※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニームNym


魔法文明が花開いた第五星暦時代に、バイルブランド島で栄えた海洋都市。
放浪の神でもある山神「オシュオン」を守護神として信仰し、
高地ラノシアに壮麗な神殿、「ワンダラーパレス」を築いたことでも知られている。
魔大戦を経て、第六霊災によって崩壊してしまった。

最強軍団「ニーム海兵団」

第五星暦時代には、魔法を乱用した大戦「魔大戦」が勃発した。
小国であったニームにも、度々、戦果の火の粉が降りかかったようだが、
ニーム海兵団」と称する部隊の活躍により、独立を守り抜いたとされている。
その原動力となったのが、海兵たちの力を引き出した戦う軍師「学者」であったという。

奇病の流行

ある時、一隻の交易船が病を持ち帰ったことで、次々と人々が奇病に感染していった。
この病にかかると、鼻や耳が削げてしまい、四肢も縮み化け物のような姿になってしまうという。
これが現在、「トンベリ」として知られる存在である。
人々は感染の拡大を防ぐため、トンベリと化した患者たちを、ワンダラーパレスに隔離したうえで、
湖の水を引きこんで「ブロンズレイク」に沈めたうえ、封印魔法で神殿ごと封じるという策をとった。
これにより、トンベリたちは迫害と裏切りの「怨み」を抱えたまま、
1500年に渡り、封印されることとなったのである。

関連する遺跡・地名

関連する地名や遺跡は以下のとおり。
地名 備考
ワンダラーパレス オシュオンを祀った神殿。トンベリ化した人々の隔離施設となった
キャンプ・ブロンズレイク 第七霊災により水位が下がったブロンズレイクから姿を現した、ニーム時代の湯治場を再建、利用したもの
ニーム浮遊遺跡 偏属性クリスタルの力により、大地から浮かび上がってしまったニーム時代の遺跡
ニーム川 中央ラノシアを流れる川。ニームの主要施設があったブロンズレイク方面から、南へと流れ海に注ぐ
サプサ産卵地 今やサハギン族の勢力圏となっているが、かつてはニームの軍港があったという

【関連項目:ニーム海兵団
最終更新:2015年02月06日 10:43