーにこの人は分かってない。  説明するのも馬鹿馬鹿しいけれど……仕方なくシエスタは語り始める。

「ミス・ヴァリエールのお家の方にとって、  末の妹が戦争に行ったっきり音信不通!!  そうなっているんですよ?  分かってますか?」

 手の中に有る未開封の封筒の束を、見せ付けるようにテーブルに乗せる。  シエスタにはこの手紙の中身が良く分かった。  ジュリアンが自分や家族にあてた手紙が着いた時の事が思い出されて、涙がこぼれそうになった。  サイトの事が有ったので、手放しに喜べなかったけれど、それでも震えるほどうれしかった。

「……あ……」

 やっと事態を理解したらしいルイズが、わたわたと暴れ始めた。

「じゃ、じゃあ……ちいねえさま、わたしが死んでると……思ってたり?」 「……思われてるかも知れませんねぇ」

 ……実際には貴族のルイズが死んでいたら連絡が入るため、死んでいるとは思われないだろうけれど、  少し位懲りた方が良い。  そう思ったシエスタがあえて意地悪を言っていた。

479 名前:2/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:24:27 ID:gmVk61Jx 「どどど、どうしよぉ」

 お、お葬式とかしてたら、実家に帰ったわたしを見て、皆どう思うだろう?  それより何より、誰かが死んだと思う事がどれだけ辛いことか、  身をもって知っているルイズは泣きそうだった。

「だ、誰か飛び降りてたらどうしよう?」

 ちいねえさま辺りは、飛び降りなくても衰弱してそうだし。

「とりあえず読まないと」

 ルイズの手に消印の日付順に並べられた封筒の束と、ペーパーナイフを渡したシエスタが、黙って席を外そうとした。

「ま、まって……一緒に居て」 「……いいですけど……」

 自分が何を放置してきたのか理解したルイズが、怖気づきシエスタを呼び止めた。

「居るだけですよ?」 「うん、お願い」

 小さく溜息をつくと、シエスタは少し離れてルイズの観察を始めた。  案外面白い。

「ち、ちいねえさまったら……そ、そんなのじゃ……」 「……あ……ごめんなさい」

 ヴァリエールの領地を出た辺りは、サイトとの事をからかわれているのだろうけれど。  日付が進み、戦争の最中の頃の手紙に成ると、今更どうしようもないのに、ルイズは目に見えてうろたえ始めた。

「どどど、どうしよぉ……」 「放っておいたのはミス・ヴァリエールでしょう?  きちんと最後まで読んで、早くお返事なさるしかないです」

 実際他に出来ることもない。  手紙の向こうでは、それどころか今この瞬間でさえも、ルイズの家族は心配をし続けている。

 手紙を読んでいるルイズの目が、そわそわと落ち着かず一刻も早く返事を書きたそうにしているが、

「きちんと全部読んでからです」 「で、でもシエスタぁ……」 「でもじゃありません!!  お家の方はもっと心配なさったのですよ?」

 シエスタに容赦は無かった。

 ルイズがサイトに会えて浮かれていた頃の手紙等は、その頃のルイズといっそ清々しいほどの温度差で、  戦争が終わって一月、何の便りも無いルイズをひたすらに心配していた。

「ごめんなさい、ちいねえさま。ごめんなさい」

 ようやく全て読み終わった頃には、すっかり落ち込んだルイズが居た。

「反省しましたか?」 「ん……」

480 名前:3/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:24:59 ID:gmVk61Jx  それだけ答えると、ルイズは無言で机に向かい、一心に手紙を書き始めた。

 伝える事はたくさん有った。  伝えられない事もたくさん。

 今読んだ手紙ほど、想いが伝えられるとは思えないけれど。  それでもルイズは一生懸命に書いた。

 遅くまでかかって、ようやく書き上げた近況は、数枚の便箋に渡っていた。

「お、怒られるかな?」 「それくらいは当然です」

 書き上げた手紙を封筒に入れながらシエスタに意見を求めると、ばっさりと切り捨てられた。  シエスタが注意してくれなかったら、さらに返事が遅くなったことを思うと、当分シエスタに頭が上がらない。

「でも……」

 ふわりと笑ったシエスタが、優しくルイズを抱き寄せた。

「遅くても、ちゃんとお返事書けて偉いですね」 「こ、子ども扱いしないでよ」

 落ち込んでいるルイズを慰めるため、わざと怒るようなことをしたシエスタが笑いながら身を引いた。

「お家の方からの手紙を読まないのも、お返事しないのも、子供みたいなものです」 「う…………意地悪」

 落ち込んでいたところに優しくされて、ルイズは更にシエスタに頭が上がらない。

「ほら、封をして……出来るだけ早く着くように、今日中に出しちゃいましょうね?」 「うん……あの……あのね、シエスタ」

 封蝋を出しに行こうとするシエスタの袖を、ルイズがつんと引いていた。

「あの……ね……ありがとう」

 俯きながら、ぼそぼそと。  それでも心のこもったお礼に、シエスタは微笑んで……

 もう一度ルイズを抱きしめると、照れたように二人で笑いあった。

481 名前:4/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:25:46 ID:gmVk61Jx 「母さま」

 身体の弱いカトレアが、息を切らせながら母親の部屋に飛び込んでいく。

「なんですか、騒々しい」

 いつも大人しいカトレアの滅多に無い様子を、怪訝に思いながらそれでも躾を忘れない。

「ルイズから手紙が着きました」 「なんですって」

 ほんの少し前に騒々しいと怒った口が金切り声を上げた。

「そ、それでっ? ルイズは無事なの?」 「ええ、今は学院で……怪我の一つも無いようですわ」

 それだけ聞くと力の抜けた身体をカトレアに預けながら、こぼれる涙を拭おうともせずに、

「よ、良かった……始祖よ……感謝します……」

 その場で泣き始めた。

「戦争が終わっても、色々立て込んでいたようです……お返事が遅くなってごめんなさい……  ですって」 「いいの……いいのよ……生きていてくれれば……怪我も無くて……良かった」

 カトレアは知っていた。  自分より遥かに母がルイズのことを心配していたのを。  サイトを認め、何が有ってもルイズを守ることを信じていたカトレアと違い、  母は始祖に祈るしか心を保つ術を知らなかった。

「手紙は……わたし宛だけなの」

 何度か勧めたけれど、母はルイズに手紙を書こうとしなかった。

「ええ、良いのよ、手紙を書いたのは貴方だけですもの、それでいいの」 「母さまも……出せばよろしかったのに」

 母の文箱に、出されることの無かったルイズ宛の手紙の束が有る事を、  毎日毎日一通づつそれが増えていることを、使用人から聞いていた。  どうしてそんな事をするのか、理解できないカトレアはずっと聞きたかった疑問をぶつけた。

「だって……親からの手紙なんて……その……ねぇ……」

 ルイズに迷惑だと思われる、そう思っていたらしい。

 そう言いながら俯いて、もじもじとテーブルで指先を遊ばせる母は……

「母さま……可愛い」 「……まぁ、カトレア、お世辞なんて言っても……」

 素直に成れない母親は、やはり……

「ルイズと親子ですわね」 「……ほ、誉めているの? それ」

 仲のよい親子は、それから時間を忘れてルイズのことを語り合った。

482 名前:5/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:26:31 ID:gmVk61Jx 「お、怒られたっ!」

 待ちに待った返事を見て、ルイズは苦悩していた。

「どうしました?」 「あのねあのねシエスタ」

 カトレアからの返事は優しかったけれど、母に一言も無かったことを怒っていた。

「それで、近いうちに何か手紙に添えてプレゼントでも贈りなさいって」 「……まぁ……順当ですね、心配かけたのですし」

 ルイズの許しを得て読んだシエスタには、怒っている文面には見えなかったけれど、  長年姉妹をしているルイズには、

「こ、これはむちゃくちゃ怒ってる、笑っていると思うけど、ぜーーったい、怒ってる」

 らしかった。

「では、何か良いプレゼントを考えないといけませんね」 「何がいいかしら?」

 母親の世代が喜ぶもの……ルイズもシエスタも、あーでもない、こーでもないと悩んでいると、

「どうしたんだ?」

 サイトが部屋に帰ってきた。

「母さまに何贈ればいいと思う?」 「……さぁ……?」

 投げやりな様子のサイトに、ルイズの眉が跳ね上がった。

「……へー、サイトあんた、わたしの母親にどう思われてもいいのね?」 「……え? いや……その」 「ちょっ、ミス・ヴァリエール、それは飛躍しすぎっ」

 騎士隊の訓練で、最近構ってくれないサイトに、ルイズのストレスは溜まっていた。  そこに母親についての相談まで流されたルイズの機嫌は、

「……犬……」

 最悪に近かった。

「わ、分かった、俺に出来る限りの協力するから……な?」

 目の据わったルイズに、サイトは壁際まで追い詰められた。

「あ、ほらっ、ミス・ヴァリエール、お姉さん、お姉さんに聞きましょう」

 困ったサイトにシエスタが助け舟を出した。

「……ちいねえさまに?」 「そ、そうだ、あの人だったらいい事思いついてくれるって」

 サイトがほっと一息吐く。が、

「……って、良く考えると聞き捨てならないこと言いませんでしたか?ミス・ヴァリエール」

 今度はシエスタの迫力が増していった。

483 名前:6/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:27:04 ID:gmVk61Jx  また自分宛しかないことを知ったカトレアは、少し困りながら封を切る。

「あら……あらあらあら」

 可愛い妹の可愛い質問に、カトレアは顔を綻ばせた。

「……んーと、でも……これは……」

 直接聞かずに、遠まわしに聞いたほうが……

「母さまを驚かせる事が出来るわね」

 案外稚気に富んだカトレアは、ルイズの事を秘密にしたまま母親から欲しい物を聞きだす事に決めて……

 ――――――

「こまったわねー」

 困っていた。

 上位の貴族の正妻。  ヴァリエール夫人の欲しい物……

「どれも、ルイズに買える物じゃ……ないわねぇ……」

 ルイズが贈ろうとしている。  それを知れば、また別の物を望んだのだろうけれど……

「今更聞きなおすのも……」

 間が抜けている。

「折角良い事をしようとしているのですもの……何とかして……」

 ルイズでも何とか出来て、母が喜ぶもの。  手紙を出す前の妹の悩みを、カトレアは追体験していた。

「……母さま……欲しい物……母さま……う〜〜〜」

 悩みぬいたカトレアは、ふ……と、

「あっ、あぁぁぁぁ、そうよっ!」

 いつも母が欲しがっていて、  お姉さまにねだっているものを思い出した。

「ルイズならっ……うん、これなら……」

 自分の妙案をルイズに伝えるため、カトレアは嬉々として筆を取った。

484 名前:7/7[sage] 投稿日:2007/04/23(月) 00:27:37 ID:gmVk61Jx  シエスタが部屋に戻ると、ルイズが固まっていた。

「あら、どうしました? ミス・ヴァリエール」

 ルイズの手には一枚の便箋。

「あ、お返事来たんですね、何が書いてありました?」 「……う……あの……その……」

 歯切れの悪いルイズを、シエスタは不思議そうに見つめながら、問いを重ねる。

「お姉さんも思いつかなかったのですか?」 「……ううん、いちおー書いてあるわ」 「用意できないものなのですか?」 「……で、出来るもん!」

 ……何を悩んでいるのかしら?  たシエスタが手紙を覗き込もうとすると、素晴らしい勢いで机の下に隠された。

「……何が書いてあるんですか?」 「ひ、秘密」

 だらだらと冷や汗を流すルイズを問い詰めようとしていると、  サイトが部屋に戻ってきた。

「サ、サイト」 「あ、サイトさん、ミス・ヴァリエールのお姉さまからお返事が来たようなんですけど」 「お、何か決まった? 俺プレゼントの為に最近バイト始めたんだぜ」

 楽しそうに話すサイトとシエスタを見ながら……  ルイズは机の下で、

『孫』

 と書かれた手紙をただひたすら握りしめて……

「ち、ちいねえさまの……ばかぁぁぁぁぁぁぁ」

 二人が驚くほどの叫びを上げた。