アイドレスsystem4 > 食育

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新履歴

2017/8/17 流用実績部品を追加しました。
2017/8/19 FEG様の流用実績を追加しました。

部品構造


  • 大部品: 食育 RD:14 評価値:6
    • 部品: 食育という言葉の意味
    • 部品: なぜ食育が必要なのか
    • 部品: 野菜が体に良い理由が説明できるか?
    • 部品: 「『旬』の食材の意味」
    • 部品: 医食同源
    • 部品: 食事は楽しく~食生活指針~
    • 部品: 主食、主菜、副菜でバランスを
    • 部品: 楽しく美味しく学ぶために
    • 大部品: 「食のタブー」に関する知識 RD:5 評価値:3
      • 部品: 食物アレルギーへの偏見の除去
      • 部品: アレルギーについての対策
      • 部品: 合食禁の知識
      • 部品: 年齢によっては食べてはいけないもの
      • 部品: 宗教の観念で食べられないもの
    • 部品: 食育の流用実績



部品定義


部品: 食育という言葉の意味

食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること、とされている。生きるための基本的な知識であり、単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての総合的な教育のことである。

部品: なぜ食育が必要なのか

食べたいものを食べていくだけでは、人が育つために必要な十分な栄養素が摂取できない。栄養のバランスが崩れていると、発想力の低下や表現力の低下を招いたり癇癪を起しやすくなるといった障害が現れる。しかし、美味しくて体にいいものを食べることで、人は健やかに育つことができる。食を通して人として生きる力を育むために食育が必要なのだ。

部品: 野菜が体に良い理由が説明できるか?

野菜はビタミン群やカリウムなどの健康な体を作るのに必要な栄養素がたくさん含まれており、かつ脂質が少なく三大疾病などの大きな病気を引き起こす生活習慣病の予防になる為とても体によい。しかし、これを正しく把握して人に教えれる人もしくはそれを実践できている人は少ないのではないだろうか。特に野菜が嫌い、という先入観をもった子供達にわかりやすく教えるためには、どうして野菜が健康に良いのかきちんと教えるために、私たちが正確な知識を有していなければならない。

部品: 「『旬』の食材の意味」

旬の食材は栄養価が高い、とされる。「食材が一番栄養を蓄えている時期」が旬、と言い換えてもいいだろう。体に良いものだとしても、時期を外しては効果も落ちる。時期にあった素材を選ぶのもまた、食育といえよう

部品: 医食同源

元は薬食同源思想から作られた造語である。適切な食事を取ることによる予防医学の一種であり、薬膳による食の医療作用を表現している。五行思想における「木 火 土 金 水」に対応した「酸 苦 甘 辛 鹹(塩辛さ)」の五味と「熱 温 平 涼 寒」の五気。
五味や五気にあわせた五畜(馬 羊 牛 鶏 豚)、五果(李※スモモ 杏 棗 桃 栗)、五穀(麻 麦 稲 黍※キビ 大豆)、五菜(韭※ニラ 薤※ラッキョウ 葵※オクラ等 葱 カク※豆の葉)。
さらにそれらを取ることで「肝 心 脾 肺 腎」の五臓が満たされると古くから言われている医学でもある。要約すると日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方のこと。


部品: 食事は楽しく~食生活指針~

こしょく、という言葉がある。個食(家族そろっているのに各々が別々のものを食べているスタイル)、孤食(一人で食事をすること)、固食(同じものばかり食べていること)など他にも「こしょく」はあるが、それらを見直していくことが食育にとって重要だといわれている。その為に、まずは「食事は楽しくとるもの」という事を教えなければならない。本来食事とは団らんの時間であり、皆と同じ美味しい食事を味わいながらゆっくりよく噛んで食べる、楽しい時間なのだ。

部品: 主食、主菜、副菜でバランスを

主食は炭水化物などエネルギーの供給源になるもので一般的にはパン・ご飯・うどん・そば・パスタなどのこと。主菜はたんぱく質、脂質、エネルギー、鉄の供給源であり肉・魚・大豆・卵などのこと。副菜はビタミン・ミネラル・食物繊維の供給源で野菜・きのこ・いも・海藻料理などのこと。うっかり取りすぎるのは当然主菜、不足しがちなのは副菜であり、理想のバランスでいうと主菜1:副菜2:主食1の割合が良いとされている。一汁三菜(主食と汁に主菜1品副菜2品)といわれるときもある。

部品: 楽しく美味しく学ぶために

各地域の旬の食材を利用したお料理教室や農家に行っての現地体験など、楽しく学んで楽しく食べることで、日々の食生活に少しずつ取り入れて改善してもらう運動が広がっている。

部品: 食物アレルギーへの偏見の除去

まず初めに、食物アレルギーは、食わず嫌いや好き嫌いではなく、れっきとした「病気」である。
これらを理解しないまま「栄養があるから」「体にいいから」で食べさせては、最悪の場合死に至ることもある。
食育の場では、これらをはっきりと明言し、しっかりと病院にかかり、原因の特定の後、食べられる範囲でのバランスの良い食事の構築を行うことも目的としている。

部品: アレルギーについての対策

食物アレルギーが病気である、という知識の元、それを回避するための方法は様々である。
牛乳でアレルギー反応がある場合は、豆乳を。小麦粉にアレルギーがあるなら米粉を。
代用できるもので代用することで栄養価だけではなく、食事の際の「疎外感」への対策も、ある程度取れる。
人と同じものが食べれない、というのはそれだけで重圧であることを理解するのも重要である。

部品: 合食禁の知識

食に関する伝承の一つで、取り合わせの悪い組み合わせの知識。
ようするに、食べ合わせの悪いもの、の知識である。
これらの伝承は、実際は体に悪いわけではないもの、旬がずれているために片方が傷んでいることがあったもの等もあるが、実際に医学的に正しいものもある。

ようは、「水気の多いものと油気の多いものを同時に取らない」「消化に悪いもの同士を食べない」に尽きる。
また、近年では「スイカとビール」のような、医学的に危険とされているものもあるため、知識の一つとして食育の場では教えられる。
※スイカとビールは、双方に利尿作用があるため、水分を取っているつもりで脱水になったり急性アルコール中毒になりうる、とされている。

部品: 年齢によっては食べてはいけないもの

食材によっては、年齢によって体に悪影響のある物もある。
とくに有名なのは「はちみつ」であり、栄養価も高いことから乳幼児の離乳食などに使われがちだが、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている場合があり、まだ体が未熟な乳幼児は中毒を起こす可能性がある。
これらのように、主に乳幼児に食べさせてはいけないものの知識も、食育では重要視される。

部品: 宗教の観念で食べられないもの

世界には数多くの宗教が存在する。
その中には、「特定の食品を取ってはいけない」とするものがある。
神聖な生き物なので、不浄な物だから、と理由は様々だが、そこにはれっきとしたルールが存在している。
健康に良いから、栄養が豊富だから、という理由で、そのルールを曲げてはいけない。
そういったところと折り合いをつけるのもまた、食に関する工夫である。

部品: 食育の流用実績

このアイドレスはダーム@無名騎士藩国、玄霧弦耶@玄霧藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
フィールド・エレメンツ・グローリー様の【給食】に流用されました。



提出書式


 大部品: 食育 RD:14 評価値:6
 -部品: 食育という言葉の意味
 -部品: なぜ食育が必要なのか
 -部品: 野菜が体に良い理由が説明できるか?
 -部品: 「『旬』の食材の意味」
 -部品: 医食同源
 -部品: 食事は楽しく~食生活指針~
 -部品: 主食、主菜、副菜でバランスを
 -部品: 楽しく美味しく学ぶために
 -大部品: 「食のタブー」に関する知識 RD:5 評価値:3
 --部品: 食物アレルギーへの偏見の除去
 --部品: アレルギーについての対策
 --部品: 合食禁の知識
 --部品: 年齢によっては食べてはいけないもの
 --部品: 宗教の観念で食べられないもの
 -部品: 食育の流用実績
 
 
 部品: 食育という言葉の意味
 食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること、とされている。生きるための基本的な知識であり、単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての総合的な教育のことである。
 
 部品: なぜ食育が必要なのか
 食べたいものを食べていくだけでは、人が育つために必要な十分な栄養素が摂取できない。栄養のバランスが崩れていると、発想力の低下や表現力の低下を招いたり癇癪を起しやすくなるといった障害が現れる。しかし、美味しくて体にいいものを食べることで、人は健やかに育つことができる。食を通して人として生きる力を育むために食育が必要なのだ。
 
 部品: 野菜が体に良い理由が説明できるか?
 野菜はビタミン群やカリウムなどの健康な体を作るのに必要な栄養素がたくさん含まれており、かつ脂質が少なく三大疾病などの大きな病気を引き起こす生活習慣病の予防になる為とても体によい。しかし、これを正しく把握して人に教えれる人もしくはそれを実践できている人は少ないのではないだろうか。特に野菜が嫌い、という先入観をもった子供達にわかりやすく教えるためには、どうして野菜が健康に良いのかきちんと教えるために、私たちが正確な知識を有していなければならない。
 
 部品: 「『旬』の食材の意味」
 旬の食材は栄養価が高い、とされる。「食材が一番栄養を蓄えている時期」が旬、と言い換えてもいいだろう。体に良いものだとしても、時期を外しては効果も落ちる。時期にあった素材を選ぶのもまた、食育といえよう
 
 部品: 医食同源
 元は薬食同源思想から作られた造語である。適切な食事を取ることによる予防医学の一種であり、薬膳による食の医療作用を表現している。五行思想における「木 火 土 金 水」に対応した「酸 苦 甘 辛 鹹(塩辛さ)」の五味と「熱 温 平 涼 寒」の五気。
 五味や五気にあわせた五畜(馬 羊 牛 鶏 豚)、五果(李※スモモ 杏 棗 桃 栗)、五穀(麻 麦 稲 黍※キビ 大豆)、五菜(韭※ニラ 薤※ラッキョウ 葵※オクラ等 葱 カク※豆の葉)。
 さらにそれらを取ることで「肝 心 脾 肺 腎」の五臓が満たされると古くから言われている医学でもある。要約すると日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方のこと。
 
 
 部品: 食事は楽しく~食生活指針~
 こしょく、という言葉がある。個食(家族そろっているのに各々が別々のものを食べているスタイル)、孤食(一人で食事をすること)、固食(同じものばかり食べていること)など他にも「こしょく」はあるが、それらを見直していくことが食育にとって重要だといわれている。その為に、まずは「食事は楽しくとるもの」という事を教えなければならない。本来食事とは団らんの時間であり、皆と同じ美味しい食事を味わいながらゆっくりよく噛んで食べる、楽しい時間なのだ。
 
 部品: 主食、主菜、副菜でバランスを
 主食は炭水化物などエネルギーの供給源になるもので一般的にはパン・ご飯・うどん・そば・パスタなどのこと。主菜はたんぱく質、脂質、エネルギー、鉄の供給源であり肉・魚・大豆・卵などのこと。副菜はビタミン・ミネラル・食物繊維の供給源で野菜・きのこ・いも・海藻料理などのこと。うっかり取りすぎるのは当然主菜、不足しがちなのは副菜であり、理想のバランスでいうと主菜1:副菜2:主食1の割合が良いとされている。一汁三菜(主食と汁に主菜1品副菜2品)といわれるときもある。
 
 部品: 楽しく美味しく学ぶために
 各地域の旬の食材を利用したお料理教室や農家に行っての現地体験など、楽しく学んで楽しく食べることで、日々の食生活に少しずつ取り入れて改善してもらう運動が広がっている。
 
 部品: 食物アレルギーへの偏見の除去
 まず初めに、食物アレルギーは、食わず嫌いや好き嫌いではなく、れっきとした「病気」である。
 これらを理解しないまま「栄養があるから」「体にいいから」で食べさせては、最悪の場合死に至ることもある。
 食育の場では、これらをはっきりと明言し、しっかりと病院にかかり、原因の特定の後、食べられる範囲でのバランスの良い食事の構築を行うことも目的としている。
 
 部品: アレルギーについての対策
 食物アレルギーが病気である、という知識の元、それを回避するための方法は様々である。
 牛乳でアレルギー反応がある場合は、豆乳を。小麦粉にアレルギーがあるなら米粉を。
 代用できるもので代用することで栄養価だけではなく、食事の際の「疎外感」への対策も、ある程度取れる。
 人と同じものが食べれない、というのはそれだけで重圧であることを理解するのも重要である。
 
 部品: 合食禁の知識
 食に関する伝承の一つで、取り合わせの悪い組み合わせの知識。
 ようするに、食べ合わせの悪いもの、の知識である。
 これらの伝承は、実際は体に悪いわけではないもの、旬がずれているために片方が傷んでいることがあったもの等もあるが、実際に医学的に正しいものもある。
 
 ようは、「水気の多いものと油気の多いものを同時に取らない」「消化に悪いもの同士を食べない」に尽きる。
 また、近年では「スイカとビール」のような、医学的に危険とされているものもあるため、知識の一つとして食育の場では教えられる。
 ※スイカとビールは、双方に利尿作用があるため、水分を取っているつもりで脱水になったり急性アルコール中毒になりうる、とされている。
 
 部品: 年齢によっては食べてはいけないもの
 食材によっては、年齢によって体に悪影響のある物もある。
 とくに有名なのは「はちみつ」であり、栄養価も高いことから乳幼児の離乳食などに使われがちだが、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている場合があり、まだ体が未熟な乳幼児は中毒を起こす可能性がある。
 これらのように、主に乳幼児に食べさせてはいけないものの知識も、食育では重要視される。
 
 部品: 宗教の観念で食べられないもの
 世界には数多くの宗教が存在する。
 その中には、「特定の食品を取ってはいけない」とするものがある。
 神聖な生き物なので、不浄な物だから、と理由は様々だが、そこにはれっきとしたルールが存在している。
 健康に良いから、栄養が豊富だから、という理由で、そのルールを曲げてはいけない。
 そういったところと折り合いをつけるのもまた、食に関する工夫である。
 
 部品: 食育の流用実績
 このアイドレスはダーム@無名騎士藩国、玄霧弦耶@玄霧藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
 フィールド・エレメンツ・グローリー様の【給食】に流用されました。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "食育",
     "children": [
       {
         "title": "食育という言葉の意味",
         "description": "食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること、とされている。生きるための基本的な知識であり、単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての総合的な教育のことである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "なぜ食育が必要なのか",
         "description": "食べたいものを食べていくだけでは、人が育つために必要な十分な栄養素が摂取できない。栄養のバランスが崩れていると、発想力の低下や表現力の低下を招いたり癇癪を起しやすくなるといった障害が現れる。しかし、美味しくて体にいいものを食べることで、人は健やかに育つことができる。食を通して人として生きる力を育むために食育が必要なのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "野菜が体に良い理由が説明できるか?",
         "description": "野菜はビタミン群やカリウムなどの健康な体を作るのに必要な栄養素がたくさん含まれており、かつ脂質が少なく三大疾病などの大きな病気を引き起こす生活習慣病の予防になる為とても体によい。しかし、これを正しく把握して人に教えれる人もしくはそれを実践できている人は少ないのではないだろうか。特に野菜が嫌い、という先入観をもった子供達にわかりやすく教えるためには、どうして野菜が健康に良いのかきちんと教えるために、私たちが正確な知識を有していなければならない。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "「『旬』の食材の意味」",
         "description": "旬の食材は栄養価が高い、とされる。「食材が一番栄養を蓄えている時期」が旬、と言い換えてもいいだろう。体に良いものだとしても、時期を外しては効果も落ちる。時期にあった素材を選ぶのもまた、食育といえよう",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "医食同源",
         "description": "元は薬食同源思想から作られた造語である。適切な食事を取ることによる予防医学の一種であり、薬膳による食の医療作用を表現している。五行思想における「木 火 土 金 水」に対応した「酸 苦 甘 辛 鹹(塩辛さ)」の五味と「熱 温 平 涼 寒」の五気。\n五味や五気にあわせた五畜(馬 羊 牛 鶏 豚)、五果(李※スモモ 杏 棗 桃 栗)、五穀(麻 麦 稲 黍※キビ 大豆)、五菜(韭※ニラ 薤※ラッキョウ 葵※オクラ等 葱 カク※豆の葉)。\nさらにそれらを取ることで「肝 心 脾 肺 腎」の五臓が満たされると古くから言われている医学でもある。要約すると日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方のこと。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "食事は楽しく~食生活指針~",
         "description": "こしょく、という言葉がある。個食(家族そろっているのに各々が別々のものを食べているスタイル)、孤食(一人で食事をすること)、固食(同じものばかり食べていること)など他にも「こしょく」はあるが、それらを見直していくことが食育にとって重要だといわれている。その為に、まずは「食事は楽しくとるもの」という事を教えなければならない。本来食事とは団らんの時間であり、皆と同じ美味しい食事を味わいながらゆっくりよく噛んで食べる、楽しい時間なのだ。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "主食、主菜、副菜でバランスを",
         "description": "主食は炭水化物などエネルギーの供給源になるもので一般的にはパン・ご飯・うどん・そば・パスタなどのこと。主菜はたんぱく質、脂質、エネルギー、鉄の供給源であり肉・魚・大豆・卵などのこと。副菜はビタミン・ミネラル・食物繊維の供給源で野菜・きのこ・いも・海藻料理などのこと。うっかり取りすぎるのは当然主菜、不足しがちなのは副菜であり、理想のバランスでいうと主菜1:副菜2:主食1の割合が良いとされている。一汁三菜(主食と汁に主菜1品副菜2品)といわれるときもある。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "楽しく美味しく学ぶために",
         "description": "各地域の旬の食材を利用したお料理教室や農家に行っての現地体験など、楽しく学んで楽しく食べることで、日々の食生活に少しずつ取り入れて改善してもらう運動が広がっている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "「食のタブー」に関する知識",
         "children": [
           {
             "title": "食物アレルギーへの偏見の除去",
             "description": "まず初めに、食物アレルギーは、食わず嫌いや好き嫌いではなく、れっきとした「病気」である。\nこれらを理解しないまま「栄養があるから」「体にいいから」で食べさせては、最悪の場合死に至ることもある。\n食育の場では、これらをはっきりと明言し、しっかりと病院にかかり、原因の特定の後、食べられる範囲でのバランスの良い食事の構築を行うことも目的としている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "アレルギーについての対策",
             "description": "食物アレルギーが病気である、という知識の元、それを回避するための方法は様々である。\n牛乳でアレルギー反応がある場合は、豆乳を。小麦粉にアレルギーがあるなら米粉を。\n代用できるもので代用することで栄養価だけではなく、食事の際の「疎外感」への対策も、ある程度取れる。\n人と同じものが食べれない、というのはそれだけで重圧であることを理解するのも重要である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "合食禁の知識",
             "description": "食に関する伝承の一つで、取り合わせの悪い組み合わせの知識。\nようするに、食べ合わせの悪いもの、の知識である。\nこれらの伝承は、実際は体に悪いわけではないもの、旬がずれているために片方が傷んでいることがあったもの等もあるが、実際に医学的に正しいものもある。\n\nようは、「水気の多いものと油気の多いものを同時に取らない」「消化に悪いもの同士を食べない」に尽きる。\nまた、近年では「スイカとビール」のような、医学的に危険とされているものもあるため、知識の一つとして食育の場では教えられる。\n※スイカとビールは、双方に利尿作用があるため、水分を取っているつもりで脱水になったり急性アルコール中毒になりうる、とされている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "年齢によっては食べてはいけないもの",
             "description": "食材によっては、年齢によって体に悪影響のある物もある。\nとくに有名なのは「はちみつ」であり、栄養価も高いことから乳幼児の離乳食などに使われがちだが、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている場合があり、まだ体が未熟な乳幼児は中毒を起こす可能性がある。\nこれらのように、主に乳幼児に食べさせてはいけないものの知識も、食育では重要視される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "宗教の観念で食べられないもの",
             "description": "世界には数多くの宗教が存在する。\nその中には、「特定の食品を取ってはいけない」とするものがある。\n神聖な生き物なので、不浄な物だから、と理由は様々だが、そこにはれっきとしたルールが存在している。\n健康に良いから、栄養が豊富だから、という理由で、そのルールを曲げてはいけない。\nそういったところと折り合いをつけるのもまた、食に関する工夫である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "食育の流用実績",
         "description": "このアイドレスはダーム@無名騎士藩国、玄霧弦耶@玄霧藩国によって製作された流用可能アイドレスです。\nフィールド・エレメンツ・グローリー様の【給食】に流用されました。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]
最終更新:2017年08月19日 13:09