※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コスタ・デル・ソルCosta del Sol


ラノシアブラッドショア一帯に、新たに建設された集落。
元々、メルウィブ提督が推進した入植プロジェクトが進められていた。
しかし、塩害により作物が根付かず、失敗に終わったようだ。
そこをウルダハ出身の豪商、ゲゲルジュ氏が買取り、自身が余生を過ごす集落として再開発を行った。

植生の変化

  • 旧FF14では、ラノシア内の他地域とさほど変化のない植生だった。
  • 現在は、色鮮やかな椰子の木や、サゴパームの木、オシュオンローゼルなどが多いしげり、南国風の植生となっている。
  • これは南洋諸島の風情を好む、ゲゲルジュ氏の命で専属の園芸師たちが植えたものだという。
    • なお、周辺に生息するコリブリも、ゲゲルジュ氏が持ち込んだもののようだ。

踊り子

  • ゲゲルジュ氏の趣味で、多数の踊り子が雇われている。
  • 演技指導として「ウルダハの歌姫」ことフ・ラミンが雇われたこともあった。
  • また、一部に人気のF.A.T.E.「夏への扉」では、ゲゲルジュ氏の取引相手に特別な「接待」が行われている様子が描かれている。

主な人物

ゲゲルジュ コスタ・デル・ソルの地主
ヴェイスケート ゲゲルジュ氏の警護長を務める傭兵。元海雄旅団の副団長

主な施設


名前の由来

血塗れ海岸、「ブラッドショア」などという不吉な名を、
新大陸風に太陽海岸「コスタ・デル・ソル」と銘打ったのも、
ゲゲルジュ様なのでございますよ。
  • 「コスタ・デル・ソル」はスペイン南部アンダルシア州に実在する地名。
    • 南北アメリカ大陸をモチーフとした「新大陸風」の名としたのは、南米でスペイン語が用いられているためであろう。
  • なお、同じ地名がFF7にも登場している。
最終更新:2014年05月23日 10:53